取引戦略

2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み

2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み
出典:GoGoEV公式サイト(https://ev.gogo.gs/ )

大文字隼人の「猫の手を借りたトレード」システム解説書

第1回シストレコンテスト第3位賞状

本書は、第1回シストレコンテスト(ひまわり証券主催)で見事3位に輝いた、大文字隼人さんの「猫の手を借りたトレード」のシステム解説書となります。

大文字隼人の「猫の手を借りたトレード」システムは、日経225先物をトレードするシステムです。

ソースコードおよび、パフォーマンス・レポートについて

「猫の手を借りたトレード」システム解説書を購入する!

本書の契約内容

大文字隼人の「猫の手を借りたトレード」システム解説書(以下 「本書」という)は、安藤秀男 (以下 「作者」という)が大文字隼人氏のシステムを解説した著作物であり、本書に関する全ての知的財産権は「作者」に帰属します。

2) 作者は、本契約書の全ての項目に同意することを条件として、本書の使用許諾を本書購入者に供与します。尚、当使用許諾は非独占的、非排他的なものです。 ただし、本書の使用許諾を受けた者(以下 「本契約者」という。)は、本書に関する知的財産権などの権利は一切所有せず、また、これらを主張することもできません。なお、当該使用許諾の権利は、「作者」の事前の書面による承認がある場合を除き、第三者に譲渡することは出来ません。

7) 本書は、個人使用の目的のみに限定されています。このため、「作者」からの事前の書面による承認なく他人への投資助言を行うことや、本契約者以外の第三者へ内容を開示することはできません。
本契約書において特に明示されているもの以外、「作者」が保証するものは一切ありません。本契約者は、トレード(取引)手法に関するいかなる保証もなく、その商品性その他一切の目的が満たされる保証はないことを理解します。
「作者」は、本契約違反や、本契約に基づく義務の不履行から生じる損害について一切の法的責任を負わず、責任があった場合でも、「当社」の法的責任は本書の購入代金の総額を上回らないものとします。また、「作者」は、納品の遅延、契約上のサービスに対する損害に対して一切の法的責任を負いません。本契約者は、先物取引に関連する事項及びシステム使用上の全てのリスクに対する責任を負うものとします。
「作者」は、投資助言を行うものではなく、またシステムを利用することで利益の確保に繋がることを保証しません。

8) 本契約の履行は日本国の法律に準拠し、またこれに関連する紛争の第一審の専属的管轄裁判所は、岡山地方裁判所とします。
本契約者による契約事項の不履行が生じた場合は、「作者」は合法的な処置をとるものとし、本契約者は弁護士費用を含む全ての裁判費用を負担するものとします。

9) 本契約者は、本契約事項のみを両者の合意内容として取り扱うものとします。
また、今後行われる可能性のある「作者」からの説明及び報告は「作者」に依拠するものであり、本契約者は、本契約に関する変更や追加事項に対して合意します。

本書の内容

  1. システム構成
  2. 注文のタイミング
  3. 猫の手を借りたトレード1 (ロング・ポジション編)
  4. 猫の手を借りたトレード2 (ショート・ポジション編)
  5. ロスカット(ストップロス)
  6. (例)2009年1月9日のトレード
  7. TradeSignalを利用する
  8. 猫の手を借りたトレード1 (プログラムソース)
  9. 猫の手を借りたトレード2 (プログラムソース)
  10. 損益曲線(2007/1/1 - 2009/2/28)
  11. パフォーマンスレポート(2007/1/1 - 2009/2/28)

販売価格について

「金融商品取引法」に基づく広告規制

投資に係るリスクおよび手数料について
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

本書購入に適している人

  1. 日経225先物を淡々とシステムトレードしたい人
  2. 「猫の手を借りたトレード」システムに興味があり、「猫の手を借りたトレード」システムのようなトレードをしたい人
  3. TradeSignalで「猫の手を借りたトレード」システムを行ないたい人
  4. システムトレード開発のきっかけが欲しい人

最後の確認・・・

「猫の手を借りたトレード」システム解説書の購入はこちらから

Q&A 皆様からの質問にお答えします。

Q.このシステムを使うと儲かりますか?

わかりません。
本システムは、第1回シストレコンテストで3位に入賞しましたが、未来永劫利益を出し続けるシステムであると言うことは、保障できません。
かならず、パフォーマンスレポートをご確認いただき、ご自身で判断してください。

Q.TradeSignal(トレードシグナル)がないと運用できませんか?

Q.2008年10月の取引が0回なのに、利益が2,760,000となっているのはどうしてですか?

Q.ピラミッディングや、ナンピンは行ないますか?

基本的に行ないません。
パフォーマンス・レポートは、シストレコンテストの仕様と同じで実施しています。
コンテストでは、ピラミッディングや、ナンピンはできない仕様でしたので、行なっていません。
ただし、シグナル自身はロング・ポジションを持っていても、ロングのシグナルが出ることがあります。
こういった場合には、基本的にはすでにロング・ポジションを持っていますので、ロングの注文を入れないほうがよいでしょう。

Q.4本値にイブニング・セッションは含みますか?

いいえ。
シストレコンテストでは、イブニング・セッションは対象外でした。。
ですので、本システムも4本値はイブニング・セッションを含まない、4本値を利用します。

Q.トレードシグナルでストップロスの設定方法がわかりません。

トレードシグナルで、ストップロスについては2つの方法があります。
1.既存のストラテジーにある「ストップロス」を利用する方法。
2.マネージメントのストップロスに設定する方法。
2.については、画像を載せておきますので、こちらを参照に設定してください。
*注意 上記のストップロスの金額設定は、どちらも資金金額ベースで設定する事になっています。

Q.トレードシグナルで、ソースがコンパイルできません。

システムのソースは、トレードシグナルからそのまま印刷していますので、正しく入力すればコンパイルできるはずです。
しかし、ちょっとした入力ミスで何度もコンパイルするのは、システム開発経験者でないとかなり苦労します。
そこで購入後に、トレードシグナルのエクスポートファイルが必要な方は、メールにてご連絡ください。
エクスポートファイルは、トレードシグナル用のファイルですので、トレードシグナルをお持ちの方でないと、ご利用できません。
*注意 シストレコンテストには、このエクスポートファイルのままで参加することは禁止します。

自動運転時代、「充電マネジメント」に商機

出典:パナソニックプレスリリース

■自動運転を取り巻く環境
自動運転車はフリート化がスタンダードに
重要性増すフリートマネジメント
■特筆すべきパナソニックの取り組み

出典:パナソニックプレスリリース(※クリックorタップすると拡大できます)

出典:パナソニックプレスリリース(※クリックorタップすると拡大できます)

■EVに付随するバッテリー・充電環境

出典:GoGoEV公式サイト(https:2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み //ev.gogo.gs/ )

■【まとめ】バッテリー・充電マネジメントをめぐる環境は激変する

【参考】関連記事としては「自動運転時代のサービス」も参照。

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報)
【著書】
・自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
・“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)

ECに新たな表示ルール。特商法改正の影響と対応方法とは?(2022年6月施行・特定商取引法・預託法の改正)

消費者が購入申し込みの撤回や、定期購入の解約などを申し出た際に、その撤回・解約をさまたげるために、事業者が事実と異なることを告げる行為も禁止されます。例えば、解約を申し出た顧客に対して「定期購入契約になっているので残りの分の代金を支払わなければ解約できない」と嘘を言ったり、事実に反して「その商品は、いま使用を中止すると逆効果になる」と説明したりすることは禁止です。電話だけでなくメールも規制の対象となります。

④消費者による注文の「取消権」を新設(改正特商法 第15条4)

ECサイトの最終確認画面に表示した注文内容(改正特商法 第12条6で定められた6項目)が事実と異なったり、必要な内容が表示されていなかったりしたために、消費者が内容を正しく理解せずに(内容を誤認して)注文を申し込んだ場合、消費者はその契約を取り消すことが可能になります。

違反した場合のペナルティー(行政処分・罰則)

ECサイトに導入された規制(改正特商法第12条6、改正特商法 第13条2)に違反した場合、行政処分(行政から事業者に対する業務改善指示や業務停止命令)や罰則(懲役や罰金)の対象となります。例えば、ECサイトの最終確認画面に必要な項目(改正特商法第12条6第1項で定められた内容)を表示しなかったり、事実と異なる表示をしたりした場合の罰則は、法人は1億円以下の罰金です。

EC事業者さまに求められる対応は?サイト改修が必要になる場合も

改正特商法が施行される2022年6月1日以降、EC事業者さまは新たな表示ルールなどを遵守する必要があります。多くのEC事業者さまは、ECサイトの最終確認画面の表示内容について修正や追加が必要になるのではないでしょうか。その上で、注文内容に関する表示や、契約申し込みの手順などに関して、消費者を誤認させる表示・表現がないか十分に確認することが必要です。

現在使用しているECサイトの最終確認画面に適切な表示内容を盛り込めない場合には、画面のレイアウトそのものを変更するか、法律で許される範囲内で、必要事項を記載した箇所(ページ)へのリンクを配置するといった対応が必要になります。

futureshopシリーズの対応方針(アップデートのスケジュール)

futureshopでは、定期・頒布会販売の「お申し込み手続きページ」と、通常・予約販売の「ご注文手続きページ(ご注文確認ページ)」を最終確認画面として対応することを検討しています。改正特商法で表示が義務付けられた「販売期間」「分量」「支払い総額(定期購入)」「商品の提供時期」などを表示できるよう、必要なシステム改修を進めています。バージョンアップは最優先で取り組んでおり、22年4月中と22年6月中の2回に分けて実施する予定です。

futureshopをご利用中の店舗さまは、改正特商法で義務付けられた表示項目について、最終確認画面の内容を必要に応じて修正していただく必要があります。また、消費者を誤認させる表示・表現がないか確認することも必要です。 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み

これだけは知っておきたい! 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

これだけは知っておきたい! PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる