FXトレーダーブログ

FX取引の規制について Regulation

FX取引の規制について Regulation
SFC

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX取引の規制について Regulation FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

Blackwell Global

Financial Conduct Authority

FCA

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Exchange Regulator of Cambodia

SERC

VPS Standard

WikiFX FX取引の規制について Regulation VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

ブローカー情報

Blackwell Global Investments Limited

201 Church Street, Sandyport, West Bay Street, P.O. Box N-3406, Nassau, Bahamas.

    FX取引の規制について Regulation
  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ 1 : 100
  • 最低入金額 >$100,000
  • 最小スプレッド --
  • 取引品種 --
  • 通貨 --
  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ 1 : 200
  • 最低入金額 $500 – 100,000
  • 最小スプレッド --
  • FX取引の規制について Regulation
  • 取引品種 --
  • 通貨 --

  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --
  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】

「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」の公表

▼「平成29事務年度金融業行政方針」に関する解説はこちら 【平成29事務年度金融行政方針】全体像と金融実務に与える影響 【平成29事務年度金融行政方針】業態別の取組み 【平成29事務年度金融行政方針】「IT技術の進展等への対応」の要点等

平成30年実践と方針の構成

  • Ⅰ. 変革期における金融サービスの向上に向けて
  • Ⅱ. 内外の経済・金融市場動向
  • Ⅲ. 金融行政の重点施策
  • Ⅳ. 金融当局・金融行政運営の改革
  1. デジタライゼーションの加速的な進展への対応~金融デジタライゼーション戦略~
  2. 家計の安定的な資産形成の推進
  3. 活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保
  4. 金融仲介機能の十分な発揮と金融システムの安定の確保~経営者の役割とガバナンス~
  5. 顧客の信頼感・安心感の確保~金融機関の行為・規律に関する課題~
  6. 世界共通の課題の解決への貢献及び当局間のネットワーク・協力の強化

金融実務上、ポイントとなる主な施策① デジタライゼーション の加速的な進展への対応

(1)「情報の蓄積と利活用」

  1. 金融審議会「金融制度スタディ・グループ」における機能別・横断的金融規制体系の構築に向けた検討の中で、制度面の検討を行っていくこと
  2. 「全銀EDIシステム」稼働に伴うXML電文への移行や川上(受発注・経理)から川下(債権管理・税公金収納支払)までの企業の財務・決済プロセスの高度化の実現、オープンAPI導入の取組みの更なる推進等を通じ、金融インフラ面での環境整備を進めること
  3. 金融機関との間で、各業態の課題を踏まえつつ、戦略的IT投資のあり方等、ITガバナンスの発揮による情報の利活用に向けた取組みについて、対話を深めていくこと
  4. 情報収集のため「FinTech Innovation Hub」による「100社ヒアリング」を実施すること

(2)「顧客のプライバシー、匿名性や顧客情報の信頼性その他の顧客保護」

  1. ブロックチェーン技術の活用可能性や課題等にかかる国際的な共同研究
  2. 本人確認のデジタル化の推進 (※)における本人確認の実証実験の支援

(3)「金融・非金融の情報の伝達を可能とする金融インフラのデジタル化」

  1. 企業の財務・決済プロセスの高度化((a)送金にかかるXML電文への移行化の着実な推進、(b)FX取引の規制について Regulation 電子手形・小切手への移行、税・公金収納・支払の効率化等を通じた、川上から川下までの企業の財務・決済プロセスの高度化の実現)
  2. 証券分野におけるブロックチェーン技術の活用
  3. 機関投資家と証券会社間の約定照合業務におけるブロックチェーン技術の適用に向けた実証実験の実施
  4. 貿易金融におけるブロックチェーン技術の活用

(4)「様々なサンドボックス等によるイノベーションに向けたチャレンジの促進」

  1. 情報収集機能を強化するため、「FinTech Innovation Hub」を立ち上げ、「100社ヒアリング」を実施すること
  2. FinTechサポートデスクとFinTech実証実験ハブによる支援やプロジェクト型「規制のサンドボックス制度」への対応を推進すること

(5)「サイバーセキュリティその他金融システム上の課題等への対応」

  1. サイバーリスクの影響やリスクへの対応策等について把握・分析に取り組み、新たな実効性あるサイバーリスクへの対応策を金融機関に促すとともに、モニタリングのあり方について検討すること
  2. 金融分野のサイバーセキュリティを巡る状況の変化を踏まえた対応が求められていることや平成30年7月の「サイバーセキュリティ戦略」の改訂等を踏まえ、平成27年7月に公表された「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」の改訂を行うこと

(6)「機能別・横断的法制」

  1. 多様なプレイヤーが適切に情報を利活用し、利用者目線に立って競争することを後押しすること
  2. 各プレイヤーの金融面での機能・リスクを適切に評価し、同一の機能・同一のリスクに対しては同一のルールの適用を徹底すること
  3. 各プレイヤーのサービスの機能・リスクに応じて金融規制を柔構造化し、業態にとらわれない整合的・横断的な金融規制体系を具体化していくこと

金融実務上、ポイントとなる主な施策② 家計の安定的な資産形成の推進

(1)「『顧客本位の業務運営』の確立と定着」

(2)「高齢社会における金融サービスのあり方の検討」

  1. 顧客のライフステージ・状況に応じたきめ細かな商品・サービスの提供の推進とそれを支える環境の整備
  2. 老後の収支や金融商品・サービスの「見える化」
  3. 資産の円滑な世代間移転等を支える資産承継の仕組みや、円滑な事業承継のための効率的な金融サービスのあり方
  4. 認知能力の低下等の高齢期に見られる特徴への対応

金融実務上、ポイントとなる主な施策③ 活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保

(1)「ガバナンス改革の更なる推進」

(2)「企業情報の開示の充実」

  • ルールへの形式的な対応に留まらない開示の充実に向けた企業の取組みを促すため、企業が経営目線で経営戦略・MD&A・リスク等を把握・開示していく上でのプリンシプルベースでのガイダンスを策定するとともに、開示に関するベストプラクティスの普及・浸透を図る。
  • あわせて、役員報酬や政策保有株式の開示の充実を含め、上記の報告に盛り込まれた諸施策の実現のための内閣府令等の改正を行い、平成31年3月決算の開示からの適用を目指す。その際、政策保有株式の開示の充実に関しては、前述のコーポレートガバナンス・コードの改訂の趣旨も踏まえた効果的な実施を図る。なお、この点については、平成30年11月2日付で、「財務情報及び記述情報の充実」、「建設的な対話の促進に向けた情報の提供」、「情報の信頼性・適時性の確保に向けた取組」に向けて、適切な制度整備を行うことを内容とする企業内容等の開示に関する内閣府令の改正案が公表されている。 については、今後、企業による積極的な情報開示が促進されるよう、ルールの趣旨の浸透を図る。
  • 有価証券報告書と事業報告等の共通化・一体化に向けた取組みについては、引き続き、関係省庁と連携し、一体的な開示を行おうとする企業の試行的取組みを支援しつつ、一体的開示例や関連する課題等について検討する。

(3)「金融・資本市場の制度的基盤整備」

  1. 証券取引における決済期間の短縮化について、市場関係者に着実な実施を促していくこと
  2. 多様なプレイヤーが参加する厚みのあるクレジット市場の形成・発展に向けた課題と対応策について整理・検討すること
  3. FX取引の規制について Regulation
  4. 総合取引所の早期実現を図ること
  5. 店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」が平成30年6月13日に公表した報告書を踏まえ、店頭FX業者に対して、決済リスク管理の強化に向けた体制の整備や、その体制に基づく適切な業務運営の確保等を求めるため、必要な制度整備を行うこと
  6. 全銀協TIBORの信頼性・透明性の維持・向上、日本円LIBORの公表が停止された場合のフォールバック・レートの検討、日本円リスク・フリーレートへの移行が適切なケースにおける利用促進等、円金利指標全般の頑健性向上に取り組むこと

(4)「市場監視機能の向上」

  1. 上場会社が仮想通貨関連業務に進出する等、新たな動向が見られていることについて、取引所と連携しつつ、注視していくこと
  2. デジタライゼーションの進展や新しい商品・取引の出現等市場で起こっていることを常に注意深く監視し、市場監視の空白を作らないよう、現在の監視手法や着眼等に改善すべき点があれば見直していくこと
  3. 金融機関と規制当局とが相互に協調しながらITの活用を検討することで、市場全体の公正性・透明性を効率的・効果的に高めていくことを目指すこと(RegTechエコシステム)
  4. FX取引の規制について Regulation
  5. デジタルフォレンジック技術の向上及びシステム環境の高度化を継続的に推進するほか、市場監視を適切に行うための高度な専門性と幅広い視点を持った人材の育成に取り組むこと

▼連載:金融行政のこれまでの実践と今後の方針 バックナンバー 金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】 金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

明日の【信用規制・解除】銘柄 (14日大引け後 発表分)

アセプラ(アセットプランナー)

2022/03/14 - サイバーセキ(4493) の関連ニュース。○サイバーセキ <4493> [東証M]東証と日証金が15日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。[2022年3月14日]株探ニュース

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 FX取引の規制について Regulation 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる