バイナリーオプション取引

初歩のテクニカル分析ガイド

初歩のテクニカル分析ガイド
更新[2022/01/27]

初歩のテクニカル分析ガイド

ライフサイクルアセスメントと鉄鋼の持続可能性

図1鋼のライフサイクル

図2ライフサイクルアセスメントの原則

ライフサイクルコスト(LCC)は、鉄鋼の持続可能性の経済的要素の重要な基準です。 LCCは、パフォーマンス要件(ISO 15686-5)を満たしながら、ライフサイクル全体にわたる資産のコストです。これは、ライフサイクル中に発生した製品に関連するすべてのコストの合計であり、(i)構想、(ii)製造/製造、(iii)使用/操作、および(iv)保守終了で構成されます。 LCCは、投資決定を下したり、さまざまな投資オプションを比較したりするのに役立つ数学的手順です。ライフサイクルコストを考慮すれば、鋼は高価ではありません。他の材料のコストは時間の経過とともに大幅に増加しますが、鋼のコストは通常​​一定のままです。

図3鋼の持続可能性の要素

プロジェクトの持続可能性の評価は、過去数年間に開発された多くのツールの助けを借りて行うことができます。ライフサイクルの概念に基づく最も完全で詳細な分析方法の1つは、LCAです。製品またはシステムのライフサイクル全体を考慮し、原材料の抽出から、材料の生産およびエネルギー要件、使用および寿命末期の処理までを考慮します。このような体系的な概要を通じて、環境への負担が特定され、場合によっては回避されます。 LCAは、プロジェクトのライフサイクルのさまざまな時点でプロジェクトの環境パフォーマンスを改善する機会を特定するのに役立ちます。 LCAの目的は、製品のライフサイクル全体にわたる完全な環境プロファイルを作成し、環境指標を使用してより理解しやすい方法で結果を表示することです。

1972年に、ガラス、プラスチック、鋼、アルミニウムなど、さまざまな種類の飲料容器の製造における総エネルギー使用量が1979年にIan Bousteadによって計算されました。これにより、彼の方法論はさまざまな材料に適用できます。その時代には、公共の関心が高まり、さまざまなライフサイクル研究が行われました。 1992年に、ライフサイクルアセスメント(LCA)ワークショップがSociety of Environmental Toxicology and 初歩のテクニカル分析ガイド Chemistry(SETAC)によって開催されました。これらのワークショップの1つは、ライフサイクル影響評価とその他のデータ品質に焦点を当てています。

1993年に、「LCA聖書」としても知られる「ライフサイクルアセスメント:実践規範」のガイドラインが発表されました。 1990年代には、LCAは、LCAに関するオランダのガイドラインなどのさまざまなガイドラインを公開したさまざまなグループによっても研究され、北欧諸国、つまりスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの著者は、ライフサイクルアセスメントに関する北欧のガイドラインを公開しました。国連環境計画は「ライフサイクルアセスメント:それを行う方法とは何か」を発表しました。欧州環境機関は、「ライフサイクルアセスメント:アプローチ、経験、および情報源へのガイド」も公開しました。 「製品は、LCA調査で商品またはサービスとして定義されています。 LCAは、「ライフサイクルアプローチ」、「ゆりかごから重大な分析」、または「ライフサイクル分析」と呼ばれることもあります。ゆりかごから墓場までの完全な調査では、原材料(ゆりかご)から使用段階、そして寿命(墓)までの生産を調べています。

1993年11月、LCAの標準化は、パリの技術委員会(TC 207)小委員会SC 5とともにISO(国際標準化機構)で開始されました。この規格は、SETACによって開発された行動規範に基づいていました。現在、ISOは、14040シリーズおよびLCAのテクニカルレポートと呼ばれる一連の標準を発行しています。このISO14040シリーズの標準は、独立した第三者が作業を批判的にレビューする必要性を含め、LCAの演習が順守する必要があるアプローチと厳密さを概説しています。

ISO 14000シリーズの規格には、環境管理システムに関するISO14001が含まれています。 ISO 14040シリーズの規格には、「原則とフレームワーク」というタイトルのISO 14040、「目標と範囲の定義と在庫分析」というタイトルのISO 14041、「ライフサイクル影響評価」(LCIA)というタイトルのISO 14042、タイトルのISO14043が含まれます。 「ライフサイクル解釈」、タイトル「要件とガイドライン」のISO 14040、タイトル「ISO14042の適用例」のISO14047、タイトル「データ文書フォーマット」のISO 14048、およびタイトル「ISOの適用例」のISO14049 14041'。 ISO 14040シリーズの規格によると、LCAは製品の開発と改善、戦略的計画、公共政策の策定、マーケティング、およびその他の目的に使用されます。

LCAは、製品のライフサイクルのすべての段階で製品の環境側面を評価するためのツールです。 LCAは、ISO 14040規格で、「製品システムのライフサイクル全体にわたるインプット、アウトプット、および潜在的な環境影響のコンパイルと評価」として定義されています。製品のライフサイクルには、原材料の取得から材料の製造および製造、使用、回収オプションを含む最終廃棄までのすべてのプロセスが含まれます。これらの段階での輸送も考慮に入れる必要があります

LCAは現在、最も広く認められ、使用されている持続可能性評価手法の1つです。これは、利用可能な「ライフサイクルインベントリ(LCI)データベースから最も頻繁に抽出される環境影響データの収集と管理に基づいています。 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド LCA方法論とLCIデータは、業界が(i)顧客とその顧客に情報を提供し、(ii)さまざまなアプリケーションでの製品システムの環境パフォーマンスに対する鉄鋼の貢献を理解し、(iii)技術評価をサポートするのに役立ちます(環境改善プログラムのベンチマーク、決定、優先順位付け)、(iv)影響評価を実施して、自社のプロセスが環境に与える影響を減らし、顧客と緊密に協力して、製品の鉄鋼使用の全体的な影響に関する知識を獲得します。環境について、そのライフサイクル全体にわたって、および(v)用途で鋼を使用することのライフサイクル環境上の利点、および環境パフォーマンスの改善に効果的である可能性がある場所についての一般の知識を増やします。 LCAはまた、組織の環境および温室効果ガスの報告要件、マーケティングおよび販売サポート、規制および環境製品宣言などの自主的イニシアチブへの準拠を確保する上で重要な役割を果たします。

LCIは、構造化された包括的で国際的に標準化された方法です。これは、消費されたすべての関連する排出量と資源、および製品のライフサイクル全体に関連する関連する環境と健康への影響および資源の削除の問題を定量化します。 LCIはLCAのフェーズの1つです。 LCIデータは、機能システム(たとえば、1kgの熱間圧延コイルの製造)に関連する材料、エネルギー、および排出量を定量化します。このLCIデータは、LCIAを含む完全なLCAの基礎であり、より広い境界と完全な製品ライフサイクルを超えています。さらに、このデータは、製品のカーボンフットプリントなどの単一の問題に対処するために使用できます。

LCAドライバーは、(i)ライフサイクル全体の持続可能性に貢献する商品とサービスを提供し、(ii)設計から廃棄までの製品のライフサイクル全体で最適なリソースの使用を保証するため、「国家の自主的ガイドライン-原則」によってサポートされます。 (iii)設計者、生産者、バリューチェーンのメンバー、顧客、リサイクル業者などのすべての人がつながり、持続可能な消費を促進するようにします。 LCAは、社会的または環境的な懸念、リスク、および/または機会を設計に組み込んだ製品またはサービスに関するレポートを提供し、調達/生産/流通および使用における削減の詳細を提供するため、「ビジネス責任レポート」も支援します。製品の単位あたりの資源(エネルギー、水、原材料など)の使用に関する消費者

図4ライフサイクルアセスメントフレームワーク

影響カテゴリ地球温暖化鉱物と化石燃料の枯渇
タブ1LCAで使用される一般的な影響カテゴリ
定義
地球の平均気温の上昇
Consumption of non-renewable energy or material resources
Photochemical oxidation (smog) Emission of substances (VOCs, nitrogen oxides) to air
Human toxicity Human exposure to an increased concentration of toxic substances in the environment
Ozone depletion Increase of stratospheric ozone 初歩のテクニカル分析ガイド breakdown
Eutrophication Increased concentration of chemical nutrients in water and on land
Water use Consumption of water
Land use Modification of land for various uses
Acidification Emission of acidifying substances to air and water
Ecotoxicity Emission of organic substances and chemicals to air, water and land
Note:LCA – Life cycle assessment, VOCs – Volatile organic compounds

Life cycle interpretation is the final phase of the LCA, in which the results of study is summarized and 初歩のテクニカル分析ガイド discussed. In this phase of LCA, the results of the inventory analysis and the impact assessment are evaluated together. Life cycle interpretation reveals conclusion which is to be consistent with the defined goal and scope and which offers suggestions.

Among the tools available to evaluate environmental performance, LCA provides a holistic approach to evaluate environmental performance by considering the potential impacts from all stages of manufacture, product use and end-of-life stages. This is referred to as the cradle-to-grave approach. LCA is well established as a 初歩のテクニカル分析ガイド sound environmental assessment tool which is easy to implement, and cost effective and produces affordable and beneficial solutions for material decision making 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド and product design.

The use of LCA is becoming more widespread since it takes into account the environmental impacts of the 初歩のテクニカル分析ガイド manufacturing processes of a product, the extraction of the raw materials used by these processes, the use and maintenance of the product by the consumer, its end–of-life (reuse, recycling or disposal) as well as the various methods of transport occurring between every link of the chain. Presently, there is an increasing number of national or regional databases are available which cover major industrial sectors. Many manufacturing organizations have LCA departments and there are more and more LCA software packages are now available. It is also now 初歩のテクニカル分析ガイド a subject which is taught at universities.

In Europe, an environmental product declaration (EPD) is a standardized way of quantifying the 初歩のテクニカル分析ガイド environmental impact of a product or system following life cycle analysis. For a steelmaker, it is also strategically important to demonstrate this life-style approach (in terms of governments and policies) so that the long service-life, re-use and multi-recycling characteristics of steel are adequately appreciated and measured.

The LCA data can also be used for other purposes including (i) eco-design / design for recycling applications, (初歩のテクニカル分析ガイド ii) benchmarking of specific products, (iii) procurement and supply chain decisions, (iv) inclusion in ‘Type I Ecolabel’ criteria for products, (v) inclusion in life cycle based ‘Type III environmental product declarations’ for specific products, and (vi) the analysis of specific indicators, e.g. carbon footprints or primary energy consumption.

Thinking in life cycles has an important advantage. With LCA, the whole lifespan of a 初歩のテクニカル分析ガイド product can be evaluated i.e. the production, use and disposal at the end of life. Environmental impacts occur along the entire 初歩のテクニカル分析ガイド supply chain i.e. at the production site itself as well as in the extraction of raw materials and their transport, 初歩のテクニカル分析ガイド and at power plants supplying the energy to the production site. Capturing both direct and indirect impacts can help to avoid shifting environmental burden from one life cycle stage to another. Environmental regulations which only regulate one phase (use) of a product’s life cycle can create unintended consequences, i.e. increased CO2 emissions. Correct modelling of the recycling potential of steel products at the 初歩のテクニカル分析ガイド end-of-life phase is critical for our sector to compete with other materials and demonstrate the performance of steel solutions to meet the 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド demand for ‘best in class’ sustainable uses.

ハイローオーストラリアで勝てない4つの原因を打開する8点のコツ

更新[2022/01/27]

ハイローオーストラリアで勝てない人の理由

ハイロ―オーストラリアに対する知識が不足している

ハイロ―オーストラリアにおける勝率を高めるためには、後述する「テクニカル解析」「ファンダメンタルズ解析」などが役に立ちます。

相場の分析にはテクニカル分析とファンダメンタル分析という2つの分析手法があります。
テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。

一方、相場の大きな方向性を掴むために景気動向、金融政策、財政政策等の変化が市場全体にどのような影響を及ぼすのかを分析するものです。

出典:マネックス証券

初歩的な知識すら持っていない場合もある

たとえば「ローソク足の見方」や「重要な経済指標」などの知識は、ハイローオーストラリアにおいて必須です。
どちらも基本中の基本です。
しかしこれすらも知らない(正しく理解していない)状態でハイロ―オーストラリアに手をつける人が多いです。

投機的な取引をおこなっている

ハイロ―オーストラリアは、必要な知識を持っていれば、勝率を上げることができます。
しかし解析や知識の収集を怠り、投機的な取引を行っている人は、まず勝てません。
投機的な取引をするということは、簡単に言えば「ハイロ―オーストラリアを五分五分のギャンブル」だと勘違いしているということです。

勝った理由、負けた理由を振り返らない

資金とメンタルの管理ができていない

勝てるようになるための8つのコツ

しかし知識や情報を集めることで、ハイローオーストラリアで勝てるようにはなれます。
勝てるようになるため、必要とされるものは多いです。
下記では、勝てるようになるために必要なポイントをまとめてみました。

ゴトー日を狙う

ゴトー日に、日本籍の企業はこぞって外貨を日本円に両替します。
したがって、 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド ゴトー日の仲値は円安ドル高になりやすい 、というわけです。

厳格な資金管理をおこなう

  1. 1度のエントリーで取引する額を決めておく
  2. 一日の取引回数を限定する
  3. 「これだけ負けたら今日は取引しない」というデッドラインを定める

ファンダメンタルズ分析を行う

テクニカル分析をおこなう

バックテストをおこなう

バックテストを代行する業者は多数存在します。
バックテストを代行してもらう場合、費用はおおよそ30,000円~50,000円程度です。
決して安くはありませんが、やみくもなエントリーを繰り返すよりはるかに経済合理的です。

個人でバックテストする

  1. ハイロ―オーストラリアで勝つ方法における仮説を立てる
  2. 仮説が真か偽かを検証する
  3. 真であれば実際に運用し、偽であれば①に戻る

書き出してみれば簡単そうに見えますが、 ハイローオーストラリアで考慮すべき要因は多岐にわたるので、相当な時間は必要です。
ただし仮説を立てて真か偽を判断するという行為は、ハイローオーストラリアに必要な知識を集めることができるというメリットもあります。

トレードのログを取る

  1. エントリータイミング
  2. HIGHかLOWどちらに賭けていたのか
  3. 通貨
  4. 直前のチャートの動きetc…

上記したような トレードのログが情報として蓄積すれば、「勝てる取引の特徴」と「負ける取引の特徴」が視覚化、言語化されます。
したがってその特徴を基準に「エントリーする、しない」を決定するようにすれば、勝率を高めることが可能です。
もちろん逆もしかりで、損失を減らすこともできます。

トレードのログはどのようにとるべきか

とはいえトレードのログの取り方は人それぞれです。 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド
手書きでノートに書きこんでいる人もいれば、Excelを利用している人もいます。
また過去のチャートの写真を集めて、パターン別に集別するという方法もあります。

重要なのは「 これからの取引を行う際のデータとして分かりやすくまとめられているかどうか 」です。
自分が「分かりやすい」と思える形でトレードのログを残しましょう。

MT4(メタトレーダー4)を使う

ハイロ―オーストラリアで取引する際は、MT4(メタトレーダー4、以下MT4)を使いましょう。
ハイロ―オーストラリアで大勝を収めている人に限らず、たいていの人がMT4を導入しています。
MT4がなければ話にならない、と言っても過言ではありません。

【最新版】FX初心者におすすめの本10選《超初心者~半年までの方向け》

が書かれています。投資経験が、ゼロ若しくは、殆ど無い人が読めば、ふう〜んと素通りしてしまうと思います。 実際の投資を通して、良い思い悪い思い両方を経験した人が読むと得られるもの、沢山あります。 如何に基本が大事か実際の経験を積んだ人なら、この本の意味するところ、表面的なところだけでなく、 深いところで理解できると思います。 某有名ネット証券会社のストラテジストの方がこの本を紹介されて、初めて知りました。 投資本、有害なもの含め、世に余るほどありますが、投機ではなく、 投資をする人向けに書かれた真っ当で、骨太な投資に対する考え方や態度が身に付く貴重な本です。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一個人が書いているため自叙伝の要素もありますが、例えば 「ゲームに9000万円の課金をした」 といったスケールが桁違いのためそれはそれでかなり面白く楽しめます。

『投資哲学』というタイトルの通りに 投資において何を大切にしているのか? もしっかり書かれています。

あの天才投資家cisさんの本。 あまり期待せず読み始めたが、自分にとっては予想外に良い本でした。 具体的な手法はあまり書いていないものの、そんなことはどうでも良い。 手法など相場環境が変わればすぐに通用しなくなるからです。 そんなものより、著者のような優れた投資家が普段どのような考え方に基づいて取引しているかということが知りたかったので、本書は私にとってはとても面白く感じられました。 著者は本当にトレードを楽しんでいるんですね。上達のコツはたのしむこととよく言いますが、トレードでもそうなんだろうなあと思うようになりました。 あと、著者が基本的に長期投資はやらないのは驚きましたし、考えさせられました。 長期の予想はできないが、短期ならいま売られている、あるいは今買われていることは板をみれば優位性があるという指摘です。 良い本だと思います。おすすめです。

これは大きな鏡と思った。 読み人が明かりの下にいるか、暗闇にいるかで見え方が違う。 株にしろ為替にしろギャンブルに、ゲームに、勝っている人には自らの現状が見え、何が足りないか、何をすれば良いのか多くのヒントがもらえよう。 いま負けていて、これからも負け続ける人には何も見えないかもしれない。 いま負けていても、うっすら何かが見える人は夜明けが近いはず。 デイトレで著名な某氏が「今日は夜通したくさん勉強できたからよかった。まだまだまだまだ下手なので、せめて自分で満足できるくらいには成長したい。」とつぶやいているのは本書を読まれたのだろう。 日本人によるギャンブル、投資関係の書物では歴史的な嚆矢になろう。

初歩のテクニカル分析ガイド

ライフサイクルアセスメントと鉄鋼の持続可能性

図1鋼のライフサイクル

図2ライフサイクルアセスメントの原則

ライフサイクルコスト(LCC)は、鉄鋼の持続可能性の経済的要素の重要な基準です。 LCCは、パフォーマンス要件(ISO 15686-5)を満たしながら、ライフサイクル全体にわたる資産のコストです。これは、ライフサイクル中に発生した製品に関連するすべてのコストの合計であり、(i)構想、(ii)製造/製造、(iii)使用/操作、および(iv)保守終了で構成されます。 LCCは、投資決定を下したり、さまざまな投資オプションを比較したりするのに役立つ数学的手順です。ライフサイクルコストを考慮すれば、鋼は高価ではありません。他の材料のコストは時間の経過とともに大幅に増加しますが、鋼のコストは通常​​一定のままです。

図3鋼の持続可能性の要素

プロジェクトの持続可能性の評価は、過去数年間に開発された多くのツールの助けを借りて行うことができます。ライフサイクルの概念に基づく最も完全で詳細な分析方法の1つは、LCAです。製品またはシステムのライフサイクル全体を考慮し、原材料の抽出から、材料の生産およびエネルギー要件、使用および寿命末期の処理までを考慮します。このような体系的な概要を通じて、環境への負担が特定され、場合によっては回避されます。 LCAは、プロジェクトのライフサイクルのさまざまな時点でプロジェクトの環境パフォーマンスを改善する機会を特定するのに役立ちます。 LCAの目的は、製品のライフサイクル全体にわたる完全な環境プロファイルを作成し、環境指標を使用してより理解しやすい方法で結果を表示することです。

1972年に、ガラス、プラスチック、鋼、アルミニウムなど、さまざまな種類の飲料容器の製造における総エネルギー使用量が1979年にIan Bousteadによって計算されました。これにより、彼の方法論はさまざまな材料に適用できます。その時代には、公共の関心が高まり、さまざまなライフサイクル研究が行われました。 1992年に、ライフサイクルアセスメント(LCA)ワークショップがSociety of Environmental Toxicology and Chemistry(SETAC)によって開催されました。これらのワークショップの1つは、ライフサイクル影響評価とその他のデータ品質に焦点を当てています。

1993年に、「LCA聖書」としても知られる「ライフサイクルアセスメント:実践規範」のガイドラインが発表されました。 1990年代には、LCAは、LCAに関するオランダのガイドラインなどのさまざまなガイドラインを公開したさまざまなグループによっても研究され、北欧諸国、つまりスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの著者は、ライフサイクルアセスメントに関する北欧のガイドラインを公開しました。国連環境計画は「ライフサイクルアセスメント:それを行う方法とは何か」を発表しました。欧州環境機関は、「ライフサイクルアセスメント:アプローチ、経験、および情報源へのガイド」も公開しました。 「製品は、LCA調査で商品またはサービスとして定義されています。 LCAは、「ライフサイクルアプローチ」、「ゆりかごから重大な分析」、または「ライフサイクル分析」と呼ばれることもあります。ゆりかごから墓場までの完全な調査では、原材料(ゆりかご)から使用段階、そして寿命(墓)までの生産を調べています。

1993年11月、LCAの標準化は、パリの技術委員会(TC 207)小委員会SC 5とともにISO(国際標準化機構)で開始されました。この規格は、SETACによって開発された行動規範に基づいていました。現在、ISOは、14040シリーズおよびLCAのテクニカルレポートと呼ばれる一連の標準を発行しています。このISO14040シリーズの標準は、独立した第三者が作業を批判的にレビューする必要性を含め、LCAの演習が順守する必要があるアプローチと厳密さを概説しています。

ISO 14000シリーズの規格には、環境管理システムに関するISO14001が含まれています。 ISO 14040シリーズの規格には、「原則とフレームワーク」というタイトルのISO 14040、「目標と範囲の定義と在庫分析」というタイトルのISO 14041、「ライフサイクル影響評価」(LCIA)というタイトルのISO 14042、タイトルのISO14043が含まれます。 「ライフサイクル解釈」、タイトル「要件とガイドライン」のISO 14040、タイトル「ISO14042の適用例」のISO14047、タイトル「データ文書フォーマット」のISO 14048、およびタイトル「ISOの適用例」のISO14049 14041'。 ISO 14040シリーズの規格によると、LCAは製品の開発と改善、戦略的計画、公共政策の策定、マーケティング、およびその他の目的に使用されます。

LCAは、製品のライフサイクルのすべての段階で製品の環境側面を評価するためのツールです。 LCAは、ISO 14040規格で、「製品システムのライフサイクル全体にわたるインプット、アウトプット、および潜在的な環境影響のコンパイルと評価」として定義されています。製品のライフサイクルには、原材料の取得から材料の製造および製造、使用、回収オプションを含む最終廃棄までのすべてのプロセスが含まれます。これらの段階での輸送も考慮に入れる必要があります

LCAは現在、最も広く認められ、使用されている持続可能性評価手法の1つです。これは、利用可能な「ライフサイクルインベントリ(LCI)データベースから最も頻繁に抽出される環境影響データの収集と管理に基づいています。 LCA方法論とLCIデータは、業界が(i)顧客とその顧客に情報を提供し、(ii)さまざまなアプリケーションでの製品システムの環境パフォーマンスに対する鉄鋼の貢献を理解し、(iii)技術評価をサポートするのに役立ちます(環境改善プログラムのベンチマーク、決定、優先順位付け)、(iv)影響評価を実施して、自社のプロセスが環境に与える影響を減らし、顧客と緊密に協力して、製品の鉄鋼使用の全体的な影響に関する知識を獲得します。環境について、そのライフサイクル全体にわたって、および(v)用途で鋼を使用することのライフサイクル環境上の利点、および環境パフォーマンスの改善に効果的である可能性がある場所についての一般の知識を増やします。 LCAはまた、組織の環境および温室効果ガスの報告要件、マーケティングおよび販売サポート、規制および環境製品宣言などの自主的イニシアチブへの準拠を確保する上で重要な役割を果たします。

LCIは、構造化された包括的で国際的に標準化された方法です。これは、消費されたすべての関連する排出量と資源、および製品のライフサイクル全体に関連する関連する環境と健康への影響および資源の削除の問題を定量化します。 LCIはLCAのフェーズの1つです。 LCIデータは、機能システム(たとえば、1kgの熱間圧延コイルの製造)に関連する材料、エネルギー、および排出量を定量化します。このLCIデータは、LCIAを含む完全なLCAの基礎であり、より広い境界と完全な製品ライフサイクルを超えています。さらに、このデータは、製品のカーボンフットプリントなどの単一の問題に対処するために使用できます。

LCAドライバーは、(i)ライフサイクル全体の持続可能性に貢献する商品とサービスを提供し、(ii)設計から廃棄までの製品のライフサイクル全体で最適なリソースの使用を保証するため、「国家の自主的ガイドライン-原則」によってサポートされます。 (iii)設計者、生産者、バリューチェーンのメンバー、顧客、リサイクル業者などのすべての人がつながり、持続可能な消費を促進するようにします。 LCAは、社会的または環境的な懸念、リスク、および/または機会を設計に組み込んだ製品またはサービスに関するレポートを提供し、調達/生産/流通および使用における削減の詳細を提供するため、「ビジネス責任レポート」も支援します。製品の単位あたりの資源(エネルギー、水、原材料など)の使用に関する消費者

図4ライフサイクルアセスメントフレームワーク

初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 影響カテゴリ地球温暖化鉱物と化石燃料の枯渇
タブ1LCAで使用される一般的な影響カテゴリ
定義
地球の平均気温の上昇
Consumption of non-renewable energy or material resources
Photochemical oxidation (smog)初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド Emission of substances (VOCs, nitrogen oxides) to air
Human toxicity Human exposure to an increased concentration of toxic substances in the environment
Ozone depletion Increase of stratospheric ozone breakdown
Eutrophication Increased concentration of chemical nutrients in water and on 初歩のテクニカル分析ガイド land
Water use Consumption of water
Land use Modification of land for various uses
Acidification Emission of acidifying 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド substances to air and water
Ecotoxicity Emission of organic substances and chemicals to air, water and land
Note:LCA – Life cycle assessment, VOCs – Volatile organic compounds

Life cycle interpretation is the final phase of the 初歩のテクニカル分析ガイド LCA, in which the results of study is summarized and discussed. In this phase of LCA, the results of the inventory analysis and the impact assessment are evaluated together. Life cycle interpretation reveals conclusion which is to be consistent with the defined goal 初歩のテクニカル分析ガイド and scope and which offers suggestions.

Among the tools available to evaluate environmental performance, LCA provides a holistic approach to evaluate environmental performance by considering the potential impacts from all stages of manufacture, product use and end-of-life stages. This is referred to as the cradle-to-grave approach. LCA is well established as a sound environmental assessment tool which is easy to implement, and cost effective and produces affordable and beneficial solutions for material decision making and product design.

The use of LCA is becoming more widespread since it takes into account the environmental impacts of the manufacturing processes of a product, the extraction of the raw materials used 初歩のテクニカル分析ガイド by these processes, the use and maintenance of the product by the consumer, its end–of-life (reuse, recycling or disposal) as well 初歩のテクニカル分析ガイド as the various methods of transport occurring between every link of the chain. Presently, there is an increasing number of national or 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド regional databases are available which cover major industrial sectors. Many manufacturing organizations have LCA departments and there are more and more LCA software packages are now available. It is also now a subject which is taught at universities.

In Europe, an environmental 初歩のテクニカル分析ガイド product declaration (EPD) is a standardized way of quantifying the environmental impact of a product or system following life cycle analysis. For a steelmaker, it is also strategically important to demonstrate this life-style approach (in terms of governments and policies) so that the long service-life, re-use and multi-recycling characteristics of steel are adequately appreciated and measured.

The LCA data can also be used for other purposes including (i) eco-design / design for recycling applications, (ii) benchmarking of specific products, (iii) procurement and supply chain decisions, (iv) inclusion in ‘Type I Ecolabel’ criteria for products, (v) inclusion in life cycle based ‘Type III environmental product declarations’ for specific products, and (vi) the analysis of specific indicators, e.g. carbon footprints or primary energy consumption.

Thinking in life cycles has an important advantage. With LCA, the whole lifespan of a product can be evaluated i.e. the production, use and disposal at 初歩のテクニカル分析ガイド the end of life. Environmental impacts occur along the entire supply chain i.e. at the production site itself as well as in the extraction of raw materials and their transport, and at power plants supplying the energy to the production site. Capturing 初歩のテクニカル分析ガイド both direct and indirect impacts can help to avoid shifting environmental burden from one life cycle stage to another. Environmental regulations 初歩のテクニカル分析ガイド which only regulate one phase (use) of a product’s life cycle can create unintended consequences, i.e. increased CO2 emissions. Correct modelling of the recycling potential of steel products at the end-of-life phase is critical for our sector to compete with other materials 初歩のテクニカル分析ガイド and demonstrate the performance of steel solutions to meet the demand for ‘best in class’ sustainable uses.

初歩のテクニカル分析ガイド

ライフサイクルアセスメントと鉄鋼の持続可能性

図1鋼のライフサイクル

初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド

図2ライフサイクルアセスメントの原則

ライフサイクルコスト(LCC)は、鉄鋼の持続可能性の経済的要素の重要な基準です。 LCCは、パフォーマンス要件(ISO 15686-5)を満たしながら、ライフサイクル全体にわたる資産のコストです。これは、ライフサイクル中に発生した製品に関連するすべてのコストの合計であり、(i)構想、(ii)製造/製造、(iii)使用/操作、および(iv)保守終了で構成されます。 LCCは、投資決定を下したり、さまざまな投資オプションを比較したりするのに役立つ数学的手順です。ライフサイクルコストを考慮すれば、鋼は高価ではありません。他の材料のコストは時間の経過とともに大幅に増加しますが、鋼のコストは通常​​一定のままです。

図3鋼の持続可能性の要素

プロジェクトの持続可能性の評価は、過去数年間に開発された多くのツールの助けを借りて行うことができます。ライフサイクルの概念に基づく最も完全で詳細な分析方法の1つは、LCAです。製品またはシステムのライフサイクル全体を考慮し、原材料の抽出から、材料の生産およびエネルギー要件、使用および寿命末期の処理までを考慮します。このような体系的な概要を通じて、環境への負担が特定され、場合によっては回避されます。 LCAは、プロジェクトのライフサイクルのさまざまな時点でプロジェクトの環境パフォーマンスを改善する機会を特定するのに役立ちます。 LCAの目的は、製品のライフサイクル全体にわたる完全な環境プロファイルを作成し、環境指標を使用してより理解しやすい方法で結果を表示することです。

1972年に、ガラス、プラスチック、鋼、アルミニウムなど、さまざまな種類の飲料容器の製造における総エネルギー使用量が1979年にIan Bousteadによって計算されました。これにより、彼の方法論はさまざまな材料に適用できます。その時代には、公共の関心が高まり、さまざまなライフサイクル研究が行われました。 1992年に、ライフサイクルアセスメント(LCA)ワークショップがSociety of Environmental Toxicology and Chemistry(SETAC)によって開催されました。これらのワークショップの1つは、ライフサイクル影響評価とその他のデータ品質に焦点を当てています。

1993年に、「LCA聖書」としても知られる「ライフサイクルアセスメント:実践規範」のガイドラインが発表されました。 1990年代には、LCAは、LCAに関するオランダのガイドラインなどのさまざまなガイドラインを公開したさまざまなグループによっても研究され、北欧諸国、つまりスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーの著者は、ライフサイクルアセスメントに関する北欧のガイドラインを公開しました。国連環境計画は「ライフサイクルアセスメント:それを行う方法とは何か」を発表しました。欧州環境機関は、「ライフサイクルアセスメント:アプローチ、経験、および情報源へのガイド」も公開しました。 「製品は、LCA調査で商品またはサービスとして定義されています。 LCAは、「ライフサイクルアプローチ」、「ゆりかごから重大な分析」、または「ライフサイクル分析」と呼ばれることもあります。ゆりかごから墓場までの完全な調査では、原材料(ゆりかご)から使用段階、そして寿命(墓)までの生産を調べています。

1993年11月、LCAの標準化は、パリの技術委員会(TC 207)小委員会SC 5とともにISO(国際標準化機構)で開始されました。この規格は、SETACによって開発された行動規範に基づいていました。現在、ISOは、14040シリーズおよびLCAのテクニカルレポートと呼ばれる一連の標準を発行しています。このISO14040シリーズの標準は、独立した第三者が作業を批判的にレビューする必要性を含め、LCAの演習が順守する必要があるアプローチと厳密さを概説しています。

ISO 14000シリーズの規格には、環境管理システムに関するISO14001が含まれています。 初歩のテクニカル分析ガイド ISO 14040シリーズの規格には、「原則とフレームワーク」というタイトルのISO 14040、「目標と範囲の定義と在庫分析」というタイトルのISO 14041、「ライフサイクル影響評価」(LCIA)というタイトルのISO 14042、タイトルのISO14043が含まれます。 「ライフサイクル解釈」、タイトル「要件とガイドライン」のISO 14040、タイトル「ISO14042の適用例」のISO14047、タイトル「データ文書フォーマット」のISO 14048、およびタイトル「ISOの適用例」のISO14049 14041'。 ISO 14040シリーズの規格によると、LCAは製品の開発と改善、戦略的計画、公共政策の策定、マーケティング、およびその他の目的に使用されます。

LCAは、製品のライフサイクルのすべての段階で製品の環境側面を評価するためのツールです。 LCAは、ISO 14040規格で、「製品システムのライフサイクル全体にわたるインプット、アウトプット、および潜在的な環境影響のコンパイルと評価」として定義されています。製品のライフサイクルには、原材料の取得から材料の製造および製造、使用、回収オプションを含む最終廃棄までのすべてのプロセスが含まれます。これらの段階での輸送も考慮に入れる必要があります

LCAは現在、最も広く認められ、使用されている持続可能性評価手法の1つです。これは、利用可能な「ライフサイクルインベントリ(LCI)データベースから最も頻繁に抽出される環境影響データの収集と管理に基づいています。 LCA方法論とLCIデータは、業界が(i)顧客とその顧客に情報を提供し、(ii)さまざまなアプリケーションでの製品システムの環境パフォーマンスに対する鉄鋼の貢献を理解し、(iii)技術評価をサポートするのに役立ちます(環境改善プログラムのベンチマーク、決定、優先順位付け)、(iv)影響評価を実施して、自社のプロセスが環境に与える影響を減らし、顧客と緊密に協力して、製品の鉄鋼使用の全体的な影響に関する知識を獲得します。環境について、そのライフサイクル全体にわたって、および(v)用途で鋼を使用することのライフサイクル環境上の利点、および環境パフォーマンスの改善に効果的である可能性がある場所についての一般の知識を増やします。 LCAはまた、組織の環境および温室効果ガスの報告要件、マーケティングおよび販売サポート、規制および環境製品宣言などの自主的イニシアチブへの準拠を確保する上で重要な役割を果たします。

LCIは、構造化された包括的で国際的に標準化された方法です。これは、消費されたすべての関連する排出量と資源、および製品のライフサイクル全体に関連する関連する環境と健康への影響および資源の削除の問題を定量化します。 LCIはLCAのフェーズの1つです。 LCIデータは、機能システム(たとえば、1kgの熱間圧延コイルの製造)に関連する材料、エネルギー、および排出量を定量化します。このLCIデータは、LCIAを含む完全なLCAの基礎であり、より広い境界と完全な製品ライフサイクルを超えています。さらに、このデータは、製品のカーボンフットプリントなどの単一の問題に対処するために使用できます。

LCAドライバーは、(i)ライフサイクル全体の持続可能性に貢献する商品とサービスを提供し、(ii)設計から廃棄までの製品のライフサイクル全体で最適なリソースの使用を保証するため、「国家の自主的ガイドライン-原則」によってサポートされます。 (iii)設計者、生産者、バリューチェーンのメンバー、顧客、リサイクル業者などのすべての人がつながり、持続可能な消費を促進するようにします。 LCAは、社会的または環境的な懸念、リスク、および/または機会を設計に組み込んだ製品またはサービスに関するレポートを提供し、調達/生産/流通および使用における削減の詳細を提供するため、「ビジネス責任レポート」も支援します。製品の単位あたりの資源(エネルギー、水、原材料など)の使用に関する消費者

図4ライフサイクルアセスメントフレームワーク 初歩のテクニカル分析ガイド

影響カテゴリ地球温暖化鉱物と化石燃料の枯渇
タブ1LCAで使用される一般的な影響カテゴリ
定義
地球の平均気温の上昇
Consumption of non-renewable energy or material 初歩のテクニカル分析ガイド resources
Photochemical oxidation (smog) Emission of substances (VOCs, nitrogen oxides) to air
Human toxicity Human exposure to an increased concentration of toxic substances in the environment
Ozone depletion Increase of stratospheric ozone breakdown
Eutrophication Increased concentration of chemical nutrients in water and on land
Water use Consumption of water
Land use Modification of land for various uses
Acidification Emission of acidifying substances to air and water
Ecotoxicity Emission of organic substances and chemicals to air, water and 初歩のテクニカル分析ガイド land
Note:LCA – Life cycle assessment, VOCs – Volatile organic compounds

Life cycle interpretation is 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド the final phase of the LCA, in which the results of study is summarized and discussed. In this phase of LCA, the results of the inventory analysis and the impact assessment are evaluated together. Life cycle interpretation reveals conclusion which is to be consistent with the defined goal and scope and which offers suggestions.

Among the tools available to evaluate environmental performance, LCA provides a holistic approach to evaluate environmental performance by considering the potential impacts from all stages of manufacture, product use and end-of-life stages. This is referred to as the cradle-to-grave approach. LCA is well established as a sound environmental assessment tool which is easy to implement, and cost effective and produces affordable and beneficial solutions for material decision making and product design.

The use of LCA is becoming more widespread since it takes into account the environmental impacts of the manufacturing processes of a product, the extraction of the raw materials used by these processes, the use and maintenance of the product by the consumer, its end–of-life (reuse, 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド recycling or disposal) as well as the various methods of transport occurring between every link of the chain. Presently, there is an 初歩のテクニカル分析ガイド increasing number of national or regional databases are available which cover major industrial sectors. Many manufacturing organizations have LCA departments and there are more and more LCA software packages are now available. It is also now a subject which is taught at universities.初歩のテクニカル分析ガイド

In Europe, an environmental product declaration (EPD) is a standardized way of quantifying the environmental impact of a product or system following life cycle analysis. For a steelmaker, it is also strategically important to demonstrate this life-style approach (in terms of governments and policies) so that the long service-life, re-use and multi-recycling characteristics of steel are adequately appreciated and measured.

The LCA data can 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド also be used for other purposes including (i) eco-design / design for recycling applications, (ii) benchmarking of specific products, (iii) procurement 初歩のテクニカル分析ガイド and supply chain decisions, (iv) inclusion in ‘Type I Ecolabel’ criteria for products, (v) inclusion in life cycle based ‘Type III environmental product declarations’ for specific products, and (vi) the analysis of specific indicators, e.g. carbon footprints or primary energy consumption.

Thinking 初歩のテクニカル分析ガイド in life cycles has an important advantage. With LCA, the whole lifespan of a product can be evaluated i.e. the production, use and disposal at the end of life. Environmental impacts occur along the entire supply chain i.e. at the production 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド site itself as well as in the extraction of raw materials and their transport, and at power plants supplying the energy to the production site. Capturing both direct and indirect impacts can help to avoid shifting environmental burden from one life cycle stage to another. Environmental regulations which only regulate one phase (use) of a product’s life cycle can create unintended consequences, i.e. increased CO2 emissions. Correct modelling of the recycling potential of steel products at the end-of-life phase is critical for our sector 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド 初歩のテクニカル分析ガイド to compete with other materials and demonstrate the performance of steel solutions to meet the demand for ‘best in class’ sustainable uses.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる