FX デモ取引

下降トレンド

下降トレンド

ダウ→下降
MA→売り優勢

Meaning of downtrend in English

The survey's main findings confirm that the steep downtrend in output 下降トレンド continues, that new business inquiries are low, and that there is little confidence about future work loads.

Example from the Hansard archive. Contains Parliamentary information licensed under the Open Parliament Licence v3.0

Other studies have also shown with age there is a downtrend of testosterone and attenuated growth hormone response.

Thus, real home prices are essentially trend-less and do not show any continuous uptrend or downtrend in the long-run.

When this pattern is found in a downward trend, it is considered a reversal pattern, as the contraction of the range indicates the downtrend is losing steam.

These examples are from corpora and from sources on the web. Any opinions in the examples do not represent the opinion of the Cambridge Dictionary editors or of Cambridge University 下降トレンド 下降トレンド 下降トレンド Press or its licensors.

Browse

Word of the Day

a continuous exchange of hits between players in tennis, squash or badminton

© Cambridge University Press 2022

© Cambridge University Press 2022

Learn more with +Plus

Learn more with +Plus

  • Recent and 下降トレンド Recommended
  • English–French French–English
  • English–German German–English
  • English–Indonesian Indonesian–English
  • English–Italian Italian–English
  • English–Japanese Japanese–English
  • English–Polish Polish–English
  • English–Portuguese Portuguese–English
  • English–Spanish Spanish–English

Dutch–English English–Arabic English–Catalan English–Chinese (Simplified) English–Chinese (Traditional) English–Czech English–Danish English–Korean English–Malay English–Norwegian English–Russian English–Thai English–Turkish 下降トレンド English–Ukrainian English–Vietnamese

Add downtrend to one of your lists below, or create a new one.

下降トレンド

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)下降トレンド が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
  • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 株価指数先物 【週間展望】 ―米経済指標に対する市場反応と国内売り需要を睨みながらの動きに
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (下降トレンド 7月1日現在)
  • 【今週読まれた記事】試練の7月! 狙う“上方修正”先回り買い

人気ニュース【ベスト5】

  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
  • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
  • 下降トレンド 下降トレンド
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月1日現在)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】試練の7月! 狙う“上方修正”先回り買い
  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PER 11社選出 <テクニカル特集> 7月1日版
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月1日現在)

下降トレンド

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【今週の日経平均を考える】下降トレンドが継続中

たくさんの情報が飛び交い、金融においても情報戦が繰り広げられる中、各情報において、その情報が本当なのか、それともフェイクなのか。 元記事で画像を全てみる プロパガンダなのかもしれないという意識をもって、流れてくる情報を鵜呑みにすることなく、情報を整理していけるように気を付けたいと思います。 先週の日経平均株価は、ウクライナ情勢の悪化で長期的な先行き不透明感、更に金融制裁からの世界経済への悪影響懸念から運用リスクを回避するための売りが出る中で、OPECによる増産観測が伝わって原油が下落したことで、景気減速懸念が和らぎ反発となるも、ウクライナ情勢の緊迫化が続きそうだという懸念と、米消費者物価指数が市場予想よりも高水準だったことからインフレリスクが高まり、月曜日の終値2万5221円から金曜日終値2万5162円と、わずか59円差で行ってこいの1週間となりました。 金曜日に算出のSQ値は、2万5457円でした。 海外投資家動向としては、3月1週-3792億円の売り越しとなっており、今年に入って1兆7879億円の売り越しです。

チャートを細かく見ていきましょう。 ■日足の移動平均線 5日線は、1週間を通して下向きに推移しています。株価は木曜日と金曜日に5日線に触れています。 25日線は下向きを継続。株価とはまだ乖離したままの状況です。 75日線はかわらず下向きで推移し、まったく株価に触れることなく乖離しています。 並び順は75日25日5日線の並び順で、全ての移動平均線が下向きで、引き続き安定下降を示しています。 機関投資家や海外の投資家が意識している200日線ですが、下向きに推移し、75日線との乖離を広げています。 ■トレンドライン 月曜日に2万6000円の心理的節目を割って、2020年11月20日の窓2万5555円が下値として意識されました。 日経平均株価が3円台だったころには、まさかこの窓埋めを達成するとは思えないほどの上昇でしたが、今となってはやはり開けた窓は閉めるんだなと再度確認する結果になりました。 この2万5555円が上値抵抗線として機能しています。 更にその下には、2020年11月6日の窓、2万4389円が下値メドとして意識されます。 この水準は、コロナ前の高値水準で、ここまで下げたとなると、コロナ禍の上昇が帳消しになったということになります。 ■一目均衡表 基準線と転換線の並び順は下降を示し、遅行線も下向きで弱さが目立ちます。 6営業日後に天底一致となるのか注目です。 ■ボリンジャーバンド 先週の金曜日から広がっており、月曜日と火曜日に-3σに到達してから株価は戻して-2σと-1σの間を推移して終えています。 +3σのライン以外全て下向きになっていて、とても弱さが見受けられます。 ■スローストキャスト 1週間を通して売られすぎゾーン内で推移しました。 今週、売られすぎゾーンを脱できるのか注目です。 ■MACD - 500水準に到達し、本当に弱い展開です。 この水準はコロナ禍の大きな下げの時以来です。 ヒストグラムも底のピークアウトはしたものの、まだ弱いままです。 月の満ち欠けですが、満月は3月18日です。

【FX】7月2日(土)ユーロドル環境認識・週の流れ・シナリオ『迷ったら長期のトレンドに従う』


ダウ→下降
MA→売り優勢


ダウ→下降
MA→売り優勢


ダウ→下降
MA→売り優勢

【売られる要因】
・月足→4時間足全て下げダウでMA売り優勢
・週足→日足→4HのMAが収束から拡散されて売り圧が強い

【買われる要因】
・6年前安値タッチ後の反発上昇
・5月確定足が下髭陽線
・5月の4時間足ネックラインに引っ掛かっている

シナリオ
4時間足

1時間足

Share this:

Yusuke

FXを愛しています。トレード歴4年の専業トレーダーです。仮想通貨FXを含め2年で1000万の損失→一度挫折 →検証練習しまくる→安定して6桁→コロナショックを期に資金管理も徹底し安定して7桁、普段は引きこもりつつ、固定費を抑えてトレードの収益がメインで生計を立てています。 / FX初心者から安定してトータルプラスにする考え方、相場考察、履歴を発信しています / 裁量+システム+資金管理+感情コントロールでトレードを完成させましょう。

下降トレンド

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中! 下降トレンド
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
  • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 株価指数先物 【週間展望】 ―米経済指標に対する市場反応と国内売り需要を睨みながらの動きに
  • 【高配当利回り株】ベスト50 下降トレンド <割安株特集> (7月1日現在)
  • 【今週読まれた記事】試練の7月! 狙う“上方修正”先回り買い

人気ニュース【ベスト5】

  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは変化の予兆を見逃さないこと!
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目!
  • エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探トップ特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月1日発表分)
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月1日現在)

お薦めコラム・特集

    下降トレンド
  • 【今週読まれた記事】試練の7月! 狙う“上方修正”先回り買い
  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PER 11社選出 <テクニカル特集> 7月1日版
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PER 32社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版
  • 【高配当利回り株】ベスト50 下降トレンド 下降トレンド <割安株特集> (7月1日現在)

下降トレンド 下降トレンド

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる