FXのおすすめ勉強法

初歩のテクニカル分析ガイド

初歩のテクニカル分析ガイド
ライブチャート

初歩のテクニカル分析ガイド

ライフサイクルアセスメントと鉄鋼の持続可能性

図1鋼のライフサイクル

図2ライフサイクルアセスメントの原則

ライフサイクルコスト(LCC)は、鉄鋼の持続可能性の経済的要素の重要な基準です。 LCCは、パフォーマンス要件(ISO 15686-5)を満たしながら、ライフサイクル全体にわたる資産のコストです。これは、ライフサイクル中に発生した製品に関連するすべてのコストの合計であり、(i)構想、(ii)製造/製造、(iii)使用/操作、および(iv)保守終了で構成されます。 LCCは、投資決定を下したり、さまざまな投資オプションを比較したりするのに役立つ数学的手順です。ライフサイクルコストを考慮すれば、鋼は高価ではありません。他の材料のコストは時間の経過とともに大幅に増加しますが、鋼のコストは通常​​一定のままです。

図3鋼の持続可能性の要素

プロジェクトの持続可能性の評価は、過去数年間に開発された多くのツールの助けを借りて行うことができます。ライフサイクルの概念に基づく最も完全で詳細な分析方法の1つは、LCAです。製品またはシステムのライフサイクル全体を考慮し、原材料の抽出から、材料の生産およびエネルギー要件、使用および寿命末期の処理までを考慮します。このような体系的な概要を通じて、環境への負担が特定され、場合によっては回避されます。 LCAは、プロジェクトのライフサイクルのさまざまな時点でプロジェクトの環境パフォーマンスを改善する機会を特定するのに役立ちます。 LCAの目的は、製品のライフサイクル全体にわたる完全な環境プロファイルを作成し、環境指標を使用してより理解しやすい方法で結果を表示することです。

1972年に、ガラス、プラスチック、鋼、アルミニウムなど、さまざまな種類の飲料容器の製造における総エネルギー使用量が1979年にIan Bousteadによって計算されました。これにより、彼の方法論はさまざまな材料に適用できます。その時代には、公共の関心が高まり、さまざまなライフサイクル研究が行われました。 1992年に、ライフサイクルアセスメント(LCA)ワークショップがSociety of Environmental Toxicology and Chemistry(SETAC)によって開催されました。これらのワークショップの1つは、ライフサイクル影響評価とその他のデータ品質に焦点を当てています。

1993年に、「LCA聖書」としても知られる「ライフサイクルアセスメント:実践規範」のガイドラインが発表されました。 1990年代には、LCAは、LCAに関するオランダのガイドラインなどのさまざまなガイドラインを公開したさまざまなグループによっても研究され、北欧諸国、つまりスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの著者は、ライフサイクルアセスメントに関する北欧のガイドラインを公開しました。国連環境計画は「ライフサイクルアセスメント:それを行う方法とは何か」を発表しました。欧州環境機関は、「ライフサイクルアセスメント:アプローチ、経験、および情報源へのガイド」も公開しました。 「製品は、LCA調査で商品またはサービスとして定義されています。 LCAは、「ライフサイクルアプローチ」、「ゆりかごから重大な分析」、または「ライフサイクル分析」と呼ばれることもあります。ゆりかごから墓場までの完全な調査では、原材料(ゆりかご)から使用段階、そして寿命(墓)までの生産を調べています。

1993年11月、LCAの標準化は、パリの技術委員会(TC 207)小委員会SC 5とともにISO(国際標準化機構)で開始されました。この規格は、SETACによって開発された行動規範に基づいていました。現在、ISOは、14040シリーズおよびLCAのテクニカルレポートと呼ばれる一連の標準を発行しています。このISO14040シリーズの標準は、独立した第三者が作業を批判的にレビューする必要性を含め、LCAの演習が順守する必要があるアプローチと厳密さを概説しています。

ISO 14000シリーズの規格には、環境管理システムに関するISO14001が含まれています。 ISO 14040シリーズの規格には、「原則とフレームワーク」というタイトルのISO 14040、「目標と範囲の定義と在庫分析」というタイトルのISO 14041、「ライフサイクル影響評価」(LCIA)というタイトルのISO 14042、タイトルのISO14043が含まれます。 「ライフサイクル解釈」、タイトル「要件とガイドライン」のISO 初歩のテクニカル分析ガイド 14040、タイトル「ISO14042の適用例」のISO14047、タイトル「データ文書フォーマット」のISO 14048、およびタイトル「ISOの適用例」のISO14049 14041'。 ISO 14040シリーズの規格によると、LCAは製品の開発と改善、戦略的計画、公共政策の策定、マーケティング、およびその他の目的に使用されます。

LCAは、製品のライフサイクルのすべての段階で製品の環境側面を評価するためのツールです。 LCAは、ISO 14040規格で、「製品システムのライフサイクル全体にわたるインプット、アウトプット、および潜在的な環境影響のコンパイルと評価」として定義されています。製品のライフサイクルには、原材料の取得から材料の製造および製造、使用、回収オプションを含む最終廃棄までのすべてのプロセスが含まれます。これらの段階での輸送も考慮に入れる必要があります

LCAは現在、最も広く認められ、使用されている持続可能性評価手法の1つです。これは、利用可能な「ライフサイクルインベントリ(LCI)データベースから最も頻繁に抽出される環境影響データの収集と管理に基づいています。 LCA方法論とLCIデータは、業界が(i)顧客とその顧客に情報を提供し、(ii)さまざまなアプリケーションでの製品システムの環境パフォーマンスに対する鉄鋼の貢献を理解し、(iii)技術評価をサポートするのに役立ちます(環境改善プログラムのベンチマーク、決定、優先順位付け)、(iv)影響評価を実施して、自社のプロセスが環境に与える影響を減らし、顧客と緊密に協力して、製品の鉄鋼使用の全体的な影響に関する知識を獲得します。環境について、そのライフサイクル全体にわたって、および(v)用途で鋼を使用することのライフサイクル環境上の利点、および環境パフォーマンスの改善に効果的である可能性がある場所についての一般の知識を増やします。 LCAはまた、組織の環境および温室効果ガスの報告要件、マーケティングおよび販売サポート、規制および環境製品宣言などの自主的イニシアチブへの準拠を確保する上で重要な役割を果たします。

LCIは、構造化された包括的で国際的に標準化された方法です。これは、消費されたすべての関連する排出量と資源、および製品のライフサイクル全体に関連する関連する環境と健康への影響および資源の削除の問題を定量化します。 LCIはLCAのフェーズの1つです。 LCIデータは、機能システム(たとえば、1kgの熱間圧延コイルの製造)に関連する材料、エネルギー、および排出量を定量化します。このLCIデータは、LCIAを含む完全なLCAの基礎であり、より広い境界と完全な製品ライフサイクルを超えています。さらに、このデータは、製品のカーボンフットプリントなどの単一の問題に対処するために使用できます。

LCAドライバーは、(i)ライフサイクル全体の持続可能性に貢献する商品とサービスを提供し、(ii)設計から廃棄までの製品のライフサイクル全体で最適なリソースの使用を保証するため、「国家の自主的ガイドライン-原則」によってサポートされます。 (iii)設計者、生産者、バリューチェーンのメンバー、顧客、リサイクル業者などのすべての人がつながり、持続可能な消費を促進するようにします。 LCAは、社会的または環境的な懸念、リスク、および/または機会を設計に組み込んだ製品またはサービスに関するレポートを提供し、調達/生産/流通および使用における削減の詳細を提供するため、「ビジネス責任レポート」も支援します。製品の単位あたりの資源(エネルギー、水、原材料など)の使用に関する消費者

図4ライフサイクルアセスメントフレームワーク

影響カテゴリ地球温暖化鉱物と化石燃料の枯渇 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド
タブ1LCAで使用される一般的な影響カテゴリ
定義
地球の平均気温の上昇
Consumption of non-renewable energy or material resources
Photochemical oxidation (smog) Emission of substances (VOCs, nitrogen oxides) to air
Human toxicity Human exposure to an increased concentration of toxic substances in the environment
Ozone depletionIncrease of stratospheric ozone breakdown
Eutrophication Increased concentration of chemical nutrients in water and on land
Water use Consumption of water
Land use Modification of land for various uses
AcidificationEmission of acidifying substances to air and water
Ecotoxicity Emission of organic substances and chemicals to 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド air, water and land
Note:LCA – Life cycle assessment, VOCs – Volatile organic compounds

Life cycle interpretation is the final phase of the LCA, in which the results 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド of study is summarized and discussed. In this phase of LCA, the results of the inventory analysis 初歩のテクニカル分析ガイド and the impact assessment are evaluated together. Life cycle interpretation reveals conclusion which is to be consistent 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド with the defined goal and scope and which offers suggestions.

Among the tools available to evaluate environmental performance, LCA provides a holistic approach to evaluate environmental performance by considering the potential impacts from all stages of manufacture, product use and end-of-life stages. This is referred to as the cradle-to-grave approach. LCA 初歩のテクニカル分析ガイド is well established as a sound environmental assessment tool which is easy to implement, and cost effective and produces affordable and beneficial solutions for material decision making and product design.

The use of LCA 初歩のテクニカル分析ガイド is becoming more widespread since it takes into account the environmental impacts of the manufacturing processes of 初歩のテクニカル分析ガイド a product, the extraction of the raw materials used by these processes, the use and maintenance of 初歩のテクニカル分析ガイド the product by the consumer, its end–of-life (reuse, recycling or disposal) as well as the various methods of transport occurring between every link of the chain. Presently, there is an increasing number of national or regional databases are available which cover major industrial sectors. Many manufacturing organizations have LCA departments and 初歩のテクニカル分析ガイド there are more and more LCA software packages are now available. It is also now a subject which is taught at universities.

In Europe, an environmental product declaration (EPD) is a standardized way of quantifying the environmental impact of a product or system following life cycle analysis. For a steelmaker, it is also strategically important to demonstrate this life-style approach (in terms of governments and policies) so that the 初歩のテクニカル分析ガイド long service-life, re-use and multi-recycling characteristics of steel are adequately appreciated and measured.

The LCA data can also be used for other purposes including (i) eco-design / design for recycling applications, (ii) benchmarking of 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド specific products, (iii) procurement and supply chain decisions, (iv) inclusion in ‘Type I Ecolabel’ criteria for products, (v) inclusion in life cycle based ‘Type III environmental product declarations’ for specific products, and (vi) the analysis of specific indicators, e.g. carbon footprints or primary energy consumption.

Thinking in life cycles has 初歩のテクニカル分析ガイド an important advantage. With LCA, the whole lifespan of a product can be evaluated i.e. the 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド production, use and disposal at the end of life. Environmental impacts occur along the entire supply chain 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド i.e. at the production site itself as well as in the extraction of raw materials and their transport, and at power plants supplying the energy to the production site. Capturing both direct and indirect impacts can help to avoid shifting environmental burden from one life cycle stage to another. Environmental regulations which only regulate one phase (use) of a product’s life cycle can create unintended consequences, i.初歩のテクニカル分析ガイド e. increased CO2 emissions. Correct modelling of the recycling potential of steel products at the end-of-life phase is critical for our sector to compete with other materials and demonstrate the performance of steel solutions to meet the demand for ‘best in class’ sustainable uses.

今度こそ、違うのか

今度こそ、違うのか

・🔴メイヤーマルチプル(Mayer Multiple):0.6(23,380ドル)。価格は200日移動平均線に対して40%のディスカウントで取引されており、取引日のうちわずか3.4%がこの水準で終値をつけているか、または下回っている。
・🟠実現価格(22,500ドル)は、コイン供給の総コストベーシスであり、通常は底値形成時のレジスタンスとなる。全取引日の14%はこの水準を下回っている。
・🔵200週移動平均線(22,390ドル)は、歴史的に弱気市場の最終局面でサポートラインとなっており、これを下回って取引を終えた日は1%のみである。
・🟢バランス価格(Balance Price)(17,980ドル)は、コインデーの消滅を考慮し、時価から最終的な実現損益を引いた。取引日のわずか3%がこのモデルを下回って終えている。
・🟣デルタ価格(Delta Price)(15,750ドル)は、実現価格と全期間平均価格との差である。この水準は終値ベースで一度も割れたことがなく、弱気相場での最終的なサポートになっている。

4,360取引日のうち、同様の状況は13日(0.2%)しかなく、過去に発生したのは2015年1月と2020年3月の2回だけである。これらのポイントは、下のチャートにおいて緑色でマークされている。

ライブチャート

蓄積トレンドスコア指標については、6月中は0.9を超える高い値を返し続けている。これは主にクジラ (残高>10k BTC) とエビ (残高< 1BTC) のエンティティがオンチェーン残高を大幅に増やしていることに起因している。

・2019年中期や2021年第1四半期などの強気相場のラリーでは、新規需要の流入により価格が上昇し、しばしば初期の投資家が売り手となる。
・2021年11月以降のATHは、残念ながら早すぎたディップバイヤーであったと表現するのがベストだろう。
・2018年11月や2020年3月のような弱気相場の底値近辺。これらは、買い手の需要が最終的に供給を圧倒し、有意かつマクロ的な安値を確立した期間である。

ライブチャート

周期性のある安値

ライブアドバンスチャート

ライブアドバンスチャート

ライブチャート

新しいGlassnodeの研究:歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

更新する安値

ライブチャート

ライブアドバンスチャート

ライブチャート

ライブチャート

新しいGlassnodeの研究:DeFiの巨額なデレバレッジ

DeFiの巨額なデレバレッジ

HODLerの信念は揺らいでしまったのか?

ライブチャート

・仮に、売却しているLTHが2021-22年のサイクルの人であれば、含み損のコインを保有している投資家が、大きなボラティリティを経て、最終的に降参するという典型的なキャピチュレーションである可能性が高くなる。
・仮に、LTHが2020年以前のサイクルの人であれば、ビットコインの最も強力かつ長い期間の信者たちの信念の喪失を反映している可能性が高いだろう。

下図は、年齢が6ヶ月以上の供給量である。この供給量は6月に168.5k BTC減少している。LTHの閾値が5ヶ月程度であることから、5~6ヶ月のBTCは13.3k BTCと推定され、全体の約7.3%を占めている。

ライブアドバンスワークベンチ

ライブアドバンスチャート

・82.9%は年齢が1年~2年のコイン。
・9.8%は年齢が6ヶ月〜12ヶ月のコイン。
・7.3%は年齢が5ヶ月~6ヶ月のコイン。

ライブチャート

サマリーと結論

製品アップデート

製品の更新、改善、指標やデータの手動更新は、すべて変更履歴に記録されているので、ご参照ください。

・新しいGlassnodeホームページは、Glassnode.comで公開されている。
・ダッシュボードの改善:ビデオモジュール、テキストボックスのスクロール機能、サイジングの再フォーマット化。
・説明付きのワークベンチ・チャートのクローン。

新製品発売: チュートリアル・ダッシュボード

A Expulsão de Turistas do Bitcoin

A Expulsão de Turistas do Bitcoin

O Bitcoin teve um dos seus piores desempenhos mensais de preços da história, com preços caindo -37,9% em junho. O Bitcoin viu uma expulsão quase completa de turistas do mercado, deixando a determinação dos HODLers como a última linha de pé.

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

The Expulsion of Bitcoin Tourists

The Expulsion of Bitcoin Tourists

Bitcoin has locked in one 初歩のテクニカル分析ガイド of the worst monthly price performances in history, with prices trading down -37.9% in June. Bitcoin 初歩のテクニカル分析ガイド has seen a near complete expulsion of market tourists, leaving the resolve of HODLers as the last line 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド standing.

今度こそ、違うのか

今度こそ、違うのか

・🔴メイヤーマルチプル(Mayer Multiple):0.6(23,380ドル)。価格は200日移動平均線に対して40%のディスカウントで取引されており、取引日のうちわずか3.4%がこの水準で終値をつけているか、または下回っている。
・🟠実現価格(22,500ドル)は、コイン供給の総コストベーシスであり、通常は底値形成時のレジスタンスとなる。全取引日の14%はこの水準を下回っている。
・🔵200週移動平均線(22,390ドル)は、歴史的に弱気市場の最終局面でサポートラインとなっており、これを下回って取引を終えた日は1%のみである。
・🟢バランス価格(Balance Price)(17,980ドル)は、コインデーの消滅を考慮し、時価から最終的な実現損益を引いた。取引日のわずか3%がこのモデルを下回って終えている。
・🟣デルタ価格(Delta Price)(15,初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 750ドル)は、実現価格と全期間平均価格との差である。この水準は終値ベースで一度も割れたことがなく、弱気相場での最終的なサポートになっている。

4,360取引日のうち、同様の状況は13日(0.2%)しかなく、過去に発生したのは2015年1月と2020年3月の2回だけである。これらのポイントは、下のチャートにおいて緑色でマークされている。

ライブチャート

蓄積トレンドスコア指標については、6月中は0.9を超える高い値を返し続けている。これは主にクジラ (残高>10k BTC) とエビ (残高< 1BTC) のエンティティがオンチェーン残高を大幅に増やしていることに起因している。

・2019年中期や2021年第1四半期などの強気相場のラリーでは、新規需要の流入により価格が上昇し、しばしば初期の投資家が売り手となる。
・2021年11月以降のATHは、残念ながら早すぎたディップバイヤーであったと表現するのがベストだろう。
・2018年11月や2020年3月のような弱気相場の底値近辺。これらは、買い手の需要が最終的に供給を圧倒し、有意かつマクロ的な安値を確立した期間である。

ライブチャート

周期性のある安値

ライブアドバンスチャート

ライブアドバンスチャート

ライブチャート

新しいGlassnodeの研究:歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

更新する安値

ライブチャート

ライブアドバンスチャート

ライブチャート

ライブチャート

新しいGlassnodeの研究:DeFiの巨額なデレバレッジ

DeFiの巨額なデレバレッジ

HODLerの信念は揺らいでしまったのか?

ライブチャート

・仮に、売却しているLTHが2021-22年のサイクルの人であれば、含み損のコインを保有している投資家が、大きなボラティリティを経て、最終的に降参するという典型的なキャピチュレーションである可能性が高くなる。
・仮に、LTHが2020年以前のサイクルの人であれば、ビットコインの最も強力かつ長い期間の信者たちの信念の喪失を反映している可能性が高いだろう。

下図は、年齢が6ヶ月以上の供給量である。この供給量は6月に168.5k BTC減少している。LTHの閾値が5ヶ月程度であることから、5~6ヶ月のBTCは13.3k BTCと推定され、全体の約7.3%を占めている。

ライブアドバンスワークベンチ

ライブアドバンスチャート

・82.9%は年齢が1年~2年のコイン。
・9.8%は年齢が6ヶ月〜12ヶ月のコイン。
・7.3%は年齢が5ヶ月~6ヶ月のコイン。

ライブチャート

サマリーと結論

製品アップデート

製品の更新、改善、指標やデータの手動更新は、すべて変更履歴に記録されているので、ご参照ください。

・新しいGlassnodeホームページは、Glassnode.comで公開されている。
・ダッシュボードの改善:ビデオモジュール、テキストボックスのスクロール機能、サイジングの再フォーマット化。
・説明付きのワークベンチ・チャートのクローン。

新製品発売: チュートリアル・ダッシュボード

A Expulsão de Turistas do Bitcoin

A Expulsão de Turistas do Bitcoin

O Bitcoin teve um dos seus piores desempenhos mensais de preços da história, com preços caindo -37,9% em junho. O Bitcoin viu uma expulsão quase completa de turistas do mercado, deixando a determinação dos HODLers como a última linha de pé.

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

The Expulsion of Bitcoin Tourists

The Expulsion of Bitcoin Tourists

Bitcoin has locked in one of the worst monthly price performances in history, with prices trading down -37.9% in June. Bitcoin has seen a near complete expulsion of market tourists, 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド leaving the resolve of HODLers as the last line standing.

初歩のテクニカル分析ガイド

ライフサイクルアセスメントと鉄鋼の持続可能性

図1鋼のライフサイクル

図2ライフサイクルアセスメントの原則

ライフサイクルコスト(LCC)は、鉄鋼の持続可能性の経済的要素の重要な基準です。 LCCは、パフォーマンス要件(ISO 15686-5)を満たしながら、ライフサイクル全体にわたる資産のコストです。これは、ライフサイクル中に発生した製品に関連するすべてのコストの合計であり、(i)構想、(ii)製造/製造、(iii)使用/操作、および(iv)保守終了で構成されます。 LCCは、投資決定を下したり、さまざまな投資オプションを比較したりするのに役立つ数学的手順です。ライフサイクルコストを考慮すれば、鋼は高価ではありません。他の材料のコストは時間の経過とともに大幅に増加しますが、鋼のコストは通常​​一定のままです。

図3鋼の持続可能性の要素

プロジェクトの持続可能性の評価は、過去数年間に開発された多くのツールの助けを借りて行うことができます。ライフサイクルの概念に基づく最も完全で詳細な分析方法の1つは、LCAです。製品またはシステムのライフサイクル全体を考慮し、原材料の抽出から、材料の生産およびエネルギー要件、使用および寿命末期の処理までを考慮します。このような体系的な概要を通じて、環境への負担が特定され、場合によっては回避されます。 LCAは、プロジェクトのライフサイクルのさまざまな時点でプロジェクトの環境パフォーマンスを改善する機会を特定するのに役立ちます。 LCAの目的は、製品のライフサイクル全体にわたる完全な環境プロファイルを作成し、環境指標を使用してより理解しやすい方法で結果を表示することです。

1972年に、ガラス、プラスチック、鋼、アルミニウムなど、さまざまな種類の飲料容器の製造における総エネルギー使用量が1979年にIan Bousteadによって計算されました。これにより、彼の方法論はさまざまな材料に適用できます。その時代には、公共の関心が高まり、さまざまなライフサイクル研究が行われました。 1992年に、ライフサイクルアセスメント(LCA)ワークショップがSociety of Environmental Toxicology and Chemistry(SETAC)によって開催されました。これらのワークショップの1つは、ライフサイクル影響評価とその他のデータ品質に焦点を当てています。

1993年に、「LCA聖書」としても知られる「ライフサイクルアセスメント:実践規範」のガイドラインが発表されました。 1990年代には、LCAは、LCAに関するオランダのガイドラインなどのさまざまなガイドラインを公開したさまざまなグループによっても研究され、北欧諸国、つまりスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの著者は、ライフサイクルアセスメントに関する北欧のガイドラインを公開しました。国連環境計画は「ライフサイクルアセスメント:それを行う方法とは何か」を発表しました。欧州環境機関は、「ライフサイクルアセスメント:アプローチ、経験、および情報源へのガイド」も公開しました。 「製品は、LCA調査で商品またはサービスとして定義されています。 LCAは、「ライフサイクルアプローチ」、「ゆりかごから重大な分析」、または「ライフサイクル分析」と呼ばれることもあります。ゆりかごから墓場までの完全な調査では、原材料(ゆりかご)から使用段階、そして寿命(墓)までの生産を調べています。

1993年11月、LCAの標準化は、パリの技術委員会(TC 207)小委員会SC 5とともにISO(国際標準化機構)で開始されました。この規格は、SETACによって開発された行動規範に基づいていました。現在、ISOは、14040シリーズおよびLCAのテクニカルレポートと呼ばれる一連の標準を発行しています。このISO14040シリーズの標準は、独立した第三者が作業を批判的にレビューする必要性を含め、LCAの演習が順守する必要があるアプローチと厳密さを概説しています。

ISO 14000シリーズの規格には、環境管理システムに関するISO14001が含まれています。 ISO 14040シリーズの規格には、「原則とフレームワーク」というタイトルのISO 14040、「目標と範囲の定義と在庫分析」というタイトルのISO 14041、「ライフサイクル影響評価」(LCIA)というタイトルのISO 14042、タイトルのISO14043が含まれます。 「ライフサイクル解釈」、タイトル「要件とガイドライン」のISO 14040、タイトル「ISO14042の適用例」のISO14047、タイトル「データ文書フォーマット」のISO 14048、およびタイトル「ISOの適用例」のISO14049 14041'。 ISO 14040シリーズの規格によると、LCAは製品の開発と改善、戦略的計画、公共政策の策定、マーケティング、およびその他の目的に使用されます。

LCAは、製品のライフサイクルのすべての段階で製品の環境側面を評価するためのツールです。 LCAは、ISO 14040規格で、「製品システムのライフサイクル全体にわたるインプット、アウトプット、および潜在的な環境影響のコンパイルと評価」として定義されています。製品のライフサイクルには、原材料の取得から材料の製造および製造、使用、回収オプションを含む最終廃棄までのすべてのプロセスが含まれます。これらの段階での輸送も考慮に入れる必要があります

LCAは現在、最も広く認められ、使用されている持続可能性評価手法の1つです。これは、利用可能な「ライフサイクルインベントリ(LCI)データベースから最も頻繁に抽出される環境影響データの収集と管理に基づいています。 LCA方法論とLCIデータは、業界が(i)顧客とその顧客に情報を提供し、(ii)さまざまなアプリケーションでの製品システムの環境パフォーマンスに対する鉄鋼の貢献を理解し、(iii)技術評価をサポートするのに役立ちます(環境改善プログラムのベンチマーク、決定、優先順位付け)、(iv)影響評価を実施して、自社のプロセスが環境に与える影響を減らし、顧客と緊密に協力して、製品の鉄鋼使用の全体的な影響に関する知識を獲得します。環境について、そのライフサイクル全体にわたって、および(v)用途で鋼を使用することのライフサイクル環境上の利点、および環境パフォーマンスの改善に効果的である可能性がある場所についての一般の知識を増やします。 初歩のテクニカル分析ガイド LCAはまた、組織の環境および温室効果ガスの報告要件、マーケティングおよび販売サポート、規制および環境製品宣言などの自主的イニシアチブへの準拠を確保する上で重要な役割を果たします。

LCIは、構造化された包括的で国際的に標準化された方法です。これは、消費されたすべての関連する排出量と資源、および製品のライフサイクル全体に関連する関連する環境と健康への影響および資源の削除の問題を定量化します。 LCIはLCAのフェーズの1つです。 LCIデータは、機能システム(たとえば、1kgの熱間圧延コイルの製造)に関連する材料、エネルギー、および排出量を定量化します。このLCIデータは、LCIAを含む完全なLCAの基礎であり、より広い境界と完全な製品ライフサイクルを超えています。さらに、このデータは、製品のカーボンフットプリントなどの単一の問題に対処するために使用できます。

LCAドライバーは、(i)ライフサイクル全体の持続可能性に貢献する商品とサービスを提供し、(ii)設計から廃棄までの製品のライフサイクル全体で最適なリソースの使用を保証するため、「国家の自主的ガイドライン-原則」によってサポートされます。 (iii)設計者、生産者、バリューチェーンのメンバー、顧客、リサイクル業者などのすべての人がつながり、持続可能な消費を促進するようにします。 LCAは、社会的または環境的な懸念、リスク、および/または機会を設計に組み込んだ製品またはサービスに関するレポートを提供し、調達/生産/流通および使用における削減の詳細を提供するため、「ビジネス責任レポート」も支援します。製品の単位あたりの資源(エネルギー、水、原材料など)の使用に関する消費者

図4ライフサイクルアセスメントフレームワーク

影響カテゴリ地球温暖化鉱物と化石燃料の枯渇 初歩のテクニカル分析ガイド
タブ1LCAで使用される一般的な影響カテゴリ
定義
地球の平均気温の上昇
Consumption of non-renewable energy or material resources
Photochemical oxidation (smog) Emission of substances (VOCs, nitrogen oxides) to air
Human toxicity Human exposure to an increased concentration of toxic substances in the environment
Ozone depletion Increase of stratospheric ozone breakdown
Eutrophication Increased concentration 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド of chemical nutrients in water and on land
Water use Consumption of water
Land use Modification of land for various uses
Acidification Emission of acidifying substances to air and water
Ecotoxicity Emission of organic substances and chemicals to air, water and land
Note:LCA – Life 初歩のテクニカル分析ガイド cycle assessment, VOCs – Volatile organic compounds

Life cycle interpretation is the final phase of the LCA, in which the results of study is summarized and discussed. In this phase 初歩のテクニカル分析ガイド of LCA, the results of the inventory analysis and the impact assessment are evaluated together. Life cycle interpretation reveals conclusion which is to be consistent with the defined goal and scope and which offers suggestions.

Among the tools available to evaluate environmental performance, LCA provides a holistic approach to evaluate environmental 初歩のテクニカル分析ガイド performance by considering the potential impacts from all stages of manufacture, product use and end-of-life stages. This is referred to as the cradle-to-grave approach. LCA is well established as a sound environmental assessment tool which is easy to implement, and cost effective and produces affordable and beneficial solutions for material decision making 初歩のテクニカル分析ガイド and product design.

The use of LCA is becoming more widespread since it takes into account the environmental impacts of the manufacturing processes of a product, the extraction of the raw materials used by these processes, the use and maintenance of the product by the consumer, its end–of-life (reuse, recycling or disposal) as well as the various methods of transport occurring between every link of the chain. Presently, there is an increasing number of national or regional databases are available which cover major industrial sectors. Many manufacturing organizations have LCA departments and there are more and more LCA software packages are now 初歩のテクニカル分析ガイド available. It is also now a subject which is taught at universities.

In Europe, an environmental product 初歩のテクニカル分析ガイド declaration (EPD) is a standardized way of quantifying the environmental impact of a product or system following life cycle analysis. For a steelmaker, it is also strategically important to demonstrate this life-style approach (in terms of governments and policies) so that the long service-life, re-use and multi-recycling characteristics of steel are adequately appreciated and measured.

The LCA data can also be used for other purposes including (i) eco-design 初歩のテクニカル分析ガイド / design for recycling applications, (ii) benchmarking of specific products, (iii) procurement and supply chain decisions, (iv) inclusion in ‘Type I Ecolabel’ criteria for products, (v) inclusion in life cycle based ‘Type III environmental product declarations’ for specific products, and (vi) the analysis of specific indicators, e.g. carbon footprints or primary energy consumption.

Thinking in life cycles has an important advantage. With LCA, the whole lifespan of 初歩のテクニカル分析ガイド a product can be evaluated i.e. the production, use and disposal at the end of life. Environmental 初歩のテクニカル分析ガイド impacts occur along the entire supply chain i.e. at the production site itself as well as in the extraction of raw materials and their transport, and at power plants supplying the energy 初歩のテクニカル分析ガイド to the production site. Capturing both direct and indirect impacts can help to avoid shifting environmental burden 初歩のテクニカル分析ガイド from one life cycle stage to another. Environmental regulations which only regulate one phase (use) of a product’s life cycle can create unintended consequences, i.e. increased CO2 emissions. Correct modelling of the recycling 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド potential of steel products at the end-of-life phase is critical for our sector to compete with other 初歩のテクニカル分析ガイド materials and demonstrate the performance of steel solutions to meet the demand for ‘best in class’ sustainable uses.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる