よくあるご質問

オルタナティブ投資とはどんなもの

オルタナティブ投資とはどんなもの
川田:まず、 居住用投資不動産のみで日米英で6,200万室に達する勢いとされています。加えて、アジア物件・小口商業物件等を加えると件数はなんと1億室を超えるんです。そのため、市場規模は15-20兆ドル(1,500-2,000兆円)と想定されています。 このグローバルな範囲で、非流動資産の運用需要を取り込んでいくことを目指しています。ただ、実は不動産領域への取り組みは、目指していく世界観への「通り道」なんです。

5.4億円を調達「WealthPark」が取り組むオルタナティブ資産投資とはーー管理プラットフォームのグローバル展開を加速

WealthPark

川田:不動産管理会社向けに、非流動資産アセットの資産運用・管理プラットフォームを提供しているサービスになります。「不動産」という領域は、一般的な印象通りデジタル化が進んでいない領域なんです。背景には、 その個別性、地域性、複雑性から標準化、デジタル化、効率化がしにくい分野であることが挙げられます。

例えば、管理会社と投資家の間のコミュニケーションツールが、ファックスなんてこともごく普通なんです。その非効率性を、業界のデジタライズ化を通しアップデートしていくことを目指しています。

具体的に「効率化」とはどういった変化が起きることを想定されていますか

川田:まず第一に、私たちのプロダクトを通して不動産管理会社さんが「ウェルスマネージャー」として活動して頂くことを想定しています。お伝えしたように、管理会社さんと投資家さんのコミュニケーション方法は未だアナログベースです。

そのため、効率・時間の両側面において、機会損失が生まれてしまっていると感じています。不動産というアセットは、通常数億から数十億もの資産運用です。一般的な投資と変わらず、ある程度の「フレックス」さが不動産領域にも必要だと思っています。

不動産管理会社さんの反応はいかがでしょうか

川田:そうですね。現状、国内不動産管理会社を中心に数十社にサービス提供をさせていただいています。また、米国・英国・中国においてもサービス展開を開始しており、デジタル化への市場需要を感じています。

20181107_162615

グローバル展開も既に開始されているんですね。具体的に、市場規模はどの程度を想定されているのでしょうか

川田:まず、 居住用投資不動産のみで日米英で6,200万室に達する勢いとされています。加えて、アジア物件・小口商業物件等を加えると件数はなんと1億室を超えるんです。そのため、市場規模は15-20兆ドル(1,500-2,000兆円)と想定されています。 このグローバルな範囲で、非流動資産の運用需要を取り込んでいくことを目指しています。ただ、実は不動産領域への取り組みは、目指していく世界観への「通り道」なんです。

不動産領域のデジタライズ化は数ある中の通り道、と。企業として、どんな世界観を目指しているんでしょうか

川田:WealthParkとしては、「オルタナティブアセット」に対する投資需要が今後増えていくだろうという仮説を元に事業展開をしています。オルタナティブアセットは、例えばワインとかアートとか。日本国内で例を挙げると、コインランドリー・太陽光発電への投資などが増えてきている印象です。

今までは流動性が無く、アセットとして評価が難しかったものを、テクノロジーを用いて表現していきたいなという世界観が現事業を始めたきっかけだったんです。その最初に踏み出したのが、不動産領域だったという流れです。正直、この領域はオルタナティブアセットの中でも一番デジタル化されていないし、その性質上色々と難しい点が多いです。(笑)

オルタナティブアセットの中でも、不動産を選んだ理由は

川田:正直、この領域はオルタナティブアセットの中でも一番デジタル化されていないし、その性質上色々と難しい点が多いです。加えて、動かせないアセットだからこそ生じる各国ごとのレギュレーションなどで、よりデジタル化が進まないダブルバインドな状況。だからこそ、その分野から攻め込んでいこうと決めたんです。

実際に始めてみて、感じた課題などあれば

川田:やはり、デジタル化が進んでいないアナログな世界を一気に変えるにあたり、スピード感の面でハードルが高いなと感じています。特に、これは国内だからというわけでもなく世界共通の課題なんですよね。

ただ、投資家の方はどうかというと、資産管理状況の 確認、判断・指示、税務対応までシームレスな連携を求めているという気づきがありました。加えて、不動産投資の場合国境関係なくアセットを所有しているケースも多くあります。そのため、プロダクトとして 国ごとに制度や言語、慣習が異なる中で、如何に対応できる国を増やすことが出来るかは明白な課題ですね。

少し視点は変わりますが、普段の生活上で「オルタナティブアセット(投資)」に触れる機会はそこまで多くない印象です

川田:オルタナティブなアセットに対する投資は今までヘッジファンドや投資銀行を中心に「富裕層向けの商品」、という印象が強くありました。ただ、「オルタナティブ」は「代替」という意味なだけで、株式・債権以外への投資、という意味です。決して、お金をたくさん持っている層だけが対象というわけではないんですよね。WealthParkでは、そういった概念の所からテクノロジーを使って変えていく目標を持っています。

最後に、今後の展開について教えてください

川田:まずは、既存プロダクトの更なるグローバル展開を加速してきます。米国、中国における拠点開設も完了しました。社内のメンバーも過半数は9か国に渡る外国人で構成されグローバルな仲間と共に、準備を進めています。

また、最終的なカンパニービジョン達成のためにも、「クラウドファンディングの持ち分、ワイン、そして不動産もオルタナティブ投資に関わるアセットが買える」、そんなプラットフォームを作り上げていきたいなと考えています。その達成のためにも、まずは不動産領域においてシームレスに、デジタル化をさせていくことを目指していきます。

オルタナティブ投資とはどんなもの

仮想通貨のあるべき姿を作りあげていくのは望ましいですが、すでに仮想通貨自体は普及してしまっているため、 国の規制が市場に与える影響は非常に大きいです。

急落の原因②:大量売却があったとき

「ビットコインの売却」=「ビットコインには価値がない」という意味づけができます。どんな理由があったとしても、 ビットコインが大量に売られると価格の下落は避けられません。

急落の原因③:株式や為替の金融情勢が変化したとき

株式・為替市場と仮想通貨市場は一部リンクする場合があります。そのため 株式・為替市場が急落した際には、ビットコインの売却タイミングを速やかに判断しなければなりません。

急落の原因④:有名人の発言で影響を受けたとき

ビットコインの価値は、ビジネスシーンで影響力のある有名人の動向にも大きく左右されます。

2. ビットコインが暴落したときは「買い時」か?

(※画像はイメージです/PIXTA)

理由としては、まずビットコインの価格は非常にデリケートだからです。仮想通貨全体を通していえる現象ですが、ささいな出来事によっても市場価格は敏感に上下します。そのため、 暴落直後は市場が冷静さを取り戻し短時間で適正価格に戻る可能性が高いです。

また、 長期的に見ても、暴落したビットコインの価格は戻ってくることがほとんどです。 これまでに何度か仮想通貨ブームがやってきたように、投資市場は成長と衰退を繰り返します。

3. 過去4年から見たビットコイン暴落の歴史をチャートで解説

(※画像はイメージです/PIXTA)

過去の動向を把握すれば、適切な資産運用の大きな手掛かりにもなるので、ぜひ参考にしてください。

(参照:CoinMarketCap)

3.1. 2017年9月…中国で規制が入る

仮想通貨交換業者の運営を厳しい規制により停止させてしまったのです。 中国は人口も経済規模も世界トップレベルの超大国なので、これをきっかけとして、仮想通貨の価格も大暴落する結果となりました。

参照:CoinMarketCap)

3.2. 2018年1月…暴落が止まらず、仮想通貨バブルが終焉

2018年は2017年後半から徐々に拡大していった仮想通貨バブルが崩壊 していく時期でした。

参照:CoinMarketCap)

3.3. 2018年11月…ハッシュ・ウォー

(参照:CoinMarketCap)

2018年11月には、ハッシュウォー、別名ハードフォークが生じました。 ビットコイン業界で巨大な権力を持つ組織が分裂してしまったのです。

3.4. 2019年7月…G20で仮想通貨規制の懸念から乱高下

2019年7月には、 ワシントンで開かれたG20において、仮想通貨のリスクを不安視する文書がまとめられたことから、ビットコインの価格も暴落しました。

(参照:CoinMarketCap)

3.5. 2020年2月…新型コロナウイルスによる金融市場不安からの影響

最近の例だと、2020年に入って間もないころ、 コロナが世界中に拡大し始め、金融市場不安の影響によってビットコインが暴落しました。

(参照:CoinMarketCap)

3.6. 2021年5月 コインベースのバブル崩壊

2021年5月には、 アメリカの大手仮想通貨取引所「コインベース」が上場し、一時は価格が上昇したものの、その後下降トレンドに転換しました。 約10日間で100万円以上の暴落でした。

(参照:CoinMarketCap)

4. 暴落したビットコインの今後はどうなる?

(※画像はイメージです/PIXTA)

ここでは、 市場価格に影響を与えやすい要因を3つピックアップして解説していきます。

4.1. 信頼性や利便性のアップデート

最近は具体的なアップデートの情報はありませんが、今後もビットコインの課題を解決するために アップデートが繰り返されるのは明確であり、将来への期待を高められる伸びしろはまだまだ豊富 にあります。

4.2. 大国の規制が緩和されるかどうか

人口や経済規模の大きい国の動向はビットコインの未来を大きく変える力を持っているので、今後の規制緩和には注目です。

4.3. 大企業や投資家の動向はどうか

また、ビットコインATMの台数も長期的に見れば増加傾向にあるため、 今後さらにビットコインの利便性が高まり、企業や投資家からの需要が高まっていく ことが予想されます。

5. ビットコイン暴落中の対処法

(※画像はイメージです/PIXTA)

暴落は突如訪れるものなので、前もって正しい対処法を身につけておきましょう。

5.1. 損切りのタイミングを見極める

そうならないように、 オルタナティブ投資とはどんなもの あらかじめ損切りに関するマイルールを設定しておきましょう。

5.2. 常に情報収集しておく

発言力がある人物の動向や大きな経済ニュースには、必ずアンテナを立てておきましょう。

6. ビットコイン購入におすすめの取引所4選

(※画像はイメージです/PIXTA)

6.1. コインチェック

(引用:コインチェック)

コインチェックは、取り扱っている通貨の数が比較的多いほか、アプリ版では操作性がわかりやすいと評判 で、初心者が最初に使用するのに適した取引所です。

6.2. GMOコイン

(引用:GMOコイン)

GMOコインの取り扱い通貨数は国内トップ です。将来的に色々な通貨を売買したい方は、迷わずGMOコインで口座開設しましょう。

6.3. bitFlyer(ビットフライヤー)

(引用:bitFlyer)

bitFlyerの最大の特徴は、強固なセキュリティ です。bitFlyerは、業界最長の7年間もハッキング被害にあっていません。自分の資産を守るためには、セキュリティ面の信頼度は重要です。

6.4. DMM Bitcoin

(DMM Bitcoin)

DMM Bitcoinは、大手のDMMグループが運営するサービスなので、知名度と事業規模に裏付けされた安定感 があります。

7. 今日のビットコイン価格を確認する方法

(※画像はイメージです/PIXTA)

価格の確認方法はいくるかありますが、毎日の確認をできるだけストレスなく行えるように、 自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。

7.1. 取引所のサイトやアプリで確認する

最もメジャーな手段は、 取引所が公開している情報を確認する方法 です。

(参照:コインチェック)

7.2. ツイッターのハッシュタグ(#BTC)を利用する

SNS上にもビットコインの情報はあふれています。たとえば、 ツイッターで「#BTC」を検索してみると、数多くのビットコインの現在の価格が発信されています。

7.3. 2ch勢いランキングをチェックする

ビットコインの現在価格を確認するには、2chを活用するのも一つの方法 です。ビットコインに関する情報が日々更新されています。

(参照:2ちゃんねる勢いランキング)

8. ビットコインの急落に関するQ&A

(※画像はイメージです/PIXTA)

最後に、ビットコインの急落に関してよくある質問を紹介しておきます。仮想通貨は小難しいところもありますが、 疑問点はすぐに解消し、徐々に次のステップに進んでいきましょう。

Q1. 下落と急落、暴落の違いは何?

「下落」とは、直近の高値・安値が下回っていく際に使用 する言葉。また、 「急落」は言葉通り、急に下落するこ とを指します。そして、 「暴落」は「急落」よりも激しく下がった状態 を指します。

Q2. ビットコインに将来性はない?

何より、ビットコインの時価総額は常に1位という結果が示すように、仮想通貨全体のなかでも 確固たる地位を築いています。そのため、リスクヘッジ用の資産としても将来性が期待できます。

オルタナティブ投資とはどんなもの

ETFとはExchange Traded Fundの略で、Exchange(証券取引所で)Traded(取引される)Fund(投資信託)です。

米国株ETFに投資する4つのメリット

コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
(S&P500指数連動型)
0.4125%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
0.03%
(経費率)
0.495% 1ドルあたり20銭

コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
ゴールドインデックス・ファンド(H無)
0.5085%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ ゴールド トラスト(IAU)
0.25%
(スポンサー報酬)
0.495% 1ドルあたり20銭

画像01

ご注意事項

Max

Max

個人投資家。30年以上の国内外での投資の経験を活かしFPとして、多岐にわたる相談を受ける。
フロリダの大学在学中、某金融雑誌の編集長も務める大学教授から投資の本質を徹底的に叩き込まれる。その時培った投資手法を今でも実践。
米国や南米の富裕層との交流から、資産運用の重要性を肌で感じ、その後の考え方に多大な影響を受ける。
多くの人に投資の重要性とその素晴らしさを知ってもらいたく、投資信託と株の塾を主催。
現在は国内外に複数の企業を経営。

オルタナティブ投資とはどんなもの

ETFとはExchange Traded Fundの略で、Exchange(証券取引所で)Traded(取引される)Fund(投資信託)です。

米国株ETFに投資する4つのメリット

オルタナティブ投資とはどんなもの オルタナティブ投資とはどんなもの
コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
(S&P500指数連動型)
0.4125%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ オルタナティブ投資とはどんなもの S&P 500 ETF(IVV)
0.03%
(経費率)
0.495% 1ドルあたり20銭
オルタナティブ投資とはどんなもの

オルタナティブ投資とはどんなもの
コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
ゴールドインデックス・ファンド(H無)
0.5085%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ ゴールド トラスト(IAU)
0.25%
(スポンサー報酬)
0.495% 1ドルあたり20銭

画像01

ご注意事項

Max

Max

個人投資家。30年以上の国内外での投資の経験を活かしFPとして、多岐にわたる相談を受ける。
フロリダの大学在学中、某金融雑誌の編集長も務める大学教授から投資の本質を徹底的に叩き込まれる。その時培った投資手法を今でも実践。
米国や南米の富裕層との交流から、資産運用の重要性を肌で感じ、その後の考え方に多大な影響を受ける。
多くの人に投資の重要性とその素晴らしさを知ってもらいたく、投資信託と株の塾を主催。
現在は国内外に複数の企業を経営。

オルタナティブ投資とはどんなもの

仮想通貨のあるべき姿を作りあげていくのは望ましいですが、すでに仮想通貨自体は普及してしまっているため、 国の規制が市場に与える影響は非常に大きいです。

急落の原因②:大量売却があったとき

「ビットコインの売却」=「ビットコインには価値がない」という意味づけができます。どんな理由があったとしても、 ビットコインが大量に売られると価格の下落は避けられません。

急落の原因③:株式や為替の金融情勢が変化したとき

株式・為替市場と仮想通貨市場は一部リンクする場合があります。そのため 株式・為替市場が急落した際には、ビットコインの売却タイミングを速やかに判断しなければなりません。

急落の原因④:有名人の発言で影響を受けたとき

ビットコインの価値は、ビジネスシーンで影響力のある有名人の動向にも大きく左右されます。

2. ビットコインが暴落したときは「買い時」か?

(※画像はイメージです/PIXTA)

理由としては、まずビットコインの価格は非常にデリケートだからです。仮想通貨全体を通していえる現象ですが、ささいな出来事によっても市場価格は敏感に上下します。そのため、 暴落直後は市場が冷静さを取り戻し短時間で適正価格に戻る可能性が高いです。

また、 長期的に見ても、暴落したビットコインの価格は戻ってくることがほとんどです。 これまでに何度か仮想通貨ブームがやってきたように、投資市場は成長と衰退を繰り返します。

3. 過去4年から見たビットコイン暴落の歴史をチャートで解説

(※画像はイメージです/PIXTA)

過去の動向を把握すれば、適切な資産運用の大きな手掛かりにもなるので、ぜひ参考にしてください。

(参照:CoinMarketCap)

3.1. 2017年9月…中国で規制が入る

仮想通貨交換業者の運営を厳しい規制により停止させてしまったのです。 中国は人口も経済規模も世界トップレベルの超大国なので、これをきっかけとして、仮想通貨の価格も大暴落する結果となりました。

参照:CoinMarketCap)

3.2. 2018年1月…暴落が止まらず、仮想通貨バブルが終焉

2018年は2017年後半から徐々に拡大していった仮想通貨バブルが崩壊 していく時期でした。

参照:CoinMarketCap)

3.3. 2018年11月…ハッシュ・ウォー

(参照:CoinMarketCap)

2018年11月には、ハッシュウォー、別名ハードフォークが生じました。 ビットコイン業界で巨大な権力を持つ組織が分裂してしまったのです。

3.4. 2019年7月…G20で仮想通貨規制の懸念から乱高下

2019年7月には、 ワシントンで開かれたG20において、仮想通貨のリスクを不安視する文書がまとめられたことから、ビットコインの価格も暴落しました。

(参照:CoinMarketCap)

3.5. 2020年2月…新型コロナウイルスによる金融市場不安からの影響

最近の例だと、2020年に入って間もないころ、 コロナが世界中に拡大し始め、金融市場不安の影響によってビットコインが暴落しました。

(参照:CoinMarketCap)

3.6. 2021年5月 コインベースのバブル崩壊

2021年5月には、 アメリカの大手仮想通貨取引所「コインベース」が上場し、一時は価格が上昇したものの、その後下降トレンドに転換しました。 約10日間で100万円以上の暴落でした。

(参照:CoinMarketCap)

4. 暴落したビットコインの今後はどうなる?

(※画像はイメージです/PIXTA)

ここでは、 市場価格に影響を与えやすい要因を3つピックアップして解説していきます。

4.1. 信頼性や利便性のアップデート

最近は具体的なアップデートの情報はありませんが、今後もビットコインの課題を解決するために アップデートが繰り返されるのは明確であり、将来への期待を高められる伸びしろはまだまだ豊富 にあります。

4.2. 大国の規制が緩和されるかどうか

人口や経済規模の大きい国の動向はビットコインの未来を大きく変える力を持っているので、今後の規制緩和には注目です。

4.3. 大企業や投資家の動向はどうか

また、ビットコインATMの台数も長期的に見れば増加傾向にあるため、 今後さらにビットコインの利便性が高まり、企業や投資家からの需要が高まっていく ことが予想されます。

5. ビットコイン暴落中の対処法

(※画像はイメージです/PIXTA)

暴落は突如訪れるものなので、前もって正しい対処法を身につけておきましょう。

5.1. 損切りのタイミングを見極める

そうならないように、 あらかじめ損切りに関するマイルールを設定しておきましょう。 オルタナティブ投資とはどんなもの

5.2. 常に情報収集しておく

発言力がある人物の動向や大きな経済ニュースには、必ずアンテナを立てておきましょう。

6. ビットコイン購入におすすめの取引所4選

(※画像はイメージです/PIXTA)

6.1. コインチェック

(引用:コインチェック)

コインチェックは、取り扱っている通貨の数が比較的多いほか、アプリ版では操作性がわかりやすいと評判 で、初心者が最初に使用するのに適した取引所です。

6.2. GMOコイン

(引用:GMOコイン)

GMOコインの取り扱い通貨数は国内トップ です。将来的に色々な通貨を売買したい方は、迷わずGMOコインで口座開設しましょう。

6.3. bitFlyer(ビットフライヤー)

(引用:bitFlyer)

bitFlyerの最大の特徴は、強固なセキュリティ です。bitFlyerは、業界最長の7年間もハッキング被害にあっていません。自分の資産を守るためには、セキュリティ面の信頼度は重要です。

6.4. DMM Bitcoin

(DMM Bitcoin)

DMM Bitcoinは、大手のDMMグループが運営するサービスなので、知名度と事業規模に裏付けされた安定感 があります。

7. 今日のビットコイン価格を確認する方法

(※画像はイメージです/PIXTA)

価格の確認方法はいくるかありますが、毎日の確認をできるだけストレスなく行えるように、 自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。

7.1. 取引所のサイトやアプリで確認する

最もメジャーな手段は、 取引所が公開している情報を確認する方法 です。

(参照:コインチェック)

7.2. ツイッターのハッシュタグ(#BTC)を利用する

SNS上にもビットコインの情報はあふれています。たとえば、 ツイッターで「#BTC」を検索してみると、数多くのビットコインの現在の価格が発信されています。

7.3. 2ch勢いランキングをチェックする

ビットコインの現在価格を確認するには、2chを活用するのも一つの方法 です。ビットコインに関する情報が日々更新されています。

(参照:2ちゃんねる勢いランキング)

8. ビットコインの急落に関するQ&A

(※画像はイメージです/PIXTA)

最後に、ビットコインの急落に関してよくある質問を紹介しておきます。仮想通貨は小難しいところもありますが、 疑問点はすぐに解消し、徐々に次のステップに進んでいきましょう。

Q1. 下落と急落、暴落の違いは何?

「下落」とは、直近の高値・安値が下回っていく際に使用 する言葉。また、 「急落」は言葉通り、急に下落するこ とを指します。そして、 「暴落」は「急落」よりも激しく下がった状態 を指します。

Q2. ビットコインに将来性はない?

何より、ビットコインの時価総額は常に1位という結果が示すように、仮想通貨全体のなかでも 確固たる地位を築いています。そのため、リスクヘッジ用の資産としても将来性が期待できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる