デイトレード

チャート分析に使える無料ツール5選

チャート分析に使える無料ツール5選
引用:Backlog

Excelは不要!グラフ作成ツールおすすめ10選

グラフを作成するツールといえばExcelを思い浮かべる方も多くいるでしょうが、昨今ではExcelを使わなくてもグラフを作成できるツールが多数存在します。Excelよりもグラフ作成に特化しているので、 ツールを使えばきれいなグラフをより簡単に作成できるようになる でしょう。現在、多くのグラフ作成ツールが存在しますが、万能の機能を持ったグラフ作成ツールはありません。グラフ作成ツールによって得意としている作業が異なるので、 自社の目的に合ったツールを探すようにしましょう

1.作成できるグラフの種類

ツールによって作成できるグラフの種類が異なるため、 仕事内容や目的に合った機能が搭載されているグラフ作成ツールを選びましょう

2.出力できる画像ファイルの形式

出力できる画像ファイルの形式がツールによって異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。ツールを使って作成した画像をレポートや資料に使用する場合、画像ファイルにして保存する必要があります。せっかくグラフを作成しても、ツールで出力できるファイル形式を確認していないと、作成したファイルをレポートや資料に使えません。

といったような特徴を理解した上で、 目的に合っているファイル形式を選択 しましょう。

3.料金プラン

グラフ作成ツールを導入する前に、ツールの料金プランを確認した上で、 目的を達成できるプランを選びましょう

グラフ作成ツール10選

数あるグラフ作成ツールの中から、 おすすめのツールを10社ご紹介 します。現在多くのグラフ作成ツールがありますが、いずれのツールも他社のツールと異なる点があるので、しっかりと比較するのが大切です。どのツールの機能が自社に合っているのかを検討した上で、適切なツールを選択しましょう。もしツール選びに悩んでいるのであれば、無料トライアルを実施しているツールもあるので、操作感などを試してみてください。いくつか試した中から、使いやすいものを選んで導入するとよいでしょう。

1.FineReport

FineReportは独自開発された70種類以上のHTML5グラフが搭載されている、Excelライクの帳票・BIダッシュボードツールです。操作はマウスを使って、ドラッグ&ドロップのみで自由にデザインできるので、Web開発未経験者でも扱いやすいでしょう。FineReportの最大の強みは、 独自開発されたHTML5グラフが70種類以上用意されている 点です。円や折れ線といった代表的なグラフはもちろん、レーダーやツリーマップなど複雑なタイプのグラフにも対応しています。

2.Chartblocks

Chartblocksはたった数分で、簡単にデザイン性の高いグラフを作成できるツールです。 様々なソースからデータをインポートしてグラフを作成できるので、データ入力でのミスをなくして正確なグラフを作成できます 。用意されているグラフは数1,000種類にも及び、すべてのグラフの外観要素をカスタマイズできるので、思い通りのグラフを作れるでしょう。

3.RAWGraphs

RAWGraphsは複雑なデータを、誰でも簡単に視覚的に表現できるように開発された、オープンソースのデータ可視化フレームワークです。 コンマ区切りのリストやGoogleドキュメント、Excelなどといったデータからグラフを作成できます 。基本的なグラフはもちろん、バブルチャートやボックスプロットといった高度なグラフを作成したい人におすすめのツールです。

4.PowerBI Desktop

PowerBI チャート分析に使える無料ツール5選 Desktopはプログラミングを使用せずに、ビジュアル性の高いレポートや舵手ボードを作成できるBIツールです。 Excelのような操作感でグラフ作成やデータ分析を行える ので、ある程度パソコンを使えれば簡単に扱えるでしょう。クラウド上にあるデータや物理的なサーバー上にあるデータに接続して、データ分析を行えます。

5.Canva

Canvaは デザイナーが作成した様々なテンプレートを、無料で利用できるオンラインデザインツール です。メインの機能は画像編集ですが、グラフメーカーを利用すれば、データを入力するだけでグラフを作成できます。デザイナー以外のユーザーを対象としている機能ですので、ドラッグアンドドロップといった操作で作成可能です。用意されているグラフのテンプレートはデザイナーが作成したものなので、他とはひと味違うデザインとなっています。グラフは20種類以上用意されており、作成したグラフは簡単に埋め込みやダウンロードなどができるので、初心者でも扱いやすいツールです。

6.Visme

Vismeは プロが作成した豊富なテンプレートを編集して、初心者でも簡単にインフォグラフィックを作成できるプラットフォーム です。編集画面も直感的に操作でき、3ステップで作成できるので、誰でも簡単に使いこなしやすいでしょう。無料版で用意されているグラフのテンプレートは、棒グラフや折れ線グラフといった基本的なグラフです。有料版にアップデートすれば、レーダーチャートや面積グラフなどといった特殊なグラフを使えるほか、地図機能も備えています。

7.Livegap

Livegapは インストールなしで、手軽にグラフを作成できる無料のオンラインWebツール です。アカウント登録する必要もないので、気軽に利用できるのが大きな特徴となります。11種類のグラフから選択して作成でき、データを変更すればリアルタイムでグラフに反映されます。チャートテンプレートも活用でき、個性的なデザインも用意されているので、デザイン性に優れたグラフの作成もできるでしょう。データの入力は手動以外にも、ExcelやGoogle docsからデータをコピーも可能です。作成したグラフはPNGやHTMLフォーマットで出力でき、オンラインでの登録にも対応しています。

8.Adobe CREATIVE CLOUD EXPRESS

Adobe CREATIVE CLOUD EXPRESS (Creative Cloud Express)は ノンデザイナー向けのデザイン作成ツールに搭載されている、無料でグラフを作成できる機能 です。

用意されているグラフデザインのテンプレートは、豊富な配色やデータレイアウトで自由にカスタマイズできるので、 個性的なグラフを作成可能 です。注意点としては、出力できるファイル形式がPNGのみなので、場合によっては作成したグラフが使えないかもしれません。無料の料金プランが用意されているので、気になった場合は試してみるとよいでしょう。

注:旧Adobe Sparkは、現在Adobe チャート分析に使える無料ツール5選 CREATIVE CLOUD EXPRESS (Creative Cloud Express) に改称されています。

9.Eegraph

Eegraphは 作成したグラフを一元管理できる、Webツール です。グラフの作成はデータを入力して、グラフの種類を選ぶだけの簡単ステップですので、初心者でも簡単にグラフを作成できます。

の4種類ですが、PNGやSVGなどのファイル形式にも対応しています。

有料プランにアップグレードすれば、共有URLを使ってメールやSNSで共有も容易です。また、作成したグラフはツール内で一元管理されるので、各グラフの検索やデータのパータンを解析する作業がしやすくなります。 多くのデータを扱う人にとってはおすすめのツール です。

10.tableau

tableauは専門的なスキルを持っている人でなくても、素早くきれいなダッシュボードを作成できるBIツールです。 データ分析で使用されるチャートやグラフを、マウスのドラッグアンドドロップで簡単に作成できるので、プログラミングスキルがなくても問題ありません 。tableauには棒グラフや折れ線グラフといった基本的な種類から、ボックスプロットやヒートマップといった特殊なチャートの種類も用意されています。

また、Tableau ServerとTableau Onlineを併用すればサーバーで自動更新を設定できるので、データ入力のルーチン作業を行う必要はありません。そのほか、プレゼンテーション機能やストーリー機能なども搭載されているので、レポートの作成や分析の自由度は高いです。無料トライアルが用意されているので、気になった場合はまず試してみるとよいでしょう。

また、 データを可視化するダッシュボードを自社に合わせて作成するサービス等も活用すれば、データ分析も簡単に効率的に行えます 。必要に応じて、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【全部無料で使える】株式投資家におすすめの分析・財務情報収集・銘柄探しなどに役立つサイト10選を紹介!

Appleのバランスシート

みんなの株式

次に、 みんなの株式、略して「みんかぶ」 です。

その理由が、 「目標株価」「理論株価」「予想株価」の存在です。

トヨタ自動車の目標株価など

しかし、 これらはあくまでも「理論値」や「予想」に過ぎないため、過信は厳禁です。 チャート分析に使える無料ツール5選

実際には、 全体の相場観や、景気の良し悪し、材料となるニュースなど複合的な要因で値動きする ため、一つの参考材料程度に受け取っておきましょう。

【効率性アップ】プロジェクトに導入しやすい進捗管理アプリ5選

プロジェクトに進捗管理アプリが必要な理由

なぜプロジェクトに進捗管理アプリが必要なのかというと、 業務の進捗状況を可視化できる から です。

進捗管理アプリから得られる4つのメリット

進捗管理アプリから得られる4つのメリット

進捗アプリを導入すれば、以下のようなメリットを得られます。

  1. プロジェクト全体の進捗を見える化できる
  2. メンバーが柔軟にやり取りできる
  3. タスク漏れを防止できる
  4. データ入力・分析が簡単

1.プロジェクト全体の進捗を見える化できる

進捗管理アプリは、 迅速な状況把握がおこなえる という点がメリットのひとつとなっています。

2.メンバーが柔軟にやり取りできる

進捗管理アプリのなかにはチャット機能が備わっているものもあるため、メンバー同士で柔軟なやり取りができます。
複数メンバーのプロジェクトにおいて、 メンバー間でコミュニケーションを取ることは重要な要素 です。

3.タスク漏れを防止できる

進捗管理アプリの多くはリマインド設定ができる機能が備わっており、一定間隔で情報を通知してくれます。
自分が忘れていたタイミングで再確認できるため、 タスク漏れを防いで正確な作業 がおこなえます。

4.データ入力・分析が簡単

手動では難しい 集計機能や分析機能が搭載 されているので、自動的にデータを洗い出せます。
そのためリソース管理や経営戦略をするときにも役立ち、業務効率化を達成可能です。

進捗管理アプリの選び方3つのポイント

進捗管理アプリの選び方3つのポイント

進捗管理アプリを選ぶときは、以下の3つのポイントを参考にしてください。

  1. 無料期間やフリープランの有無
  2. 誰でも簡単に入力できるアプリを選ぶ
  3. 必要な機能が搭載されているアプリを選ぶ

1.無料期間やフリープランの有無

まずは機能や使いやすさを試し、 自社に導入すべきかを検討してから有料版に移行することが一般的 です。
しかし無料版では使える範囲が制限されていることが多いので、そちらもチェックしておきましょう。

2.誰でも簡単に入力できるアプリを選ぶ

タスクのタイトルだけでなく、 関連情報を入力できるかもアプリを選ぶ大切なポイント です。

3.必要な機能が搭載されているアプリを選ぶ

進捗管理アプリを選ぶときは、 自社に必要な機能が搭載されているかをチェック しましょう。

【スマホ対応】おすすめ進捗管理アプリ5選

【スマホ対応】おすすめ進捗管理アプリ5選

こちらでは、おすすめの進捗管理アプリを紹介します。

  1. Lychee Redmine
  2. Backlog
  3. jooto
  4. Trello
  5. Stock

1.Lychee Redmine

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

「Lychee Redmine」は、 チャート分析に使える無料ツール5選 日本企業向けに作られたアプリ です。

2.Backlog

Backlog

引用:Backlog

「Backlog」は、 タスクや問題、Todoなどの進捗状況を一括管理できるアプリ です。

3.jooto

Jooto

引用:jooto

「jooto」は、 ドラッグ&ドロップで直感的に操作できる簡単なタスク管理アプリ です。

4.Trello

Trello

引用:Trello

「Trello」は、 ボード、リスト、カードを使って管理ができるプロジェクト管理アプリ です。

5.Stock

Stock

引用:Stock

「Stock」は、 チャート分析に使える無料ツール5選 メンバーの情報共有が簡単にできるプロジェクト管理アプリ です。

進捗管理アプリで作業効率化をおこないましょう

進捗管理アプリで作業効率化をおこないましょう

今回は、プロジェクトの進捗管理アプリについて詳しく紹介しました。

進捗管理をすることはプロジェクト全体の進捗を見える化することにつながり、 納期の遅延やタスク漏れのリスクを軽減 できます。

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

チェックリストツールのおすすめは?フリーのWebツールを紹介

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

カスタマイズ性に優れており、設定項目としてチェックリストを作成することができます。

かんばんタスクによるタスクの可視化やガントチャートでの進捗管理もでき、 タスク管理・プロジェクト管理いずれでも高いパフォーマンスを発揮 してくれます。

②Trello

引用:Trello

チェックリストもボードに貼りつけ、常に可視化できる状態で管理 することができます。

プラン料金(チャート分析に使える無料ツール5選 月額)ボード数機能容量
フリー0円10自動コマンドの実行 50 回/月
無制限のアクティビティ ログ
担当者と期限
iOS および Android モバイル アプリ
2 要素認証
10MB/1ファイル
ビジネスクラス約1,373円($12.50)無制限フリー+
高度なカスタマイズ機能
250MB/1ファイル
エンタープライズ要問合せ無制限全ての機能250MB/1ファイル

③Jooto

引用:Jooto

チェックリストの作成について、画像付きでマニュアルが公開されており、IT初心者でもすぐに使いこなすことができます。
無料で導入サポートも提供しているため、 サポート性を重視される方におすすめ です。

プラン料金(月額)ユーザー数機能容量
無料0円4基本機能+
データエクスポート過去30日
行動履歴過去30日
10MB
スタンダード417円/1ライセンス(年払い)
500円/1ライセンス(月払い)
1~基本機能+
データエクスポート過去1年
行動履歴過去1年
5GB/1ライセンス
エンタープライズ980円/1ライセンス(年払い)
1,300円/1ライセンス(月払い)
1~基本機能+
データエクスポート無制限
行動履歴無制限
10GB/1ライセンス

無料で使えるチェックリストのWebツール3選

①Todoist

引用:Todoist

Todoistは 見やすいデザイン性とシンプルな操作性が特徴 のチェックリストツール。

プラン料金(月額)プロジェクト上限共有者数機能ファイル容量
無料0円55/1プロジェクト優先度
ラベル
コメント
連携機能
タスクアーカイブ
メールでのタスク追加
テンプレート 等
5MB
プロ338円(年払い)
448円(月払い)
30025/1プロジェクト無料+
リマインダー
テーマ
自動バックアップ
優先サポート 等
100MB
ビジネス558円(年払い)
658円(月払い)
50050/1プロジェクトプロ+
高度な共有、管理・セキュリティ機能 等
100MB

②Toodledo

引用:Toodledo

Toodledoは、 カスタイマイズ性に優れタスク管理における様々な機能を包括 したタスク管理ツール。

単にタスクを登録しチェックリストを作成するだけではなく、各チェック項目を自分で設定でき、タスクごとに必要な情報をチェックすることが可能。

難点としては日本語に対応しているのがモバイル版のみというところです。
日本語でのノウハウ情報が少ないため、IT初心者の方は使いこなすまでに時間がかかる可能性があります。

プラン料金(月額)リスト数アウトライン数習慣機能数機能
Free0円30305タスク登録無制限
定期タスク
タスクノート
簡易アラーム 等
Standard約328円($2.99)10010020Free+
サブタスク
グラフ
カスタムリスト
カスタムアラーム等
Plus約548円($4.99)無制限無制限無制限Standard+
ファイル容量10GB
メールでのタスク追加
優先サポート 等
Business要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ

③Any.チャート分析に使える無料ツール5選 チャート分析に使える無料ツール5選 do

引用:Any.do

Any.doは シンプルでチーム内での情報共有に強い タスク管理ツール。

Any.doではチェックリストを他者と共有し、タスクの割当やチャットが行える機能が備わっています。
少人数のチーム内でタスクを進める際に非常に使いやすいツールです。

Any.doは日本語に対応してはいますが、元は海外のアプリのため日本語のサポートには少し難があるので注意しましょう。

プラン料金(月額)機能
Free0円シンプルなタスクリスト
カレンダーガジェット
買い物リスト作成
多機能リマインダー
タスク共有
各デバイス間での同期 等
Premium約658円($5.99)Free+
タスクの色付け
テーマのカスタマイズ
位置情報連動型リマインダー
繰り返しタスクのカスタマイズ
添付ファイル無制限 等

チェックリストツールを使ってタスクの抜け漏れを防止

・チェックリストツールの概要と導入メリット
・無料で使えるチェックリストのWebツール3選
・チェックリストの作成におすすめのツール3選

・どこからでもチェックリストの作成・編集が可能
・過去のチェックリストを一元管理できる
・カレンダーとの連携やプロジェクトごとのタスク管理が可能

・Lychee Redmine
・Trello
・Jooto

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

工数管理ツール6選|ツール選定から導入ノウハウまでを徹底解説

・向き、不向き
オープンソースのため、webサービスを利用するという形式ではありません。基本的には自社のサーバにインストールして利用を行う必要があるため、それら作業が行えない場合は不向きなツールと言えます。どうしてもRedmineをクラウドで使用したい場合はRedmineをクラウドサービスとして有償で提供している「Lychee Redmine」なども検討してみると良いでしょう。大規模なプロジェクトにも利用できるためツールに予算を割きたくない場合には良いツールです。

・料金:
無料

無料ツール2:Asana

・特徴
少人数のチームでは十分な機能が無料プランの範囲で利用ができます。使いやすいUIで海外でも人気のあるツールのひとつで、スマートフォンなどマルチデバイスに対応しています。SlackやGoogleドライブ、Dropbox、zoom、TeamsやOffice365など様々な外部ツールと連携可能です。

・向き、不向き
手軽に小さなチームで使いたいという場合には向いていますが、大規模に導入する場合は無料プランでは利用できないため費用との相談になるでしょう。

無料ツール3:Trello

・特徴
カンバン方式でプロジェクトを管理できるツールで、プラグインをインストールすることで工数管理が行えます。タスクの作成やカンバン上での状態変更がとにかく簡単なため、入力の負担が少ないツールです。

・向き、不向き
中・小規模のチームで、特にアジャイル開発をしているチームでの利用に向くでしょう。大規模なプロジェクトはカンバンに表示されるタスクが多くなるため、見づらく操作がしにくくなることがあるためチームメンバーがストレスに感じてしまうことがあり不向きと言えます。

有料の工数管理ツール3選

有料ツール1:Backlog

・特徴
UIが初心者にもわかりやすく、使い勝手が良いツールです。ITプロジェクトの管理以外に使われるケースも多く、マーケティングや人事、総務に至るまで様々な業種で利用されています。シンプルに見えますが、ガントチャート、バーンダウンチャートの表示やリポジトリの連携、他ツールとの連携など機能は十分充実しています。

・向き、不向き
管理ツールが初めての場合や、苦手意識がある、英語が苦手などの場合に向いているツールです。海外製のツールが多いなか、日本企業が提供しているツールのため日本語のマニュアルやヘルプが充実しています。機能は充実していますが、プラグインを追加するなどなど独自のカスタマイズをすることができないため、カスタマイズしたい方には不向きなツールと言えます。

有料ツールその2:サイボウズOffice

・特徴
いわゆるグループウェアと呼ばれるもので、勤怠管理やスケジュールの登録、ファイルの管理、メッセージ機能、ToDoリスト作成機能などがあり、工数管理やプロジェクト管理はサイボウズOfficeの機能の一部として提供されています。

・向き、不向き
組織に必要となる管理項目の多くの機能が提供されているためリモートワークを行いたい企業や、グループウェアの機能も欲しいという場合に向くツールです。逆に、グループウェアは既に導入済みの企業や、不要だという場合にはオーバースペックなツールと言えるでしょう。

有料ツールその3:クラウドログ

・特徴
工数管理を売りにしているツールのため、プロジェクトの管理から工数の入力、分析、レポートまで、工数に関わる便利な機能が充実しています。積み上げ型グラフ、折れ線グラフ、円グラフなど、多角的に分析するための多彩なレポート機能があり、工数データを分析しやすいツールです。工数管理がメインの製品だからこそ、外部カレンダーとの連携など多様な工数管理ニーズを満たすための機能や設定があり、かゆい所に手が届くツールと言えます。

・向き、不向き
工数の分析を多角的に行いプロジェクトを進めたい場合や、業務改善に活かしたいという場合に向くツールです。プラグインなど、独自にカスタマイズする機能は提供されていないためチームや部署ごとにカスタマイズを行いたい場合には不向きでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる