完全ガイド

トレンド市場とは

トレンド市場とは
(概況・特徴)・学校制度…5・3・2・2制・義務教育期間…8年生まで(6歳~14歳まで)・学校年度…4月1日~3月31日・学期制…3学期制(1学期:4月~8月/2学期:9月~12月/3学期:1月~3月)・15-24歳までの識字率(2018年時点)…91.66%・15歳以上全体の識字率(2018年時点)…74.37%・総就学率(2017年時点)…就学前13.7%/初等113%/中等73.5%/高等27.4%・初等教育の純就学率(2013年時点)…92.3%・就学人口(2011年-2012年度)…幼稚園/保育園333万6365人/初等学校9131万5240人/上級初等学校6254万2529人/中等学校3777万6868人/上級中等学校4266万8238人(課題)・児童・生徒数に対して教員人材が足りていない・教員人材訓練の環境が万全ではなく、訓練未履修の教員が存在している(新たな動き)・海外への留学が増加。留学先はアメリカを中心に各国へ分岐している・EduTech産業が急伸している。新型コロナウィルス感染症流行後、オンラインでの遠隔教育を中心に様々なEduTechソリューションが発展している

データとトレンドで見るICT産業大国「インド」の全て

(概況・特徴)

・総人口に対する農林水産業の従事者比率…約50%

・農地面積…17,972万ha(2016年時点)

・主な農産物…さとうきび、コメ、小麦、馬鈴薯、バナナ、マンゴー、グアバ、トマト、パパイア、オクラ、チャ、ショウガ、牛乳など(農水省ホームページ、2019年)

(課題)

・人口増加に反して農業人口が減少

・フードロスの増加

(新たな動き)

・スマート農業、先端技術を持つベンチャー企業の活発化

・加工食品へのニーズが増加

・都会的で向けのコーヒーショップや、ベーカリーが増加

インドで展開されているコーヒーショップ「Third Wave Coffee」のフィルターコーヒー

【パート2】保健医療

(概況・特徴)

・平均寿命…68.5歳(男性67歳/女性70歳 2016年時点)

・妊産婦の死亡率…10万人あたり145人(2017年時点)

・乳幼児の死亡率…1000人あたり37人(2018年時点)

・疾病構造や死亡要因…循環器疾患27%、感染症・周産期・栄養不全26%、その他非感染症疾患13%、呼吸器疾患11%、傷害11%、がん9%

・医療費支出額…800億ドル

(課題)

・医療従事者が数、質ともに不足している

・医療教育への十分な投資がされていない

・全人口の保険加入率が25%程度に留まっている

・老年看護や高齢者ケアの概念が浸透していない

(近年の新たな動き)

・POC機器市場の伸長

・民間企業による高齢者ケアのための医療サービス提供

・健康志向が高まり、ジムや健康食品への関心が高まっている

【パート3】教育・人材

(概況・特徴)

・学校制度…5・3・2・2制

・義務教育期間…8年生まで(6歳~14歳まで)

・学校年度…4月1日~3月31日

・学期制…3学期制(1学期:4月~8月/2学期:9月~12月/3学期:1月~3月)

・15-24歳までの識字率(2018年時点)…91.66%

・15歳以上全体の識字率(2018年時点)…74.37%

・総就学率(2017年時点)…就学前13.7%/初等113%/中等73.5%/高等27.4%

・初等教育の純就学率(2013年時点)…92.3%

・就学人口(2011年-2012年度)…幼稚園/保育園333万6365人/初等学校9131万5240人/上級初等学校6254万2529人/中等学校3777万6868人/上級中等学校4266万8238人

(課題)

・児童・生徒数に対して教員人材が足りていない

・教員人材訓練の環境が万全ではなく、訓練未履修の教員が存在している

(新たな動き)

・海外への留学が増加。留学先はアメリカを中心に各国へ分岐している

・EduTech産業が急伸している。新型コロナウィルス感染症流行後、オンラインでの遠隔教育を中心に様々なEduTechソリューションが発展している

【パート4】IT・インフラ・環境

(概況・特徴)

・主要港数…13

・港湾処理能力(1TEU…20フィートコンテナ1個 2018年時点)…1638万TEU

・鉄道網(2019年時点)…6万7368km

・道路網…560万km以上 国道(2019年度)…13万2500km 州道(2017年度)…17万6166km

・輸出製品構成…石油製品14%/宝石類11%/機械製品7%/その他68%

・輸入製品構成…原油・石油製品32%/機械製品13%/宝石類11%/その他45%

(課題)

・製造分野の零細企業制が多い

・石炭中心の電気構成や車両増加による都市部の大気汚染が深刻化

・道路網への依存が高いなど、物流サービスが非効率

(近年の新たな動き)

・再生可能エネルギーが最も安価な国であるため、太陽光電池の開発などが盛ん

・2030年までに新車のEV化を国家目標に掲げるなど、電気自動車産業への積極的な取り組み

・Eコマースの需要拡大に伴い、数多くのブランドや店舗が参画

・製造業振興の国策「Make In India」の推進

・90億ドルもの資金調達を達成した、FinTech市場の伸長

インドが世界で最も注目されるITや、インフラ、環境を見てみましょう。まず2014年にモディ政権下で提唱された製造業振興策「Make In India」からも見てとれる通り、インドの目下の課題は製造業のテコ入れにあります。当初はインドが抱える様々な課題から政策はうまく実行できずにいましたが、第2次モディ政権では法人税の引き下げや労働法改革、電気自動車産業など新産業の推進を掲げて今後の展望が期待されています。電気自動車の新産業とともに、太陽光産業など再生可能エネルギーをローコストで運用できることもインドの強みです。

「NEXT BUSINESS INSIGHTS」を運営するアイ・シー・ネット株式会社では、開発途上国の発展支援における様々なアプローチに取り組んでいます。新興国でのビジネスを考えている企業の活動支援も、その取り組みの一環です。そんな企業の皆様向けに各国のデータや、ビジネスにおける機会・要因、ニーズレポートなど豊富な資料を用意。具体的なステップを踏みたい場合の問い合わせ受付も行っています。「NEXT BUSINESS トレンド市場とは INSIGHTS」の記事を見て、途上国についてのビジネスを考えている方は、まずは下記の資料集を参照ください。

●アイ・シー・ネット株式会社「海外進出に役立つ資料集」

改訂コーポレートガバナンス・コード(2021)の背景と概要

わが国政府の成長戦略としてのインベストメントチェーン改革は、機関投資家に向けた行動原則である「スチュワードシップ・コード」および、上場企業に向けた規範・行動原則である「コーポレートガバナンス・コード」の両コードを車の両輪として、すなわち企業と投資家との建設的な対話を促進することを通じて日本経済の好循環を実現しようというものでした。2014年にスチュワードシップ・コードが、2015年にコーポレートガバナンス・コードが策定されてから、これまでそれぞれ3年ごとに改訂が行われています。また、コーポレートガバナンス・コードの1回目の改訂時(2018年6月)には、同時に金融庁から「投資家と企業の対話ガイドライン」 ※2 (以下、「対話ガイドライン」という)が発出されています。この対話ガイドラインは、コンプライ・オア・エクスプレインによる企業と投資家との実効的な対話を促進するため、対話に際して重点的に議論されるべき論点を取りまとめたものであり、スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードの附属文書という位置付けとなっています。今回のコーポレートガバナンス・コードの改訂と同時に、対話ガイドラインも改訂されました(図表1)。

①新型コロナウイルス感染症拡大の状況とサステナビリティ対応の要請

②東京証券取引所の市場区分改革との関連

2 コード改訂の概要

3 コード改訂の主要論点

1. 取締役会の機能発揮

(1)【プライム市場】独立社外取締役3分の1以上の選任(原則4-8)

改訂コードでは、プライム市場上場会社について一段と高いレベルの取締役会構成の独立性を求めるものとして、「独立社外取締役を少なくとも3分の1以上、必要と考える場合には過半数」という内容が示されました。わが国の上場企業の取締役会に占める独立社外取締役の比率は、2021年8月2日に東京証券取引所から公表された「東証上場会社における独立社外取締役の選任状況及び指名委員会・報酬委員会の設置状況」 ※3 トレンド市場とは によると、東証一部上場企業のうち3分の1以上の独立社外取締役を選任する企業が72.8%、JPX日経400企業に限ると87.0%となっており、「3分の1以上の独立社外取締役」という取締役構成はすでに多くの企業で達成されています。一方で、過半数の独立社外取締役を選任する企業は、東証一部上場企業では7.7%、JPX日経400企業でも12.0%にとどまります。

(2)スキル・マトリックスの開示、他社での経営経験者の独立社外取締役への選任(補充原則4-11①)

改訂コードでは、自社の経営戦略に照らして自らが備えるべきスキル等を特定し、取締役会の多様性やバランスを考え、スキル・マトリックスを公表すること、また、他社での経営経験のある独立社外取締役を含めるべき、という原則が示されました。2019年度にPwCあらた有限責任監査法人が経済産業省の委託を受けて実施した企業向けアンケートでは、86%がスキル・マトリックスを作成していないと回答しており、これから検討を始める必要のある企業も多いと思われます。スキル・マトリックスは諸外国では以前から推奨されています。東京証券取引所が2019年11月に公表した「コーポレート・ガバナンスに関する開示の好事例集」 ※4 でもスキル・マトリックスの開示例が紹介されており、参考になります。

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 トレンド市場とは これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

データとトレンドで見るICT産業大国「インド」の全て

(概況・特徴)

・総人口に対する農林水産業の従事者比率…約50%

・農地面積…17,972万ha(2016年時点)

・主な農産物…さとうきび、コメ、小麦、馬鈴薯、バナナ、マンゴー、グアバ、トマト、パパイア、オクラ、チャ、ショウガ、牛乳など(農水省ホームページ、2019年)

(課題)

・人口増加に反して農業人口が減少

・フードロスの増加

(新たな動き)

・スマート農業、先端技術を持つベンチャー企業の活発化

・加工食品へのニーズが増加

・都会的で向けのコーヒーショップや、ベーカリーが増加

インドで展開されているコーヒーショップ「Third Wave Coffee」のフィルターコーヒー

【パート2】保健医療

(概況・特徴)

・平均寿命…68.5歳(男性67歳/女性70歳 2016年時点)

・妊産婦の死亡率…10万人あたり145人(2017年時点)

・乳幼児の死亡率…1000人あたり37人(2018年時点)

・疾病構造や死亡要因…循環器疾患27%、感染症・周産期・栄養不全26%、その他非感染症疾患13%、呼吸器疾患11%、傷害11%、がん9%

・医療費支出額…800億ドル

(課題)

・医療従事者が数、質ともに不足している

・医療教育への十分な投資がされていない

・全人口の保険加入率が25%程度に留まっている

・老年看護や高齢者ケアの概念が浸透していない

(近年の新たな動き)

・POC機器市場の伸長

・民間企業による高齢者ケアのための医療サービス提供

・健康志向が高まり、ジムや健康食品への関心が高まっている

【パート3】教育・人材

(概況・特徴)

・学校制度…5・3・2・2制

・義務教育期間…8年生まで(6歳~14歳まで)

・学校年度…4月1日~3月31日

・学期制…3学期制(1学期:4月~8月/2学期:9月~12月/3学期:1月~3月)

・15-24歳までの識字率(2018年時点)…91.66%

・15歳以上全体の識字率(2018年時点)…74.37%

・総就学率(2017年時点)…就学前13.トレンド市場とは 7%/初等113%/中等73.5%/高等27.4%

・初等教育の純就学率(2013年時点)…92.3%

・就学人口(2011年-2012年度)…幼稚園/保育園333万6365人/初等学校9131万5240人/上級初等学校6254万2529人/中等学校3777万6868人/上級中等学校4266万8238人

(課題)

・児童・生徒数に対して教員人材が足りていない

・教員人材訓練の環境が万全ではなく、訓練未履修の教員が存在している

(新たな動き)

・海外への留学が増加。留学先はアメリカを中心に各国へ分岐している

・EduTech産業が急伸している。新型コロナウィルス感染症流行後、オンラインでの遠隔教育を中心に様々なEduTechソリューションが発展している

【パート4】IT・インフラ・環境

(概況・特徴)

・主要港数…13

・港湾処理能力(1TEU…20フィートコンテナ1個 2018年時点)…1638万TEU

・鉄道網(2019年時点)…6万7368km

・道路網…560万km以上 国道(2019年度)…13万2500km 州道(2017年度)…17万6166km

・輸出製品構成…石油製品14%/宝石類11%/機械製品7%/その他68%

・輸入製品構成…原油・石油製品32%/機械製品13%/宝石類11%/その他45%

(課題)

・製造分野の零細企業制が多い

・石炭中心の電気構成や車両増加による都市部の大気汚染が深刻化

・道路網への依存が高いなど、物流サービスが非効率

(近年の新たな動き)

・再生可能エネルギーが最も安価な国であるため、太陽光電池の開発などが盛ん

・2030年までに新車のEV化を国家目標に掲げるなど、電気自動車産業への積極的な取り組み

・Eコマースの需要拡大に伴い、数多くのブランドや店舗が参画

・製造業振興の国策「Make In India」の推進

・90億ドルもの資金調達を達成した、FinTech市場の伸長

インドが世界で最も注目されるITや、インフラ、環境を見てみましょう。まず2014年にモディ政権下で提唱された製造業振興策「Make In India」からも見てとれる通り、インドの目下の課題は製造業のテコ入れにあります。当初はインドが抱える様々な課題から政策はうまく実行できずにいましたが、第2次モディ政権では法人税の引き下げや労働法改革、電気自動車産業など新産業の推進を掲げて今後の展望が期待されています。電気自動車の新産業とともに、太陽光産業など再生可能エネルギーをローコストで運用できることもインドの強みです。

「NEXT BUSINESS INSIGHTS」を運営するアイ・シー・ネット株式会社では、開発途上国の発展支援における様々なアプローチに取り組んでいます。新興国でのビジネスを考えている企業の活動支援も、その取り組みの一環です。そんな企業の皆様向けに各国のデータや、ビジネスにおける機会・要因、ニーズレポートなど豊富な資料を用意。具体的なステップを踏みたい場合の問い合わせ受付も行っています。「NEXT トレンド市場とは BUSINESS INSIGHTS」の記事を見て、途上国についてのビジネスを考えている方は、まずは下記の資料集を参照ください。

●アイ・シー・ネット株式会社「海外進出に役立つ資料集」

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる