Web取引ガイド

テクニカル指標一覧

テクニカル指標一覧

50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

テクニカルポイント ドル円 10日線 135円台後半

138.11 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間)
137.15 エンベロープ1%上限(10日間)
136.43 現値
135.79 10日移動平均
135.64 一目均衡表・転換線
134.44 エンベロープ1%下限(10日間)
134.38 21日移動平均
131.78 一目均衡表・基準線
130.65 ボリンジャーバンド 2σ下限(21日間)
128.46 一目均衡表・雲(上限)
125.53 100日移動平均
124.77 一目均衡表・雲(下限)
119.75 200日移動平均

執筆者 : MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

CFTC建玉報告 資源国通貨 レバレッジファンドは豪ドルの売り越し減少

CFTC建玉報告 主要通貨 円の売り越し減少

要人発言 07/04(月) 07:21

要人発言 07/01(金) 19:52

要人発言 07/01(金) 15:28

要人発言 テクニカル指標一覧 07/01(金) 07:21

要人発言 07/01(金) 02:36

要人発言 06/30(木) 22:47

要人発言 テクニカル指標一覧 06/30(木) 16:54

要人発言 06/30(木) 15:28

要人発言 06/30(木) 07:21

経済指標 07/04(月) 07:20

来週の主な予定 FOMC議事録に米雇用統計、豪政策金利や英中銀金融安定報告 週末は中国消費者物価に衆院選投開票

経済指標 07/02(土) 07:49

経済指標 07/01(金) 23:15

経済指標 07/01(金) 23:10

経済指標 07/01(金) 23:10

経済指標 07/01(金) 19:09

経済指標 07/01(金) 18:テクニカル指標一覧 10

経済指標 07/01(金) 17:41

経済指標 07/01(金) 17:40

NY他市場 4時台 ダウ平均は271ドル高 シカゴ日経平均先物は26310円

FX/為替「米景気不安で1ドル=135円台に反落 テクニカル指標一覧 6月ISMに関心」 外為トゥデイ 2022年7月1日号

マネ育チャンネル 07/01(金) 09:テクニカル指標一覧 24

FX/為替「ドル/円、24年ぶり高値更新 PCEデフレーターに注目」 外為トゥデイ 2022年6月30日号

マネ育チャンネル 06/30(木) 09:29

FX/為替「ドル/円、24年ぶり高値更新が視野 137円台も」 外為トゥデイ 2022年6月29日号

マネ育チャンネル 06/29(水) 09:08

FX/為替「ドル/円、月末の実需フローがかく乱要因に」 外為トゥデイ 2022年6月28日号

マネ育チャンネル テクニカル指標一覧 06/28(火) 08:56

マネ育チャンネル 06/27(月) 16:37

FX/為替「ドル/円、134円台前半の下値支持を確認」 外為トゥデイ 2022年6月27日号

マネ育チャンネル 06/27(月) 09:19

FX/為替「リセッション懸念で下値模索 一目転換線134.10円がメド」 外為トゥデイ 2022年6月24日号

マネ育チャンネル 06/24(金) 09:11

FX/為替「136円台後半が重い 米リセッション懸念再燃で」 外為トゥデイ 2022年6月23日号

マネ育チャンネル 06/23(木) 09:09

FX/為替「円全面安 FRB議長証言でドル高進めば138円も」 外為トゥデイ 2022年6月22日号

マネ育チャンネル 06/22(水) 09:26

今日の為替 07/02(土) 05:56

今日の為替 07/01(金) 20:40

今日の為替 07/01(金) 15:07

今日の為替 07/01(金) 05:57

今日の為替 06/30(木) 20:18

今日の為替 06/30(木) 15:テクニカル指標一覧 11

今日の為替 06/30(木) 05:58

今日の為替 06/29(水) 20:35

今日の為替 06/29(水) 15:11

注目ニュース

要人発言 07/04(月) 07:21

経済指標 07/04(月) 07:20

来週の主な予定 FOMC議事録に米雇用統計、豪政策金利や英中銀金融安定報告 週末は中国消費者物価に衆院選投開票

経済指標 07/02(土) 07:49

今日の為替 07/02(土) 05:56

今日の為替 07/01(金) 20:40

新着ニュース

要人発言 07/04(月) 07:21

経済指標 07/04(月) テクニカル指標一覧 07:20

CFTC建玉報告 資源国通貨 レバレッジファンドは豪ドルの売り越し減少

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment テクニカル指標一覧 Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。
テクニカル指標一覧
日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

本日の予定【経済指標】

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 テクニカル指標一覧 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

XEC_USD テクニカル分析

Trading in financial instruments and/or cryptocurrencies involves high risks including the risk of losing some, or all, of your investment amount, and may not be suitable for all investors. Prices テクニカル指標一覧 of cryptocurrencies are extremely volatile テクニカル指標一覧 and may be affected by external factors such as financial, regulatory or political events. Trading on margin increases テクニカル指標一覧 the financial risks. Before deciding to trade in financial instruments or テクニカル指標一覧 cryptocurrencies you should be fully informed of the risks and costs associated with trading the financial markets, carefully consider your investment objectives, level of experience, and risk appetite, and seek professional advice where needed. Marketing66 would テクニカル指標一覧 like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. The テクニカル指標一覧 data and prices on the website are not necessarily provided by any market or exchange, but may テクニカル指標一覧 be provided by market makers, and so prices may not be テクニカル指標一覧 accurate and may differ from the テクニカル指標一覧 テクニカル指標一覧 actual price at any given market, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. MArketing66 and any provider of the data contained テクニカル指標一覧 in this website will not accept liability for any loss or damage as a result of your trading, or your reliance on the information contained within this website. It is prohibited to use, store, reproduce, display, modify, transmit or distribute the data contained in this website without the explicit prior written permission of MArketing66 and/or the data provider. All intellectual property rights are reserved by the providers and/or the exchange providing the data contained in this テクニカル指標一覧 website. MArketing66 may be compensated by the advertisers that appear on the website, based on your interaction with the advertisements or advertisers.

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる