内部者取引

原資産とは何ですか

原資産とは何ですか
\left(S_\right)=a_\left(X_\left(S_\right)\right)=a_\left(\log S_-\left(\mu-\frac>\right) t\right)" width="423" height="37" />
これから、atの関数を決定するのですが、atはある基底関数上の1次関数で表現されるとします。

「トリとうなぎの間のような食感」海のギャング“ウツボ”を唐揚げにしました【しずおか産】

<天野貴弘記者> 「今回のしずおか産はこちらの唐揚げです。いただきます。食感もよくて歯ごたえもあっておいしい唐揚げですね。ちなみに何の魚ですか」 <西伊豆町 産業建設課 松浦城太郎さん> 「こちらです。ウツボです」 海のギャングと言われるウツボ。 きょうの「しずおか産」は静岡県西伊豆町の「はんばた市場」で人気があるお惣菜。「ウツボの唐揚げ」です。 <記者> 「なぜウツボを扱おうと思ったんですか?」 <松浦さん> 「きっかけは水揚げがあったから。ある漁師さんが『ウツボが獲れたんだけど、引き取ってくれるかい?』と、持ってきたことがあって、未利用魚の代表なんですけど実はおいしい!」 ウツボは漁師が仕掛けた網にかかった魚を狙って網を食い破ってしまうなど漁師にとってはまさに天敵!ウツボを食べる習慣がない地域では、市場に出ない「未利用魚」となっています。 そのウツボを「はんばた市場」が引き取った理由は見た目とは違う味の良さでした。 <松浦さん> 「刺身で食べると味の濃いフグみたいで、唐揚げは定番でおいしいですし、後は珍しいじゃないですか。『ウツボが食べられるの?』というのはなかなかないので、その辺の面白さがあったので出せば売れるのではというのは薄々感じていました。今では自分でも釣ったウツボは自分で捌いて食べています」 一度、食べると意外なおいしさに驚くウツボですが下ごしらえには手間がかかります。 <記者> 「どこが骨なんですか?」 <はんばた市場 小山優香さん> 「これが全部骨です」 <記者> 「これを外していかないと食べられない?」 <小山さん> 「とにかく骨が固いので、骨切りをして食べられるようなものではない。全部残さず取らなければいけないので結構大変です」 一匹捌くのにおよそ1時間ほどかけ、丁寧に骨を取り除きます。 <松浦さん> 「いかんせん小骨を除去するのがすごく大変なので、なかなか一般に流通することはなかったんです。なので漁師が家庭で冬場だけ食べていた魚ですね」 「ウツボ」を食べる高知県では、ウツボの捌き方は門外不出といわれるほどなんです。 ウツボの唐揚げは、塩コショウや醤油で下味をつけます。揚げ過ぎると皮のプリプリ感がなくなるので程よくきつね色になれば出来上がりです。 <記者> 「ウツボ(唐揚げ)のおいしさはどんなところに?」 <松浦さん> 「食感でいうと鳥のモモ肉とウナギのちょうど中間みたいな、身質もしっかりしていて、さらに皮のコラーゲンのプリプリ感が相まってすごくおいしいですね。味わいがすごく深い。そこがウツボの魅力かなと思います」 はんばた市場では、2021年の冬から「ウツボの唐揚げ」を出していて、唐揚げのほかに、切り身や刺身が並ぶこともあります。 <松浦さん> 「あくまでもウツボは入口かなと考えていて、ふだん日の光が当たらないような魚…でも食べたら実はおいしいんだよという魚を発信していくことがここの意義かなと思っているので、そして多くの方においしさを知っていただくことで『西伊豆って美味しい魚がいっぱいあるんだね』ということを知っていただけるきっかけになればなと思っています」 厄介者だったウツボが美味しい「しずおか産」に生まれ変わりました。

オプションの価格を機械学習アプローチで求めてみる。


それでは、このプットオプションの価値はどう見積もれば良いでしょうか?少なくともタダでないことは明らかでしょう。株価がどのように動いても、オプションによる損失は発生しません。つまり、もしオプションが無料だとすると、元手がゼロで、損失する確率がゼロで確実に利益を得る(このような状況を裁定と呼ぶ)ことになるので、あり得ません。かといって、いくらでも高くてよいわけでもないでしょう。結局のところ、将来の原資産価格の変動の仕方、つまり未来の株価の確率分布によって決まると考えて良さそうです。

\begin<eqnarray></p>
<p> C\left(S_, t\right) &=& S_ N\left(d_\right)- e^ K 原資産とは何ですか N\left(d_\right) \nonumber \\ d_ <\pm>&=& \frac<\log \left(\frac<S_>\right)+\left(r\pm\frac>\right)(T-t)>> \nonumber \end
上式は、コール・オプションの式です。プット・オプションの価値Pは以下の関係式から簡単に決まります。

\begin<eqnarray></p>
<p> C\left(S_, t\right) - P \left(S_, t\right) = S_ - e^ K \nonumber \end 原資産とは何ですか 原資産とは何ですか
N()は標準正規分布の分布関数です。Stは原資産価格を表します。パラメータは、Tが満期、Kがストライク(行使価格)、rが無リスク金利、Sが現時点tでの原資産価格で、σが原資産のボラティリティ(時間単位の収益率の標準偏差)です。ここで、T, Kはオプションの条件で、r, S,σはマーケットから決まる値です。r, Sは現時点の値をそのまま使えるので良いですが、ボラティリティは未来の原資産の分布に関する量なので現時点で求める値には精度に限度があります。ボラティリティが分からないとオプション価格が決まらないという意味では、オプション価格をボラティリティというパラメーターで表しただけにも見えます。実際、マーケットで値が決まるオプション価格からBS公式を逆算して求めたボラティリティをインプライド・ボラティリティ(IV)と呼び、オプション価値の高低を判断するにはこちらのほうが都合が良いことが多いです。ですが、オプションの価格を少ないパラメータで簡単に計算することができ、過去の収益率の分散から計算したボラティリティを使っても、割と近い値になるという意味でBSの公式は画期的でした。

\begin<eqnarray></p>
<p> \frac>> = \mu dt <i>原資産とは何ですか</i> + \sigma dz_ \nonumber \end
dztは標準ブラウン運動の変動項です。μは原資産の期待収益率です。上式のBS方程式にμが含まれていないことに注意してください。オプション価値は原資産の期待収益率に依存しません。

プライシング

\begin<eqnarray></p>
<p> \Pi_=u_ S_+B_ \nonumber \end
満期時には、支払われるペイオフがオプション価値そのものになり、このとき所持している原資産は精算するとします。これは次式のように表されます。

\begin<eqnarray></p>
<p> \Pi_=B_=H_\left(S_\right) \nonumber \end
そして、次式は、リバランス時の条件式です。リバランス時は外部からのお金の出し入れは無いとします。

\begin<eqnarray></p>
<p> u_ S_+e^ B_=u_ S_+B_ \nonumber \end
これらの関係式から、次の関係が求まります。

\begin<eqnarray></p>
<p> \Pi_=e^\left[\Pi_-u_ \Delta S_\right], \quad \Delta S_=S_-e^ S_, \quad t=T-1, \ldots, 0\nonumber \end
上式より、もしポジション保有量がわかっていたら、原資産のパス(Stの列)に対して、満期から時間T→T-1→T-2と割り戻すことで、ヘッジポートフォリオ価値が計算できます。そして、ポジション保有量utは、モンテカルロパスごとに計算したヘッジポートフォリオの分散が最小となるように決定します。

\begin</p>
<p> u_^\left(S_\right) &=\arg \min _ \operatorname\left[\Pi_ | \mathcal_\right] \\ &=\arg \min _ \operatorname\left[\Pi_-u_ \Delta S_ | \mathcal_\right], \quad t=T-1, \ldots, 0 \end
上式はヘッジポートフォリオの変化量を原資産でヘッジした2乗誤差を表しています。また、utに対する2次式になっているので、解を解析的に計算できます。

u_</p>
<p>^\left(S_\right)=\frac<\operatorname<Cov>\left(\Pi_, \Delta S_ | \mathcal_\right)><\operatorname<Var>\left(\Delta S_ | \mathcal_\right)>, 原資産とは何ですか \quad t=T-1, \ldots, 0
utは原資産Stの関数になっているのですが、ここでStを別な確率変数Xtで表現し直します(標準化)

X_</p>
<p>=-\left(\mu-\frac>\right) t+\log S_
そして、関数utを以下のように、Xtを引数とするatで表されるとします。

u_</p>
<p>\left(原資産とは何ですか S_\right)=a_\left(X_\left(S_\right)\right)=a_\left(\log S_-\left(\mu-\frac>\right) t\right)
これから、atの関数を決定するのですが、atはある基底関数上の1次関数で表現されるとします。

a_</p>
<p>^\left(X_\right)=\sum_^ \phi_ \Phi_\left(X_\right)
上式を使って、ポートフォリオの分散をモンテカルロパスに対してあらわに計算すると、下の式になります。

\begin</p>
<p> G_(\phi)=\frac> \sum_^> \left(\hat<\Pi>_^-\sum_ \phi_ \Phi_\left(X_^\right) \hat_^\right)^ \nonumber \end 原資産とは何ですか
これはφに対して2次式となっているので、結果として、最小解は次の連立方程式を解く問題に帰着されます。

\phi_^=\mathbf_^ \mathbf_ \nonumber \end" width="原資産とは何ですか 131" height="28" />
\begin A_^ &=\sum_^> \Phi_\left(X_^\right) \Phi_\left(X_^\right)\left(原資産とは何ですか \Delta \hat_^\right)^ \\ B_^ &=\sum_^> \Phi_\left(X_^\right)\left[\hat<\Pi>_^ \Delta \hat_^+\frac \Delta S_^\right] \end \nonumber \end" width="283" height="95" />
以上、モンテカルロパスを発生させ、後ろから逐次的に連立方程式を繰り返し、計算することでヘッジポジションの量、即ちオプションデルタが求まられるので、結果としてオプションの価値を得ることを示しました。このアプローチで特筆すべきは原資産過程の分布に対しては、何ら仮定をおいていないということです。つまり、モンテカルロサンプルだけではなく、ヒストリカルなデータに対しても適用できる可能性があります。その意味ではモデルフリーなプライシングであるので(基底関数に何を選ぶかいう恣意性はあるが)、幅広く応用できる可能性がありそうです。

基本条件
パス生成

BSモデルで計算したデルタで複製ポートフォリオ作成を試みます。



上図は、発生させたBSモデルのあるモンテカルロパス(株価)に対して、ATMプットオプションの満期までの価格変化を表しています。青線はBS価格式で求められるプライス、オレンジ線、緑線はBSモデルのデルタから計算した複製ポートフォリオ価値になります。オレンジは5日ごと、緑は50日ごとリバランス(デルタの更新)をしています。緑線のほうが青線に対するずれが大きくヘッジ誤差が大きいことが分かります。ですが、概ねオプションの複製に成功していると言えるでしょう。

続いて、本題に入ります。今回紹介した方法でポジション量を計算し、オプションを複製できるか確認してみたいと思います。
上の実行結果は以下のようになります。
Replicating portfolio value: MEAN: 4.499, STD: 1.738
BS Model option value 4.530
割と再現できているようです。

次に、デルタの値を比べてみましょう。trainingの場合とは異なるpathで評価します。

デルタ値も概ね一致している様子が分かります。先と同様に複製ポートフォリオの評価をしてみましょう。

オレンジ線がBSデルタから、緑線がMCから学習したデルタでの複製ポートフォリオですが、概ね一致している様子が分かります。
実は、これはちょっと出来過ぎです。下図の違うパターン(idx=20)では、少し複製誤差が見られます。


最後に、100本のパスにおける両者(BSデルタ、MCデルタ)のヘッジ誤差を確認したいと思います。
上コードを実行すると、下記のようになります。概ねBSデルタと同様の精度です。

Mean Squared Error: BSDelta 0.941, MCDelta 1.052

以上、通常のBSモデルとは異なるアプローチでオプション のプライシングを試みました。今回の数値検証では、BSモデルで生成したモンテカルロパスで学習させるとBSデルタを十分に再現できることが分かりました。BSモデルのパラメータは、ボラティリティ一つであるの簡潔なモデルであるのに対して、今回の機械学習アプローチは、リバランス回数 x 原資産とは何ですか 原資産とは何ですか 基底関数の数個のパラメータを必要とする分モデルの複雑度が増すため、表現力があるのは当然といえます。しかし、この方法では資産の分布に対する仮定を置いていないため、より複雑なモデルから生成されたサンプルパス、ないしはヒストリカルデータを直接使って、同様のアプローチで評価することができるため、広く応用できる可能性があります。今後は、そのようなデータで本当に応用可能か検討したいと思います。

そろそろ日本の証券会社でも購入可能になる【RYLD】についてまとめてみた(グローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF)

超高配当系

そろそろグローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF【RYLD】が、日本の証券会社で取り扱いが始まりそうなので、まとめました。

【RYLD】はどんなETFか?

グローバルX ラッセル2000・カバード・コール 原資産とは何ですか ETF【RYLD】は、カバードコール戦略で利益を狙います。 米国企業の小型株の集合体である「ラッセル2000インデックス」を保有しながら、「ラッセル2000インデックス」を将来買う権利を売るオプション取引を行います。

将来買う権利を売ることを、「コールオプションの売り」と言います。表の上から2番目の黄色の部分です。

オプションを売ったことで、プレミアムを受け取ることができます。そして獲得したプレミアムは、【RYLD】を保有している投資家に分配金として支払います。この分配金額が多額で、 毎月、株価のほぼ1%が最大値 です。年利に換算すると12%を目標としています。

対象となるラッセル2000とは何か?

「ラッセル2000インデックス」 というのは、米国の株式市場に上場している銘柄の時価総額1001~3000位までの小型株の集合体です。

時価総額1~1000位が「ラッセル1000インデックス」に該当し、これらは規模の大きな中・大型株です。ラッセル1000とラッセル2000を合わせたものが「ラッセル3000インデックス」で、この3000銘柄で米国の時価総額約98%に該当すると言われています。

ちなみに、「ラッセル2000インデックス」を対象としたETFは、バンガード社の 【VTWO】 、ブラックロック社の 【IWM】 などがあります。

【QYLD】はナスダック100指数が対象のカバードコールETF、【XYLD】はS&P500が対象のカバードコールETFです。どちらも米国の大型株が対象です。上の三角形の図形の 「ラッセル1000」に該当する銘柄に【QYLD】は9割以上、【XYLD】はほぼ100% 入ります。

それに対して、小型株中心の【RYLD】はラッセル2000が対象なので、 三角の図形の下の部分に100%該当 します。つまり、【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】とは対象が全く異なると言えます。

プロセスは?

(1)ラッセル2000インデックスのすべての株式を購入します。
(2)毎月第3金曜日に、1カ月後に満期を迎えるラッセル2000インデックス・オプションを販売します。翌月の第3金曜日が満期です。
(3)オプションの販売と引き換えに、プレミアムを受け取ります。
(4)満期日が過ぎたら、プレミアムの一部を【RYLD】ホルダーに分配します。
(5)翌月以上もこのプロセスが繰り返されます。

プレミアムの価値は?

(1)原資産価格
(2)オプションの権利行使価格
(3)オプション満期までの残り時間
(4)原資産のボラティリティ
(5)リスクフリーレート(金利)

オプションの権利行使価格は?

オプションの権利行使価格はATM(アット・ザ・マネー)です。原資産価格と権利行使価格が同じです。米国の株価は 近年好調だったので、1カ月後に同じ価格で買うことができるのは買い手に有利です。 そのためプレミアムの代金はそれなりに高くなります。

権利行使日に価格が上がった場合は、実際の株をやり取りせずに、その差額を支払うことになります。これを 差金決済 と言います。

実際の取引を図で解説

まず前提として、現在の【RYLD】の株価を20ドルとします。 原資産であるラッセル2000の株価も同じく20ドルと仮定します。 プレミアム(オプション料)はNAVの2%で0.4ドル、【RYLD】のホルダーがもらえるプレミアムはNAVの1%である0.2ドルにします。最近の【RYLD】の株価は20ドル前後、分配金が0.2ドル強なので、妥当なところですね。ちなみにNAVと株価は厳密には異なりますが、ここでは同じとして考えます。

1カ月後の株価が5%上昇した場合

1か月後の株価に変化がなかった場合

1か月後の株価が5%下落した場合

権利行使日の株価とRYLD・原資産(ラッセル2000)の収益の関係

分配金額の決め方

【RYLD】の毎月の分配金は、(1)純資産価値(NAV)の1%、(2)受け取ったオプション・プレミアムの半分、のいずれか低い方を上限とします。受け取ったオプション・プレミアムに超過分がある場合は、ファンドに再投資されます。

オプション・プレミアムが好調で2%を超えていたケースは、オプション・プレミアムの半分が1%を超えるので(1)となり、分配金はNAVの1%になります。下の表の背景色のついていない箇所です。

(2)はオプション・プレミアムが2%を下回った場合です。オプション・プレミアムの半分になるので、分配金はNAVの1%未満になります。下の表の 背景が緑色の箇所 が、オプションプレミアムが2%を下回っていたケースです。NAVに対して1%未満になるので、(1)より少ないですね。下の表の 背景色が黄色 の割合になります。

ただし(2)オプション・プレミアムが2%を下回った場合はオプション・プレミアムのちょうど半分の50%ではないようです。下の表の 背景がオレンジ色の箇所 が比率です。

ちなみに、NAVと株価はほぼ同じです。オプション・プレミアムを2%以上獲得できていれば、株価の1%ぐらいが分配金の目安と言えそうです。つまり、毎月株価のほぼ1%が上限なので、 年間の利回りの最高値は12% になります。

ただし、2021年12月だけは、分配金が上限の1%を大きく上回って 1.27% です。1年間の運用がうまくいったため、キャピタル・ゲイン分配金を合わせたものと考えられます。

2020年3月以降は オプションプレミアムが2%を上回っており、これが2年以上 も続いています。 【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】よりもプレミアムを獲得できている と言えます。

ちなみに、NAVから算出した過去1年分配金(2021年4月から2022年3月)は 11.94 % で、ほぼ上限の12%です。2021年12月の分配金は上限の1%で計算しました。これが現在の利回りという考え方もできますね。

獲得したオプション・プレミアムの比較

獲得したオプションプレミアムの比較です。グローバルX社の「GLOBAL X COVERD CALL ETF SUITE」のデータをグラフ化しました。50%カバードコール戦略ETFが設定された2020年9月以降の平均は、カバードコールETFは 【RYLD】2.70%、【QYLD】2.44%、【XYLD】1.81% 。【DJIA】は2022年3月の1回のみで1.76%。50%カバードコール戦略ETFは 【QYLG】1.32%、【XYLG】0.86% です。

【高配当ETF】グローバルXのXYLDってどんなETF?

【高配当ETF】グローバルXのXYLDってどんなETF?

XYLDチャート

出典:Yahoo! Finance 2022/7/7 時点

XYLD1年3年5年設定来
トータルリターン -3.42% 4.37%5.66%7.15%
出典:globalxetfs.com 2022/5/31 時点

XYLDの配当金実績

出典:Seeking Alpha

年間配当金(1株当たり)年末時利回り対前年比
2021$4.58359.54%39.33%
2020$3.28977.61%18.00%
2019$2.78796.36%-11.62%
2018$3.15458.71%21.16%
2017$2.60366.75%76.90%
2016$1.47184.45%-27.70%
2015$2.03566.62%7.51%
2014$1.89336.19%72.32%
2013$1.09873.87%
出典:Seeking Alpha

増配の年は7〜77%、減配の年は-11〜27%とかなり振り幅の大きいETFだということがわかりますね。

S&P500過去データ

出典:macrotrends.net

配当金(1株当たり)権利落ち日割当日支払日
0.2557 – 0.4577 *予想値 2022/12/29 2022/12/30 2023/1/9
0.2506 – 0.4493 *予想値2022/11/212022/11/22 2022/11/30
0.2452 – 0.4523 *予想値2022/10/242022/10/25 2022/11/1
0.2435 – 0.4449 *予想値2022/9/192022/ 9/202022/ 9/27
0.2416 – 0.3920 *予想値 2022/8/22 2022/8/23 2021/8/30
0.原資産とは何ですか 2177 – 0.3365 *予想値 2022/7/18 2022/7/19 2021/7/26
0.42232022/6/21 2022/6/22 2022/6/29
0.4411 2022/5/23 2022/5/24 2022/6/1
0.4947 2022/4/18 2022/4/19 2022/4/26
0.5014 2022/3/21 2022/3/22 2022/3/29
0.4835 2022/2/22 2022/2/23 2022/3/2
0.48082022/1/24 2022/1/25 2022/2/1
出典:marketchameleon.com 2022/6/6 時点

果たして、2022年も増配で終えることができるのか?要チェックですね。

XYLDの購入方法とは?

XYLDの購入方法とは?

証券会社楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券Firstrade証券
XYLD

まだ証券口座をお持ちでない方は、ぜひ以下のリンクから口座開設をして、XYLDに投資を始めてみてください。

また、XYLDで得られる配当金を再投資して、複利の力で資産を大きくしたいという方は、日本人でも利用可能なアメリカのネット証券のFirstradeの口座開設もおすすめです。

FEGトークン(FEG)とは何ですか、プロジェクトに投資する価値はありますか?

FEGは、分散型ファイナンスの仕組みの再構築と進化に重点を置いて構築されたエコシステム全体を提供します。 これには、交換、賭け、流動性を提供するためのFEG交換が含まれます。 トークン、およびユーザーがADA、DOGE、またはなどの別の暗号通貨をラップできるようにするfWraps XRP 報酬を受け取ります。 さらに、ユーザーがFEG報酬を追跡できるモバイルおよびWebアプリケーションであるFEGtrackを提供します。 FEGは、「最新のイノベーション」と呼ばれるSmartDeFiも導入しています。 FEGによると、流動性プールの必要性を排除することにより、分散型ファイナンスをより安全で効率的にし、より良いリターンを提供します。

FEGはFeedEveryGorillaの略で、FEGは慈善パートナーとしてPan African Sanctuary Alliance(PASA)を持っています。 これは、毎月のコミュニティ寄付の最初の750ドルに相当します。

FEGトークン(FEG)はどのように機能しますか?

FEGは、さまざまな分散型ファイナンスアイテムを備えた非常に精巧なエコシステムを提供します。 そのFEG取引所は、イーサリアムとバイナンススマートチェーンのオールインワン取引所であり、クロスチェーン取引所を可能にするブリッジを備えています。 FEGトークンは両方のチェーンで取引できます。 また、SmartSwap契約もあります。これは、取引が2%の税金の対象とならない内部流動性システムです。 FEG Exchangeでのすべての販売には、キャッシュバックプログラムに資金を提供する0,08%の手数料がかかります。

FEGstakeは、fBNBやfETHなどのカプセル化されたトークンの形式ですべての取引所販売取引のドル価値の0,12%をパンターに報酬として与える、エコシステムのステーキングプログラムです。 賭けをする人は一時的な損失の対象ではなく、賭け金と賭け金に対して通常の2%の取引税のみを支払います。 保有者は、流動性としてFEGを提供し、fBNBまたはfETHで報酬を受け取ることもできます。 流動性プロバイダーは、流動性を提供するペアの全売上高の0,2%を受け取ります。 トレーダーは、1%の税金で他の暗号通貨を利用し、誰かがそのペアに流動性を提供した場合に自動報酬を受け取ることもできます。

SmartDeFiを使用すると、ユーザーは生成するトークンのUIを作成でき、基礎となるアセットがこれをサポートします。 ユーザーは、原資産とfBNBやfETHなどのカプセル化されたトークンとの間で取引を行うことができます。 FEGは、SmartLendと呼ばれる貸付プロトコルも提供し、ユーザーが暗号化された担保に対して借りることができるようにします。

DEXオールインワン

マルチチェーン
FEGexは現在、BinanceSmartChainおよびEthereumネットワークをサポートしています。 原資産とは何ですか Fantom、Polygon、Avalancheの拡張が進行中です。

スマートスワップ
世界記録の低いガス料金、ゼロのトケノミック税でスウィングトレードを行い、SmartSwapアドレス間で慎重に暗号通貨を送信します。

FWrapping
非RFI暗号をラップして、受動的な収入を獲得し始めます。 ビットコイン、イーサリアム、BNB、USDT、あなたはそれに名前を付けます。 fWrapsはFEGexの不可欠な部分であり、各取引ペアに正の価格圧力を適用します。

ステキング
FEGtokenに賭けて、見返りにさまざまなトークンの獲得を開始します。 fBNB、fETH、fUSDT、FEGなど。 報酬はラップされるので、あなたがそれらを請求する前後に自動的に構成されます。

自動インプラント
ポイントアンドクリックの展開ツールを使用して、FEGexに無料でトークンを一覧表示するか、流動性を生成するためのプリセールスを作成します。 トークンは取引可能であり、コミュニティは数分以内にTradingViewチャートでATを実行できます。

ガス割引
取引に報酬を得る。 ガスは参入障壁になる可能性があり、可能な限り多くのガスを削除したいので、適格な取引でガス料金の一部を即座にウォレットに返金します。

受動的収入源

超デフレ
FEGtokenの循環供給は、毎日1分ごとに減少します。 原資産とは何ですか 各トランザクションのXNUMX%以上が即座に自動的に永久に書き込まれ、書き込まれるトークンの数が増えると、書き込み速度が加速します。

パッシブインカム
各FEGtokenトランザクションの一部は、すべてのFEGtoken保有者に即座に自動的に反映されます。 はい、それはあなたがあなたの財布にFEGを保持するだけであなたがより多くのFEGを稼ぐことを意味します。 皆のための受動的な収入。

ガバナンストークン
FEGtokenはFEGexのガバナンストークンであるため、それに賭けて、さまざまな追加の受動的収入を得ることができます。 さらに、SmartDeFiトランザクションはFEGtokenを購入して燃やし、供給の削減を加速します。

マルチチェーン 原資産とは何ですか
FEGtokenは、XNUMXつの別々の電源を備えたEthereumおよびBinanceスマートチェーンネットワークで利用できるようになりました。 今後のブリッジは、既存の供給をXNUMXつの新しいブロックチェーンに分散することに加えて、これらの供給を効果的に統合します。 ファントム、ポリゴン、アバランチ。 流通しているFEGトークンの数は決して増えません。

真に分散型
FEGtoken契約の所有権は開始時に放棄され、悪意のある変更が行われることに対する最大限の保護を提供しました。

ブロックされた流動性
元のFEGtokenの流動性は100%ロックされており、セキュリティと安心を提供します。

SmartDef

内部流動性
SmartDeFiトークンは、スマートコントラクト内で流動性を維持します。

資産に裏打ちされた
SmartDeFiトークンに最小値を増やして提供します。

自動インプラント
自動デプロイヤーを使用すると、誰でも数分で独自のSmartDeFiトークンを作成できます。

SmartLend
トークンを担保として無利子のローンを組んでください。 0,1%の手数料でそれらを延長します。

エコシステムの構築

FEGtrack
FEGtrack Webアプリを使用して投資などを追跡し、ホーム画面に追加してすばやくアクセスできるようにします。

FEGcentral
私たちのエコシステムと急速に進化するDeFiスペース内のすべての最新のイノベーションと進歩を最新に保ちます。

FEG奨学生
FEGscholarsは、世界中の次世代の金融リテラシーを向上させるための慈善活動です。

FEGradio
外出中または単に少しのダウンタイムを楽しんでいる間、FEGradioに注目して、最新のFEGプロジェクトを発見してください。

ROXstars(近日公開!)

FEGトークン

FEGには合計200兆のトークンがあり、EthereumとBinanceSmartChainにはそれぞれ100兆のトークンがあります。 各チェーンの50%はすぐに燃やされ、各トランザクションの2%が課税され、そのチェーンのすべてのトークンアドレスに分配されます。 1%は燃えているポートフォリオに行き、1%は保有者に行きます。 FEGにはチームトークンがなく、事前販売なしで100%の公的流動性でリストされています。

FEGトークンはどこで購入できますか?

  • Gate.io
  • XT.COM
  • BKEX
  • PancakeSwap(V2)

FEG暗号通貨は良い投資ですか?

それでも疑問がある場合は、「FEG通貨は良い投資ですか?」すべての可能性を検討する必要があります。 原資産とは何ですか まず、FEGのようなマイクロキャップ通貨は非常に不安定であることを知っておく必要があります。 誇大広告は短期的に価格を異常なレベルに押し上げる可能性がありますが、DeFiのハッキングやエクスプロイトによって価格がゼロになる可能性もあります。 したがって、そのような資産に利用可能な現金のみを投資し、すべての卵をXNUMXつのバスケットに入れることは避けてください。

FEGは完全に分散化されており、トークンの主な所有者は存在しません。 すべての決定はコミュニティに有利に行われます。 FEGは、トークンの持続可能性を保証する革新的な製品を発売し、暗号空間でさらに前進することを計画しています。 FEGには、毎日継続的に成長する非常に強力なコミュニティがあります。 FEGには、多くの才能のあるDEVS、デザイナー、フリーランサーが毎日プロジェクトに取り組んでいます。 FEGは、SolidityFinanceによって監査および検証されています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる