デモトレード

株価はどうやって決まる

株価はどうやって決まる
投資といえば株式投資だけど、そもそも株ってなんだろう?簡単に仕組みを勉強したい。

会社が上場する時に株価と株数はどうやって決まるので

日本には星の数ほど多く株式会社があります。だけど、上場している株式会社は極僅かで、数%と聞いたことがあります。殆どの株式会社は、上場していない、しかも、資本金の少ない中小企業だと聞きました。(記憶違いかもしれない) んで、株価ってあるじゃん。これは上場した株式会社だけの概念ですか? トヨタとかドコモには株価があって、毎日変動しているんでしょう。トヨタの株は野村證券に売っていて、1株千円で百株買うのであれば、十万円を差し出して、昔は紙の株券を百枚受け取るのでしょう。(今は完全に電子化されてるみたいですが) でも、上場してない株式会社は星の数くらい多くあって、株式会社なんだから株式を発行してますよね?その株式を誰かが買っていて、ソイツを株主と言いますよね?上場してないのに、どうやって株買うの? 株で儲ける方法は、株価の安い時に株買って、株価の高い時に株を売れば良いと思います。中小企業の株の売買も、こうやれば株主は儲かるの?中小企業にも株価はあるの? 株式会社を経営するには多額の資金を要しますが、銀行から借りるのでは?上場してれば株主を募って株を売っても良いのでしょうが、中小企業からすると上場は高いハードルみたいで、株よりも銀行ですよね?株式を全く発行してない株式会社も多いのでは?それを株式会社と呼ぶのはイマイチですけど。 株価はどうやって決まる 上場とは、株式市場(例えば野村證券)に株式が売り出される事である。株価とは、上場した株式の時価。正しい?

会社設立時の株価は、何となく5万円が一般的なので、5万円としました。 ただよく上場準備している会社が、株を分割して、一株価格を抑えたりしていますが、 上場を目的にしている様な会社であれば、会社設立時から額面の株価を低く抑えて 株数を多くしておけばいいのではないかと思うのですが。 なぜ、最初は5万円という株価にして、後で分割するのでしょうか。 そこには何か理由があるのでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。

あまりに初歩すぎて知り合いには聞けない。株のカテにするのも恥ずかしい。それでこちらでお訊ねします、どなたか教えて下さると嬉しいです。 1)上場するということは、株式を公開して誰でも自由に買って下さいということですよね? これのメリットは、業績や将来性次第で株価がうんと上がり、つまりは会社の運用資金が潤沢になる(可能性がある)ということでしょうか。上場するためには審査があるから、ある程度信用のおける企業ということで、ハクがつく、というような理解でよろしいでしょうか。 有名な企業でも上場しないところがあるようですが、これは経営を一部の人間で握ったままにしておきたい(上場の条件としてある程度の数の株主が必要、というのがあるようなので)、つまりは金はいらないから乗っ取られたくない、ということかなと思いますが、どうでしょうか。 2)株価って、その日の取り引きで決まるんですよね? 売り手が多いと下がり、買い手が多いと上がるというのは、常に「せり」をして決めるんですか? たくさんの株を並行して売買するんですか? それとも順番? どうやって瞬時に株価が決められるのか、どういう仕組みなのか教えて下さい。 株価はどうやって決まる 難しい用語は抜きで教えていただけると有り難いです。よろしくお願いします。

みずほ証券の単純な入力ミスによる誤発注が、おおきく取りあげられていましたが、2001年前後にも、新規上場の会社の株価が、今回とよく似たようなミスによる誤発注で、記念すべきご祝儀相場の金額となるはずのものが、思いもかけない展開となったことがあったと記憶しています。 メモをしておかなかったので、詳細は把握していないのですが、同じく株数と金額の取り違えでした。 今回のように、存在しない株数の売買が成立したということはなかったはずですが。 けっこう有名な会社でした。 そのことを思い出して、どこかで触れている新聞などがあるかと思ったのですが、マスコミなども全くそういう具体例には話が及ばず(私が聞き逃しただけかもしれませんが)、もし、どなたかこの例をご存知の方がいましたら、おしえていただけませんでしょうか。 今回も、前代未聞などということは言っていませんでしたので、案外よくありがちなことなのでしょうか。

素人質問ですみません。 上場していない企業の株価なんですが、どのようにして決まるのでしょうか。 例えば、その企業が資本金4千万で、発光株数8千株。 株主がA社とB社で2社ありそれぞれ4千株もっています。 もう別の1社がA社から1千株ほど購入する場合、 株価はどのように決まるのでしょうか。

株に詳しい方に質問です。 株価が下がった時に会社に起こる惨事を分かる限り記入して頂けますでしょうか? 上場廃止や、資金調達が出来なくなる。 何でも良いです。 宜しくお願い致します。

上場企業は常に株価を気にして経営しているものなのですか? 自社の株価が下がるとどういった悪影響が出るのでしょうか? また、反対に株価が上がるとどうなるのでしょうか?次回、資金調達しやすくなるのでしょうか? となると実際の利潤を上げるのも大変ですが、それ以外に株価を気にしなければならず非常に大変だと思いますが・・・

マザーズに上場している会社が東証に移行した場合、 株価はどうやって決まる 株価はどのように変化することが予想されますでしょうか。(例えば、株価が一時的に上昇するなど) 株に関しまして現在、勉強中であるため、 株に詳しい方、ご教示いただければ幸いです。

10歳でもわかる!経済の入口をのぞいてみよう


お金があると「鬼滅の刃」のマンガが買える。お金があるとディズニーランドで遊ぶことができる。今欲しいもの、今やりたいことだけでなく、将来大学に行きたい、結婚したい、家を買いたい、もっともっと先には孫にプレゼントを買ってあげたい・・・!欲しいものを手に入れる、やりたいことするのにお金は欠かせないものだ。

お金ってどこから来るの?

じゃあ、そのお金をくれた大人はどうやってお金を手に入れたのだろう?
「働いて稼いだお金」と答える人が多いのではないだろうか。
お父さんお母さんは毎日会社に行くけど、どうして会社に行ったらお金がもらえるの?そもそも会社って何をするところ?何のためにあるの?

小中学生の小さなギモン

●私たちのくらしと経済(経済の3主体である、「政府・会社・家計」を解説)
●株式会社の特徴、株式のしくみ(会社の目的と役割や、株式・株主の特徴や注意点を解説)
●株式と証券取引所(株式の売り買いの注文が集まる証券取引所や、東証の役割を解説)

【Q1】子どもでも株式を買えますか?

買えます。まず保護者の方の同意をもらってから、証券会社に口座を作ることからスタートです。(参考:どこよりも簡単に図解! 証券口座の開設方法)
株主になることで、配当金や株主優待がもらえたり、会社の株主総会で意見を言えたりなど良いことはたくさんありますが、買った値段より株式の値段(株価)が下がったり、会社の業績が悪くなったりするとマイナスの影響を受けることがあります。
だから、自分のアンテナを立てて、会社や世の中の動きを知ることがとても大切です。

【Q2】株式はいくらで買えるんですか?

(実際に小学校で行った授業の様子)

株価は何で決まるのか?(経済指標編)

★殿堂入り

株価は何で決まるのか?株価がなぜ上がるのか?

株価は需給で決まる。株価が上がるのは「株価が上がると思って株を買う人が多いから」である。しかし、「なぜ株を買う人が多いのか」という点が明確に説明されているのを見たことがない。

  • 過去100年以上に渡って上昇し続けているから
  • 経済が成長し続けているから
  • GDPが増えているから
  • 人口が増えているから
  • GAFAのようなグローバル企業を包含しているから
  • 株価はどうやって決まる
  • 新しい技術・企業を生み出す文化・土壌があるから
  • 雇用の流動性が高いから
  • 株主第一主義であるから
  • ガバナンスがしっかりしているから

まぁ、正解もあるんだろうけど、根拠がフワッとしていてポエムに近いように思う。

そこで数値化された根拠を求めるべく、機械学習によって、経済指標から今の株価を説明すると、下記のようになる。

注意:過学習(オーバーフィッティング)の状態なので、過去から現在までの説明としてはフィットしているとしても、今後の未来を予想するものではない点は注意してほしい。

説明変数として使用した経済指標は下記の通り。
・金利(2年、5年、10年、”10年-2年”)
・金、銅、原油、ドルインデックス
・失業率、新規失業保険申請件数、失業保険受給件数
・FRBのバランスシート、M2:マネーストック(マネーサプライ)
・CPI、CPIコア、PCE、PCEコア
・ PMI
・GDP

FRBのバランスシートが取得できる「2002/12/18~2022/3/15」の期間で見ると、流通貨幣、M2(マネーストック、旧マネーサプライ)、FRBのバランスシートが48.1%を占めている。つまり、長期的に見ると「株価の50%弱はお金の量で決まっている」と言える。 (お金の量の影響は、2007年以降は約39%、2020年以降は約35%。)

そして、成長性としてGDPが20.8%、 PCE(個人消費支出:Personal Consumption Expenditures)が12.8% 影響している。つまり、長期的に見ると「株価の約34%が経済成長(個人消費の成長)で決まっている」と言える。 (大きくCPIとPCEとPCEコアを一括りとすると、経済成長(個人消費の成長)の影響は2007年以降は約28%、2020年以降は約25%。)

多少の割合は変わるものの、長期的に見ると「株価の50%はお金の量で決まる」というのは同じ結果となった。そして「EPSの影響は23%」となった。

つまり、企業の業績を確認するのは、株価に影響を与える23%の要因として業績の確認をしているとも言える。

今回調査した条件では、長期的に見ると「株価の50%はお金の量で決まり、30%が経済成長で決まる。」という結果となった。

つまり、これが「株価は何で決まるのか?」という問いに対する回答であり、「株価がなぜ上がるのか?」という問いに対する回答は、お金の量が多く、経済成長しているからである。と言ったところだろうか。

また、前述した「期間と経済指標で株価」を調査すると、このような結果となったという点も注意点として挙げておきたい。

何が言いたいかというと、最近はインフレ率が高まっており、PCE、CPIは個人消費の成長として意味合いよりも、インフレの指標としての意味合いが高まっており、これまでの「株価と経済指標との関係性」今後の関係性では少し変わってきているように思う。

まぁ、いずれにせよ、 個別の企業の業績に注意を払いつつも、それ以上にお金の量として、金融政策に注意を払ったほうが良さ そうだ。そして、足元の状況は、金融引き締めの方向に動きつつあるので、それに抗う株価上昇要因として、GDPの成長、EPSの成長に期待したいと言ったところだろうか。(経済は復調しつつあるが、経済が回復しているから金融引き締めをするというよりは、インフレ対策として金融引き締めをせざるを得ない状況である点が、厳しい状況ではある。)

何かの参考になれば幸いです。では!

いくつかアイデアはあるんだけど、 Pythonで簡単にできる事は、やり尽くした感がある。 そこで、新境地を開拓すべく機械学習で株価分析・予測する領域に一歩足を踏み入れてみた。 しかし、なにかと壁が高い。 株価はどうやって決まる なんやら、わからない用語が飛び交うのである。サポートベクターマシーンとかいう強そうな覆面レスラーのような名前が.

ちなみに、経済指標を一覧で確認ツールを作成しているので良かったら使ってみてください。

数々の経済指標、断片を見るより過去からのトレンドを確認したいし、個々の指標だけでなく、複数の指標を横断的に見て全体感を把握したい。 ということで、いつくかの指標を一覧で確認できるツールを作りました。 (サムネをTikTok風にしてみました。) 取得できる情報は下図の通り。 このツールでは、FRBの目標とする「.

小学生でも理解できる株の仕組み【株式投資ってなに?】

株式投資

投資といえば株式投資だけど、そもそも株ってなんだろう?簡単に仕組みを勉強したい。

そんな疑問や問題について解説します。

小学生でも理解できる株の仕組み【株式投資ってなに?】

そもそも株って何?

配当ってなに?

株主優待ってなに?

「株主優待」とは、現物の配当と思ってもらえれば大丈夫です。

などなど多岐にわたり、結構面白い株主優待もあったりします。

株が発行される仕組みとは?

株が発行される仕組みについて解説していきます。

聞いたことがないでしょうか?

証券取引所の中でも、 「一部」「二部」「その他呼び方」 で分かれています。

株式投資はどうやって儲ける?

専門用語ですが 「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」

インカムゲイン

インカム・ゲイン(和製英語: income + gain、英語では「investment income」が一般的)とは、株式の配当、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益のことである。 ※引用 Wikipedia

先述した「配当」や「株主優待」が該当します。

簡単な覚え方としては 「保有しているだけで増える利益」 です。定期預金などの利息などもインカムゲインと言えますね。

キャピタルゲイン

キャピタル・ゲイン(capital gain)とは債券や株式、不動産など資産価値の上昇による利益のことを言う。購入価格(から購入経費を差し引いた額)と売却価格(から売却経費を差し引いた額)の差による収益 ※引用 Wikipedia

どうしたら株価が上がる?下がる?

どうやって株を売買するのか?

証券会社の口座開設

株を購入するとき、売却するときは「1株ずつ」「100株ずつ」「1000株ずつ」と購入株数が決まっています。

現物・信用の売買

「現物」とは、言葉のとおり証券会社の口座に入っている金額を元に株を売買する方法です。

その反面「信用」とは、証券会社の口座に入っている金額 + 証券会社にお金を借りて株の売買をする方法です。

現物と信用の違う点

「現物取引で100万円の売買」「信用取引で口座の100万+保証金200万の300万円」 で売買した場合の結果を式で表します。

結果はB社という株を購入した が購入株価が半分 になってしまったとします。価値が半分なら意味は同じでは?と思うかもしれませんが下記のような結果となります。

プレノンの株式投資

いきなり断言してしまいますが、あるべき株価というのは全ての前提条件が整っていれば、簡単に計算できます。株価があやふやで掴みどころがないのは、その前提条件のせいなのです。
君がある株式を買ったとして、その手元にあるのはまさに小さい会社そのものです。会社がお金を稼ぐ。そのすべてが君の手の中の株式に見合った大きさで君のものになる。そうイメージしてください。会社は人間と違って永遠に生き続けることができるので、君の手元にも永遠にお金が運ばれてくることになる。素晴らしいですね。会社が未来に生み出す利益は無限大なのです。じゃあ、株価なんてどれだけ高くてもいいじゃないかと思うかもしれません。ところが、会社の寿命は永遠だけど、君の寿命は医学が発達した現代でもせいぜい一世紀分しかない。健康に動ける期間はきっともっと短いでしょう。死ぬことを考えるのは怖いかもしれないけど、君は確実に将来のある時点で死んでしまう。その寿命が尽きる前にもらうお金と、今すぐもらえるお金の価値は同じでしょうか。そう、もちろん違う。今すぐお金を貰えれば、ゲームを買って長く楽しむこともできるし、ちょっとお金を使うのを我慢して、別の株を買ったらさらにお金を増やせるかもしれない。とにかく、今すぐもらえるお金には色々な選択肢があるのに、ずっと先の将来に貰えるお金には選択肢が少ない。「時は金なり」って株価にも当てはまるんですね。「Time is money」って、英語でも同じように言うので、時間とお金が切っても切れない関係にあるのは、万国共通なのかもしれません。
少し脱線しました。株価の前提条件の話に戻りましょう。ここまで話を聞いてきて、株価をあやふやなものにしている正体が分かった人はいますか? 誰も答える人はいないかな。もしかしたら、わかっているけど恥ずかしくて黙っているだけなのかもしれないですね。答えを言いましょうか。株価があやふやなのは、二つの理由によります。
一つは、会社が将来稼ぎ出すお金をどう予想するか。株価って、未来の反映なんですね。まだ起きていないことが未来なので、未来をどう予想するかは人によって違います。同じ人が予想する未来も、その日の気分によって違ってしまう。だから株価が動いてしまうのです。
もう一つは、時間にいくらの値段をつけるか。時間の価値、これが人によってだいぶ違う。さっきもお話ししたように、株価と時間はとても強く関係しあっているので、みんなが時間にどういう値段をつけるかが、株価に影響します。
どうです、何となく、わかりましたか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる