外為トレードバトル

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ比率のFXへの応用方法
プロおに

FXではフィボナッチ比率・エリオット波動で相場を分析!群集心理を探れ!|トピックスファロー

フィボナッチ数列は、,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597・・・といった数列です。
1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13・・・というようにイコールに隣接する数字が、次項の和になっていく数列です。
これらの数列を直前の数値で割り算をしていくと、最終的に1.618に近づいていきます。
この数字が黄金比の数値1:1.618に一致します。

相場で主に使われるフィボナッチ比率

・黄金比率で用いられている1.618の逆数(分母を大きい数字にする)・・・0.618
・フィボナッチ数列の1つおきに比率を出し最終的に近づく2.618の逆数・・・0.382
・フィボナッチ数列の2つおきに比率を出し最終的に近づく4.236の逆数・・・0.236

この数値が基準となり、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、123.6%、138.2%、161.8%が相場の分析に用いられます(上昇率・下降率にこの数値を当てはめる)。
フィボナッチがさまざまなことに当てはまるように、不思議と相場の動きの根源である群集心理にも反応します。
相場に当てはめることで、トレンド発生時の買い目、売り目の判断基準になり、特に38.2%と61.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 8%は、信頼度が高い数値になり、特に注目をされている数値になります。

フィボナッチを使って相場を予測

フィボナッチを使うには、まず相場の周期性を理解しなくてはいけません。
アメリカの株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871~1947)が相場には周期的なリズムがあることを見つけました。
その理論とフィボナッチは、切っても切れない仲なので先に触れておきます。

エリオット波動。相場のリズム

fibonacchi02

エリオットが見つけた相場のリズムは、エリオット波動と言われています。
エリオット波動は、「上昇5波・下降3波」の8つの波で1つの周期を形成し、これが反復を繰り返すという理論です。
この理論は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れられた分析から編み出されているので、基本的な相場の動きとして覚えておくことが必要です。

5つの波動の特徴とフィボナッチ比率を照らし合わせる

fibonacchi03

第1波・・・動きが鈍い。第1波の長さがフィボナッチ比率で、押し目買いポイントを探るメジャーになる。
第2波・・・第1波を打ち消すほどの、強い抵抗がある。50%、61.8%付近で止まる割合が多い。止まったらアップトレンドの始まりが期待できるともいえる。
第3波・・・5波の内でもっとも大きく値幅が動くことが多い。第1波の168%の上昇率が多く、それを超える場合は200%、268%も期待できる。
第4波・・・複雑な動きだが、持ち合い(横ばい)に近い。第3波の38.2%付近で止まることが多い。
第5波・・・いきなりドーンと勢いをもって急騰することが多い。第1波から第3波の61.8%程度の上昇率が多い。

波動の特徴から読むトレーダーの心理

第2波・・・第1波でポジションを持っていたトレーダーは、どこまで跳ね上がるかの基準がないので、早めに利確します。なので急激に値が元に戻ろうとします。
また、その動きに今度は動きが転換するのではないかと思い、そこでポジションを持つトレーダーも多いので第1波を打ち消す程の動きになります。
この時点で第1波を打ち消してしまうとトレーダーは、次の動きが読みづらくなるので、しばらく持ち合いが続くこともあります。

第5波・・・第4波のまま移動平均線などに近づいてくると、押し目買いポイントになるので一気にトレーダーがポジションを持ちます。 それで勢いのある上昇・下降になり更にその動きに、乗ろうとするトレーダーもいます。 そのことによって更に高値を更新することもありますが、逆に乗り遅れてすでに反転していることも多くあります。第5波が終われば次の転換を狙っているトレーダーも多くいるからです。

このように人間の群集心理によって創りだされたエリオット波動ですが、今ではエリオット波動によって群集心理が動かさせることもあります。
もちろん人間は機械ではないので、エリオット波動やフィボナッチ比率が、必ず当てはまるわけではありません。
あくまで、ヒントを見つけるための判断材料であることは忘れないで下さい。

また全く同じ相場というものは存在しません。
エリオット波動、フィボナッチ比率が当てはまる時もあれば、全く通用しない時もあります。
テクニカル分析は、その時その時で当てはまる分析を見つけていくことが必要です。
1つの分析方法に頼らず、分析方法の引き出しをたくさん作っておくことで、相場を見たらどの分析方法を用いたらいいのかわかってきますよ。
また、テクニカルばかりに頼るのではなく、この記事でもしたように勝っている人、負けている人の心理状態を探ることで、チャートだけでも動きが読めるようになってくるので、分析方法に取り入れてみてください。
フィボナッチ比率のFXへの応用方法

|FX MT4|【CandleLight】

CandleLight

|無料インジケーター| フィボナッチ比率のFXへの応用方法
キャンドルスティックパターン「MARUBOZU」を検知してくれます。

平均値動き対比と、ヒゲと実体の比率を使って判定基準を設定します。

応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

MQLTA MT4 Pattern Detector

「marubozu」の判定基準

そうですね、また、「まるぼうず」は別のパターンの一部になることも少なくないですよね。例えば、「Three inside down(up)」「Engulfing」「Morning star / Evening star」とかよく一緒に出てきます。

CandleLight + MQLTA MT4 Pattern Detector

パラメータ/Parameter

CandleLight Parameter

インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行
2)ナビゲーターの更新
3)インジケーターのセット

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

・|FX MT4|【Pin Bar Dashboard】
マルチタイム、複数通貨ペアで「ピンバー」の発言を監視してくれるダッシュボード。
・|FX MT4|【mikko_pinbar】
上位足の「ピンバー」発現で、レクタングルを表示してくれるインジケーター。
・|FX MT4|【Big_Candle】
その相場に対して大きな「ローソク足」が出現すると、「終値」にラインをひいてくれるインジケーター。

人気のタグ

イイネ!!FXのはじめかたトレーダー必須のセキュリティ


|FX MT4|【candle-size-alert-mt4-indicator】

|FX MT4|【candle-size-alert-mt4-indicator】

|FX MT4|【AllMACD_v2.2 600+】

|FX MT4|【AllMACD_v2.2 600+】

CandleLight

DIEPHO

令和の開始と共に念願の「専業トレーダー」として活動しています。 このサイトではプロのトレーダー仲間たちと集めたFX情報を発信中。 インジ紹介では「ありきたり、忖度」を除いた、わたしたちの「本気レビュー」を書いちゃってます(勝手ながら)。

リスク管理をしながら、注文を発注できるツール「OANDA_Order_Panel」をプレゼント

◆キャンペーンに関するご注意
× 取引金額の計算は、新規約定、決済約定の両方が対象となります。
× 口座開設にはおおよそ3営業日~5営業日の時間を頂戴する場合もございますので、余裕をもったお申込みをお願い致します。
× 口座開設およびコース変更手続きにおいて、キャンペーンの新規口座開設期間中は、お申込みが殺到することが予想されます。
× 手続きに要する時間や書類の不備等で、口座開設までに本キャンペーンが終了してしまった場合は対象外となります。口座開設およびコース変更にはおおよそ最大5営業日の時間を頂戴する場合もございます。あらかじめご了承ください。
× 当社では法令に基づき、なりすましや名義貸しなどの行為を禁止しております。該当もしくは明らかとなった場合には、本企画の対象外となりますのであらかじめご了承ください。
× 口座開設手続きにおいて、手続きに時間を要した場合及び申込内容の確認等で時間が経過した場合などで、本企画が終了となった時には対象とはなりません。
× また、口座開設については、当社の審査により口座開設をお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。
× 本企画の内容及び期間につきまして、当社の都合により予告なく変更または終了になることがございます。あらかじめご了承ください。
× 本企画において、不正な手段等が明らかになった場合等、当社の判断によりご入金を無効とさせていただくこともございます。
× キャンペーン内容は予告なく変更される可能性がございます。
× キャンペーン賞品の送付に際しましては、業務委託業者に対しお客様の個人情報を提供致します。
ご承諾いただけるお客様のみ、当キャンペーンにお申込みくださるようお願い申し上げます。
なお、その場合、必要な範囲でお客様の個人情報を提供するとともに、当社は業務委託先との間で
個人情報の取り扱いに関する契約を締結する等、適切な監督を行います。

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

エリオット波動とリトレースメントの嘘。

エリオット波動原理とリトレースメンメント

ユーロ円2016年 4時間足

ユーロ円2016年 4時間足

ユーロ円 2016年週足とエリオット2波

ユーロ円 2016年週足 上のチャートと同じタイミング

2波での買い方例3

ポンドドル

ポンドドル2016年 日足

2波のまとめ

4波は3波に対して0.382、は本当?

エリオット波動原理とリトレースメンメント1

しかしエクスパンションとは実は良く合うのです。前回も書きましたが、今回は買い場という観点からもう一度ご紹介します。その前に、「4波は3波に対して38.2%戻る」のでしょうか?

ポンドドル日足と4波

ポンドドル日足(先ほどと同じ) エリオット波動4波 クリックで拡大

エリオット波動4波で買う方法

4波の買い方

エリオット波動4波の買い方

せっかくエリオット波動原理を使うなら、「4波が1波の値段帯へ割り込まない」というルールを使って、出来る限り近づくのを待ってみましょう。損切りを小さく出来ます。

次に、エリオット波動とフィボナッチ リトレースメントのページで申し訳ないのですが、フィボナッチ エクスパンションを使った方が4波は取れます。

エクスパンションの0.618に押し目を付けた時に(割れていたら再度越えた時のみに)買うと押し目買いが成功しやすいですよ。

【現役トレーダー解説】ハーモニックパターンでビットコインFXのチャート予測

【現役トレーダー解説】ハーモニックパターンでビットコインFXのチャート予測

初心者A

初心者B

既存の分析手法を補強する役割?ハーモニックパターンの特徴と性質

  • (歴史の浅い手法?)ハーモニックパターンの特徴と密かに人気な理由
  • フィボナッチ比率のFXへの応用方法
  • フィボナッチを活用した高精度な分析!ハーモニックパターンを使用するメリット
  • 慣れるまで時間を要する?ハーモニックパターンを使用する上でのデメリット

(歴史の浅い手法?)ハーモニックパターンの特徴と密かに人気な理由

そこで、筆者独自による海外の情報をリサーチしたところ「HarmonicTrader.com」なるサイトを発見。
多種多様な「ハーモニックパターン」をチャート上に反映させるソフトウェア開発や教育・普及活動を行なっている、同社のCEO「(Scott Carney氏」によって考案されたことが分かりました。

公式サイトの「The Origin of Harmonic Patterns(ハーモニックパターンの起源)」では、今から(公式サイトでは2020年4月)約20年程前からパターンのルール化・研究を進めてきたと説明しています。

1998年には、初版の「Harmonic Trader Press」を出版しており、その後は改訂版として続々と「ハーモニックパターン」の概念とルールを修正してきたことが分かります。

フィボナッチを活用した高精度な分析!ハーモニックパターンを使用するメリット

慣れるまで時間を要する?ハーモニックパターンを使用する上でのデメリット

NAO

【関連記事】

(応用可能)ハーモニックパターンによる分析・トレード手法を解説

「XAリトレースメント」を決めて「ハーモニックパターン」の軸を定める

プロおに

「ABCDパターン」でエントリーポイントを探る

「ハーモニックパターン」成立を想定した利益確定・損切りラインを決める

  • 時間軸の誤差による分析ミス
  • 想定していた「D」点を超える値動きの発生

(多様な種類)仮想通貨FXで頻出のハーモニックパターンを解説

クラシックパターン・ガートレー・バット・バタフライ・クラブ
変形パターン・オルト(変則)バット・ディープクラブ
特殊パターン・5-0・スリードライブ
新種パターン・サイファー・ネンスター・シャーク・ホワイトスワン・ブラックスワン

押し目・戻り高値の基本である「ガートレー」パターン

「ガートレー」は、 1935年に「H.M. Gartley’s氏」によって出版された「Profits in the StockMarket」の222ページに著されたパターンで、フィボナッチリトレースメントなどの解釈は残されていませんでした。

上昇時は「W」、下降時は「M」字のような形で出現します。
ガートレー成立要素が高まる比率については、「A-B」の価格が「XA リトレースメント」の「0.618」になること。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる