お取引ガイド

株価指数トレード

株価指数トレード
日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

S&P 500はよくも悪くもリセッション・トレード


S&P 500はショートカバーの後、見慣れたというより見飽きた形で反落した。先週末の高値を2日にわたって一文更新をした後、火曜にまたしても上から下までS&P 500は2%以上、ナスダックは3%近く売り込まれた。背景としては6月のコンファレンス・ボード消費者信頼感指数が弱かったことが挙げられ、週を通してリセッション・リスクを意識し続けることになった。底打ち期待を打ち砕くような大幅下落の翌日は小動きの十字線、その更に翌日は続落というのもこれまでのパターンに沿っている。


その後は下値でリセッションリスクを咀嚼する日が続いた。コアPCEデフレーターはピークアウトが明瞭になり、ISM製造業も明瞭にデフレーショナリーだった。それを受けて長期金利も大幅に低下し、これはゴルディロックスとまでいかないにしろ、ある程度株式の下支えになったようである。金曜にマイクロンが弱気な業績予想を出したのを受けて半導体が総崩れになったものの、S&P 500は半導体を見捨てて反発した。先週の記事ではコアPCEについては「もし発表前からインフレ・ピークアウト期待が先行した場合は特にオッズが悪くなる」としていたが、発表後にピークアウト期待が付いて来る場合は想定をしていなかった。「 いずれにしろ、先週の膠着を見て売り枯れを判断してロングを建てたならともかく、先週の上昇を見た後に(何度目かの)やれ底打ちと戻り高値でロングを新規に建てていく場面ではないのは間違いないだろう。「もし3月末や5月末のような雑なショートカバーがあればそこが買いの逃げ場となるのは今までと変わらない」も維持するし、ショートカバーの進行に伴いそのケースに突入しつつある 」としていた通り、戻り高値はやり過ごすべきだった。もっともNAAIMが示唆した通りセンチメントはそのパターンを既に想定しておりポジショニングも相変わらず重くないため、崩落パターンをやり過ごした後は自由度が高かった。巷の5月末の4300説に続いて6月末のリバランスの株買い説にも釣られてはいけなかった。ヒゲ1本の方が遥かに頼りになる。「月末リバランスをやり過ごして(リセッション懸念か金利上昇かのどちらかしかない)ISMの前に売る」というリズム感は、現実の方が一拍子早く走っており合わなかった。




懸念がインフレからリセッションに移るにつれて今度はコモディティ、資源株のぶん投げが目立った。金融もSPACバブルも弾けたので金利上昇にもかかわらず処分が続く。

S&P 500のフォワードPERは15.9、トップ10を除くS&P 490は13.9とかなり安くなっている。バリュエーションの考え方は独立した記事にまとめた通りである。そこでは「 株価指数トレード 株価指数トレード リセッションになるならないに関わらず、今この瞬間指数のアップサイドを規定するのはEPSよりも金利低下幅である 」としていたが、案外早く金利は低下した。それによってERPは少しまともに見えてきた。ERPが載ってくればEPSについて意見が分かれる余地も出て来ようが、薄かったら考慮する価値もないのである。

ボトムアップEPSもリセッション懸念と共にやや低下し始めている。これが続く限り株価を持ち上げるものは金利低下のみになる。

NAAIMは総悲観で下値を支えるという仕事をこなしてやや跳ねているが、まだ底辺域である。


LQDもクレジットスプレッドは150bp近辺で高止まりしているものの、金利低下の勢いが勝って価格が反発している。HYGの方はエネルギーの弱さと連動する形で全く跳ねていない。とはいえリセッション懸念が最も盛り上がったとされる週後半にはHYGも上昇はしており、先週金曜ほど株の反発は孤立していない。先週金曜もLQD, HYGの盛り上がらなさはよいヒントになったし、一週間を通してLQDがTARAとなった。LQD, HYGは株式の方向性を占うのに引続き役に立ちそうである。

テクニカルには「 長い上値下値切下げのダウントレンドは維持されており、前回高値4175の手前はトレンド転換を信じない限り売り場となる。バリュエーション的にも米金利がよほど軌道を外れて低下しない限り4175突破を思い描くのは難しいし、パウエル・コールが健在な間は更に難しい 」が続く。というより4175どころではない。とはいえ下値では徐々にサポートが出来始めており、金曜日足が久々に下ヒゲ陽線になったことから3750はサポートとなる。ナスダックでは週足200SMAがそれにあたる。更に下では10550が健在である。上値余地としては引続きS&P 株価指数トレード 500の4175は遠く、近い将来に到達できそうにない。とはいえチャート的にはサポートの方が圧倒的に近く、上値さえ追いかけなければ、また将来上値を追いかけたくならないためにも、3750をブレイクしたら切ればよいと割り切ったタクティカルな押し目買いの方がオッズがよい。シーズナリティは味方だが、重要な決算の前に堅調に推移したなら再び割りに合わなくなる。つまり基本的には(上値からの売り崩しの翌日の小十字のパターンを観測した時以外は)逆張りを意識した方がストレスが少なそうである。

来週(7/4~8)の日経平均株価の予想レンジは、
2万5500~2万6500円! 米国の雇用統計による急変
を警戒しながら「値がさハイテク株」の底入れを待とう

facebook-share

今週の日経平均株価は、一時は2万7000円を回復したものの、
その後は下落して最終的に2万6000円を割り込む

日経平均株価チャート/日足・3カ月

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

来週の日経平均株価は、米国の経済指標を受けた荒い値動きに!
下落が続く“値がさハイテク株”の底入れを見極めよう

【来週の日経平均株価の想定レンジ】
2万5500円 ~ 2万6500円

日米ともに短期的な資金が増えると見られ、経済指標の結果などによる変動を狙ったトレードが中心となりそうです 。7月8日に米国の雇用統計の発表を控えるなか、7日発表のADP雇用統計の結果次第では、利上げに伴う景気後退懸念が相場の変動要因になると見られます。

また、足元で米国の半導体株の弱い値動きが目立っており、この流れを引き継ぐ格好で日本でも東京エレクトロンやアドバンテスト(6857)などが下落しています。どちらも日経平均株価への寄与度が高いこともあり、 目先は“値がさハイテク株”の底入れを見極めたいところです

そのため、 物色の流れとしては、経済活動が正常化に向かっていることを背景に、内需系の銘柄に資金が向かいやすいでしょう

【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
コーアツ工業が+99.35%で値上がり率トップ!

■今週の値上がり率 トップ5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 +99.35 コーアツ工業(東S・1743)
2 +69.68 ホーブ(東S・1382)
3 +50.15 リニューアブル・ジャパン(東G・9522)
4 +44.95 SDSホールディングス(東S・1711)
5 +32.59 KLab(東P・3656)
株価指数トレード
■今週の値下がり率 ワースト5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 −24.24 ネットマーケティング(東S・6175)
2 −23.74 タカトリ(東S・6338)
3 −22.98 バルミューダ(東G・6612)
4 −20.66 ラオックス(東S・8202)
5 −20.63 トリプルアイス(東G・5026) 株価指数トレード
■今週の出来高 トップ5
順位 出来高(株) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 343,333,900 東京電力ホールディングス(東P・9501)
2 221,826,200 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東P・8306)
3 208,395,200 音通(東S・7647)
4 141,124,600 トヨタ自動車(東P・7203)
5 123,394,100 三菱自動車工業(東P・7211)

【来週の主要イベント】
米国のADP雇用統計と雇用統計、安川電機の決算、
INTLOOPの東証グロース上場などに注目!

<7月5日(火)>
◆決算:キャンドゥ(2698)、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)
◆5月毎月勤労統計調査
◆中6月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
◆豪準備銀行(中央銀行)政策金利発表
◆独6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米5月製造業新規受注

<7月6日(水)>
◆決算:イオン(8267)
◆独5月製造業新規受注
◆欧5月小売売上高
◆米6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米6月ISM非製造業景況指数
◆米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

<7月7日(木)>
◆決算:キユーピー(2809)、セブン&アイ・ホールディングス(3382)
◆5月景気先行指数/一致指数速報値
◆独5月鉱工業生産
◆欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
◆米6月チャレンジャー人員削減数
米6月ADP雇用統計
◆米5月貿易収支

<7月8日(金)>
◆INTLOOP(9556)東証グロース上場
◆決算:安川電機(6506)、良品計画(7453)
◆5月国際収支/経常収支/貿易収支
◆6月景気ウオッチャー調査
米6月雇用統計

【来週の注目銘柄】
「江崎グリコ」「リンガーハット」「コジマ」の3銘柄をピックアップ!

株価指数トレード 株価指数トレード
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

来週の日経平均株価の予想レンジを発表!の関連記事

【証券会社(ネット証券)おすすめ比較】 人気で選ぶ!みんなのおすすめネット証券会社 [2022年6月30日時点](2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

【日本株】2022年・夏のおすすめの「大型株」2銘柄! 大規模な自社株買い発表後も割安の「ヤマダHD」、イ ンバウンド回復で成長期待の「三越伊勢丹HD」に注目(2022.06.30)

【日本株】投資判断が“強”で株価上昇に期待「新興株」 2銘柄を紹介! コロナ禍でも高成長を続けた「Enjin」、 今期は増収&黒字化を見込む「ティーケーピー」に注目(2022.07.01)

来週の日経平均株価の予想レンジを発表! バックナンバー

来週(7/4~8)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5500~2万6500円! 米国の雇用統計による急変 を警戒しながら「値がさハイテク株」の底入れを待とう(2022.07.01)

来週(6/27~7/1)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6000~2万7000円! 7/10に参議院選挙を控え、 「25日移動平均線」までリバウンドを見せる可能性も!(2022.06.24)

来週(6/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5000~2万7500円! 7/10の参議院選挙、円安に よる海外資金流入などでリバウンドが意識される展開(2022.06.17)

来週(6/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7500~2万8500円! 7月10日投開票予定の参院 選に向け、新たな政策と関連銘柄を探る動きに注目!(2022.06.10)

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ(2022.06.03)

八木エミリー お金ビギナーのためのマネ活部

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ編集部(2022.6.28) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.6.29) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
    ザイ編集部(2022.6.28) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.6.29) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.7.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.1) ザイ・オンライン編集部(2022.7.1)
  • 1日のNY市場は反発
  • AndDo---リバースモーゲージの保証事業で中南信用金庫と提携
  • 弱含む市場マインド。市場の底割れリスクはあるか 株価指数トレード - 金融テーマ解説
  • (まとめ)日経平均は大幅に3日続落 後場に一段安となり節目の26,000円を割り…

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

株価指数トレード ●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入

◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気」 株価指数トレード
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

米国株の暴落の後、どのタイミングで買うべきか?(株価指数CFDトレード)

コラム

FOMC通過後、米国株はまた売られている

  • 3月前半のテーパリング終了と3月の利上げを示唆
  • バランスシートの縮小の行程表(時期・ペース)は明示しなかった
  • バランスシート縮小開始が(今年後半ではなく)今年半ばとも受け取れる内容だった
  • 今後のFOMCの毎回の利上げを否定しなかった、
  • バランスシート縮小ペースが前回より早くなる可能性を示唆した

米国株の暴落が発生した後に、「落ちるナイフをつかまない」株価指数CFDの買いトレード

  • 水平線 株価指数トレード (各社のチャートアプリの描画ツールを使って、自分で引く1本の水平ラインです。値動きの中で何度もはね返されて意識されている重要な攻防ラインに対して、この水平ラインを描画します。)
  • フィボナッチ・リトレースメント (最高値・最安値の間の、0.236、0.382、0.5、0.618等の水準にラインを描画するものです。各社のチャートアプリには、だいたい用意されています。)

エントリー例1(2018年の暴落)

下は、S&P500株価指数CFDの4時間足チャートです。(クリックで拡大できます。)

  1. 急落の後に日柄調整がすすむと、徐々に買い勢力が戻って上昇しますが、何回かはね返されるところがでてきます(ここに水平線のラインを描画します)
  2. この水平ラインを最終的に上抜きます
  3. 上抜けた後に、いったんこのラインに戻ろうとします(この動きをリターンムーブと呼びます。)
  4. 水平線の下までもう戻らないことを値動きで確認して、上昇トレンドに戻った可能性が高いと判断します

エントリー例2(2020年コロナショックの暴落)

(クリックで拡大できます。)

要は日柄調整が必要ということなのですが、なんでこんなに綺麗に同じところで止まって攻防ラインができるのか?というと、S&P500の株価チャートは世界中の投資家が見ていて、多くの人が「0.株価指数トレード 382」という水準を意識しているからです。
意識する人が多ければ多いほど、チャートはその通りに止まります。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの 最小ロット「0.1」 (これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
・参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

「ナスダック/ラッセル比率」は興味深い

江守哲さんがYouTubeで、「ナスダック/ラッセル比率」(ナスダック100株価指数をラッセル2000株価指数で割った比率)を紹介されていました。 足元はこんな感じです。(クリックで拡大できます。) 驚く.

株価指数の「自動売買」をMT4ではじめてみよう(3)売買ロジックを考えてみよう

はじめに この特集では、楽天が「株価指数のCFD」の取り扱いを「MT4」で始めたので、これに対応して、「MT4による株価指数の自動売買」の記事を書いています。 (楽天証券のCFDサービスの詳細は、こちらからどうぞ↓) .

【毎日更新】コモディティ(商品)相場の相対比較

このページは、以下のページに統合します。すみませんが、下のリンクからご覧いただければと思います。 本日の相場分析(米国株、各国株価指数、FX、商品、金利、仮想通貨) コモディティ(商品)相場の相対比較 当ページでは、日次更新の.株価指数トレード

ダウ30種平均で、ウエイト(構成比率)が最大の銘柄は何でしょう?

本日はシンプルなクイズを1問、お出ししたいと思います。すぐわかるでしょうか? 質問: ダウ平均(ダウ工業株30種平均株価指数)のうち、ウエイト(構成比率)が最大の銘柄は何でしょう? (2021年3月18日現在) 解答は下.

米国株・CFD取引入門ガイド

CFD取引とは? CFD(Contract for Difference)取引とは、日本語では「差金決済取引」で、取引開始時点から取引終了時点に発生した「差額分」を決済する取引を意味します。 CFDは、金融派生商品(デリバティブ)で.

米株価指数先物 時間外取引 一段安、ナスダックは1%下落

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.株価指数トレード 株価指数トレード 、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 株価指数トレード 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

来週(7/4~8)の日経平均株価の予想レンジは、
2万5500~2万6500円! 米国の雇用統計による急変
を警戒しながら「値がさハイテク株」の底入れを待とう

facebook-share

今週の日経平均株価は、一時は2万7000円を回復したものの、
その後は下落して最終的に2万6000円を割り込む

日経平均株価チャート/日足・3カ月

日経平均株価チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

来週の日経平均株価は、米国の経済指標を受けた荒い値動きに!
下落が続く“値がさハイテク株”の底入れを見極めよう

【来週の日経平均株価の想定レンジ】
2万5500円 ~ 2万6500円

日米ともに短期的な資金が増えると見られ、経済指標の結果などによる変動を狙ったトレードが中心となりそうです 。7月8日に米国の雇用統計の発表を控えるなか、7日発表のADP雇用統計の結果次第では、利上げに伴う景気後退懸念が相場の変動要因になると見られます。

また、足元で米国の半導体株の弱い値動きが目立っており、この流れを引き継ぐ格好で日本でも東京エレクトロンやアドバンテスト(6857)などが下落しています。どちらも日経平均株価への寄与度が高いこともあり、 目先は“値がさハイテク株”の底入れを見極めたいところです

そのため、 物色の流れとしては、経済活動が正常化に向かっていることを背景に、内需系の銘柄に資金が向かいやすいでしょう

【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
コーアツ工業が+99.35%で値上がり率トップ!

株価指数トレード

株価指数トレード 株価指数トレード
■今週の値上がり率 トップ5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 +99.35 コーアツ工業(東S・1743)
2 +69.68 ホーブ(東S・1382)
3 +50.15 リニューアブル・ジャパン(東G・9522)
4 +44.95 SDSホールディングス(東S・1711)
5 +32.59 KLab(東P・3656)
株価指数トレード株価指数トレード
■今週の値下がり率 ワースト5
順位 先週末比(%) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 −24.24 ネットマーケティング(東S・6175)
2 −23.74 タカトリ(東S・6338)
3 −22.98 バルミューダ(東G・6612)
4 −20.66 ラオックス(東S・8202)
5 −20.63 トリプルアイス(東G・5026)
株価指数トレード 株価指数トレード
■今週の出来高 トップ5
順位 出来高(株) 銘柄名(市場・コード) ※クリックで最新株価・チャートへ
1 343,333,900 東京電力ホールディングス(東P・9501)
2 221,826,200 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東P・8306)
3 208,395,200 音通(東S・7647)
4 141,124,600 トヨタ自動車(東P・7203)
5 123,394,株価指数トレード 100 三菱自動車工業(東P・7211)

【来週の主要イベント】
米国のADP雇用統計と雇用統計、安川電機の決算、
INTLOOPの東証グロース上場などに注目!

<7月5日(火)>
◆決算:キャンドゥ(2698)、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)
◆5月毎月勤労統計調査
◆中6月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
◆豪準備銀行(中央銀行)政策金利発表
◆独6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米5月製造業新規受注

<7月6日(水)>
◆決算:イオン(8267)
◆独5月製造業新規受注
◆欧5月小売売上高
◆米6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米6月ISM非製造業景況指数
◆米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

<7月7日(木)> 株価指数トレード
◆決算:キユーピー(2809)、セブン&アイ・ホールディングス(3382)
◆5月景気先行指数/一致指数速報値
◆独5月鉱工業生産
◆欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
◆米6月チャレンジャー人員削減数
米6月ADP雇用統計
◆米5月貿易収支

<7月8日(金)>
◆INTLOOP(9556)東証グロース上場
◆決算:安川電機(6506)、良品計画(7453)
◆5月国際収支/経常収支/貿易収支
◆6月景気ウオッチャー調査
米6月雇用統計

【来週の注目銘柄】
「江崎グリコ」「リンガーハット」「コジマ」の3銘柄をピックアップ!

株価指数トレード
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
株価指数トレード ●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

来週の日経平均株価の予想レンジを発表!の関連記事

【証券会社(ネット証券)おすすめ比較】 人気で選ぶ!みんなのおすすめネット証券会社 [2022年6月30日時点](2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

【日本株】2022年・夏のおすすめの「大型株」2銘柄! 大規模な自社株買い発表後も割安の「ヤマダHD」、イ ンバウンド回復で成長期待の「三越伊勢丹HD」に注目(2022.06.30)

【日本株】投資判断が“強”で株価上昇に期待「新興株」 2銘柄を紹介! コロナ禍でも高成長を続けた「Enjin」、 今期は増収&黒字化を見込む「ティーケーピー」に注目(2022.07.01)

来週の日経平均株価の予想レンジを発表! バックナンバー

来週(7/4~8)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5500~2万6500円! 米国の雇用統計による急変 を警戒しながら「値がさハイテク株」の底入れを待とう(2022.07.01)

来週(6/27~7/1)の日経平均株価の予想レンジは、 2万6000~2万7000円! 7/10に参議院選挙を控え、 「25日移動平均線」までリバウンドを見せる可能性も!(2022.06.24)

来週(6/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万5000~2万7500円! 7/10の参議院選挙、円安に よる海外資金流入などでリバウンドが意識される展開(2022.06.17)

来週(6/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7500~2万8500円! 7月10日投開票予定の参院 選に向け、新たな政策と関連銘柄を探る動きに注目!(2022.06.10)

来週(6/6〜10)の日経平均株価の予想レンジは、 2万7550~2万8150円! 6/10にメジャーSQが控え る中、今週の株価上昇が継続して「2万8000円」突破へ(2022.06.03)

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ編集部(2022.6.28) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.株価指数トレード 6.29) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
    ザイ編集部(2022.6.28) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) 株価指数トレード ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.6.29) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
    ザイ・オンライン編集部(2022.株価指数トレード 7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.7.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.7.1) ザイ・オンライン編集部(2022.7.1)
  • 1日のNY市場は反発
  • AndDo---リバースモーゲージの保証事業で中南信用金庫と提携
  • 弱含む市場マインド。市場の底割れリスクはあるか - 金融テーマ解説
  • 株価指数トレード
  • (まとめ)日経平均は大幅に3日続落 後場に一段安となり節目の26,000円を割り…

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入

◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる