オプション戦略のご紹介

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

上記はGMOコインのBTCJPYの日足チャートです。GMOコインはTradingViewを採用しており、テクニカル指標が豊富に揃っているためとてもテクニカル分析が行いやすい暗号資産取引所なのでおすすめできる取引所の一つです。

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

FXの経済指標を確認すべきサイトとMT4インジケーター

MT4の時間を日本時間表示にする超簡単でベストなやりかた

一度使ったら手放せなくなる!!トレードを楽にするMT4インジケーター

自分のマインドを自在に操る超投資法 最新のメンタリズムで分かった「失敗しない」お金の増やし方

マーケットで勝ち続けるための発想術「デイトレード」

テクニカル分析の迷信――行動ファイナンスと統計学を活用した科学的アプローチ

魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門【レビュー】

マーケットのテクニカル分析 ――トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

フラクタルのロジックと手法を解説!オススメMT4インジもあり

チャネルラインの引き方と実戦的な使い方を解説!

ADXを使ったトレード手法を公開!

遅行スパンと最強に相性の良いインジケーターを組み合わせて勝てる手法を作る

トレンドラインブレイクのダマシを避ける方法

ロールリバーサルを使ってダマシを減らすトレード手法

移動平均線クロスを2段階進化させた手法

RSIにトレンドラインを引く手法について詳しく解説!【6億円手法】

FXは資金管理だけで勝てるわけがない

これをやったら破綻する?やってはいけない資金管理

バルサラの破産の確率を知って破産リスクをゼロにしよう!

ケリーの公式は実際のFXトレードで使えるかを考察!

FXでは、複利で資金を増やしていくのが一番正しい!

資金管理の重要性資金管理は資金と手法でワンセット

ライントレードにまつわる嘘と矛盾を暴露!【詐欺師のやり口?】

あなたはラインを使ってトレードしていますか? 今回はチャート分析のラインについての多くの嘘、そして致命的に間違った認識について語ります。 今回解説する「ライン」とは、サポレジとしてのライン、パターンを.

通貨の強弱の見極め方が分かれば、トレンドフォローが楽しくなる!

FXは運ゲーではない、確率のゲームだ!

クマ君 最近全然勝ててないんだよなぁ。 FXってやっぱり運ゲーなのかな? 運がいるのなら、それってFXってギャンブルってことになるのかな? FXを真面目に取り組んではいるけど、勝ち負けが続いて、熱くな.

フラクタルのロジックと手法を解説!オススメMT4インジもあり

目立った高値・安値ってどれ? 水平線を引くポイントが分からない 相場の波ってどうやって見るの? トレード初心者の方は、こんな疑問を持っているのではないでしょうか? 価格は波を描くとは言っても、とても主.

個人的にFXの自動売買をおすすめしない

アマギさんは自動売買しないんですか? といった質問をたまに頂きます。 はい、現在はやっておりません。 今後やる可能性は否定できませんが、当分は自動売買はやらないだろうなぁと考えています。 なぜなら過去.

FXやめとけおじさん「FXやめとけ」

ダウ理論で欠かせない押し安値と戻り高値の解説

今回の記事ではダウ理論でとても大切な「押し安値」と「戻り高値」について解説していきます。 ダウ理論における上昇トレンドは高値と安値の切り上げ、下降トレンドは高値と安値の切り下げを意味します。 トレンド.

チャネルラインの引き方と実戦的な使い方を解説!

今回はチャネルラインの使い方と手法について解説します。 チャネルラインはトレンドラインと似ており、使う人と使わない人の差が激しいラインでもあります。 ですが、場合によってはチャネルラインがとても使える.

ADXを使ったトレード手法を公開!

遅行スパンと最強に相性の良いインジケーターを組み合わせて勝てる手法を作る

ボリンジャーバンドの欠点から読み解くボリバンの本当の使い方

どう考えても下げる流れの中でショートエントリー狙う(2022年1月27日)

2020年月日ポンドドル環境分析 日足 明かな下降トレンド中。 しかも現在は下げの流れになっているところ。 4時間足 直近の波は下降トレンド中。 現在のレートは押し安値まで来ており、このレートはかなり.

継続と反転のチャートパターンと使い方について解説!

下げを見越して待ちに待ってニューヨーク時間後半まで頑張る!(2021年1月20日)

久々のトレードログになりました。 実は色々なアイディアを試していまして、トレードログ及び記事更新が滞り気味となっていました。 これからはまた定期的にトレード記事を書きますのでよろしくお願いします。 2.

自分のマインドを自在に操る超投資法 最新のメンタリズムで分かった「失敗しない」お金の増やし方

知れば誰でもできてしまう! 「禁断の投資テク」がついに解禁! 最新メンタリズムに基づいた投資テクニックを徹底解説、誰でも「今すぐ」「確実」に使える! 従来の「投資マニュアル」の常識を覆すと話題騒然の著.

トレードする通貨ペアを選ぶ際に必ず頭に入れて置いて欲しいこと

あなたは、複数の通貨ペアでトレードしていますか? もし、答えがYESなら、トレードする通貨ペアをどのように選んでいますか? トレードでは、通貨ペアの選定はとても重要な作業の一つです。 個別株のトレード.

ランドナンバーを活かしたトレード手法

ラウンドナンバーをご存じでしょうか? ラウンドナンバーとは、下2桁が00の価格のことです。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター 例えば、101.00円とか100pips単位のキリの良い価格ですね。(キリバンともいわれます) もっと詳しく.

RSIの特徴とクセを利用したトレード手法

RSIはFXで良く用いられるテクニカル指標です。 テクニカル分析に革命を起こしたJ.W.ワイルダー氏が考案しました。 テクニカル指標にはいろいろな種類がありますが、RSIは相場の上下の波が見やすく表示.

【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法

【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法

初心者A

初心者B

(利用者多数) 移動平均線を用いると仮想通貨の何が分析できる?

・SMA(単純移動平均線)
・EMA(指数移動平滑平均線)
・WMA(加重移動平均線)

プロおに

見方はシンプル!移動平均線から相場の方向性とエントリーチャンスを見つける方法

  • 各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する
  • 移動平均線の角度から環境認識を深める
  • 移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する

移動平均線の角度から環境認識を深める

チャート画像に表示されている 「移動平均線の角度」から環境認識(相場状況の把握)を深めることも大切。
形成されている移動平均線の角度によって、相場の強弱について大方の目安を付けられます。

移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

(組み合わせ最強)移動平均線とプラスアルファで併用したい分析手法

  • ローソク足の形・位置の確認による環境認識
  • 水平線・トレンドラインの併用による分析精度の向上
  • 自分の得意な分析手法を組み合わせること

ローソク足の形・位置を確認して環境認識を行う

どの分析手法も歴史があり、 体系化されているローソク足の相場分析方法であるため、信頼性は高い です。

NAO

通貨強弱トレード手法フィボナッチトレードの実例と取引履歴の解説

こんにちは!通貨強弱判定ツールの使い方や見方の個人的研究、検証目的でfxブログをアメーバで運営している“為替の小鬼”です。 通貨強弱判定ツールの使ったトレード手法について過去にフィボナッチとリースメントを利用したデイトレードを紹介したところ問い合わせが多いためこの記事を作成しました。 管理人が使用している判定ツール『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』に限ったものではなく強い通貨弱い通貨を視覚的に理解するために作られたmt4インジゲーター(無料のものではccfp、xMeterなど。)を使用する目的はトレンドの発生してる通貨ペアを探し出しトレンドフォローのをするためのツールですよね。 管理人blogではカレンシーストレングスに特化して見方、使い方、トレード手法を紹介しています。 この有料記事は“トレンドの起きた通貨をどうやって注文し為替差益にしたのか?”を管理人が実際に取引し注文履歴を視覚化しフィボナッチの参考ライン、使用テクニカルを紹介する記事です。 ブログ内で通貨強弱判定ツールの使い方、見方。有料記事で紹介している“管理人がblog内で紹介しないトレンドフィルター”を理解した上で読んで頂くことを前提にしているので強弱判定については紹介していません。 この記事では…“トレンドの起きた通貨をどうやって注文し為替差益にしたのか?” どんなテクニカル指標を使っているのか?を解説します。

通貨強弱を理解したら次に意識するのは… 時間帯特性です。 理由はシンプルに自分の持つ手法が勝てる時間帯選ぶこと。 私は現在eur、jpy、usdの3つをメインにトレードをしています。理由は東京時間に勝てるから。これは個人のライフスタイルによりますが私はこの時間が最も安全に利益を積み重ねられる時間帯だと認識しています。 管理人blogのフィボナッチ指値トレードはすべて東京時間朝型に指値を入れています。 フィボナッチトレードのメリットは過去ではなく、将来を表すテクニカル指標ということ。 よく小難しい複雑なテクニカル指標や何本も移動平均線や、いくつものオシレーター、トレンド系テクニカル指標を表示させて取引する方法を進めるブロガーやアフィリエイターがいますが…私は基本的にフィボナッチと移動平均線のみでトレードをしています。 オシレーターテクニカル、トレンド系指標は過去の値動きを計算式に当てはめて過去のプライスをグラフ化、視覚化したもので… 将来トレーダーがどのラインで利食いをするのか? または指値をいれるのか? を解説するものではありません。RSIやストキャスティクス、ボリンジャーバンドでどこの水平線やトレンドラインで他のプレイヤーが注文を入れるのか?当てになる信頼性の高い情報はネットや商材で見つかるでしょうか? フィボナッチは何度も書きますが、テクニカル指標の中で数が少ない“将来他のプレイヤー達がどこで指値を入れるのか?決済するのか?”の目安になるテクニカル指標です。 なので…指値を入れる時間帯は最も取引量が増える英国、米国市場の取引時間が重なった後にできる“ビックプレイヤーの値動きの足跡が完成”された時間が一番が指値を入れやすく、日本時間早朝から東京前場に指値注文を入力し、欧州時間、英国時間にポジションを持ち最も取引量が増加する日本時間22時~深夜2時頃決済されるパターンが多くなります。 なので管理人blogで紹介している通貨強弱判定ツールの使い方、見方。トレードフィルターを理解できた方に意識して欲しいのは“時間帯特性”です。 リアルタイムで動く『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』、またはccfp、xMeterを選択し取引前に“最も強い通貨を買い最も弱い通貨を売る”ことをしても安定的に勝てない理由はここです。 トレンドの初動をとらえるわけでなく、ビックプレイヤーと呼ばれる機関投資家が大きなポジションを… “保有したから” 上記の通貨強弱判定ツール及び、mt4インジが反応すればいいのですが… ビックプレイヤー特定の通貨ペアポジションの… “ポジションの利益確定を済ませたから” 判定ツールが強く反応している。 こんなトレンドがもう終わりを迎えた状態の日に『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』、またはccfp、xMeterを選択し取引前に“最も強い通貨を買い最も弱い通貨を売る”ことをしても安定的に勝てるはずないんです。 特にフィボナッチを使用する場合、『Currency Strength Chart - 弱いトレンドを認識するためのオシレーター FXの通貨強弱チャート』に限って言えば当日リアルタイムでできる判定ツールの結果より前日データの方が重要です。 まとめます。 ①フィボナッチトレードのメリットは過去ではなく、将来を表すテクニカル指標ということ。 ②最も取引量が増える英国、米国市場の取引時間が重なった後にできる“ビックプレイヤーの値動きの足跡が完成”してからフィボナッチで指値を入れるので日本時間朝型、東京時間に指値を入れる。 ③特にフィボナッチを使用する場合、『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』に限って言えば当日リアルタイムでできる判定ツールの結果より前日データの方が重要 管理人がブログ開始当時『Currency Strength Chart - 弱いトレンドを認識するためのオシレーター FXの通貨強弱チャート』をトレード直前に確認し愚直に“最も弱い通貨を売り、最も強い通貨を買う”トレードを愚直に繰り返しゼロカットされたのは1度や、2度ではありません。 もうあなたは理由は分かりますよね。 有料記事部分では実際に管理人がフィボナッチトレードをした取引履歴と履歴をチャートに表示させ、どうしてそこにフィボを引いたのか?を解説します。 なお、この記事は管理人の三角通貨強弱判定、及びエントリ―フィルターを理解頂いていることを前提にしています。 理由は『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』をトレード直前に確認し愚直に“最も弱い通貨を売り、最も強い通貨を買う”トレードを愚直に繰り返しゼロカットされる原因を完全に理解しているから。 …また内容を完全に理解すれば指値を入れる当日に『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』、mt4インジのccfp、xMeterは恐らく確認しないからです。 なので有料記事部分最初に紹介するのは使用テクニカル設定を紹介します。 ※通貨強弱判定ツールを使用し“最も高い通貨を買い、もっと弱い通貨を売る”基本原則に従い2~3日続くトレンドをフィボナッチを参考にし指値を入れる単純な取引手法です。 ネットで探せば簡単にフィボナッチと相性の良いテクニカル指標を探す事ができます。 そのため記事自体の内容はネットで紹介されている単純なテクニカル指標です。指標自体を知りたい方は“なんだよ…知ってたよ…!”がっかりするかもしれません。 …ですが、管理人ブログはすべてリアルトレードであり取引履歴や参考チャートの体験談を実際にリアルマネーをかけて相場から抜いています。 理論、理屈の解説記事ではありません。リアルトレードの考察と検証記事です。 ※検索エンジンで上位表示されている…その辺の詐欺商材アフィリエイターや高額詐欺自動売買ツール販売ブロガー、メルマガ勧誘後に高額セミナーやラインに誘い海外fxのIB報酬を得る輩と私は違います。 管理人blogの趣旨、トレード検証記事の補助資料として作成しました。 私のブログ記事内容で何か“得るもの”があった…あなた一人のためのものです。 管理人個人のリアルトレードの検証、取引手法の考察及び結果のレポートであり同じように通貨強弱トレード手法を勉強する仲間に役に立てば幸いです。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター ※下リンク記事は管理人ブログのリアルトレードの反省記事です。この時のエントリー根拠、フィボナッチの引き方を解説します。

優位性のトレードの必需品「エントリー根拠」って何個いるの?

ユーロドル15分足チャート

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)

ユーロドル1時間足での環境認識

▼ユーロドル1時間足(クリックで拡大します)

ユーロポンドの1時間足チャート

▼ユーロポンド1時間足(クリックで拡大します)

再びユーロドル15分足を見てみましょう。
ここまでの状況を加味して、下記のユーロドルは売れますか?

エントリー根拠を考えるユーロドル15分足チャート

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)

エントリー根拠を記入したユーロドル15分足

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)

ショート後のユーロドル15分足チャート

▼ユーロドル15分足(クリックで拡大します)

異なる種類のエントリー根拠を揃える

買われ過ぎ・売られ過ぎのオシレーターが反応する事例

▼同じような場所で反応するオシレーターの例(クリックで拡大します)

メインチャート=ローソク足やチャート形状、サポレジ、プライスアクションなどを見る
サブチャート=エントリータイミングを計る、過熱感を見る

その他、IMMポジション、ドルインデックス、イールドなどもチャート以外のエントリー根拠として使えます。
どちらかと言えば「相場観」に近いものですけどね。

FX侍です、こんにちは。 今回は誰もが知りたい「トレンド転換をほぼ確実に捉える方法」をお教えします。 と言っても、IMMポジションを使うだけですがw 初心者の方は知らないかもしれませんが、大口投機筋の保有ポジションは公開されており、一般の個人でも確認ができるんです。(投機.

FX侍です、こんにちわ。 今回は「ドルインデックスの実践的な見方」について。 実際のトレードにドルインデックスを活用するための見方や考え方を解説します。 通貨ペアという小さな枠組みのトレンドではなく、通貨そのもののトレンドを把握することでトレンドフォローの根拠として使えます。.

FX侍です、こんにちは。 今回はローソク足とサポレジだけを使う15分足トレード手法を紹介します。 非常にシンプルな手法なのでトレーダーの腕による差が大きくなりますが、シンプルだからこそ裁量スキルを鍛えられるのが特徴です。 ポイントとなるのは、ローソク足形状とサポレジです。.

【元トレーダーが解説】暗号資産を一目均衡表で分析しよう

Ichimoku 1


上記はGMOコインのBTCJPYの日足チャートです。GMOコインはTradingViewを採用しており、テクニカル指標が豊富に揃っているためとてもテクニカル分析が行いやすい暗号資産取引所なのでおすすめできる取引所の一つです。

Ichimoku 2


上図チャートはこの転換線と基準線のみを太いラインで示したもので、2つの相場の転換点を丸印で示しています。このようなところでトレンドを判断するようになります。

先行スパン1と先行スパン2

Ichimoku 3


上図は雲と先行スパン1、先行スパン2を表しています。2つのラインの間の空間が雲となります。

②一目均衡表のみではなく併用してトレード判断を

Ichimoku 4


上図は一目均衡表とMACDを組み合わせたチャートです。5月末頃を見ると、ローソク足が緩やかに上昇しているものの、MACDは切り下がっており、強気の勢いが低下していることがわかります。このようにテクニカルを併用することによって、複合的に相場を判断することができるようになります。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる