インサイダー取引

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

出典:「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備
(電子商取引に関する市場調査)」の結果公表について(調査結果要旨)(< a href=”http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-2.pdf” target=”_blank”>http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-2.pdf)

リップル社のエンタープライズ製品

RippleNetは、リップル社が開発する xCurrent、xRapid、xVia という3つのエンタープライズ製品によって構成される ILPベースのグローバルなリアルタイム決済ネットワークです。共通の送金ルールによってネットワークへの参加金融機関はシームレスに送金先を拡大することができます。RippleNet は2017年8月14日現在、世界で唯一の国際送金用途の法人向けブロックチェーンソリューションです。 1) ”Rippleのプロダクトラインナップが拡大“. Ripple Inc.. 2017年8月14日閲覧。

RippleNetの仕組み

和訳:
リップル社では、今日情報を動かすようにお金を移動することを可能にする我々の羅針盤である『価値のインターネット』について、我々は多くのことを話してきました。しかし、どのようにしてこのコンセプトをバンキングに置き換えるのでしょうか? それはあなたの顧客から始まります。顧客の支払い需要は変化しており、『価値のインターネット』はこうした需要を満たす上で大きな役割を果たします。消費者と企業はシームレスで、リアルタイムで、確実かつ費用対効果の高いグローバルな取引を要求しています。しかし、今日のグローバルな取引は、それらの期待を遥かに下回っています。これは現在の支払いインフラストラクチャーが、古い技術と異なる支払い方法の中央集権化されたネットワークの継ぎ接ぎだからです。

  1. それはバラバラです。記録、メッセージング、ルールの技術システムは、ネットワークごとに異なります。
  2. それは遅いです。非常に多くの仲介業者を介して決済をするために、平均で3~5日かかります。
  3. 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
  4. それはエラーを起こしやすいです。障害率が高く、仲介業者間のデータフローは貧弱です。
  5. そして、コストがかかります。処理コストが高く、各支払いに平均25~35ドルかかります。

これらの問題の下流への影響は、平均を下回る卓越した経験を提供します。それは、顧客をあなたの銀行からより良いカスタマーエクスペリエンスを提供するフィンテック・プロバイダーに移動させる原動力となります。私たちは、価値のインターネットを実現する土台である『RippleNet』を使ってこれを解決します。RippleNet は、史上初の多様な支払いプレイヤーのエコシステムを統合するグローバルな分散型ネットワークです。完全に実現された RippleNet の未来像がどのようなものかを見てみましょう。

  • 1番目は、ネットワークユーザーです。これらは支払いを行うだけの大企業、中小企業、小規模銀行、決済プロバイダーです。
  • 2番目は、ネットワークメンバーです。これらは支払いを処理し、流動性を調達することで、ネットワークの土台としての役割を果たす銀行と決済プロバイダーです。

ネットワークメンバーは、双方向メッセージングとともにリアルタイム決済を提供する当社の製品『xCurrent』を利用して支払いを処理します。xCurrent を使用することにより、銀行や決済プロバイダーは、失敗を排除するための全取引の事前検証と、各支払いへのリッチデータの添付を通じて、より効率的に支払いを処理することができます。また、障害を無くすために決済前に情報の事前開示を行うことで支払いの確実性を提供します。そして、アトミックな決済を通じて、決済リスクを回避するために全ての仲介業者を横断して PASS/FAIL処理を提供します。

繰り返しになりますが、ネットワークユーザーは大企業、中小企業、小規模銀行、その他の決済プロバイダーです。彼らは、銀行パートナーを経由して支払いを行うために標準化された APIベースのインターフェースである当社の製品『xVia』を利用することができます。xVia の標準インターフェースを利用することで、ネットワークユーザーは RippleNet がもたらす全ての機能からの便益を受けることができます。彼らはグローバルにネットワークを横断してアクセスすることができます。彼らはリアルタイムにオンデマンドで支払いを送ることができます。彼らは全ての支払いに対してインボイスのようなリッチデータを添付することができます。また、彼らは支払いステータスと着金のタイミングを完全に把握することができます。

  • xCurrent は、グローバル決済のために今日の4%の失敗率を克服し、より効率的かつ確実に支払いを処理しようとしている銀行や決済プロバイダーのための製品です。
  • xRapid は、グローバルな流動性のために死蔵された5兆ドルを解放するために、デジタル資産を利用してオンデマンドに流動性を調達しようとしている決済プロバイダーと銀行のための製品です。
  • そして xVia は、数百の異なる決済ネットワークへの個別のインテグレーションを避け、グローバルな決済を行うための単一の標準インターフェースを探している大企業、中小企業、小規模銀行、その他の決済プロバイダーのための製品です。
  1. それは標準化されています。テクノロジー、API、ルール、ガバナンスはネットワーク全体で一貫しています。
  2. 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
  3. それは高速です。この技術はリアルタイム決済と双方向メッセージングを提供します。
  4. それは確実です。アトミックな PASS/FAIL処理は支払いの失敗を無くします。
  5. それは低コストです。高いSTPレートと柔軟な流動性プロビジョニングは処理コストを削減します。

xCurrent

xCurrentは、即時国際送金をするために銀行やその他の金融機関が活用しているインターレジャー・プロトコル(ILP)を基盤とした法人向けソフトウェアソリューションです。xCurrentは、RippleNet上での双方向の送金メッセージングやエンドツーエンドのトラッキングも実現します。様々な異なる送金ネットワークをまたがって即時送金を可能とするために、インターレジャー・プロトコル(ILP)がソリューションの根幹に使われています。シームレスによどみなく流れる水の流れに例えてxCurrentと命名されました。

コンポーネント

  • メッセンジャー:支払い処理の統合のための一連のサービスとパートナーの金融機関の間のセキュアなメッセージング、エンドツーエンドのオーケストレーションを提供します。
  • ILP Ledger:参加者間の流動性ポジションの保管と管理を行います。このレジャー(台帳)は、クリプトグラフィック・イベントに基づいて、ホールドされた資金の移動と流動性プロバーダーのアカウントを調整します。各参加者によって運用されます。
  • FX Ticker(コネクター):送り手と受け手の ILP Ledger を接続し、両替(FX)のためのレートを提供し、自身の資金とエスクローの間の振替を実行します。流動性プロバイダーによって運用されます。
  • バリデーター:決済の最終的な否認不可能な結果を提供することで、コネクターと ILP Ledger の間の振替の実行を調整するサービスです。一般的には流動性プロバイダーによって運用されますが、サードパーティーによって運用されることも可能です。

xCurrentの仕組み

和訳:
Rippleはどのように動くのでしょうか? xCurrentと呼ばれる Ripple の決済ソリューションの内部動作と、それがどのようにクロスボーダー決済を改善するのかを見てみましょう。
この例では、2つの銀行が支払いをルーティングするためにコルレス銀行を利用します。xCurrent には、銀行間で交換される情報を調整するメッセンジャーが含まれています。また、ILP Ledger はインターレジャープロトコルを使用して、支払いを決済するために機関の間の資金移動を調整します。xCurrent は CGI の Intelligent Gateway や Volante の Volpay などのトランスレーション層を通じて SWIFT FIN や ISO 20022 などの既存のメッセージフォーマットを取り込みます。
全体の支払いフローを通じて1つの支払いを見てみましょう。

決済プロセスを開始するために、Rippleは3つのレジャー全ての資金がホールドされるように調整します。ILP Ledger は、資金がトランザクションにコミットされることを検証するために暗号署名を生成します。

  1. 複数の銀行にまたがる全ての支払いプロセスが数秒で完了し、
  2. 取引のエンドツーエンドの可視性を提供し、
  3. さらに処理効率を向上させ、運用コストを削減します。

xRapid

xRapid は、国際送金における流動性コストを低減し、オンデマンドな流動性を提供する送金業者向けの製品です。xRapid は途上国における送金の流動性コストを低減するために XRP を独自に活用します。xRapid の名前の由来は、「素速い」を意味する Rapid です。

  1. 金融機関が法定通貨をXRPに変換される
  2. XRPが送付される
  3. XRPが受取側現地の法定通貨に変換される

xRapid は、グローバルな支払いを行うためにオンデマンドに流動性を調達してノストロ口座の残高を減らすことを可能にすることで、RippleNet のネットワークメンバーに流動性コストを削減する能力を提供します。送金をするために xRapid を利用する人たちは、裏でXRPが使われていることを知る必要はありません。しかし、両替を伴うすべての送金に XRP が中間で使われます。

RippleNetでの流動性プロビジョニング

和訳:
多くの銀行が何千億ドルもの資金を集合的に維持する数千を超えるアクティブなノストロ口座を保有しています。これは特異なことではありません。それは単純にビジネスと銀行取引業務を行うためのコストです。これは銀行にとっていくつかの問題を引き起こします。

  1. 第一:非効率です。大規模なノストロネットワークに必要な資金は膨大であり、アイドル状態(未使用状態)になっています。
  2. 第二:コストがかかります。避けることができないマニュアル(手作業)でのリコンサイルは、結果として高コストを招きます。
  3. 第三:リスクを伴います。カウンターパーティーリスクと為替リスクの両方にさらされるリスクは高いです。

このため、リアルタイム決済の解決は問題の半分でしかないことを私たちは知っています。残りの半分は、私たちの顧客のグローバルな流動性の障害を解決することです。私たちは RippleNet を利用してこれらの障害を解決します。RippleNet は同じ技術、ルール、ガバナンスを使う金融機関のグローバルネットワークです。RippleNet を利用して、私たちは顧客が流動性の障害を2つの方法で克服できるよう支援しています。

  • 1つ目は、サードパーティーの流動性とデジタル資産を利用した決済を含む新たな流動性アレンジメントにより流動性を補完するとともに、顧客の既存の流動性アレンジメント(コルレス契約?)をサポートするための柔軟なオプションを利用します。
  • 2つ目は、複数の流動性アレンジメントを単一の取引にリンクする機能である経路探索を利用します。これは様々な新しい利益を得るためのネットワークを横断したスマートなルーティングです。
  • 1つ目は、ノストロ口座リレーションシップとしても知られる私たちの銀行間の法定通貨リレーションシップです。私たちは、顧客が既存のリレーションシップを活用できるように、このモデルをサポートしています。これにより、流動性を提供している銀行が戦略的なハイボリュームのコリドーを最適化することでFX収益を得ることを可能にします。この流動性アレンジメントでは、銀行Aおよび/または銀行Bが他の銀行にノストロ口座を保有し、支払先通貨で流動性を事前調達します。または、2つの銀行間に貸借契約があることもあります。
  • 2つ目は、銀行が必要に迫られるノストロ・リレーションシップではなく、彼らが欲するリレーションシップのみを維持することで、ノストロ・リレーションシップを合理化することを可能にする私たちのサードパーティー流動性アレンジメントです。これにより、銀行は流動性が高価なコリドーからのコスト問題を克服することができます。これは中規模なコリドーに最適なオプションです。この流動性アレンジメントでは、サードパーティーがそれぞれの国での支払いに使用するために、双方の金融機関に外貨口座を開設します。
  • 3つ目は、デジタル資産の XRP を介して支払いを決済する機能です。XRPのスピード、スケーラビリティ、コストは、XRPをクロスボーダー決済のための理想的なブリッジ資産にします。これにより、銀行はほとんどのエキゾチック(マイナー)な通貨よりも日次平均の高いXRPの取引ボリュームを利用して、直接的な流動性リレーションシップを維持することなく支払いボリュームと送金先を拡大することが可能になります。これは XRP をエキゾチックなコリドーへの支払いのための理想的なブリッジ資産にします。この流動性アレンジメントでは、各銀行は XRP を直接保有するか、または XRP を調達するために取引所を利用します。これは、支払いのために利用することができるオンデマンドの代替可能な流動性プールとして機能します。
  1. それは、より資本効率的です。流動性プロビジョニングのための多様なオプションにより、銀行はノストロネットワークを縮小することができます。
  2. それは、コストを削減します。アトミックなPASS/FAIL処理はリコンサイルを自動化し、運用コストを60%削減します。
  3. そして最後に、それはリスクを低減します。リアルタイム決済と直接的なリレーションシップの縮小は全体のリスクを低減します。

マルチホップのメリット

和訳:

質問:
私たちは多くの人が質問しているマルチホップという RippleNet の機能についてお話します。それは何ですか? それはどのように動きますか?

クレイグ・デウィット:
まず最初に、マルチホップは、RippleNetのメンバーに銀行や決済プロバイダーやデジタルウォレットを利用して、彼らが直接的な関係を持たない相手に対する取引の能力を与えます。これはとても重要なことです。なぜなら、今日の世界では、お金を動かすだけのために不格好に組み合わせられた非常に多くの相互的な関係が必要です。これは、AがBとの関係を持ち、BがCとの関係を持ち、それらが伝言ゲームのように情報を伝えなければいけないことを意味します。マルチホップはそれを過去のものにします。

質問:
それでは、誰が RippleNet でこの機能を使用するのですか?

クレイグ・デウィット:
数週間前、私たちはサイアム商業銀行がマルチホップを使用していると発表しました。そして、それが意味することは、彼らが顧客にサイアム商業銀行を通じたカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムへの送金を可能にしているということです。つまり、送金者は、この地域全体に対して送金エリアを拡大しアクセスする能力を得たということです。受取人は、完全な可視性と透明性を通じて手数料を削減するため、より価値の高い支払い受け取り能力を得ます。

質問:
この関係は双方向ですか? つまり、あなたがおっしゃったそれらの受取人はラオス、タイ、カンボジアにいるということでしょうか? マルチホップを利用すれば、彼らが直接的に接続されていない機関に対して送金が可能だということですか?

クレイグ・デウィット:
はい、まさにその通りです。これを支えるテクノロジーに関する最も素晴らしいことの一つは、情報が双方向に移動できるインターネットの仕組みのように、それが動くことです。だから、カンボジアは RippleNet と繋がっていれば、まさに今日のインターネットの仕組みのように、直接的な関係がないエリアにも送金をすることができます。つまり、インターネットのように、あなたがお金や情報を送る必要があるときに、それを受け取るための経路は無数にあります。

xViaは、RippleNetのネットワークを利用して銀行や送金事業者を通して国際送金をしたい事業会社、送金業者、銀行のためのスタンダードなAPIインターフェイスです(開発中)。従来複雑で一貫性がなかった送金接続がRippleによって1つのインターフェイスに集約されます。xViaを利用することで、送金ステータスの透明性を確保しながら送金し、請求書などの豊富な送金情報を送信することが可能になります。名前の由来は「〜を通って、経由して」という意味のViaです。

国際送金をしたい大企業、中小企業、小規模銀行、その他の決済プロバイダーは、RippleNet へのアクセスに xVia を利用します。

RippleNetを利用した中小企業の支払い

和訳:
国際的なサプライヤーに支払いを行う中小企業にとって、日常はシンプルとは掛け離れています。彼らの支払いのニーズは益々複雑になっています。しかし、世界の決済インフラは1970年代以来ほぼ同じ水準にとどまっています。そして、あなたが中小企業の支払勘定チームに所属している場合には、あなたはいくつかの重大な障害を抱えています。

  1. 支払いに請求書を添付することができません。
  2. 支払いの総費用とタイミングの可視性が限られています。
  3. おまけに、支払いが実際にいつ到着するのかを確かめることができません。そして、それが到着しなければ、調査は面倒で高い費用がかかります。

私たちは RippleNet を利用してこれらの障害を解決します。それは中小企業顧客にグローバルな送金をするための摩擦のない体験を、今日提供できる銀行と決済プロバイダーのネットワークです。

ここに見本があります。私たちはアルファ社の支払い履歴のダッシュボードを見ています。これは金融機関から提供されたもので、現在それは銀行から提供されます。アルファ社はタイのKC工場からの請求書を受け取りたいとします。現在、銀行には工場の請求書を簡単にアップロードしてスキャンし、彼らの ERP に支払い情報が自動入力される機能が提供されています。xCurrent のバックエンドでの機能を利用することで、アルファ社の問題は完全に解消されました。

  1. 彼らは受取人のアカウント情報を即座に検証して、失敗を避けることができます。
  2. 彼らは支払いの総費用についてリアルタイムで見積もりを受け取ります。
  3. そして、彼らは正確な支払額と納期を知ることができます。
  • すべての支払いへのリッチデータの添付を通じた簡単なリコンサイル。
  • 総費用と納期に関するエンドツーエンドの透明性を通じたカスタマーエクスペリエンスの向上。
  • そして、支払いのリアルタイム決済によって提供される完全な確実性を通じた心の安らぎ。

Rippleソリューションの使用例

企業の支払い

ジーニアスは「労働市場を通じて 社会を豊かにする」をミッションとして、ヘッドハンティング、エグゼクティブサーチ、シニア活用事業などを展開する会社です。

人と会社と組織を考えるニュースマガジン

インターネット決済代行業者の比較分析-決済市場の未来とは?!-

インターネット決済代行業者について分析しました。


分析者:玉崎優

1.インターネット決済とは何か?

  1. クレジットカード決済
  2. 代引き決済
  3. 後払い決済

この3本の柱がインターネット決済の主軸となっている。それぞれの決済方法について説明していく。

ⅰ.クレジットカード決済

ⅱ.代引きによる決済

ⅲ.後払い決済

消費者の決済方法別構成比(%)

出典: 消費者向け電子商取引実態調査2009年(http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/denshi/pdf/21gaikyo1.pdf)第15図参照

  1. 企業同士の取引をBtoB
  2. ネットショップなどの企業と消費者間の取引をBtoC
  3. オンラインオークションなどの消費者同士の取引をCtoC

経済産業省によると、平成 24 年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は、262 兆円(前年比 101.7%)、日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、9.5兆円(前年比 112.5%)まで拡大している。10年間で10倍以上に成長しており、EC市場は爆発的に成長している業界であるといえる。

日本の BtoC-EC 市場規模の推移


出典:「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備
(電子商取引に関する市場調査)」の結果公表について(調査結果要旨)(< a href=”http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-2.pdf” target=”_blank”>http://www.決済ソリューションを通じて収益を得る方法 meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-2.pdf)

2.後払いによる決済について

今回は複数ある決済システムの中でも「後払い決済」について深堀して分析を行う。

GMOペイメントウェイ「PGマルチペイメント・フレームワーク」

(例)GMOペイメントゲートウェイの後払い決済システムの一例

出典:GMOペイメントゲートウェイHP(http://www.gmo-pg.com/campaign/lp006)

2013年下期(6月~12月)のネット通販における不正取引の割合

出典:かっこ株式会社「ネット通販取引のリピーターのうち、 支払期限超過経験者の未回収リスクは3.3倍!2013年下期のEC不正取引分析公開」(http://cacco.co.jp/information/products/ネット通販取引のリピーターのうち、-支払期限超/)

  • 取引金額が少額であること(額が大きいと未回収の際の損失が大きい)
  • 登録住所の定住確認(水道代金や光熱費が支払われているか)
  • 転売目的をさけるために、換金性の高いものは避ける(転売による利益を見込んでの注文だと、代金が確実に払われるか定かではないため)
  • イレギュラーな商行為となっていないか(利用者の通常の取引額を大幅に上回る注文などは要注意)

3.今後の決済市場に関する考察

後払い決済企業比較

後払い決済企業比較(表をクリックして拡大)

1点目:
加盟店数・決済処理件数・決済処理金額が景気の回復の影響もあって増加したため

2点目:
継続課金分野の拡大(決済代行サービスの拡大etc.水道代金など)

3点目:
付加価値サービス・新規分野の拡大(配送サービスや早期入金サービス)

社員1人当たりの売上/利益を分析するとペイジェントは売上238,981、利益38,692であり、同業者の中でも非常に高い水準であった。1人当たり売上は、ベリトランス109,455 、ゼウス85,481、ネットプロテクションズ70,358 と続く。1人当たり利益は、ウェルネット10,400、ベリトランス9,830 、ゼウス7,025 であった。

4.インターネット決済代行業者について調べてみての感想

さらには今後もこの分野は成長をしていくと考えられ、継続的にこの分野の情報に目を通していきたい。また、ネット決済の業界は自身の興味のある銀行業界とも繋がりがあると思われるし、成長中の業界であるので、銀行業界を分析する際にはこの分野にも着目していきたいと思う。今回のレポートが初めてヘッドハンティングのジーニアスで書いたレポートであり、慣れないことも多かったがこの経験を次に活かしていきたいと思う。

bitdao(bit)の買い方は?bybitで、bitを購入する方法と今後の将来性について

仮想通貨

1.BitDAOとは?

プロジェクト/通貨名 BitDAO/bit
プラットフォーム DAO
特徴 NFT,Defi.スワップ、ステーキングなどの多彩なオプション

1-1.DAOとは?

1-2.BITトークンの役割

2.BitDAOの特徴やサービス

DAO DAO以外
取引所の管轄 なし あり
処理時間 速い 取引所による
ハッキングリスク 少ないがある あり

2-1.BitDAOの技術的特徴

トークンスワップ

○オンチェーンガバナンスシステム

2-2.BitDAOのサービス内容

トークンスワップによる企業連携

コア製品の構築

  • ガバナンススイート:オンチェーンおよびオフチェーンの製品とベストプラクティスのセット
  • 財務管理:DAOが資産を展開および監視して、利回りまたはブートストラップ製品を獲得する機能。
  • 助成金:暗号業界の公共財である研究または製品を生産するチームに助成金を提供する

助成金の提供 決済ソリューションを通じて収益を得る方法

3.bitトークンについて

さらに、TechNewsLeader Price Indexによると、BITの24時間ボリュームは$ 97,099,774です。BitDAOの価格値は過去24時間で-2.57%変化しました。過去7日間で、BITの価格は-6.3%の変動があります。最大供給量は586,278,943コインに制限されています。

    決済ソリューションを通じて収益を得る方法
  • 既存および新規のプロジェクトとのトークンスワップ
  • さまざまな戦略への財務配分
  • パートナープロジェクトの流動性サポート
  • 開発チームおよびR&Dセンターへの助成金またはマイルストーン報酬(BitDAO製品の構築、またはパートナー製品のサポート)
  • ブロックチェーン技術プロジェクト、教育プログラム、またはその他のブロックチェーン公共財への助成金
  • BitDAOコアプロトコルの更新(ガバナンスおよび財務管理機能を含む)

3-1.bitトークンスワップ

4.bitトークンを取得/購入する方法

  • BitMart
  • MEXC
  • Uniswap(V3)
  • AEX
  • CoinW
  • Gate.io
  • Sushiswap

4-1.bybitでbitトークンを購入する手順

  • 日本の取引所でビットコインを購入し、入金する
  • bybitに入金する
  • bybitでbitを購入する
  • アカウントにログインする
  • ドロップダウンメニューから希望の通貨を選択する
  • 使用する金額または購入するBTCの金額を入力する
  • サービスプロバイダーと支払い方法を選択する(Bybitでの支払い方法として、電子送金、Visa / Mastercardクレジットカードとデビットカード、および現金預金を使用できます。)

  • 指値注文(特定の価格になったら自動的に注文できる)
  • 価格設定
  • 購入したいbitの枚数

4-2.bybitで購入する際の注意点。上場したのはbybitだけ?

流動性が低いと理想の価格で買えない場合がある

ハッキングなどのリスク

4-3.bitdaoのステーキングはどこで出来るのか?

  • ステーキング期間:2021年10月21日~2022年01月12日
  • 最小ロック量:1 BIT(上限なし)
  • 年率換算利回り:APYは5%~11%ですが、実際の利回りは市場の状況に応じて日々調整される
  • ロックの最短期間:1 日
  • 利回りの配布:利回りはステーキングの一日後に配布される
  • 報酬:BIT
  • ロック解除条件:ステイクされたbitトークンは24時間後にロック解除され、それ以降、いつでも解除申請可能

[資産サービス]→[MX DeFi]→[ステーキング][BIT]を見つけます。

[今すぐステーク]をクリックします。

5.BitDAOの将来の予測は?

2021年末 2.5-2.7$
2022-2023年 3-4$
2030年 35-50$

  • ネットワークの採用とパートナーシップ
  • bitトークンのホルダーの数の増加

2023年までに、最大値の$ 6.01に達する可能性があり、平均価格が$ 5.45、最低価格が$ 5.27、最高価格が$ 6.01で終了する可能性があります。

仮に強気のトレンドが継続すれば、2028年のBitDAOの価格は32.決済ソリューションを通じて収益を得る方法 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 69ドルになり、最高価格は$ 40.04です。 平均価格予測は約33.63ドルになる可能性があります

デジタル投資戦略を仮想から現実に変えていくには

Digital Innovation in Strategy and Transactions. Knowledge 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 in industrials, automotive, machinery, construction, infrastructure, mobility, and logistics.

EY-Parthenon Principal, Strategy and Transactions, Ernst & Young LLP

Driving value through strategic growth initiatives with a focus on digital business transformations. Avid reader. Organic 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 farming enthusiast.

EY Americas Digital Strategy and Transformation Co-leader

Digital and 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 transformation leader. Innovator. Builder. Struggling golf nerd.

EY Global Strategy and Transactions, Chief Innovation Officer

Passionate digital leader and innovator transforming companies in disruptive growth through M&A, partnership and JVs. Connector of corporates and start-ups. Proud father of two children.

EY-Parthenon Principal, Digital Innovation, Ernst & Young LLP

Leading digital transformation efforts for clients. Extensive experience in emerging technology and start-up ecosystems. Gardening pro.

青木 義則

EY 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Startup Innovation 共同リーダー EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジー・アンド・トランザクション EYパルテノン マネージング・ディレクター パートナー

関連資料を表示

Will your digital 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 investment strategy go from virtual to reality v2

デジタル戦略を改善し、デジタル投資収益率を実現する上で重要な8つの方法を紹介します。

  • デジタルスキルを備えるデジタルリーダーは、明確な戦略と優れた実行力で高いデジタル投資収益率と収益成長率を実現している。
  • モノのインターネット(IoT)、クラウド、人工知能(AI)は、デジタル投資を加速させる上で今や当たり前のテクノロジーとなったが、ほとんどの企業はいまだその恩恵を十分に実感できていない。
  • 自社での自律的なデジタル投資戦略とM&Aによるデジタル投資戦略とでは、CXO(各事業でのリーダー)の間では好みが分かれているが、デジタルM&Aは期待を上回る可能性が高いと見込まれる。

* CVC: Corporate Venture Capital

EY Japan の窓口

青木 義則

青木 義則

EY Startup Innovation 共同リーダー EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジー・アンド・トランザクション EYパルテノン マネージング・ディレクター パートナー

中川 勝彦

中川 勝彦

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジー・アンド・トランザクション グローバルストラテジーオフィスリーダー/ソフトウェア・ストラテジー・グループ Asia-Pacificリーダー EYパルテノン パートナー

何年かにわたるテクノロジーへの多額な資金投入で、最高経営責任者(CEO)や最高デジタル責任者(CDO)をはじめとした上級管理職は、デジタル投資収益率(Return On Digital Investment、以下RODI)を実現しなければならないというプレッシャーを感じています。パンデミックの影響で経済は、経費制約を余儀なくされ、約束通りに取引が実行できなくなるという事態も生じました。また、投資の価値を最終的な収益に結び付けることができなければ、あらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションが急速に進展を遂げても、デジタル化の見込みは単なるバズワードと化す恐れもあります。

EYのチームとオックスフォード・エコノミクス社では、世界の業界全体でテクノロジーに関する意思決定を担う1,001人の経営者を対象に、デジタル戦略とその成果について調査を行いました。2020年の第3四半期に実施された「EY Digital Investment Index(DII)」の調査では、企業が新型ウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックに対応して戦略を再調整している姿を浮き彫りにしています。

関連資料を表示

レポートをダウンロードする

デジタルリーダーに学ぶ

デジタルリーダーの特徴

  • デジタルリーダーであると答えた者は、1,001人の調査回答者のわずか9%に相当する
  • デジタルリーダーでない回答者と比較して、約6%多くデジタル投資収益率を達成する
  • 過去2年間で収益成長率の増加を報告し、今後も高い成長を期待する(49%が過去2年間で収益成長率が過去2年から6%を超えたと報告したのに対し、デジタルリーダーでない回答者は29%)
  • デジタル投資に対しより成熟した戦略とその実行方法を備えている

EYパルテノンができること

デジタルM&Aフレームワーク

デジタルリーダーが有する戦略的優位性

  • デジタルに関する戦略を明確に定義していると48%が回答(デジタルリーダーでないグループでは36%)
  • 不要な施策を取り下げつつ、デジタルイニシアチブの優先順位付けをして、すぐに現金収益が得られる施策に注力する
  • 新たなデジタル製品、サービス、ビジネスモデルの加速に蓄えた資金を充当する
  • デジタルリーダーの53%が、戦略を実行するために適切な先端技術に投資していると回答(デジタルリーダーでないグループでは45%)

現在のところ、デジタルリーダーはエリート層のような存在とされています。今後の道筋を描くときに、企業はどのような特徴を持ったデジタルリーダーを採用していくべきでしょうか?

デジタル投資を最大限に活用するには

先端技術の成果を収めていない現状

利益実現の妨げとなるものを理解する

  • 65%の回答者が、デジタル計画が失速する原因はスキルや人材の不足と回答
  • 59%の回答者が、予算不足に言及
  • 58%の回答者が、データに関する課題として、データ品質の低さや強力なデータ分析機能の欠如を指摘

この状況では、データの部分が非常に重要となります。経営者は、縦割り構造を解消し、強力なデータ分析機能をサポートすることで、組織内のデータ共有が容易に行われることを確認しなければなりません。デジタルリーダーは、現在利用可能なデータ(例:価格データ分析)を活用して、短期的価値を追求すると同時に、将来に向けて必要なデータインフラを構築するという二重の対応を求められています。

自社での投資戦略、M&Aによる投資戦略の考えを一本化するには

デジタルM&Aとパートナーシップへのシフト

CB Insights社の付加的なデータ分析によれば、以下に示すFig. 3の株価収益中央値のセグメントに反映されているように、特許の代理出願を使用して自社のケイパビリティを構築することが、価値を推進する上で重要であることが示されています。しかし、価値とスピードの両方を獲得するためには、自社開発(特許)とM&Aやコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)のような合併・買収や出資・支援による戦略の両方をバランスよく追求することが最適なアプローチであるとしています。

投資戦略については、経営者層での意識合わせが必要

規模拡大を阻む障壁を克服するには

スキル不足や資金不足でデジタル計画が失速

大幅なスキルアップの実施

強固なガバナンスと評価基準を確立するには

デジタル投資収益率(RODI)の優位性

正確なRODI測定のために障壁を克服する

本調査について

Digital Investment 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Index(DII)— 調査結果の一覧

  • 1,001名の最高経営幹部:CEO(最高経営責任者)、CDO(最高デジタル責任者)、CFO(最高財務責任者)、CSO(最高戦略責任者)、CIO(最高情報責任者)
  • 2020年9~11月にかけて実施
  • 調査対象地域:Americas(北・中・南米)60%、欧州20%、Asia-Pacific(アジア・パシフィック)20%
  • 企業の規模:年間売上高10億米ドル以上(うち3分の1が100億米ドル以上)
  • 製造業/モビリティ(AM&M)
  • 消費財
  • 教育
  • エネルギー
  • 金融サービス(FS)
  • ヘルスケア/ライフサイエンス
  • プライベートエクイティ
  • テクノロジー、メディア・エンターテインメント、テレコム(TMT)
  • CBIは、224社のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを評価。
  • 企業投資、M&A戦略、特許出願などの基礎データを提供。
  • セクターと地域は、オックスフォード・エコノミクス社の調査と一致。
  • クラウド、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、サイバー技術、自動運転車、ロボット、ブロックチェーン、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などが分析したテクノロジーですが、これに限定されるものではありません。

主な執筆者 – Andy Youn, Robert Lin, Andy Robertson, Jierui Liu, Corinne Daniel and Imran 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Venjara(EYパルテノン)

「EY Digital Investment Index(DII)」レポートは、リーダーがデジタル戦略の改善や、デジタル投資収益率を高める方法を理解するのに役立ちます。

この記事について

EY-Parthenon Principal, Digital Strategy and Transactions, Ernst & Young LLP

Digital Innovation in Strategy and Transactions. Knowledge in industrials, automotive, machinery, construction, infrastructure, mobility, and logistics.

EY-Parthenon Principal, Strategy and Transactions, Ernst & Young LLP

Driving value through strategic growth 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 initiatives with a focus on digital business transformations. Avid reader. Organic farming enthusiast.

EY Americas Digital Strategy and Transformation Co-leader

Digital and transformation leader. Innovator. Builder. Struggling golf nerd.

EY Global Strategy and Transactions, Chief Innovation Officer

Passionate digital leader and innovator transforming companies in 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 disruptive growth through M&A, partnership and JVs. Connector of corporates and start-ups. Proud father of two children.

EY-Parthenon Principal, Digital Innovation, Ernst & Young LLP

Leading digital transformation efforts for clients. Extensive experience in emerging technology and start-up ecosystems. Gardening pro.

青木 義則

EY 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Startup Innovation 共同リーダー EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジー・アンド・トランザクション EYパルテノン マネージング・ディレクター パートナー

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

EY-Parthenon is a brand under which a number of EY member firms across the globe provide strategy consulting services.

EY | Assurance | Tax | Transactions | Advisory

About EY

EY is a global leader in assurance, tax, transaction and advisory services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2017 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

シームレスなオンライン決済システムに必要な5つのステップ

実際、スマートフォンユーザーの46%が、ピアツーピア(P2P)の決済アプリを頻繁に利用しています 2 。また、世界的に見ても、若年層の消費者がデジタルウォレットの利用傾向をリードしています 3 。しかし、オンラインショップのうち、モバイルウォレットでの取引を受け入れているのは29%に過ぎません 4 。ビジネスオーナーは、モバイルウォレットを売り手サービスの一環として活用することで、競争力を高めることができます。

  • 顧客を待たせないことが大切です。PayPal Checkoutを使ってより迅速に決済を処理し、コンバージョンを高めることができます。
  • ​最新の決済方法を導入しましょう。当社のプラットフォームでは、クレジットカード、デビットカード、ペイパル決済、Apple PayやGoogle Payなどが提供するデジタルウォレットも利用できます。

チャージバックが多発すると、カード発行会社が取引を停止してしまうため、不正行為は見逃せません。不正行為との戦いは終わりのないものであり、チャージバック詐欺は「フレンドリーな」詐欺とも呼ばれますが、この認識は間違っています。2020年には、57%の企業が、前年に比べて不正行為による損失が増加したと回答しています 5 。十分なリソースを持っている企業は、できればセキュリティ強化よりも顧客獲得と維持に費用をかけたいと述べています。

  • 3DセキュアやオプションのCVVチェックなどのペイパルの機能を活用し、ユーザーの行動パターンを特定することで、不正行為の発生を抑え、認証率を向上させます
  • 最新の暗号化、監視技術、ネットワークトークン化を用いて顧客データを管理し、評判リスクを低減します
  • 不正の兆候がないか、定期的に取引を審査します。 Similityの技術を採用したペイパルの不正防止ツールは、適応的意思決定を使用してAIに基づいた判断を行い、不正リスクを評価します。
  • エンタープライズ(大企業)向けPayPal Commerce Platformは、信頼性が高く、俊敏で、海外オンライン通販アプリケーションを含む、グローバル市場で展開することができます。
  • 包括的なレポートと異議申し立て用APIにより、時間を節約し、業務上の懸念を軽減することができます。さらに、レポートにより、取引サマリーの分析、手数料の確認、決済バッチサマリーの実行、カスタムレポートの作成が可能になります。

ステップ5:海外オンライン通販での事業拡大

  • 全世界で4億人以上のアクティブユーザーが利用するペイパルの包括的なネットワークにアクセスできます 7 。
  • 顧客に、安全で信頼性の高いペイパルでの決済方法を提供し、顧客が利用している現地の支払いチャネルに加えて、単一の電子決済システムを介してすべてを提供します。
  • グローバルな知識を持つローカルチームのサポートにより、進化する規制やコンプライアンスの状況を容易に把握することができます。

出典:
1 Mobile POS Payments Worldwide、Statista、2019年11月。
2 How Consumers Use Peer-to-Peer Mobile Payment Apps、The Manifest、2018年6月。
3 The Rise of Digital & Mobile Wallets、Merchant Machine、2018年11月。
4 Mobile Payments in the United States: Statistics & Facts, Statista、2019年10月。
5 2020 Global Identity and Fraud Report、Experian、2020年1月。
6 Consumer Loss Barometer、KPMG、2019年。
7 PayPal Second Quarter 2021 Results、2021年7月28日​

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる