無料講座

はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩

はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩
当サイトが自信をもってお勧めする、 勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステム です。 バイナリートレードのシステム です。エントリーポイントの精度も抜群のバイナリーオプションのシステムです。 3万円から初めても、1ヶ月で20万円以上勝利できます。 初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。

FXの取引時間 - 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう!

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

おすすめ資産運用方法9選を徹底比較!具体的な始め方と内容


他にも、米ドルとユーロという 2 つの通貨にも同じような関係性があります。ドルとユーロは世界のメジャー通貨として流通しており、互いの通貨は「ユーロドル( EUR/USD )」という通貨ペアで取引されています。このユーロドルでユーロ高となったら自動的にドル安となり、その逆も然りのシーソーのような動きをします。このリスク管理をするために、世界各国は外貨準備としてドルとユーロを組み合わせて保有しています。ドルだけで持っているとドル安が進んだ時に外貨準備高が目減りしてしまいますが、ドルとユーロを組み合わせて持っていれば自動的にユーロ高になるのでリスクを分散できるというわけです。

このように、金融商品同士には「 A が上がれば B が下がる」という関係性を持っているものが多く、このシーソーゲームに振り回されないために有効なのが 分散投資 なのです。

(4)分散投資の組み合わせはさまざま

3、分散投資では何を分散するのか

分散投資で分散できるのは、主に 4 つです。 4 つの分散項目を理解すると、効果的な分散投資の組み合わせが見えてきます。

(1)金融商品を分散する

債券 → 商品(金など) → 不動産 → 株式 → FX

ここから見えてくるのは、株や FX で派手に投資をしたいので、全資産を失わないためにも債券で手堅い資産を持っておく…というのは有効な分散投資です。

最近では仮想通貨投資がちょっとしたブームになっていますが、リスク度で上記の序列に入れると株式と FX の間、もしくは FX 以上なので、仮想通貨投資に参入したいとお考えの方はなおさら 手堅い資産への投資 も検討してください。

(2)国、地域を分散する

日本 → 先進国 → はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 新興国 → 途上国

日本と先進国のリスク度はほぼ同じなので、先進国と新興国の間の距離がとても離れているというイメージで 分散投資 を組み立ててください。

(3)時間を分散する

(4)通貨を分散する

日本の金利が低すぎることから外貨投資を検討される方はとても多いと思いますが、その場合は特定の通貨だけに集中投資をするのではなく、 先進国通貨+新興国通貨 といった組み合わせを軸に投資先通貨を分散させるのが効果的です。

4、投資初心者がカンタンに分散投資をする方法 5


(1)インデックス投資信託、 ETF

そんな投資信託の中でも分散効果が高いのがインデックス投資信託(インデックスファンド)です。日経平均株価や TOPIX 、ナスダック指数などといった株価指数、さらには全世界の株式指数などさまざまな指数と連動するように運用されているため、「日本株全体」「米国株全体」「全世界の株式市場」といったようなテーマの投資が可能になります。日経平均株価は 225 銘柄の平均株価なので、日経平均株価と連動するインデックス投資信託を持っているということは「日本株の主要 225 銘柄に分散投資をしている」のと同じ効果が得られます。

このように高い分散効果が魅力のインデックス投資信託には、 ETF といって証券取引所に上場されているものがあります。信託報酬という保有コストも安く市場流通しているので売買も簡単であるなどメリットが大きく、インデックス投資信託を活用した分散投資をするのであれば ETF がオススメです。

ETF は証券会社の売買口座から購入可能です。口座開設は各社ホームページから簡単にできます。【参考】証券取引所に上場されている ETF 一覧

(2)バランス型投資信託

分散投資効果が売りの投資信託には、異なる金融商品や国・地域を組み合わせたバランス型と呼ばれるカテゴリーがあります。 「日本債券+新興国株式」 など両極端な性格の組み合わせになっているものなど、投資家が考える分散投資の組み合わせをほぼすべて網羅しているので、投資金が少ない場合や自分で分散投資の組み合わせを構築するのが面倒という方に最適です。

NISA と組み合わせた資産防衛(注)の手法としても注目されているので、 長期的な資産形成に有効です。

(注) NISA と組み合わせた資産防衛… NISA は、 120 万円までの株式、投資信託資産に対して非課税枠を設ける制度です。この 120 万円を上限にバランス型投資信託を保有することで非課税のメリットを享受しながら物価や市場の変動による実質的な目減りから資産を守ることができます

(3) REIT

特にこの記事のテーマである分散投資の観点からは、 REIT が設定されたテーマに基づいて複数の不動産を所有、運用していることが魅力です。特定に不動産に偏ることなくリスクが分散されており、なおかつ不動産経営から得られた収益が保有口数に応じて分配されます。上場されている REIT である J-REIT の平均利回りは 3 ~ 4% なので、利回りが高いことも魅力です。

(4)ドルコスト平均法、積み立て

最近では積立型の個人年金として節税効果の高い iDeCo も注目されています。毎月積み立てていく掛け金が全額所得控除される上に、年金の運用対象や方針を自分で選べるため、 公的年金とは違った利回りで老後に備えることもできます。 これも時間軸による分散投資の手法として有効なので、 iDeCo はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 も含めて検討してみてください。

(5)放ったらかしにする

株や FX で超短期売買をしているような人でなければ、投資のことを毎日のように考える必要はないのです。年に 1 回程度、運用状況をチェックして内容に問題があれば投資先の内訳を一部変更するという程度のメンテナンスで十分です。

まとめ

分散投資 って難しそう…と思っている方が特に必要な情報を中心に、 分散投資 の必要性と、 分散投資 があることで投資がいかに有利になるかを解説してきました。いかがでしたか?これが投資を始めるのにあたって大きな疑問が解消、投資の第一歩を踏み出すキッカケになれば幸いです。

投資のリスク管理はとても大切ですが、その中でも最も効果のある分散投資は決して難しいものではなく、初心者の方も簡単に始められるものです。 攻めと守り のバランス をしっかりと構築して、実りのある投資になることを願っています。

アバター

山本 尚宏

株式会社不動産投資の教科書 代表取締役
1982年神奈川県生まれ。2006年東京大学理学部数学科を中退。在学中に司法試験の勉強を開始(短答式試験合格)。その後、2007年法律事務所オーセンスに勤務。2010年オーセンスグループ株式会社(現弁護士ドットコム株式会社)にて法人営業などに従事。2012年より参議院議員(当時)で弁護士でもある丸山和也氏の秘書(国会議員秘書)を務める。2014年不動産投資に特化した専門サイト「不動産投資の教科書」を運営する株式会社不動産投資の教科書を設立。不動産投資家に、「本当に良質な不動産投資会社だけをお薦めする」という経営理念のもと、業界の健全化に貢献すべく日々奮闘中。

自動売買ツール 初心者

自動ツールをつかいこなす

自動売買ツールはなぜFX初心者にむいているか。

FXの自動売買ツールやシグナルツールが初心者に向いているワケ

最近同僚たちに、 「FXをはじめたんだけど、 クラウドはどんなことしてる?」 といった質問を受けることが多くなってきました。

私は初心者の方には、 まずは自動売買ツールか、 シグナルトレードツールを使うことをオススメしています。

なぜ、シグナル通りのトレードが初心者の方にオススメかというと、自動売買ツールやシグナル取引ツールだと、 自分のルールを崩しにくいから です。

自動売買ツールとシグナルトレードツール、どちらがいいのか

自動売買ツールとシグナル取引ツールのどちらがいいかといいますと、 断然、初心者の方にはシグナルトレードツールをオススメしています。

どこでエントリーすべきかや、 どこで決済すべきかといった、 fxトレードの感覚や勘をトレードをしていく中で養うことができます。

リアルタイムのチャートを1秒でも多く眺めて、 トレードをしたことのある人でしか身につけられない 感覚をや嗅覚を身につけて欲しいと思います。

相場感を養おう。

「これを知らなきゃ勝てないよね」FXで稼ぐために大切なことをお伝えします!

友だち追加


※友達追加して質問くださいね!
どしどしお問い合わせをお待ちしています。

【殿堂入り】バイナリーオプション:「忍-Shinobi-システム」

「忍-Shinobi-システム」のヘッダー

はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 当サイトが自信をもってお勧めする、 勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステム です。 バイナリートレードのシステム です。エントリーポイントの精度も抜群のバイナリーオプションのシステムです。 3万円から初めても、1ヶ月で20万円以上勝利できます。 初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

大人気fx情報商材ランキング

当サイトのオススメのfx商材をラインキング形式で紹介しています。

株とFXの違い

FXは通貨に投資するのですが、実際に投資できる通貨はせいぜい10か国くらいです。世界の基軸通貨である、米ドル、日本円、英国ポンド、欧州のユーロ、カナダドル、高金利通貨として人気の豪ドル、NZドル、南アフリカランドと一般的にはこれら8か国の通貨へ投資できます。これらに加え、最近では香港ドル、シンガポールドル、人民元、ノルウェークローナ、超高金利のトルコリラ、メキシコぺソを売買できるFX会社もあります。

しかし、上記の通貨はマイナー通貨と呼ばれており、流動性(売買量)が小さく、安定しておりません。銀行や証券会社のディーラーもほとんど売買することはありませんので、個人投資家が手を出すことはしないのが無難でしょう。

株は約4,000種類

一方、株式取引での投資対象は日本株では約4,000種類もあります。そのため、株の取引ツールにはスクリーニング機能が備わっており、銘柄を絞り込むことが大変だということもあります。

FXは金融政策や経済に依存

FXの変動要因は、その国の金融政策や経済に大きく依存します。その為、ニュージーランド中央銀行が利上げをするとニュージーランドドルが大きく買われますし、ECB(欧州中央銀行)が金融緩和をするとなると、ユーロが大きく売られることとなります。

株は企業業績に依存

一方、株の方は企業業績が大きな変動要因になります。その為、決算が予想以上だと連日ストップ高になります。そして、関連会社も株価もつれ高になることがあります。

また、グローバル企業だと海外の株式市場の変動にも連動しますし、為替が関係してきますから、例えばドル円が円安方向に振れると、トヨタやマツダなどの企業の株価は上昇します。同様に、材料を海外から輸入している企業だと、原油や小麦の価格にも大きく影響します。

値動きの違い

FXにはレバレッジと流動性

そのことから、FXはレバレッジという資金を有効に使うシステムが使えるのです。また、流動性があるという面では、買いたい時に買え、売りたい時に売れるというメリットがあります。

株は銘柄によってはハイリスク・ハイリターン

このことから、銘柄によってはハイリスク・ハイリターンということになります。しかしながら、良い銘柄に巡り合えば、1年で投資資金が10倍になるという非常に夢があるのが株式投資です。

金利差の受け取りの違い

FXはスワップ(ポイント)

FXにはスワップ(ポイント)と呼ばれる金利差を受け取るまたは支払う仕組みがあります。これは、365日で割った金利差を営業日ごとに受け取る、または支払うものです。金利差を受け取る側になるには、金利の高い通貨を買いで保有します。金利差を受け取ることができ、またその金利差も投資資金に連動して25倍もらえることは大きな魅力です!

株は配当金

一方株式には配当金があります。みずほフィナンシャルグループなどは4%程度の高配当利回りがあり、個人投資家にも人気の銘柄となっています。この配当金は、年に1回か2回(会社ごとに違います)もらえることができ、権利確定日にだけ持っていればもらえるという高いメリットがあります。もちろん、権利を獲得した直後に大きく売られる場合もあるので、リスクは高いですが、こちらも大きな魅力ですよね!

資金効率(レバレッジ)の違い

FXにはレバレッジ

FXのメリットにレバレッジがあります。これは、投資資金の25倍の金額を動かせるというFXの大きな魅力のひとつです。また、海外業者では100倍、200倍のレバレッジを使用できる業者もあることから、ギャンブルのようにトレードを行う人もいます。

株は自己資金の3倍まで取引可能

逆に、株式取引は値動きが大きいことから、信用取引では自己資金の3倍までの取引を行えます。しかし、信用取引は「6ヶ月以内に清算の義務」があることと、お金を借りていることから毎日僅かながら「金利の支払い」が発生します。また、FXではほぼ皆無である追証が発生することもあります。

しかし、最近では無期限信用取引(一般信用取引)という返済期限なしの信用取引もあります。
(⇒松井証券:一日信用取引|信用取引の売買手数料はいくら取引しても無料。さらに、1注文あたり300万円以上の取引をすると金利も無料)

取引時間の違い

FXは平日24時間

FXは平日であれば24時間売買可能です。このあたりが、FXが主婦やサラリーリーマン、学生にも人気である証拠でしょう。FX会社やラジオ日経なのどの番組で、「雇用統計スペシャルイベント」などと題して、ビックイベントをカウントダウン形式に盛り上がるイベントも人気です。

株は9時~11時30分、12時30分~3時

一方、株式取引は前場は9時~11時30分、後場は12時30分~3時までとなっております。しかし、意外と知られていませんが、株式取引にはPTS(私設取引)と呼ばれる夜間取引があります。通常の取引時間が終わったあと、17:30~23:59(証券会社により異なります。)までに行われる時間外取引のことをいいます。また、デイタイムセッションという、8:20~16:00の間行われる取引もあります。

株とFXではどちらが良いのか?

「FXとは」記事一覧

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

スプレッドの狭さ

スワップの高さ

スマホ取引比較

FX入門知識 記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

初心者おすすめポイント みんかぶFXから申し込むと条件達成で4,000円キャッシュバック LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる 電話問い合わせも平日24時間対応 DMMFX を詳しくチェック

初心者おすすめポイント FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)の大手FX会社 預かり資産は3年連続で国内No,1 FXの他に株式やCFDも取り扱っている GMOクリック証券 を詳しくチェック

注目サービス

FX口座ランキング

外貨ex byGMO
取引アプリ「Cymo」が魅力

カテゴリからFX会社を探す

関連サイト

FX会社ランキング

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

IMM通貨先物ポジションの推移チャート

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の上場商品である「IMM通貨先物」のポジション(建玉)情報のうち、「Non-Commercial」(非商業部門=投機筋)のポジションと対応するFX市場の通貨ペアの値動きの推移をグラフで表示しています。
このグラフでは、投機筋の買いポジションの数(Long)、売りポジションの数(Short)を線グラフ(点線)、売買のポジションををネットしたものをヒストグラムで表示しています。
また、対応するFX市場の通貨ペアの終値を線グラフ(実線)で表示しています。

シカゴIMM通先物市場の投機筋とOANDAの顧客の買いポジション比率の比較

シカゴIMM通貨先物ポジションとは

IMMとはInternational Monetary Marketの略称で、シカゴ・マーカンタイル取引所の国際通貨先物市場に上場している通貨の建玉(ポジション)明細を言います。アメリカには代表的な先物市場として「シカゴ・マーカンタイル取引所(CME、Chicago Mercantile Exchange)」と「ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX、New York Mercantile Exchange)」が挙げられます。 これらの取引所では通貨、原油や小麦といった商品、ゴールドなどの貴金属、米国10年債など様々な資産の先物取引が行われています。その中でも、シカゴIMM通貨先物ポジションはシカゴ・マーカンタイル取引所という市場で取引されている通貨に関する建玉状況を公開したものです。この情報はCFTC(全米先物取引委員会)によって毎週公開されています。

CFTC(全米先物取引委員会)と各取引所の関係性は?

CFTCは上記で挙げたシカゴ・マーカンタイル取引所やニューヨーク・マーカンタイル取引所の市場運営が公正公平且つ適切に行われるように管理監督する規制機関です。市場運営が適切に行われているかどうか検証するためCFTCは各取引所に報告義務を課しています。その中の1つにCommitments of Traders(COT、建玉明細報告書)があります。
各取引所では通貨だけではなく、原油、ゴールドなどの先物取引がされているとご紹介しましたが、COT(建玉明細報告書)もそれぞれの資産に対して公開がされているのです。つまりシカゴIMM通貨先物ポジションは、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引されている通貨先物市場のCOT(建玉明細報告書)なのです。

シカゴIMM通貨先物ポジションにはどんな情報があるの?

参加者カテゴリ 参加者 参加目的
Non-Commercial 投機筋、ヘッジファンドなど ボラティリティを利用した利潤(投機)
Commercial 銀行、企業など 貿易・資本取引による通貨交換(実需)
Non-Reportable それ以外

シカゴIMM通貨先物ポジションチャートではこの中でも「Non-Commercial(非商業部門)」、つまり投機筋の建玉明細に注目してロング、ショート、これらを差し引きしたネットの数値をグラフ化しています。通貨先物のポジションの傾きが変わる場面では大きなトレンドに発展することもあります。
また、過去の水準に対しポジションの傾きが大きくなっている場面では、トレンドがピークに達しており、利益確定により相場が反転する可能性が高まります。このデータを毎週チェックすることで相場の大局を掴み易くなります。
シカゴIMM通貨先物ポジションの推移チャートのより詳細な使い方は 30の戦略”シカゴIMMポジションを使い相場のトレンドを把握する方法を紹介“等をご参考ください。

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩
All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる