FX手法

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは
国内最高峰の裁量トレード教材。このPDF本文を読んでも、なかなか勝てない人は、配信動画(動いているチャート画面での解説付き)を3本見ると、その手法の有効性と再現性が理解出来る。

RSIがボリンジャーバンドにタッチしたらサイン&アラートで教えてくれる無料サインツール(RSI_Bollinger_Sign)

RSIはFXでもバイナリーオプションでも多くの方がチャート上に表示させている、オシレーター系のテクニカル指標です。今回は、そんなRSIをチャートに表示させて設定する方法や、パラメーター(数値)、使い方などを解説していこうと思います。RSIとは?RSIはRelative Strength Index(相対力指数)のそれぞれの頭文字をとってRSIと呼ばれている。J・ウェルズ・ワイルダー・ジュニアという人が開発したオシレーター系のテクニカル指標である。 1978年に『ワイルダーの敵に勝る分析入門』という著書が発表されたが、その中で詳しく紹.

RSIとボリバンの同時表示したい人必見. RSIはサブウインドウに表示させてトレンドの強弱をみる。ボリンジャーバンドはメインウインドウに表示させて2σや3σのラインを表示させて使う。というのが一般的です。今回は、そんな2つのインジケーターを組み合わせて使う方法について説明していきます。RSIとボリンジャーバンドを同じウインドウに表示?RSIといえばオシレーター系のテクニカル指標です。ボリンジャーバンドはトレンド系のテクニカル指標です。 異なる系統のインジケーターなのですが、この2つを組み合わせることによ.

RSIのボリバンタッチではなく、ローソク足がボリンジャーバンドに触れた時にサイン&アラートを鳴らす『BB_Touch_Alert』という無料サインツールもこちらで紹介しています。

ボリンジャーバンドってバイナリーオプションに限らずFXで投資を行っている人の多くが使っているトレンド系のテクニカル指標ですよね。2σやマイナス2σにタッチしたら逆張りだ!とか、3σやマイナス3シグマにタッチしたら逆張りだ!!ということがとても多くのサイトで紹介されています。やってみると分かると思いますが、RSIと組み合わせたら勝率80%. だなんて・・・クソですよね。ボリンジャーバンドに触れたら逆張りエントリーで勝率80%. 私がバイナリーオプションを始めたばかりの頃、初めて目にした有料サインツールがそんな感.

シグナル配信で使っているグループもあるので注意が必要

私は日頃から色々なところのシグナル配信に登録していますが、 とある配信グループではこの中のサインツールを使ってるのでは? と思えるような配信を行っている所もありました。

そのような配信グループは『 バイナリーオプション無料配信サービス 』と謳って人をライン@で集め、バックエンドで勝てない高額塾に入塾させたり、有料コミュニティに入会させるという事が目的のようです。

当サイトでは 有料級の使えるサインツールを無料で手に入れられる ように、各インジケーターの紹介ページには配布元のリンクを入れたりしています。

例え 10万円や30万円するツール でも、 タダで手に入れた0円ツール でも 結局は裁量がなければ勝つことはできません 。

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは

「FXってどうしたら破産するの?」

「破産する人ってどんな人?体験談が知りたい」

はじめに知っていただきたいのが、FXは破産の原因を理解し対策をすれば 破産しにくい投資 です。

破産の根本的な原因は、 生活費に手を出したり借金をしてしまう心の弱さ で、実はトレードの負けが直接破産の原因になるケースは少ないのです。

この記事では、破産経験者の体験談から破産する人の特徴を解説しています。

・FXで破産してしまう根本的原因?
・FXで破産する人の特徴
・FXで破産した人の体験談
・破産体験者から学ぶ破産する原因としないための対策
・破産してしまった時にとるべき行動
・破産しない魔法の指標「バルサラの破産確率」の使い方

FXってどうしたら破産するの?

どうしたら破産する?

A.破産とは、会社または個人(債務者)が、債務超過や支払不能に陥ったときに、裁判所が債務者の財産を処分し、これをすべての債権者に平等に配当して公平な清算を図ると共に、債務者の経済生活の再生を図ることを目的とする手続です。 破産の申立は、債権者あるいは債務者自身もでき、後者を「自己破産」と呼びます。
【引用元: 京都第一法律事務所:「破産」とは、どんな手続きですか? 】

要約すると裁判所が破産者の借金を免責する制度です。

借金は免責になりますが、破産するとブラックリストにのったりと多くの社会的デメリットを受けるため、絶対に使うべきではありません。

トレードの失敗が直接破産につながるイメージが強いですが、FXで破産する根本原因は心の弱さです。

FXの損失する仕組み

為替差益の例

FXは2カ国の通貨の 為替差益 を狙う投資で、例えば上の図解のように米ドル/円 = 100円の時に10ドル買って、米ドル/円 = 110円の時に売れば100円の利益がでます。

【為替差益で利益を得る例】

・米ドル/円 = FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは 100円の時に1,000円でドル買う
1,FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは 000円 ÷ 100円 = 10ドル

・米ドル/円 = 110円の時に10ドル売る
110円 × 10ドル = 1,100円

・利益
1,100円 - 1,000円 = 100円

このように取り扱う通貨量が多くなると負けた時の損失が大きくなるのが為替差益の特徴です。

口座資金以上の損失はロスカットによって守られている

ロスカットとは?

FXには ロスカット という口座資金を守る仕組みが存在します。

ロスカットは取引で証拠金維持率が一定水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済する仕組みです。

【証拠金維持率とは?】
証拠金維持率は必要証拠金に対する有効証拠金の割合で、数字が大きいほど安全で、小さいとロスカットの危険性が高くなります。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

2,500% (証拠金維持率) = 1,000,000(有効証拠金) ÷ 40,000円(必要証拠金) × 100

【ロスカット水準別損失額比較】

ロスカット水準 ロスカット執行レート 損失額 ロスカット後の証拠金
100% 99.00円 1万円 4万円
50% 97.00円 3万円 2万円
なし 95.00円 5万円 0円

このようにロスカットという仕組みがある以上、FXの負けが破産に直結しにくいのは理解して頂けたかと思います。

生活費や消費者金融に手を出すことが破産へつながる

答えはシンプルで、 生活費に手を出し借金をしてFXをするから です。

FXで破産する人のほとんどはトレードそのものではなく、トレーダーの意思で借金をして破産します。

つまり、自分自身をコントロールできれば破産することはないのです。

FXによる破産で人生終わった人の体験談

破産体験談

・借金して軍資金を調達後に破産
・スワップ天国から地獄へ

借金して軍資金を調達後に破産

投資を始めた頃は、株式投資で順調に利益をあげていました。

そこで、より大きく稼ぎたいと考え高レバレッジで取引できるFXで取引を開始、さらに借金をして軍資金まで調達しています。

高いレバレッジをかけていたことで、大きな損失となりFX会社からは追加の証拠金(追証)の入金を求められ借金して補填します。

それでも、損失は拡大し必要な追証を用意できず全ての取引はロスカットによる強制決済となり、最終的に1,000万円の借金を背負ってしまいました。

【破産につながったポイント】
・勝っていたので調子に乗って借金して軍資金を増やした。
・高レバレッジをかけてしまった。
・負けを認めず追証でさらに借金を増やしてしまった。

スワップ天国から地獄へ

オーストラリアドルと南アフリカランドで運用し、1日だけで2万円ほどの利益を得られて「電卓で20000×365=を叩いて、俺年収730万だよ!」とニヤニヤしていました。

しかし、幸運な時間も束の間、相場は大暴落し為替差益による損失で全ての取引はロスカットで強制決済、さらに追証まで求められ1,340万円の借金を背負うことになってしまいました。

【破産につながったポイント】
・目先の利益に目がくらんで、高スワップのリスクを勉強せずにスワップポイントに手を出してしまった。

FXで破産する人の4つの特徴

破産する人の特徴

①ギャンブル気質な人
②感情的になりやすい人
③自制心が弱い人
④勉強をおこたる人

①ギャンブル気質な人

ギャンブル気質な人は破産の危険性が高いです。

なぜなら、FXはハイリスクハイリターンの投資ができてしまうからです。

FXは極論上がるか下がるかの2択で、50%の確率で予測が当たる可能性があり、さらにレバレッジという資金力を数十倍まで上乗せしてトレードできる仕組みもあります。

②感情的になりやすい人

続いての破産する人の特徴は 感情的になりやすい人 です。

FXは論理的な分析に基づいて冷静にトレードするのが大前提で、感情は正常なトレードの妨げになります。

例えば、「なんでいつも思い通りにならないんだ」「負けを取り戻したい」といった感情で、カッとなってトレードしてしまう人です。

③自制心が弱い人

自制心が弱い人は破産になりやすいです。

理由は、自制心が弱いと破産への第一歩である生活費に手を出しやすいからです。

④勉強をおこたる人

勉強をせずにFXに挑む人も破産しやすい傾向があります。

なぜなら、知識があれば防げる大損失があるからです。

FXで負けてしまう原因5選

負ける原因

【FXで負けてしまう5つの原因】
①損切りができない
②資金管理できていない
③根拠を持ってトレードしていない
④高いスワップポイントを狙う
⑤ビギナーズラックで勘違い

①損切りができない

損失原因損切りできなかった

FX最大の負ける原因が、 損切り注文が徹底できていない です。

理由は、「いつか好転するだろう」「含み損が大きすぎるから相場が回復するまで待とう」といった希望的観測から損失を拡大させてしまうからです。

事実「損切りできなかった」は 金融先物取引業協会の損失原因調査 で損失原因の第1位となっています。

②資金管理できていない

資金管理とは1回のトレードに使う金額を管理することで、 投資金の管理をおこたると大損失につながります。

なぜなら、FXは1回のトレードで全投資金を失う可能性がある投資だからです。

③根拠を持ってトレードしていない

損失原因根拠が薄いトレード

根拠が薄いトレード をしていると負けやすいです。

根拠が薄いとは、分析をせずに「なんとなく上がりそう」「さっきは下がったから次は買いだ」といったギャンブルのようなトレードです。

金融先物取引業協会の調査 では「根拠が薄いトレード」は敗因の第2位となっています。

FXトレードは、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析に基づいて勝てる見込みを持ってトレードするのが大前提です。

④高いスワップポイントを狙う

高スワップポイント目的のトレード は、大損失の可能性を秘めています。

なぜなら、為替差益で負けた時のリスクが大きいからです。

⑤ビギナーズラックで勘違い

FX失敗あるあるで代表的なのが、 ビギナーズラック で勝ったことを自分の実力だと思い込んでしまうパターンです。

先述したとおり、FXは極論上がるか下がるかの二択なので、初心者でも勝つ可能性がある投資です。

敗因から学ぶ破産を防ぐたった5つの資産防衛策

破産を防ぐ防衛策

①絶対に生活費に手を出さない
②損切りを徹底する
③資金管理の徹底する
④分析に基づく根拠のあるトレードをする
⑤高スワップ通貨ペアを避ける

①絶対に生活費に手を出さない

絶対に生活費には手を出さないでください!

一度生活費に手を出すことは、破産への第一歩だからです。

【破産までの流れ】
①口座資金がなくなる
②取り返したいから生活費に手を出す
③生活費がなくなる
④生活費を取り戻すために借金する
⑤借りた資金がなくなる
⑥限度額まで借金する
⑦借金する手段がなくなる
⑧破産

②損切りを徹底する

損切りの徹底は必須です!

なぜなら、「損切りできない」は破産に直結する敗因だからです。

損切りできない人は、「すぐ戻ってくる」「来週あたりには戻ってくるだろう」など根拠のない感情が勝ってしまいます。

私自身も根拠のない「そのうち予測通りになる」を信じて痛い目に合ってきました。

③資金管理の徹底する

資金管理を徹底して1回あたりの投資額を決めましょう。

目的は1回あたりの投資額を一定の割合に保ち、トレード回数を確保するためです。

おすすめは1トレードの投資金を全投資金の2%に設定する「2%ルール」です。

④分析に基づく根拠のあるトレードをする

トレードする際は必ず勝てる根拠を持ちましょう。

根拠がないトレードは、上がるか下がるか2択のギャンブルと同じだからです。

⑤高スワップ通貨ペアを避ける

高スワップポイントの通貨ペアは避けてトレードしましょう。

理由は、高スワップポイント通貨ペアの為替相場は不安定だからです。

実際に破産したらどうすればいいの?

破産をしたらどうすればいい?

弁護士に相談するのが一番です。

ちなみに、実際に破産と判断するのは裁判所なので、まずは 弁護士に​破産手続きが通る目処があるのか判断してもらいましょう。

自己破産費用の相場

自己破産した時の費用相場は 80万円から130万円 です。

【自己破産の費用相場】
弁護士への費用:約30万円から80万円
裁判所への費用:約50万円
合計:約80万円から130万円

支払い方法を分割するのが一般的です。

バルサラの破産確率と計算方法

バルサラの破産確率表

最後に破産する確率を限りなくゼロにできるバルサラの破産確率を紹介します。

バルサラの破産確率とは数学者のナウザー・バルサラが考案した、 破産する確率を数値化した指標 です。

上の表がバルサラの破産確率表で、横軸の損益率(リスクリワードレシオ)と縦軸の勝率で構成されています。

損益率はリスクリワードレシオとも呼ばれ、勝ちトレードの平均利益額を負けトレードの平均損失額で割った数値です。

この数値が示す意味は損益のバランスです。

【計算式】
平均利益額 ÷ 平均損失額 = 損益率

10,000 ÷ 5,000 = 2.0

つまり、損益率は2.0となります。

文字通りのトレードで勝てる確率です。

【計算式】
勝ちトレード数 ÷ 総トレード数 × 100 = 勝率(%)

10 ÷ 20 × 100 = 50%

バルサラの破産確率の使い方とてもシンプルで、トレーダーが見る部分は「破産確率を0%に保つ」だけです。

・ 絶対に生活費と借金に手を出してはいけない
・FXで破産するのは 心の弱さ が根本的な原因
・ 感情をコントロールできない人 はFXで失敗しやすい
・返せないほどの借金を抱えた場合は 弁護士に相談

トレンドフォロー(順張り)で本来、FXはシンプルに勝てます【証拠画像あり】

C00039-003B

fx_victory_method_advance

国内最高峰の裁量トレード教材。このPDF本文を読んでも、なかなか勝てない人は、配信動画(動いているチャート画面での解説付き)を3本見ると、その手法の有効性と再現性が理解出来る。

FX取引の口座開設オススメ

XM(FX海外口座)

xmtrading

FX海外口座では日本人利用者の最も多い業者がXM。サクサク注文が通る高い約定能力とゼロスプレッド口座が魅力。残高マイナス分は海外業者が補填してくれる追証なしのため、最大888倍ハイレバレッジ取引の小資金でも必要以上の損失が出ない。

注目のFX情報商材

トレンドラインPro

トレンドラインPRO

自動で描画されるトレンドライン。相場の方向感が浮き彫りになるため、買いか売りかの判断に。多機能なサポート・レジスタンス・トレンドラインの組合せが相場の環境認識を見える化する。

無限FX pro

無限FXproは相場の環境認識力を練習するFX情報商材

ライントレードによる裁量商材。投資家としてFXで稼いでいるFXBこと鈴木晴正氏が作成。相場の環境認識力を高める事を目的としているため汎用性が高く、どんな相場でも通用するトレードスキルがマスター出来る。1波、2波、3波のチャート分析は奥が深く、ローソク足の本質に迫る内容。

モンスタースキャルFX(モンスキャFX)

モンスタースキャルFXは陰線の後はショートエントリー

特定のトレード時間に着目したシンプルなシステムトレード商材。OCO注文による1分足スキャルピングでコツコツと利益を積み上げる。その高い再現性は初心者でもOK。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)

ネオ・スキャルピングFXの1分足チャート20190920(USDCHF)

全てのルールが機械化された、プロップトレーダー開発のFXサインツール商材。ブレイクアウト狙いのトレンドフォロー型で、売買ルールが明確。その高い再現性は1分足スキャルピングに特化。初心者OK。

ドルスキャワールドFX

dorisuca-world-fx

全てのルールが機械化された、初心者向けのFXサイントレード情報商材。ロジック完全公開で、売買ルールが明確。その高い再現性はドル円・1分足スキャルピングに特化。

FXスキャルマスター

FX-Scal-Master-FXTredingTool

スキャルピングでの王道的な勝ち方をルール化した情報商材。トレンドフォローに徹底した安定域から利大が狙えるシンプル手法。 エントリー・利益確定・損切りポイントが明確でFX初心者でも実践可能。

巫(かんなぎ・KANNAGI)

ai-kannagi-robot-adviser

自動売買ソフトの無料お試しトライアルセット。人工知能(AI)が搭載された資産運用のための安定志向ロジック。 FX初心者でも直ぐに取引出来るスタートアップマニュアル付属。

大市民流FX資産構築メソッド

shiminfx-trend

FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは 投資ではなく、数学的に利益を積み上げることに特化したFX独自マニュアル。完全無裁量のシストレはトレンドフォローを狙ったデイトレード手法。移動平均線のみを使用。

FXにおける認知的不協和とは?自分を正当化してしまう問題を改善する方法についてわかりやすく解説してみた

FX 認知的不協和

FX心理学

認知的不協和とは

FXの認知的不協和のケース

損切り位置の変更してしまう

ポジポジ病

FXのポジポジ病とは、暇があればトレードしたくてたまらず チャートを開けばポジションを持ってしまうFXの病気の一種です。 ポジポジ病になると優位性ないポジションでもエントリーするため負けてしまうリスクが高くなります。 今回は、FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみました。

エントリーからの逆行

FXの認知的不協和の対策

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみた

FXのポジポジ病とは、暇があればトレードしたくてたまらず チャートを開けばポジションを持ってしまうFXの病気の一種です。 ポジポジ病になると優位性ないポジションでもエントリーするため負けてしまうリスクが高くなります。 今回は、FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみました。

FXの大衆心理とは?相場の読み方や勉強するための本など徹底解説してみた

FXにおいて大衆心理は非常に重要です。 相場は多くのトレーダーが思った方向に相場が動くので大衆心理を理解すれば、 必然的に勝率も上がりますし、トレンドに乗っかることができるので利益も伸ばすことができます。 FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは つまり、FXで安定して多くの利益を稼ぐのであれば大衆心理が重要になります。 今回はFXの大衆心理とは?相場の読み方や勉強するための本など徹底解説してみました。

FXのエントリー恐怖症を克服するための具体的な対処方法についてまとめてみた

FXでお金が動くと恐怖を感じる FXは画面上でお金が動きますので特に初心者の方は恐怖心を抱きやすいです。 私もFXでは恐怖心は少なくともあります。 ですがしっかりとコントロールしているので恐怖心に屈しないです。 今回はF.

FXで負けるのが怖くなりトレードでエントリーできない病気タジタジ病についてわかりやすく解説してみた

タジタジ病とは、ポジポジ病のようにどんな時でもポジションを持ちたがるのとは真逆のFXの病気で、 慎重になりすぎて、ポジションを取るのが怖くてエントリーしない状況を言います。 自分のエントリーに自信が無くなったり、損をするのが怖くなるとなりやすいです。 今回はFXで負けるのが怖くなりトレードでエントリーできない病気タジタジ病についてわかりやすく解説してみました。

FXのプロスペクト理論とは?損失回避の克服や脱却方法について徹底解説してみた

プロスペクト理論とは2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学における理論です。 プロスペクト理論は利益を得ることよりも、損失を回避することを優先し、 利益に関してはすぐに確定させて、損失に関しては先送りにするという人間の心理になります。 FXのトレードでプロスペクト理論にハマってしまうと思うように結果が出ません。 今回は、FXのプロスペクト理論とは?損失回避の克服や脱却方法について徹底解説してみました。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【価格の決め方】価格は悲しい事に敗者が決めている【投資家心理】

f:id:koalion0105:20210304160520j:image


こんにちは!ライターのともです。

相場の値動きを見ていて 『なんでこんな値動きするんだろう?』 と不思議に感じた事はありませんか?

しかし、学んだ事から予測する値動きとは 『違う値動き』 (というか全く違う値動き)を目の当たりにして理不尽に感じる事ばかりでした。

まるで 『相場が自分にだけ攻撃してきている』 と感じるほどで、インプットした事が役に立たずイライラしてしまい、機械的なトレードではなく感情的なトレードとなってしまい失敗をしていました。

そこでたどり着いたのが【相場心得】を作る事でメンタル面を鍛える事が出来るようになりました。

この相場心得(私の)を知る事で チャートと向き合う時の気持ちのギアチェンジ が簡単になり 値動きのヒント となります。

f:id:koalion0105:20210304160616j:image


--ともの相場心得

今回は私が考える心得の 『価格は悲しい事に敗者が決めている』 についてのお話です。

結論を言うと 【敗者の心理が価格に大きく影響を与えている】 FX取引で勝っている人が使っているテクニカル分析とは とい事になります。

  1. 勝った人よりも負けた人の心理が大きく働いている
  2. 例えばオークションだと最後に買えなかった人がいるから価格が決まる
  3. 高騰商品では高く置いているだけでは成り立たない『買ってしまった人』がいるから成立する
  4. 相場取引では【損切りを確定させた時】に反対注文の【新規参入or利益確定】が増える

1.勝った人よりも負けた人の心理が大きく働いている

f:id:koalion0105:20210304160651j:image

これはプロスペクト理論によって意思決定には 『損失が強く意識』 されるところから来ています。

狼狽売りが始まると現在価格では売る事は難しく、更に安い価格で売る方が売買成立は早く容易となり 『売りが売りを呼び、損失が損失を発生させ加速させている』 状態となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる