FXのメリット

楽天MT4

楽天MT4

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/mt4/rule.html

ふくしまプライド便

福島の旬を食べれば、福来る。

ふくしまイラスト

旬食福来第1弾 桃特集キャンペーン実施中

30%OFFクーポン

獲得しました 獲得済みです 終了しました ご好評につき、終了しました

15%OFFクーポン

獲得しました 獲得済みです 終了しました ご好評につき、終了しました

10%OFFクーポン

獲得しました 獲得済みです 終了しました ご好評につき、終了しました

※転売目的でのクーポンの使用、商品の購入はお断り致します。
※クーポンを獲得されても、利用回数の上限に達した場合、ご利用いただけません。予めご了承ください。
※進呈するクーポンは期間限定クーポンです。上限や条件の詳細はこちらから。
※30%OFFクーポン対象アイテムはこちら。 ※15%OFFクーポン対象アイテムはこちら。 ※10%OFFクーポン対象アイテムはこちら。
※次回のキャンペーンは2022年8月8日(月)10:楽天MT4 00以降の開始を予定しております。

桃

日本有数の桃収穫量を誇るふくしま。
デリケートで気候風土に大きく味が左右される桃を
こだわりをもった生産者がひとつひとつ丁寧に育てています。
果汁が多くみずみずしい、
濃厚な甘みが特徴の夏の味覚をお届けします。

モリーさんちの調査室

MT4_Indexes_v7L_JPY_1

楽天MT4
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/mt4/rule.html

そこで、JPYをベースに計算するように Indexes_v7L を変更してみました(Indexes_v7L_JPY):


AUDJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, CADJPY, CHFJPY, USDJPY

この通貨ペアであれば、 楽天MT4でも表示させることが可能 です。

【注記】
もし「Indexes_v7L : データが読み込まれていません:AUDJPY」のようなメッセージが表示されて、サブウィンドウに何も表示されないときは、
その通貨ペア(今の場合であれば、AUDJPY)をメインチャートに表示させてみてください。
すると、データが読み込まれて、そのようなメッセージは出なくなります。

MT4_Indexes_v7L_JPY_2


※ 図では、USDをベースにした場合とJPYをベースにした場合の両方が表示させられるように、FXTFで表示させています。

MT4_Indexes_v7L_JPY_3

楽天MT4では、USDベースの方は表示させられません。ちなみに、楽天MT4の場合は、下図のような表示になります:

医学的FX

GMMAでは、束のねじれ、長期と短期の束のクロス、束の太さ(広がり具合)、の3つに注目します。
束のねじれ 上昇トレンドでは期間の短いEMAほど上に、下降トレンドでは下に位置します。このため、トレンドが転換する時に、位置の逆転つまり束のねじれが起こります。 はじめは短期の束でねじれが起こり、その後に長期の束でねじれが起こります。 束のクロス 2本の移動平均線を使う時のように、短期の束と長期の束のゴールデンクロス・デッドクロスもトレンド転換を知らせるサインです。 束の太さ トレンドが順調に進めば、EMA同士の間隔が広がり、束が太くなります。トレンドの勢いが衰えてくると、束は収束し、最後にはねじれを起こします。
チャートを見てみると、トレンドの一生が短期の束のねじれから始まり、束のクロス、長期の束のねじれ、束の広がり、そして束の収束に終わることが分かるでしょう。

多数のEMAを使うことで、束のねじれや太さという尺度からもトレンドを計測できる ようになったことがGMMAの強みの一つ目です。

長期の束の反発力で押し目買い

トレンドに乗っかるタイミングは、上述したトレンド転換の時だけでなく、押しや戻りが形成されるときにも訪れます。GMMAの強みの二つ目は、 押しや戻しのポイントを的確にとらえることができる ことです。

ローソク足や短期の束が何度も長期の束にぶつかっていますが、その度に跳ね返されています。太い長期の束は強い反発力を持ち、相場を支えるのです。

大口投資家の視点を持つ

押し目なのか反転なのかを見極めるには

押しや戻りのチャンスなのか本格的な反転のはじまりなのかを見極めるのは難しいですが、いくつか判断の基準となるものがあります。
トレンドラインのブレイク トレンドラインのブレイクは最も信頼性の高い反転サインです。長く何度も試されているラインほど、それがブレイクされたときに反転する可能性が高まります。 反転パターンの形成 ダブルトップやヘッドアンドショルダーなどの強力な反転パターンを形成している場合も高い確率で反転につながります。パターンの種類だけでなく大きさも重要です。トレンドの大きさに比べて小さなパターンであれば、反転まで至らないこともあるため、目標値を計算しておきましょう。 長期の束の傾きや太さ トレンドに勢いがあるうちは、傾きが大きく太い長期の束が形成されます。こうした束は強い反発力を持っています。逆に傾きが緩やかで太さも細い場合は、反発するだけの力を有していないかもしれません。
判断に迷う局面では、深い押しや戻りを待つ、ロット数を減らす、無理に仕掛けず見送る、など臨機応変に対応しましょう。

モリーさんちの調査室

MT4_Indexes_v7L_JPY_1


https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/mt4/rule.html

そこで、JPYをベースに計算するように Indexes_v7L を変更してみました(Indexes_v7L_JPY):


AUDJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, CADJPY, CHFJPY, USDJPY

この通貨ペアであれば、 楽天MT4でも表示させることが可能 です。

【注記】
もし「Indexes_v7L : データが読み込まれていません:AUDJPY」のようなメッセージが表示されて、サブウィンドウに何も表示されないときは、
その通貨ペア(今の場合であれば、AUDJPY)をメインチャートに表示させてみてください。
すると、データが読み込まれて、そのようなメッセージは出なくなります。

MT4_Indexes_v7L_JPY_2


※ 図では、USDをベースにした場合とJPYをベースにした場合の両方が表示させられるように、FXTFで表示させています。

MT4_Indexes_v7L_JPY_3

楽天MT4では、USDベースの方は表示させられません。ちなみに、楽天MT4の場合は、下図のような表示になります:

医学的FX

GMMAでは、束のねじれ、長期と短期の束のクロス、束の太さ(広がり具合)、の3つに注目します。
束のねじれ 上昇トレンドでは期間の短いEMAほど上に、下降トレンドでは下に位置します。このため、トレンドが転換する時に、位置の逆転つまり束のねじれが起こります。 はじめは短期の束でねじれが起こり、その後に長期の束でねじれが起こります。 束のクロス 2本の移動平均線を使う時のように、短期の束と長期の束のゴールデンクロス・デッドクロスもトレンド転換を知らせるサインです。 束の太さ トレンドが順調に進めば、EMA同士の間隔が広がり、束が太くなります。トレンドの勢いが衰えてくると、束は収束し、最後にはねじれを起こします。
チャートを見てみると、トレンドの一生が短期の束のねじれから始まり、束のクロス、長期の束のねじれ、束の広がり、そして束の収束に終わることが分かるでしょう。

多数のEMAを使うことで、束のねじれや太さという尺度からもトレンドを計測できる ようになったことがGMMAの強みの一つ目です。

長期の束の反発力で押し目買い

トレンドに乗っかるタイミングは、上述したトレンド転換の時だけでなく、押しや戻りが形成されるときにも訪れます。GMMAの強みの二つ目は、 押しや戻しのポイントを的確にとらえることができる ことです。

ローソク足や短期の束が何度も長期の束にぶつかっていますが、その度に跳ね返されています。太い長期の束は強い反発力を持ち、相場を支えるのです。

大口投資家の視点を持つ

押し目なのか反転なのかを見極めるには

押しや戻りのチャンスなのか本格的な反転のはじまりなのかを見極めるのは難しいですが、いくつか判断の基準となるものがあります。
トレンドラインのブレイク トレンドラインのブレイクは最も信頼性の高い反転サインです。長く何度も試されているラインほど、それがブレイクされたときに反転する可能性が高まります。 楽天MT4 反転パターンの形成 ダブルトップやヘッドアンドショルダーなどの強力な反転パターンを形成している場合も高い確率で反転につながります。パターンの種類だけでなく大きさも重要です。トレンドの大きさに比べて小さなパターンであれば、反転まで至らないこともあるため、目標値を計算しておきましょう。 長期の束の傾きや太さ トレンドに勢いがあるうちは、傾きが大きく太い長期の束が形成されます。こうした束は強い反発力を持っています。逆に傾きが緩やかで太さも細い場合は、反発するだけの力を有していないかもしれません。
判断に迷う局面では、深い押しや戻りを待つ、ロット数を減らす、無理に仕掛けず見送る、など臨機応変に対応しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる