暗号資産オプション取引の基本

スリッページの主な2つのタイプ

スリッページの主な2つのタイプ

1名様より出発可能!世界で一番美しい散歩道と言われるミルフォードトラックに挑戦!

    > >
  • 現地発着世界で最も美しい散歩道! ニュージーランド世界遺産を歩く 憧れのミルフォードトラック 8日間

現地発着
世界で最も美しい散歩道!
ニュージーランド世界遺産を歩く
憧れのミルフォードトラック 8日間

(旅行代金/大人1名あたり)
※料金・行程・日数はニュージーランド到着日を起算としています。
日本からニュージーランド航空ご利用の場合は、前日の出発となります。
※航空券料金は含まれません。
※予約確保と同時に取消料対象となる手配旅行契約となります。

dtailimg

ツアー催行の可否について

世界で最も美しい散歩道をガイド付きで!

『世界で最も美しい散歩道』と呼ばれ、世界のトレッカーの憧れのトレッキングコース。ニュージーランドでも有数のフィヨルド地帯の大自然を歩きます。フィヨルドランド国立公園は世界遺産登録地域であるテ・ワヒポウナム南西ニュージーランドの中心的存在です。ミルフォード・サウンドに通じるルートを歩く間、コマドリやケア、ウェカ、ファンテイル、インコなど、固有種の野鳥を間近に観察することができます。キーウィを見かけるチャンスもあるかもしれません。また、深い湖やひっそりとしたフィヨルド、豊かな森林、花崗岩がむき出しになった険しい峡谷など、フィヨルドランド特有の風景を形成するすべてを存分に体感することができます。お天気のよい日なら、どちらを向いても絵葉書のような景色が楽しめますが、ミルフォード・トラックの醍醐味は、雨の日にこそ味わえるものです。山肌から真下へ勢いよく滝が流れる光景は圧巻です。
NZ環境省により ガイドツアーによる1日の入山制限が50名に限定されています。歩行距離約54km/高低差約950mのトレッキング中級者向けコースです。

● 世界で一番美しい散歩道と言われるミルフォードトラックを自然ガイド同行で走破します。
● スリッページの主な2つのタイプ 日本語サポート
空港ホテル間は日本語係員によるご送迎。
現地滞在中はHISオークランド支店がサポート!
● 前後泊(クイーンズタウン)が同一ホテルなのでトレッキング以外の荷物をホテルに無料で預けることが可能です。
※混雑状況により、前後の宿泊が別々のホテルでご案内となることもございます。

山小屋とは思えない快適なロッジに宿泊!

快適なロッジでは、温水シャワー、水洗トイレ、乾燥室、ヒーター、快適なベッドが備わっています。
夕食も伝統的なニュージーランのコース料理。ワイン・ビールも有料で楽しめます。
朝食はフルーツ・シリアル・卵料理など、昼食はサンドウィッチやフルーツなど。
ご希望により部屋タイプが選べます!
①マルチシェア(相部屋):2段ベッドのある4~6名1室が基本。シャワー・トイレは共同。
②プライベートルーム(個室):1~2名1室の専用個室。専用バスルームあり。
【プライベートルーム追加代金】
(4泊分) 2名1室利用時 お1人様 50,000円 /1名1室利用時 お1人様 100,スリッページの主な2つのタイプ 000円


スタッフブログ

ニュージーランド特集

食事
1 日本より出発の場合、出発日前日の夕方発(成田発のニュージーランド航空利用時)となります。
そのため、実際の日本出発日は出発希望として選択される日付の前日となります。航空券購入等の際はご注意ください。

★航空運賃は掲示料金に含まれません。別途手配が必要です。

0日目:各地より空路、クイーンズタウンへ

----------------------------------(機中泊)----------------------------------

その後、各自で街の中心地 The Station (観光案内所)に集合し説明会(日本語)にご参加ください。時間によっては直接説明会場へご案内する場合がございます。
※到着時間によっては説明会にご参加いただけない場合がございます。その際はホテルに資料をお届け致します。

ミルフォードトラック トレッキングツアースタート 【英語ガイド同行】
~クイーンズタウンからグレードハウスまで~
(歩行時間約20分・歩行距離約1.6km・ピクニックランチ付)

ミルフォードトラック トレッキングツアー2日目 【英語ガイド同行】
~グレードハウスからポンポローナロッジまで~
(歩行時間約6~7時間・歩行距離約16km・ピクニックランチ付)

ミルフォードトラック トレッキングツアー3日目 【英語ガイド同行】
~ポンポローナロッジからクィンティンロッジまで~
(歩行時間約6~7時間・歩行距離約15km・ピクニックランチ付)

ミルフォードトラック トレッキングツアー4日目 【英語ガイド同行】
~クィンティンロッジからマイターピークロッジまで~
(歩行時間約6~7時間・歩行距離約21km・ピクニックランチ付)

ミルフォードトラック トレッキングツアー5日目 【英語ガイド同行】
※この日はトレッキングはございません。
ミルフォードサウンドクルーズ 【英語ガイド同行】
(09:00~10:45頃の約1時間45分)

歩行中に必要な物
□ザック(30L~40L)※現地で40Lザックを無料レンタル可能 □ザックカバー※現地で無料レンタル可能 □レインコート(防水性のもの)※現地で無料レンタル可能 □スリーピングシーツ ※現地で無料レンタル可能 ※個室の場合は不要です。 □トレッキングポール ※現地で有料レンタル可能 □ウール又はフリースの帽子 □日よけ又はつばのある帽子 □保温性・速乾性のある肌着 □ウール又はフリースの上着 □Tシャツ(天気のよい日用) □手袋(防水性のもの)

下半身
□保温性のあるタイツ □トレッキングパンツ □レインコートのズボン(防水性のもの) □トレッキングシューズ(現地でのレンタルなし) □厚手の登山用ソックス □スパッツ・ゲーター

その他
□日焼け止めクリーム □水筒 □日数分のタオル・ハンカチ □ヘッドライト又はペンライト □耳栓 □カメラ、充電器など □ロッジ内での着用する着替え・下着 □ロッジ内外で利用するサンダル スリッページの主な2つのタイプ □寝巻き □衛生用品(歯磨き・ヘアブラシ・その他)

・このツアーは募集型企画旅行(パッケージツアー)ではなく、手配旅行です。
・ 航空券代金は含まれておりません。 ・ 変更・取消料規定について特別な規定がございます。必ず下記の変更取消料の規定をご確認ください。

【その他ご注意】
・ツアーの性質上、以下の症状がある方は申し込みにあたり、かかりつけ医の診察・判断を仰いで下さい。心臓病、高血圧、慢性ぜんそく、胃・十二指腸潰瘍、重度の貧血、糖尿病、てんかん、関節炎、動悸、肝炎、過度の肥満、また激しい運動により発症する恐れのある疾病をお持ちの方。
・予約後であっても天災地変、戦争、官公署の命令、ストライキ、乗り物の故障、流行病、その他不可抗力の事由により実施日、内容、スケジュール所要時間などの変更、または中止をする場合がございます。
・ツアー開始後、天災地変、火災、戦争、官公署の命令、ストライキ、乗り物の故障、流行病、その他不可抗力の事由により生じた損害、旅程変更、盗難、詐欺、暴行、障害など主催旅行の責任外の事故による損害、費用の発生に関しまして当社や現地催行会社は責任を負いかねます。
・ 航空機等の交通機関の遅れにより事前にお申し込み頂いたオプショナルツアーにご参加頂けない場合に関しても、お取消料はかかります。
・天候、その他の事情により、内容、スケジュールなどの変更、またはツアーを中止することがあります。
・送迎及び観光時は他のお客様とご一緒になる場合がございます。所要時間及び出発、帰着予定時刻は現地の交通事情により変わる場合がございます。

・パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。 お客様ご自身がご確認されない場合は、当社としては責任を負いかねます。ご了承ください。

・現在お持ちのパスポートが今回の旅行に有効かどうか、渡航先のビザの要否などをご確認のうえ、ご自身の責任においてご旅行に 必要なパスポート、ビザをご用意ください。

・より安心してご旅行いただくために、ご旅行中の病気や事故・盗難に備えて、海外旅行傷害保険のご加入をおすすめします。
>>> 海外旅行傷害保険

《その他》
(1)コースに明示されていない場合はエコノミークラスを利用します。
(2)より安心してご旅行いただくために、ご旅行中の病気や事故・盗難に備えて、海外旅行傷害保険のご加入をお勧めします。


《お客さま相談室連絡先》
弊社のサービス・対応に関しましてお気付きの点、ご意見等がございましたら下記、お客様相談室にご連絡下さい。
お客様相談室 03-5908-2505
(平日10:00~18:30 日祝はお休みとさせていただきます)

0570(05)2300 または 03(5360)4810 / 03-5360-4733

営業時間
【平日】
電話・メール 10:00~18:00
来店 11:00~18:00
※ご来店の最終受付は閉店の1時間前です。

スリッページの主な2つのタイプ

もっとTokyo

青いぜ!五島のしま旅

沖縄旅行

伊豆諸島ツアー

東京ディズニーリゾート

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

小笠原旅行

小豆島旅行

隠岐旅行

格安航空券・ホテル

ニッポンの旅

県民割

小笠原旅行

南紀白浜

小豆島旅行

沖縄旅行

東京ディズニーリゾート

USJ

壱岐・対馬旅行

テーマパーク

隠岐旅行

伊豆諸島ツアー

与論島旅行

奄美群島旅行

高知旅行

五島列島

スキーツアー

大切なお知らせ

2022/6/10 大阪本社・東京営業所(共通)臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら2022年6月18日(土)は社員研修の為、臨時休業いたします。ご不便をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。 2022/4/7 大阪本社・東京営業所(共通)臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら2022年4月8日(金)、9日(土)は社員研修の為、臨時休業いたします。ご不便をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。 2022/03/28 NEW 大阪本社営業日時変更のお知らせ
--> 大阪本社営業日時変更のお知らせ
誠に勝手ながら2022年4月1日より以下の通り営業日時を変更させていただきます。ご不便をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。
【新営業日時】月-土・祝日 10:00-19:00、日曜 休み 2022/1/21 ひょうごを旅しようキャンペーン+(プラス)新規予約受付停止
新型コロナウイルス感染拡大に伴いふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーン+(プラス)新規予約の受付を停止しました。
※既存予約分については、引き続きご利用いただけますが、キャンペーンご利用の際は、感染対策の徹底をお願いします。 2021/11/11 GoToトラベルキャンペーン
緊急事態宣言に伴う全国的な旅行に係るGo To トラベル事業の取扱いについて 2022/1/11 大阪いらっしゃいキャンペーン2021新規予約受付停止
新型コロナによる大阪いらっしゃいキャンペーン2021新規予約受付停止の決定を受け、当社では令和4年1月11日(火)16:00をもって新規予約の受付を停止しました。
※既存予約分については、引き続きご利用いただけますが、キャンペーンご利用の際は、感染対策の徹底をお願いします。 --> 2021/12/28 年末年始の営業時間について
12/29~1/3の営業時間は10:00~18:00となります。1/4より通常通り営業致します。ご不便をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。 --> 2021/10/05 臨時休業のお知らせ
10/10(日)および10/15(金)~10/16(土)は、社員研修のため臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどお願いいたします。 --> 2021/7/20 沖縄県・北海道に訪問される皆さまへのお願い
新型コロナウィルス感染拡大等の状況を受けて、沖縄県への訪問を予定・検討されている方に対して同県から以下の要請がございます。
詳しくはこちら --> 2021/6/1 臨時休業していた東京営業所は、6月1日(火)より通常通り営業致します。 スリッページの主な2つのタイプ --> 2021/5/11 東京都への緊急事態宣言の延長やそれに伴う自治体からの休業要請を踏まえ、2021年5月12日(水)~5月31日(月)まで東京営業所を休業致します。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 --> 2021/4/25 東京都への緊急事態宣言やそれに伴う自治体からの休業要請を踏まえ、2021年4月25日(日)~5月11日(火)まで東京営業所を休業致します。
ご不便をお掛けしますが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 --> 2021/03/26 誠に勝手ながら弊社では、3月27日(土)~28日(日)の2日間を社員研修のため休業とさせていただきます。
なお、3月29日(月)より通常営業となりますので、お問合せ頂いた件につきましては3月29日(月)に順次対応させていただきます。 --> 2020/11/25 GoToトラベルキャンペーン
札幌市又は大阪市を目的地とする旅行に関する 当面の措置について 2020/06/05 大町アルプスマラソン大会中止について 2020/06/01 営業再開のお知らせ 「「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言」に伴い休業しておりましたが、2020年6月1日(月)より営業を再開いたしました。
休業期間中はご迷惑をおかけいたしましたが、今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 --> 2020/05/25 緊急事態宣言の解除に伴う当社対応について 「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言」の解除が発表されましたが、当社は、5月31日(日)まで臨時休業といたします。
大阪本社、東京営業所ともに6月1日(月)から営業を再開させて頂きます。 2020/05/4 緊急事態宣言に伴う当社対応について 新型コロナウィルスの影響により「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言」が発表されております。
これに伴い、当社におきましても5月31日(日)まで臨時休業を延長いたします。
すでにご予約いただいているお客様につきましては、予約済の変更と取消等は、大阪本社で対応いたします。新規予約や旅行相談は、6月1日以降に対応させて頂きます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 2020/04/16 緊急事態宣言に伴う当社対応について 新型コロナウィルスの影響により「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言」が発表されております。
これに伴い、当社におきましても5月6日(水)まで臨時休業いたします。
すでにご予約いただいているお客様につきましては、予約済の変更と取消等は、大阪本社で対応いたします。新規予約や旅行相談は、5月7日以降に対応させて頂きます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 2020/04/07 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うお知らせ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各島の市町村より来島自粛のお願いが出されている場合があります。
渡航予定の方は事前に最新情報をご確認ください。 2020/04/07 緊急事態宣言の発令に伴う東京営業所臨時休業のお知らせ 緊急事態宣言の発令に伴い、弊社東京営業所を4月8日から当面の間、臨時休業いたします。
ご予約いただいているお客様におかれましては、予約内容の変更、取消等に関し、大阪本社が対応いたします。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ビーウェーブ
大阪本社 TEL.06-6630-7878 --> 新年あけましておめでとうございます 平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
皆様のお力になれるように社員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。本年も宜しくお願い申し上げます。
尚、2019年は1月4日より通常通り営業しております。 --> 2020/03/12 香住・ジオパークフルマラソン大会中止について 東京営業所が移転しました。移転のお知らせ(PDF 141KB) -->

ワイン大国・フランスのワインについて

ワイン大国・フランスのワインについて

厳しい認証制度

A.O.C

A.O.C(アー・オー・セー)とは、Appellation d'Origine Contrôlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略称で、「原産地管理呼称(原産地呼称統制)」のことを指しています。産地や品種、剪定方法などの栽培法、収穫量や製法などを厳しく規定しています。

産地の詐称やワインの質の劣化が横行したことをきっかけに、1905年から始まった制度で、1935年にできたINAO(Institut National del’Origine et de la Qualité、 /国立原産地名称研究所)によって管理されています。

A.O.P

A.O.Cと混同しやすいものにA.O.P(アー・オー・ペー)があります。Appéllation d’Origine Protégée(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略で、フランスのA.O.Cを見本に1992年にEUに誕生した原産地保護呼称で、以降A.O.CはA.O.Pの一部を構成する制度となりました。

A.O.C法によって、かつてはA.O.Cワインに準ずる存在として分類されていたVDQS (Vin Délimité de Qualité Supérieure 、ヴァン・デリミテ・ドゥ・カリテ・シュペリウール)ワインはA.O.Pに該当することとなりました。

I.G.P

I.G.P(イー・ジェー・ペー)は Indication Géographique Protégée(アンディカシオン・ジェオグラフィック・プロテジェ)の略で、生産地域に着目したEUで規定された地理的表示です。A.O.C(AOP)を頂点とし、I.G.Pはその下に位置づけされている規格となります。A.O.Cが産地との強い関連性が求められるのに対し、I.G.Pは社会的評価が高ければ登録が認められます。ぶどうの産地や品種の規定もそれほど厳しくなく、官能審査(人間の感覚を用いた検査)も任意で行います。

フランスではINAOが統括していて、以前はA.O.C法によって Vin de Pays(ヴァン・ド・ペイ/地方のワイン)に分類されていたワインはこのI.G.Pに該当します。

Vin de Table

Vin de Table(ヴァン・ド・ダーブル/テーブルワイン)はI.スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ G.Pよりもさらにカジュアルなワインとして位置づけされていて、生産地域の表示のない一般消費用のテーブルワインとして分類されます。

フランスワインの2大生産地

ボルドー

ボルドー(Bordeaux)はフランス南西部に位置する地域で、ジロンド( Gironde )県に属しています。古語の Au bordde l’eau( 水のほとり)を意味する地名の通り、ガロンヌ川( Garonne )、ドルドーニュ川( Dordogne )の2つの大河が大西洋に流れこみ、港町として世界にワインを流通させてきました。

4世紀からブルゴーニュと並ぶワインの銘醸地でした。ジロンド県が属するアキテーヌ地域圏( Aquitaine )が英国領となった時代があり、イギリスとの交易でワイン産業が世界的に栄えたという歴史的背景があります。

ボルドーは赤・白・ロゼ・スパークリング、甘口から辛口まで、さまざまな種類のワインを生み出す産地ですが、最も有名なのがメドック地区(Medoc)の長期熟成型の赤ワインでしょう。また、ソーテルヌ地区 (Sauternes) の甘口貴腐ワインでも有名です。

ボルドーの赤ワインに使用できるぶどうの主な品種はカベルネ・ソーヴィニヨン (Cabernet Sauvignon) 、カベルネ・フラン (Cabernet Franc) 、マルベック (Malbec) 、プティ・ヴェルド (Petit Verdot) 、メルロー (Merlot) です。ちなみに、カベルネ・ソーヴィニヨンはボルドー原産のぶどうで、ワイン用ぶどうとして世界一有名だと言えるでしょう。小粒で皮が厚く、種が大きくて果肉は少なめなので、色の濃い、渋みの強いワインになります。

ボルドーの白ワインに使用されるぶどうの主な品種は、ソーヴィニヨン・ブラン (Sauvignon Blanc) 、セミヨン (Sémillon) などです。セミヨンは貴腐ワインの主役となる原料でもあります。

ボルドーの格付け

ボルドーの格付けは、ぶどう畑の所有者(シャトー、 château )ごとにあります。ボルドーのトップクラスの格付けワインは世界最高峰とされ、「5大シャトー」と呼ばれます。5大シャトーとは、「ラフィット・ロートシルト( Lafite Rothschild )」「 ラトゥール ( Latour )」「 ムートン・ロートシルト ( Mouton Rothschild )」「 マルゴー ( Margaux )」「 オー・ブリオン ( Haut Brion )」で、ワインマニア達の永遠の憧れの存在です。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(Bourgogne)はフランスの東部、パリ南東部に位置する地域です。ぶどうの栽培地域は北のシャブリ( Chablis )地区、北端のディジョン(Dijon)から南のリヨン(Lyon)まで細長く170kmの地域に集中しています。高級ワインとして知られる「ロマネ・コンティ( Romanée-conti) 」や、日本では風物詩となった「ボジョレー・ヌーボー(Beaujeu nouveau)」はブルゴーニュ産のワインです。

ボルドーとは違い、単一品種のぶどうで造られるものが主流で、赤ワインはピノ・ノワール (Pinot Noir) またはボジョレーの原料として知られるガメイ (Gamay) 、白ワインにはシャルドネ (Chardonnay) などの品種が使われます。ピノ・ノワールのワインは口当たりが絹のように滑らかで、渋みは柔らかく酸味がしっかりとしています。

ブルゴーニュの格付け

  • グラン・クリュ(Grands Cru/特級畑)・・・畑の名が表記される。ロマネコンティはピノ・ノワール種のグラン・クリュの名称。
  • ブルミエ・クリュ(Premier Cru/一級畑)・・・村名と畑の名が表記される。
  • 村名アペラシオン・・・村名が銘柄として表記される。
  • 地区アペラシオン・・・「ブルゴーニュ」が銘柄として表記される。

フランスの5大産地

ロワール

ロワール(Loire)は全長約1,000km、フランス最長のロワール川流域に点在する山地です。地域ごとに土壌や気候に違いがあり、すべてを把握するのが難しい地域でもあります。多くの品種のぶどうから多種多様なワインを造っている地域です。フランスのロゼワインの中で最も知られているロゼ・ダンジュー( Rose d'Anjou )はロワール地方で造られています。

アルザス

アルザスで造られるワインの90%が白ワインです。ドイツやアルザスの代表品種である、リースリング (Riesling) などを使った辛口ワインが多く造られていることで知られています。また、アルザスは自然派の生産者が多いことでも知られていて、天然酵母を使ったナチュラルな味わいのワインも数多く生産されています。

コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)はフランス南東部に位置するローヌ川( スリッページの主な2つのタイプ Le Rhone )流域にある、ボルドーに次ぐ生産量を誇る産地です。南北に長く広がる土地なので、多様なワインが造られています。

南部の産地ではグルナッシュ( Grenache )やシラー、ムールヴェドール (Mourvèdre) などの赤ワイン用品種8種と、クレレット・ブランシュ (Clairette blanche) ブールブーラン(Bourboulenc)や、ルーサンヌ( Roussanne )などの白ワイン用品種5種の使用が認められていて、それらの品種のぶどうをブレンドしてワインを醸造しています。

シャンパーニュ

1680年に修道士のドン・ペリニヨン( Dom スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ Pierre Pérignon) が泡を瓶に封じ込める製法を確立させ、複数のヴィンテージのワインをアッサンブラージュする醸造法を生み出します。その後18世紀に瓶詰めのワインが輸送できるようになってからは世界中でシャンパーニュのワインが愛されるようになりました。

ワイン大国・フランスのワインについて

ワイン大国・フランスのワインについて

厳しい認証制度

A.O.C

A.O.C(アー・オー・セー)とは、Appellation d'Origine Contrôlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略称で、「原産地管理呼称(原産地呼称統制)」のことを指しています。産地や品種、剪定方法などの栽培法、収穫量や製法などを厳しく規定しています。

産地の詐称やワインの質の劣化が横行したことをきっかけに、1905年から始まった制度で、1935年にできたINAO(Institut National del’Origine et de la Qualité、 /国立原産地名称研究所)によって管理されています。

A.O.P

A.O.Cと混同しやすいものにA.O.P(アー・オー・ペー)があります。Appéllation d’Origine Protégée(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略で、フランスのA.O.Cを見本に1992年にEUに誕生した原産地保護呼称で、以降A.O.CはA.O.スリッページの主な2つのタイプ Pの一部を構成する制度となりました。

A.O.C法によって、かつてはA.O.Cワインに準ずる存在として分類されていたVDQS (Vin Délimité de Qualité Supérieure 、ヴァン・デリミテ・ドゥ・カリテ・シュペリウール)ワインはA.O.Pに該当することとなりました。

I.G.P

I.G.P(イー・ジェー・ペー)は Indication Géographique Protégée(アンディカシオン・ジェオグラフィック・プロテジェ)の略で、生産地域に着目したEUで規定された地理的表示です。A.O.C(AOP)を頂点とし、I.G.Pはその下に位置づけされている規格となります。A.O.Cが産地との強い関連性が求められるのに対し、I.G.Pは社会的評価が高ければ登録が認められます。ぶどうの産地や品種の規定もそれほど厳しくなく、官能審査(人間の感覚を用いた検査)も任意で行います。

フランスではINAOが統括していて、以前はA.O.C法によって Vin de Pays(ヴァン・ド・ペイ/地方のワイン)に分類されていたワインはこのI.スリッページの主な2つのタイプ G.Pに該当します。

Vin de Table

Vin de Table(ヴァン・ド・ダーブル/テーブルワイン)はI.スリッページの主な2つのタイプ G.Pよりもさらにカジュアルなワインとして位置づけされていて、生産地域の表示のない一般消費用のテーブルワインとして分類されます。

フランスワインの2大生産地

ボルドー

ボルドー(Bordeaux)はフランス南西部に位置する地域で、ジロンド( Gironde )県に属しています。古語の Au bordde l’eau( 水のほとり)を意味する地名の通り、ガロンヌ川( Garonne )、ドルドーニュ川( Dordogne )の2つの大河が大西洋に流れこみ、港町として世界にワインを流通させてきました。

4世紀からブルゴーニュと並ぶワインの銘醸地でした。ジロンド県が属するアキテーヌ地域圏( Aquitaine )が英国領となった時代があり、イギリスとの交易でワイン産業が世界的に栄えたという歴史的背景があります。

ボルドーは赤・白・ロゼ・スパークリング、甘口から辛口まで、さまざまな種類のワインを生み出す産地ですが、最も有名なのがメドック地区(Medoc)の長期熟成型の赤ワインでしょう。また、ソーテルヌ地区 (Sauternes) の甘口貴腐ワインでも有名です。

ボルドーの赤ワインに使用できるぶどうの主な品種はカベルネ・ソーヴィニヨン (Cabernet Sauvignon) 、カベルネ・フラン (Cabernet Franc) 、マルベック (Malbec) 、プティ・ヴェルド (Petit Verdot) 、メルロー (Merlot) です。ちなみに、カベルネ・ソーヴィニヨンはボルドー原産のぶどうで、ワイン用ぶどうとして世界一有名だと言えるでしょう。小粒で皮が厚く、種が大きくて果肉は少なめなので、色の濃い、渋みの強いワインになります。

ボルドーの白ワインに使用されるぶどうの主な品種は、ソーヴィニヨン・ブラン (Sauvignon Blanc) 、セミヨン (Sémillon) などです。セミヨンは貴腐ワインの主役となる原料でもあります。

ボルドーの格付け

ボルドーの格付けは、ぶどう畑の所有者(シャトー、 château )ごとにあります。ボルドーのトップクラスの格付けワインは世界最高峰とされ、「5大シャトー」と呼ばれます。5大シャトーとは、「ラフィット・ロートシルト( Lafite Rothschild )」「 ラトゥール ( Latour )」「 ムートン・ロートシルト ( Mouton Rothschild )」「 マルゴー ( Margaux )」「 オー・ブリオン ( Haut Brion )」で、ワインマニア達の永遠の憧れの存在です。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(Bourgogne)はフランスの東部、パリ南東部に位置する地域です。ぶどうの栽培地域は北のシャブリ( Chablis )地区、北端のディジョン(Dijon)から南のリヨン(Lyon)まで細長く170kmの地域に集中しています。高級ワインとして知られる「ロマネ・コンティ( Romanée-conti) 」や、日本では風物詩となった「ボジョレー・ヌーボー(Beaujeu nouveau)」はブルゴーニュ産のワインです。

ボルドーとは違い、単一品種のぶどうで造られるものが主流で、赤ワインはピノ・ノワール (Pinot Noir) またはボジョレーの原料として知られるガメイ (Gamay) 、白ワインにはシャルドネ (Chardonnay) などの品種が使われます。ピノ・ノワールのワインは口当たりが絹のように滑らかで、渋みは柔らかく酸味がしっかりとしています。

ブルゴーニュの格付け

  • グラン・クリュ(Grands Cru/特級畑)・・・畑の名が表記される。ロマネコンティはピノ・ノワール種のグラン・クリュの名称。
  • ブルミエ・クリュ(Premier Cru/一級畑)・・・村名と畑の名が表記される。
  • 村名アペラシオン・・・村名が銘柄として表記される。
  • 地区アペラシオン・・・「ブルゴーニュ」が銘柄として表記される。

フランスの5大産地

ロワール

ロワール(Loire)は全長約1,000km、フランス最長のロワール川流域に点在する山地です。地域ごとに土壌や気候に違いがあり、すべてを把握するのが難しい地域でもあります。多くの品種のぶどうから多種多様なワインを造っている地域です。フランスのロゼワインの中で最も知られているロゼ・ダンジュー( Rose d'Anjou )はロワール地方で造られています。

アルザス

アルザスで造られるワインの90%が白ワインです。ドイツやアルザスの代表品種である、リースリング (Riesling) などを使った辛口ワインが多く造られていることで知られています。また、アルザスは自然派の生産者が多いことでも知られていて、天然酵母を使ったナチュラルな味わいのワインも数多く生産されています。

コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)はフランス南東部に位置するローヌ川( Le Rhone )流域にある、ボルドーに次ぐ生産量を誇る産地です。南北に長く広がる土地なので、多様なワインが造られています。

南部の産地ではグルナッシュ( Grenache )やシラー、ムールヴェドール (Mourvèdre) などの赤ワイン用品種8種と、クレレット・ブランシュ (Clairette blanche) ブールブーラン(Bourboulenc)や、ルーサンヌ( Roussanne )などの白ワイン用品種5種の使用が認められていて、それらの品種のぶどうをブレンドしてワインを醸造しています。

シャンパーニュ

1680年に修道士のドン・ペリニヨン( Dom Pierre Pérignon) が泡を瓶に封じ込める製法を確立させ、複数のヴィンテージのワインをアッサンブラージュする醸造法を生み出します。その後18世紀に瓶詰めのワインが輸送できるようになってからは世界中でシャンパーニュのワインが愛されるようになりました。

職場で嫌がらせを受けたときの対応は?具体的な対処法をご紹介

職場で嫌がらせを受けたときの対応は?具体的な対処法をご紹介の画像

多くの人間が集まる「会社」という場所は、職種や上下関係、異なる価値観などが要因となりさまざまな問題が起こりやすい環境です。そのため、 労働契約法第5条の定めるところにより、会社には「職場環境配慮義務」があります 。職場環境配慮義務とは、労働者が安全かつ快適に働くための職場環境を整える義務のことです。
パワハラやセクハラ、悪口、不当な扱いなどが原因で仕事に悪影響が出る職場であれば、雇用側は環境の改善に努める必要があります。労働契約を結び人を雇う以上、会社は「個人間の問題だから」と問題を放置することはできません。

自分でできる8つの対処法

1.観察・情報把握に努めて仕返しはしない

2.プライベートの話は避ける

3.スルースキルを身に付ける

職場で嫌がらせを受けたときの対応として、スルースキルは身に付けておきましょう。
嫌がらせをスルーできず、毎回反応してしまうと、さらにいじめがエスカレートする可能性があります。そのため、 嫌がらせをエスカレートさせないためにも、常に落ち着いた対応をするようにしましょう 。

4.嫌がらせをする人と距離を置く

5.記録を付ける

職場でどのような嫌がらせをされたかや自分がどう感じたか、業務にどんな影響があったか、周りに誰がいたかをその都度メモしておきましょう。
ほかにも、 録画や録音、メールのやりとりは、裁判などで有効な証拠となります 。

6.同僚や上司に相談する

1人で抱え込まず、同僚や上司に相談することも大切です 。周囲が嫌がらせの事実に気づいていない場合、何らかの対応策を講じてくれる可能性もあるでしょう。相談する際に、信頼に値する人物を選ぶようにしてください。
先述したように、会社には職場の環境配慮義務があります。目上の立場の人に状況を知ってもらうことで、嫌がらせをする人への然るべき処置が取られるケースもあるでしょう。

7.病院を受診する

職場で嫌がらせを受けた精神的ストレスで、心身に支障をきたす可能性もあります。適応障害やパニック障害、気分障害、うつ病などのリスクも考えられるため、 不調を感じたら無理せずに医療機関を受診しましょう 。診断書が発行されれば、裁判のときなどに重要な資料としても提出できます。

8.休職する

嫌がらせのストレスで心身に不調を感じ、「会社に行くのがつらい」と思ったら休職するのも一つの手段です 。職場には休職理由を「嫌がらせが原因」だときちんと伝えます。自分の限界まで嫌がらせに耐える必要はありません。身体を壊す前に休息を取るようにしましょう。
嫌がらせが原因で職場に行きたくないと感じる方は、「仕事に行きたくないときは休んで良い?憂鬱な気持ちを解消する方法8つ」のコラムで仕事の休み方などを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

職場の嫌がらせを解決するために

職場内で解決する方法

職場内で解決する場合は、先述したように まず上司に相談しましょう。それでも解決しなかった場合は人事や総務に相談します 。社内にハラスメントの相談窓口があれば、そちらを利用しても良いでしょう。嫌がらせの加害者に注意したり、上司に状況の改善を求めてくれたりする場合があります。
また、場合によっては異動や懲戒処分、会社全体でハラスメント防止措置をしてくれることも。しかし、中にはハラスメント防止に消極的な企業もあり、相談しても何も変わらなかったという場合もあるようです。そのようなときは、次にご紹介する外部の相談先に頼りましょう。

職場以外で解決する方法

労働局は、厚生労働省の管轄下で各地に配置されている行政機関です。主に、 企業と労働者の間で起きたトラブルに対して、助言や指導、あっせんを行います 。
あっせんとは、トラブル解決の仲立ちです。企業の残業未払いや不当解雇など、トラブルの要点を明確にし調整することで解決方法を提供します。
労働局は、あくまで第三者として手助けするという立場です。あっせんを通じ、職場の嫌がらせに関して企業側に改善を命令するといった行為は行なえません。ただし、企業側に労働基準法違反の可能性がある場合、労働基準監督署への相談を進められる可能性があります。

弁護士は法律のプロです。現状を相談すれば、 専門的な意見やアドバイスのもと解決方法を提案してもらえる でしょう。また、依頼することで、直接的に問題の解決へ向けて動いてくれます。
ただし、弁護士を雇うとなれば、相応の料金が発生することを理解しておきましょう。また、職場の嫌がらせの度合いや証拠資料があるかによって、企業への賠償金の請求などが難しい場合もあります。初回の相談を無料で受けてくれる弁護士もいるため、まずは相談に乗ってもらうところから始めてみましょう。

職場の嫌がらせを解決できないときは転職もアリ!

自分が不利にならない退職方法を検討する

職場の嫌がらせが原因で辞める場合は、自分が不利にならない方法で退職します。
退職する際は、「会社都合退職」にしてもらいましょう 。基本的に自分から会社を辞めた場合は、離職票に「自己都合退職」と記載されます。この自己都合退職を会社都合退職の扱いにすることで、失業保険の早期受給や給付期間・金額の優遇など、失業保険でのメリットを大きくすることが可能です。
会社都合退職の扱いにしてもらうには、ハローワークに嫌がらせの証拠資料の提出が必須。メール文や動画、録音された音声、病院の診断書などがあれば、ハローワークに持参し相談しましょう。

【精神障害の労災認定要件】
・認定基準の対象となる精神障害を発病していること
・認定基準の対象となる精神障害の発病前おおむね6ヶ月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること
・業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められないこと
引用:厚生労働省「精神障害の労災認定(2p)」

退職でトラブルになったときの対処法

退職を拒否された場合

基本的に、労働者には会社を辞める権利が保障されています 。もし嫌がらせによる退職を受理してもらえなかったとしても、1ヶ月以上前に意思を表明していたのであれば、法律のうえでは退職が可能です。
ただし、職場に退職の意思を示したことを証拠づける必要があるため、退職届を配達証明付き内容証明郵便で会社宛てに送ったり、上司とのやり取りを文面にして残したりするなどの対応を取りましょう。法的な手段でしか解決できなくなったときに、状況を証明できる書面として有効です。

損害賠償を求められた場合
さらに嫌がらせを受けた場合

退職を伝えたことで、今まで受けていた嫌がらせが更にエスカレートする可能性もあります。
退職する側に非があるかのような言動や行動をされても、退職の手続きや業務の引き継ぎを適切に済ませていれば、そこに責められるべき要素はありません。
職場で過度な嫌がらせが続くようなら、先述した「会社都合退職」や「労災認定」を申請する際に提出できるように、証拠を集めておくと良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる