内部者取引

ブローカーとは

ブローカーとは

出典:GAGA公式サイト

日本最大級の映画データベース

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ブローカーとは ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜 ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura 【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」 外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」 文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」 【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により 日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 ブローカーとは 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により 外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により ブローカーとは 主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により 主演男優賞 ブローカーとは 役所 広司 「すばらしき世界」により 助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により 助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により 新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により 新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により 読者選出日本映画監督賞 ブローカーとは 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により 読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により 読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により 特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ

映画『ベイビー・ブローカー』レビュー

印象的なタイトルの通り、『ベイビー・ブローカー』は赤ちゃんの人身売買を題材にした物語。ある日とある女性が赤ちゃんポストに子どもを入れるが、その職員はよもやの人身売買の商人で、翌日からなるべく高い値段で売り手を見つけようと動き出す。しかし彼らにとって誤算だったのは、母親が翌日赤ちゃんが連れ去られたことに気付いて、彼らに直接迫ったことだ。「どうせ売るなら私も連れて行って。なるべく高い値段で買わせて」と語る母親を連れて、彼らは4人で買い手を探しに奔走する……というのが、今作の簡単なあらすじである。

まず大前提として、この作品を語るではほぼほぼ『万引き家族』の既視感は必ずついて回ると思う。『万引き家族』が好きな人は『ベイビー・ブローカー』も好きだし、また逆も然り……という、単純に制作監督が同じなことによって起きやすいあるあるだ。ただ『万引き家族』が生活困窮で仕方なく万引きをしていた偽家族だとするなら、こちらは更にディープ。何故ならこのグループは加害者と被害者が、ほぼWin-Winで行動を共にする家族でも何でもない関係性なのだから。

そんな歪な彼らがいつしかひとつの家族として距離を縮めていく流れは、まさしく唯一無二。この点に関しては『万引き家族』と比較してもこちらの方が好み、という人は決して少なくないだろうし、作りとしても良く出来ていた。こうした雰囲気重視の作品にありがちな冗長な感じも然程なかったので、この点を鑑みればかなり評価は高くなることだろう。重苦しい展開になると思いきや意外にキャッチーなのも◯。

ただ、この作品には他の映画にはない魅力がたっぷりと秘められている。目は口ほどに物を言うとはよく言ったもので、全体を包む無言の意思というか、何も言わずとも目の動きでYesとNoが分かる没入度は、実は韓国映画としては稀有だったり。そもそも赤ちゃんの売買というあまりにダークな世界をこのオチでまとめた脚本だったり……。『母と父の行為によってこの世に産まれてしまった』という、悲しき幸せと葛藤を描く『ベイビー・ブローカー』。一体何が正解だったのかは、この映画を観た誰もが分からないはず。

ストーリー★★★★☆
コメディー★★★☆☆
配役★★★★★
感動★★★☆☆
エンタメ★★★☆☆

総合評価★★★★☆

映画【ベイビー・ブローカー】あらすじ・キャスト紹介・ちょっと感想

映画【ベイビー・ブローカー】


出典:GAGA公式サイト

【ベイビー・ブローカー】あらすじ・キャスト・感想

【ベイビー・ブローカー】あらすじ

【ベイビー・ブローカー】キャスト

ソン・ガンホ(ハ・サンヒョン役)

映画【ベイビー・ブローカー】キャスト|ソン・ガンホ(ハ・サンヒョン役)


出典:GAGA公式サイト

1967年1月17日、韓国・金海市生まれ
『JSA』(2000)
『観相師-かんそうし-』(2013)
『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』(2017)
『パラサイト 半地下の家族』(2019)

カン・ドンウォン(ユン・ドンス役)

映画【ベイビー・ブローカー】キャスト|カン・ドンウォン(ユン・ドンス役)


出典:GAGA公式サイト

ぺ・ドゥナ(アン・スジン役)

映画【ベイビー・ブローカー】キャスト|ぺ・ドゥナ(アン・スジン役)


出典:GAGA公式サイト

1979年10月11日、韓国・ソウル特別市生まれ
「秘密の森」(2017)
「最高の離婚 ~Sweet Love~」(2018)
「キングダム」(2019)
「静かなる海」(2021)

IU / イ・ジウン(ムン・ソヨン役)

映画【ベイビー・ブローカー】キャスト|IU / イ・ジウン(ムン・ソヨン役)


出典:GAGA公式サイト

1993年5月16日、韓国・ソウル特別市生まれ
「麗 ~花萌ゆる8人の皇子たち~」(2016)
「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」(2018)
「ホテルデルーナ ~月明かりの恋人~」(2019)

イ・ジュヨン(イ刑事役)

映画【ベイビー・ブローカー】キャスト|イ・ジュヨン(イ刑事役)


出典:GAGA公式サイト

【ベイビー・ブローカー】感想

『この世に生まれなければ良かった命など存在しない』
と綺麗事を言うのは簡単ですが、彼らが身を置く現実は思う以上に厳しく、残酷なのでしょう。
そんな重い題材を、淡々と描く映画【ベイビー・ブローカー】。

映画『ベイビー・ブローカー』レビュー

印象的なタイトルの通り、『ベイビー・ブローカー』は赤ちゃんの人身売買を題材にした物語。ある日とある女性が赤ちゃんポストに子どもを入れるが、その職員はよもやの人身売買の商人で、翌日からなるべく高い値段で売り手を見つけようと動き出す。しかし彼らにとって誤算だったのは、母親が翌日赤ちゃんが連れ去られたことに気付いて、彼らに直接迫ったことだ。「どうせ売るなら私も連れて行って。なるべく高い値段で買わせて」と語る母親を連れて、彼らは4人で買い手を探しに奔走する……というのが、今作の簡単なあらすじである。

まず大前提として、この作品を語るではほぼほぼ『万引き家族』の既視感は必ずついて回ると思う。『万引き家族』が好きな人は『ベイビー・ブローカー』も好きだし、また逆も然り……という、単純に制作監督が同じなことによって起きやすいあるあるだ。ただ『万引き家族』が生活困窮で仕方なく万引きをしていた偽家族だとするなら、こちらは更にディープ。何故ならこのグループは加害者と被害者が、ほぼWin-Winで行動を共にする家族でも何でもない関係性なのだから。

そんな歪な彼らがいつしかひとつの家族として距離を縮めていく流れは、まさしく唯一無二。この点に関しては『万引き家族』と比較してもこちらの方が好み、という人は決して少なくないだろうし、作りとしても良く出来ていた。こうした雰囲気重視の作品にありがちな冗長な感じも然程なかったので、この点を鑑みればかなり評価は高くなることだろう。重苦しい展開になると思いきや意外にキャッチーなのも◯。

ただ、この作品には他の映画にはない魅力がたっぷりと秘められている。目は口ほどに物を言うとはよく言ったもので、全体を包む無言の意思というか、何も言わずとも目の動きでYesとNoが分かる没入度は、実は韓国映画としては稀有だったり。そもそも赤ちゃんの売買というあまりにダークな世界をこのオチでまとめた脚本だったり……。『母と父の行為によってこの世に産まれてしまった』という、悲しき幸せと葛藤を描く『ベイビー・ブローカー』。一体何が正解だったのかは、この映画を観た誰もが分からないはず。

ストーリー★★★★☆
コメディー★★★☆☆
配役★★★★★
感動★★★☆☆
エンタメ★★★☆☆

総合評価★★★★☆

映画『ベイビー・ブローカー』レビュー

印象的なタイトルの通り、『ベイビー・ブローカー』は赤ちゃんの人身売買を題材にした物語。ある日とある女性が赤ちゃんポストに子どもを入れるが、その職員はよもやの人身売買の商人で、翌日からなるべく高い値段で売り手を見つけようと動き出す。しかし彼らにとって誤算だったのは、母親が翌日赤ちゃんが連れ去られたことに気付いて、彼らに直接迫ったことだ。「どうせ売るなら私も連れて行って。なるべく高い値段で買わせて」と語る母親を連れて、彼らは4人で買い手を探しに奔走する……というのが、今作の簡単なあらすじである。

まず大前提として、この作品を語るではほぼほぼ『万引き家族』の既視感は必ずついて回ると思う。『万引き家族』が好きな人は『ベイビー・ブローカー』も好きだし、また逆も然り……という、単純に制作監督が同じなことによって起きやすいあるあるだ。ただ『万引き家族』が生活困窮で仕方なく万引きをしていた偽家族だとするなら、こちらは更にディープ。何故ならこのグループは加害者と被害者が、ほぼWin-Winで行動を共にする家族でも何でもない関係性なのだから。

そんな歪な彼らがいつしかひとつの家族として距離を縮めていく流れは、まさしく唯一無二。この点に関しては『万引き家族』と比較してもこちらの方が好み、という人は決して少なくないだろうし、作りとしても良く出来ていた。こうした雰囲気重視の作品にありがちな冗長な感じも然程なかったので、この点を鑑みればかなり評価は高くなることだろう。重苦しい展開になると思いきや意外にキャッチーなのも◯。

ただ、この作品には他の映画にはない魅力がたっぷりと秘められている。目は口ほどに物を言うとはよく言ったもので、全体を包む無言の意思というか、何も言わずとも目の動きでYesとNoが分かる没入度は、実は韓国映画としては稀有だったり。そもそも赤ちゃんの売買というあまりにダークな世界をこのオチでまとめた脚本だったり……。『母と父の行為によってこの世に産まれてしまった』という、悲しき幸せと葛藤を描く『ベイビー・ブローカー』。一体何が正解だったのかは、この映画を観た誰もが分からないはず。

ストーリー★★★★☆
コメディー★★★☆☆
配役★★★★★
感動★★★☆☆
エンタメ★★★☆☆

総合評価★★★★☆

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる