デモトレード

外国為替と株式市場の関係

外国為替と株式市場の関係
家三郎

【現代の為替取引・変動為替相場制とは?】過去には1ドル360円の相場の時代があった!その仕組みとメリットとデメリットもあわせて解説。

過去には1ドル360円の相場の時代があった?現代の為替取引「変動為替相場制」とは?そのメリットとデメリットもあわせて解説。

家三郎

変動為替相場制とは?

変動為替相場制とは、為替相場を市場における「需要」と「供給」のメカニズムに任せて、通貨の交換比率を決定させる仕組みです。

変動為替相場制とは?

家三郎

家三郎

家三郎

変動相場制を採用している国の多くが、この「管理変動相場制」の体制をもっています。

変動為替相場制の歴史

変動為替相場制の歴史

家三郎

固定相場制とは、各国の間で、為替相場の交換レートを固定する制度で、外国為替を政府が完全に管理するものです。

家三郎

ちなみに、当時のドルは実物の金と交換可能な「兌換(だかん)紙幣」でした。

家三郎

こうして「固定相場制の崩壊」という形から、変動為替相場制が登場してきたのです。

変動為替相場制のメリット、デメリット

変動為替相場制のメリット、デメリット

家三郎

変動為替相場制のメリット

変動為替相場制のメリットは、国家間で自由に通貨の取引を行うことができる点です。

家三郎

固定相場制崩壊後、変動為替相場制により、各国が自由に通貨取引を実施することが可能になり、通貨に流動性が生まれました。

家三郎

「国際収支」とは、外国から入ってくるモノ、サービスの量外国へ出ていくモノ、サービスの量の「総合的な統計」で、入ってくるモノ、サービスが多い(輸入が多い)と赤字に、出ていくモノ、サービスが多い(輸出が多い)と黒字になります。

家三郎

家三郎

変動為替相場制のデメリット

変動為替相場制のデメリットは、「為替レートが安定しない」ことです。

家三郎

家三郎

家三郎

6月14日(火)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『直近で強まっている米ドル買い&日本円買いの流れの行方』、そして『明日(15日)にFOMC金融政策発表を控える点』に注目!

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート


米国の経済指標及びイベントは、
・21時30分: 米) 生産者物価指数 & 【コア】
に注目が集まる。

米国以外では、
・15時00分: 英) 失業率 & 失業保険申請件数
・18時00分: 独)ZEW景況感調査
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
・15日(水)→米国の小売売上高の発表、FOMC金融政策の発表
・16日(木)→SNB金融政策の発表、BOE金融政策の発表
・17日(金)→日銀金融政策の発表、パウエルFRB議長の発言
・今週→日本(17日)、スイス(16日)、英国(16日)、米国(15日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
・今週→FRB関係者はブラックアウト期間(~FOMC終了まで)
・今週末→米国は連休入り(週明け20日が祝日、20日は米国の金融市場は休場)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(今週・6月15日に金融政策発表を予定、インフレ懸念や今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は生産者物価指数や小売売上高がメインも、最大の注目はFOMC金融政策発表に)
・金融市場のリスク許容度
・日本の金融政策への思惑(今週・6月17日に金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・バイデン米大統領の発言
・金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCを控えてブラックアウト期間中、FOMC後の週末にパウエルFRB議長の発言あり)
・欧州の金融政策への思惑(先週・6月9日に金融政策発表を消化済み)
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日の 米国の経済指標 は、 生産者物価指数 & 【コア】 がメイン。
一方、 経済指標以外のイベント は、特に予定されていない。

本日は、 米ドル・日本円・ユーロの方向性 と 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 、 明日・15日(水)に FOMC金融政策の発表 を控える点 が重要となる。
その他、 米国の金融政策への思惑(インフレ懸念や利上げ幅など) や 金融市場のリスク許容度 、 日本の金融政策への思惑(今週・17日に金融政策発表) 、 原油と金を中心とした商品市場 、 欧州の金融政策への思惑(先週・9日に金融政策発表を消化) 、 金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間) などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・15時00分: 英) 失業率 & 失業保険申請件数
→英ポンドが動き出すキッカケに

・21時30分: 米) 生産者物価指数 & 【コア】 外国為替と株式市場の関係
→週明けからリスクオフの流れが加速
米国債利回りが大きく上昇し&米株価指数が大きく下落した事で、米ドル買い&日本円買いの流れが加速している
全ては、明日に控える FOMC金融政策の発表 に向けての流れ
非常に重要な局面


■ 6月13日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→日本(17日)、スイス(16日)、英国(16日)、米国(15日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
▼ 今週→FRB関係者はブラックアウト期間(~FOMC終了まで)
▼ 14日(火)→米国の生産者物価指数の発表
▼ 15日(水)→米国の小売売上高の発表、FOMC金融政策の発表
▼ 16日(木)→SNB金融政策の発表、BOE金融政策の発表
▼ 17日(金)→日銀金融政策の発表、パウエルFRB議長の発言
▼ 今週末→米国は連休入り(週明け20日が祝日、20日は米国の金融市場は休場)
▼ 主要な株式市場(外国為替と株式市場の関係 米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(今週・6月15日に金融政策発表を予定、インフレ懸念や今後の金融政策への思惑が高まる)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は生産者物価指数や小売売上高がメインも、最大の注目はFOMC金融政策発表に)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 日本の金融政策への思惑(今週・6月17日に金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ バイデン米大統領の発言
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCを控えてブラックアウト期間中、FOMC後の週末にパウエルFRB議長の発言あり)
▼ 欧州の金融政策への思惑(先週・6月9日に金融政策発表を消化済み) 外国為替と株式市場の関係
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

6月14日(外国為替と株式市場の関係 火)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『直近で強まっている米ドル買い&日本円買いの流れの行方』、そして『明日(15日)にFOMC金融政策発表を控える点』に注目!

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート


米国の経済指標及びイベントは、 外国為替と株式市場の関係
・21時30分: 米) 生産者物価指数 & 【コア】
に注目が集まる。

米国以外では、
・15時00分: 英) 失業率 & 失業保険申請件数
・18時00分: 独)ZEW景況感調査
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
・15日(水)→米国の小売売上高の発表、FOMC金融政策の発表
・16日(木)→SNB金融政策の発表、BOE金融政策の発表
・17日(金)→日銀金融政策の発表、パウエルFRB議長の発言
・今週→日本(17日)、スイス(16日)、英国(16日)、米国(外国為替と株式市場の関係 外国為替と株式市場の関係 15日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
・今週→FRB関係者はブラックアウト期間(~FOMC終了まで)
・今週末→米国は連休入り(週明け20日が祝日、20日は米国の金融市場は休場)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(今週・6月15日に金融政策発表を予定、インフレ懸念や今後の金融政策への思惑が高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は生産者物価指数や小売売上高がメインも、最大の注目はFOMC金融政策発表に)
・金融市場のリスク許容度
・日本の金融政策への思惑(今週・6月17日に金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・バイデン米大統領の発言
・金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCを控えてブラックアウト期間中、FOMC後の週末にパウエルFRB議長の発言あり)
・欧州の金融政策への思惑(先週・6月9日に金融政策発表を消化済み)
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
・新型コロナウイルス感染症への懸念
などが重要となる。

本日の 米国の経済指標 は、 生産者物価指数 & 【コア】 がメイン。
一方、 経済指標以外のイベント は、特に予定されていない。

本日は、 米ドル・日本円・ユーロの方向性 と 主要な株式市場 及び 米国債利回りの動向 、 明日・15日(水)に FOMC金融政策の発表 を控える点 が重要となる。
その他、 米国の金融政策への思惑(インフレ懸念や利上げ幅など) や 金融市場のリスク許容度 、 日本の金融政策への思惑(今週・17日に金融政策発表) 、 原油と金を中心とした商品市場 、 欧州の金融政策への思惑(先週・9日に金融政策発表を消化) 、 金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間) などにも注意したい。


■□■ 本日のトレード用のエサ (羊飼いの見解)■□■( ※毎日更新 )

・15時00分: 英) 失業率 & 失業保険申請件数
→英ポンドが動き出すキッカケに

・21時30分: 米) 生産者物価指数 & 【コア】
→週明けからリスクオフの流れが加速
米国債利回りが大きく上昇し&米株価指数が大きく下落した事で、米ドル買い&日本円買いの流れが加速している
全ては、明日に控える FOMC金融政策の発表 に向けての流れ
非常に重要な局面


■ 6月13日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→日本(17日)、スイス(16日)、英国(16日)、米国(15日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はなし)
▼ 今週→FRB関係者はブラックアウト期間(~FOMC終了まで)
▼ 14日(火)→米国の生産者物価指数の発表
▼ 15日(水)→米国の小売売上高の発表、FOMC金融政策の発表
▼ 16日(木)→SNB金融政策の発表、BOE金融政策の発表
▼ 17日(金)→日銀金融政策の発表、パウエルFRB議長の発言
▼ 今週末→米国は連休入り(週明け20日が祝日、20日は米国の金融市場は休場)
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(今週・6月15日に金融政策発表を予定、インフレ懸念や今後の金融政策への思惑が高まる)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は生産者物価指数や小売売上高がメインも、最大の注目はFOMC金融政策発表に)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 日本の金融政策への思惑(今週・6月17日に金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ バイデン米大統領の発言
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCを控えてブラックアウト期間中、FOMC後の週末にパウエルFRB議長の発言あり)
▼ 欧州の金融政策への思惑(先週・6月9日に金融政策発表を消化済み)
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

FXの世界三大取引市場とは?最も多く取引される市場はどこ?規模はどのくらい?

市場が開いている時間(冬時間は+1時間ずれ)

市場が開いている時間(サマータイムは1時間ずれ)

市場 主な取引時間(日本時間、サマータイムは考慮しない)
オセアニア市場 5:00~14:00
東京市場 9:00~19:00
ロンドン市場 17:00~3:00
ニューヨーク市場 22:外国為替と株式市場の関係 00~7:00

単位は兆円

為替レートはなぜ変動するのか?変動する理由を詳しく解説

2007年から2018年までの日本円対米ドルの為替レート推移(筆者作成)

為替レートは、 需給関係に応じて常に変動 しています。例えば、円を売って米ドルを買う動きが増えると、円安・米ドル高となります。逆に、米ドルを売って円を買う動きが増えると、円高・米ドル安となります。

通貨や野菜、商品にしても、無限大に供給できるわけではなく、供給できる量は限られますので価格を変動させることで、そのものに対する需要を調整する役割があります。

金利の変動による影響

為替レートが推移する要因としては、金利変動のよる影響があります。金利は、お金のレンタル料に該当するものですが、基本的に 通貨は低金利通貨から高金利通貨に流れる傾向 にあります。

国際収支による影響

国際収支による影響も為替変動の要因となります。国際収支とは、外国間でやり取りされるお金のことで、主に 経常収支資本収支の2つがあります。

経常収支は、輸出入などで外国に支払うお金や逆に外国から支払われる場合における差額、海外旅行や保険などで支払うもしくは支払われる場合における差額のことです。資本収支は、有価証券や直接投資を行う場合における差額のことです。

経済指標による影響

経済指標による影響 は、FXなどを行っている場合は特に意識する方は多いかと思いますが、米雇用統計といったマクロ経済の現状を数値化して発表された後に、為替が一方方向に動くことがあります。

経済指標は経済的な動向を判断するための重要な投資判断材料となるため、ロイターといった金融経済情報提供者が予想値を公開し、それに基づいて為替に織り込まれます。ただ、予想を外れた場合、織り込まれた為替レートと発表された数値に対して乖離が生じてしまうため、それを穴埋めするために為替が一方方向に動きます。

政治や戦争、テロなどの地政学リスク

政治リスクや戦争、テロといった地政学リスクも為替レートの変動の要因 にもなります。例えば、海外で政治不安や戦争、テロなどの有事が発生した場合、該当国から資本が流出し、該当国と全く無関係の国に資本が集まることになります。

中短期的な投資資金の流入出

中短期の 投機もしくは投資資金の流入出による影響 もあります。例えば、投資ファンドが国外の株や債券などの有価証券を購入する場合や、銀行や証券会社、投資ファンドによる為替ディーラーにおける為替の売買や個人投資家における外国為替証拠金取引(FX)の取引も少なからず影響します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる