初心者向けおすすめFX動画

ダブルボトムのエントリーとターゲット解説

ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
私の6年のノウハウを詰め込んだFXトレード講座を開講中!
<メルマガ読者さん限定プレゼント>
☆「トレードにおける勝ちやすい場面 」
~安定して勝ち続けるには、〇〇と〇〇をすればいい!~

ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXチャートパターン「スパイク」とは?エントリー方法も解説

FXテクニカル分析

チャートパターンの中でも、 転換パターンの1つである「スパイク」について、エントリー方法なども含め説明します。

  • スパイクとはどういうチャートパターンか 特徴 を知りたい
  • スパイクの エントリー方法 を知りたい
  • スパイクでエントリーする時の 注意点 を知りたい

FXチャートパターン「スパイク」とは?

スパイクトップはローソク足で見ると長い上ヒゲになることが多く、スパイクボトムは長い下ヒゲになることが多いです。

スパイクは、形作る前はスパイクになるかどうか見極めるのが難しく、スパイクを形作った後はレートが頂点から離れてしまっているので、 見極めやエントリーが難しいチャートパターンです。

「スパイク」のエントリー

ダブルトップ・ダブルボトムやヘッドアンドショルダーなどは、チャートパターン完成後にエントリーとなりますが、 スパイクはチャートパターンが完成した後だと、一番値動きの大きいところを取れないため、エントリーが難しいチャートパターンです。

1. 大きな時間足でのスパイクを狙う

スパイクは動きが早く、短期足で発生するスパイクだと、エントリーの判断をする前に値が戻ってきて中途半端な位置でエントリーすることにもなりかねませんので、 基本的には、自分のトレードスタイルに合わせて狙いやすい値幅が取れる大きな時間足の動きを狙います。

2. レジスタンス、サポートを確認する

スパイクの先端部分レジスタンスサポートされるようなラインや抵抗帯があるかを確認し、その後エントリーを検討します。

3. 短期足でエントリーポイントを確認

大きな時間足ではスパイクトップでエントリーできるように見えなくても、 短期足を見るとダブルトップを形作っていたり、高値を切り下げていたり、エントリーしやすいチャート形状を形作っていることがあります。

ダブルボトムのエントリーとターゲット解説

私の6年のノウハウを詰め込んだFXトレード講座を開講中!
<メルマガ読者さん限定プレゼント> ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
☆「トレードにおける勝ちやすい場面 」
~安定して勝ち続けるには、〇〇と〇〇をすればいい!~

FX メルマガブログ

応援クリックお願いします!

あやの欲しい物リスト

あやのプロフィール

このままではダメだと一念発起し、花屋のアルバイトをやめ、リアルトレードを封印&FX検証生活だけの日々を送る。
相場の本質と資金管理を独自に研究し、晴れて勝ち組トレーダへ。スキャルピングを得意とする。
初心者でも相場感を養うことができる「環境認識」を確立し、広める。

FXセミナーを多数開催。 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
「あや読者さんから、一人でも多くの、ハッピー勝ち組を生み出す」というミッションは、自分が苦労した勝てない時代があったからこそ、伝えられる【私にしかできないこと】。
「勝つための秘訣やノウハウ」などを体験をもとに伝えたいという心の底からの願い。

Twitter フォローしてね♡

人気記事ベスト10

  • Forex Testerのプランはどれを選べば良い?
  • 【限定割引・特典付】ForexTester5をプロトレーダーが絶賛!勝ち組が必ず使っている理由とは?
  • トレードの優位性の一つ 【前日の高値安値】
  • 水平線セミナーの資料作成
  • 【保存版】FX検証ソフトを5つ徹底比較&オススメ検証ソフト3選
  • ポンド円 環境認識 2022/06/10
  • トレード方法(水平線&初心者向け)2 ポンド円 環境認識 2022/06/21
  • ポンド円 環境認識 2022/06/15
  • トレード方法(水平線&初心者向け)
  • FXの利益を出金するタイミング

FXセミナー

最近の投稿

  • ポンド円 環境認識 2022/07/06
  • ポンド円 環境認識 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 2022/07/05
  • ポンド円 環境認識 2022/07/01
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/06/30
  • ポンド円 環境認識 2022/06/29

最近のコメント

    に あや より に ジョン より に あや より に ひろき より に あや より

カテゴリー

FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」

【免責事項】 当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 本情報の取り扱いについては、利用者の責任において行って頂きますようお願いいたします。 当ブログを参考にして行われたトレードや、メルマガなどから発信される内容およびコンテンツによって いかなる損害が生じましても一切の責任を負いませんので予めご了承ください。 【著作権】 当ブログ「初心者も自由LIFEをつかむ方法」に掲載されている文章・画像・構成など、全てのコンテンツの著作権は当ブログの製作者であるAYAに帰属します。 これらの著作権は、各国の著作権法・各種条約・その他の法律で保護されています。 全てのコンテンツについて、転載・転用・改変等、許可なく利用することを固く禁止します。 著作権侵害については担当弁護士より関係機関に通報いたします。 【あやからの一言】 当ブログは、 2014年3月 より始めさせていただいております。 挫折せずにここまで続けられてきたのも、 ひとえに皆様からのご支持あってのことです。 これからも、アウトプットを兼ねながら、皆様に優良な情報をシェアできるように頑張って更新します。どうぞよろしくお願いします。 あや

ブログコンテンツ

ソーシャルメディア

© Copyright 2022 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」. All rights reserved./プライバシーポリシー ダブルボトムのエントリーとターゲット解説

ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

ウォルフ波動の基本(4)

ウォルフ波動というのは、チャートを見慣れていないと
なかなか発見できないと思います。
自分も1年くらいずーとチャートとにらめっこしていて
ようやくウォルフを認識できるようになった感じです。

このブログでは、基本はウォルフ検証を目的にしていますので
随時ウォルフのチャートをアップしていければと考えています。
(ただし、引くラインについては、人によって微妙に違ったりしますので
あくまで、自分がこれだろうな、と思う、ご都合ラインになってしまいますがご了承ください)

まずは、ドル円4時間足。
これを見てどこにウォルフが隠れていると思いますか?
ちょっと考えてみてください。

いかがでしょうか?
このウォルフの形は自分的には好きなパターンです。
実はこのとき、5️⃣点目のタイミングでは、ほとんどの人がこのまま上に行くと思っていました。
しかし、キレイに形成されたウォルフを確認していた自分は、下目線でおりました。
そして、雇用統計の指標で一気にターゲットまで下落していくことになったのです。
結果的にはさらに下落を続けることになりましたね。

4時間足のウォルフは、ウォルフターゲットまでかなりの値幅が取れますので
発見するとなかなか嬉しいです。
ただ、ターゲットに到達するまでには1週間、2週間かかることもありますし
価格は上下しますので、トレンドをつけたら、少しずつ刻んで利益を取っていく方がいいかもです。

ここでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
さっきの4時間足のウォルフパターンと似ていませんか?
似てますよね、形が。
実は、チャートの形というのは、大きい足の形が小さい足に現れることが多いいんです。

ウォルフパターンとしては若干形が緩いのですが
さっきのウォルフの
4️⃣点目が1️⃣点目に
5️⃣点目が1️⃣点目に入れ替わって
逆のパターンを築いているんです。

そうなんです。
ウォルフというのは、4️⃣点目が1️⃣点目に変わり
ウォルフ形成後、逆のウォルフを作ることもよくあるんです。
これを知っていると、次の予測が立てやすいんですよ。

ちなみに15分足レベルの場合は、比較的速やかに
ターゲットまで到達してくれるのでストレスがないかもですね。
(もちろん、5分足、1分足でもウォルフは同じように現れます)

いかがだったでしょうか?
人によって若干違う見つけ方もあるかと思いますが
自分はこんなイメージでウォルフパターンを発見しては
ラインを引いてトレード戦略を立てております。

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

ウォルフ波動の基本(1)

ウォルフ①③⑤ラインの習性

質問:ウォルフターゲット到達後はどうします?

ウォルフ波動の注意点(動画)

何時も有難う御座います。
FXを1年余り勉強して居りますが、まだ、ど素人ですが、ウォルフ波動論を知り、調べたところ、先生のブログ知り勉強さして頂いて居りますが、検証結果拝見させて頂き勉強中ですが、少し、気に成る処、 1-3の延長線上に5と思って居りますが
検証結果を見て居りますが、線上少し超えたケースが散見されますが、先生の基本にも多少のずれでも機能すると書かれていますが、如何の程度までOKなのか、先生のお考えをご指導お願い致します。
ウォルフラインの成功率は如何の程度と思われますか、
このケースはゲットし易い、このケースは不成功だと言った思いがあれば教えて下さい。
ご面倒をおかけしますが、宜しくお願い致します。

リッチさんこんにちは。
5点目の件ですよね!
たとえば上方向に5点目を抜けた場合
上に抜けたまま「上昇トレンド」をつけた場合は一旦忘れて見送った方がいいかもです。
成功率が高いのは、5点目を抜けた足が
5点目付近で「ダブルトップ(ボトム)」「三尊(逆三尊)」の形を形成するケースです。
これはとても信頼度が高くなります。
また、これは視覚的になのですが
ウェッジ内(①③⑤ラインと②④ライン内のウェッジを形成する足)が
ウォルフターゲット方向に向けて
鋭角的なダブルトップ(ボトム)の形になっていると
これもかなり信用度が高いウォルフ波動パターンとなります。
それと、すごく成功率が高いケースは、なんといっても基本中の基本なのですが
ウォルフ波動とは「相場の転換」を狙うものということを意識することです。
つまり、明らかな上昇(下降)基調からの転換ポイントで形成される ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
ウォルフ波動(ウェッジ)は、信頼度が高いということです。
上昇(下降)の途中段階で、調整相場として形成する場合もあるので
ここの見極めをするだけでも確率の高いウェッジを見つけることに
繋がると思います。
ウェッジの形が不安な場合は、②④ライン抜けをとにかく待ってみる事ですかね。
もちろん、自分も、たとえば、②④ラインを抜けてウォルフターゲットに向かっている途中で ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
指標とか発言とか、なにかのきっかけで逆方向にトレンドをつけて逆行していく場合は、一旦損切りなり、利確なり、エントリーを外して見送る場合もありますが、その場合もラインを残しておいて
その後どうなるか見届けます。
文章で書くと分かりづらい点があるかもしれませんがすみません。
また何かあればご連絡くださいね。
ではでは^^

  • enb
  • 2018年 1月 14日

とても興味深いサイトです。
ウォルフ波動については、どうも曖昧な記事の方が多く、こちらのサイトを見てとても感銘をうけました。
リッチさんと同じで、やはり自分にも気になるところがあります。
ほとんどリッチさんと同じようなないようなのですが、
fx-youさんの2017年 10月 21日のご回答を図でご教授いただけませんか?
文章だといまちいちわかりにくいのですが、とても参考になるような気がしてずっと気になってしまいます。

enbさんこんにちは。
5点目オーバーシュートについてでしょうかね??
5点目を抜けた場合等は、そこでWボトム・トップ、三尊・逆三尊などを
作ってくれた場合はエントリーしやすいという感じです。
そのまま5点目をトレンドをつけて抜けて行った場合は見送りというイメージになります。
5点目でのチャートパターン例ですが
http://fx-you.net/wolfe20171019
こちらのブログ記事のイメージなのですがいかがでしょうか。
もし上記内容で違うようでしたらまたご連絡ください。
宜しくお願いします。

  • ヒロポン
  • 2018年 3月 17日

ヒロポンさんこんにちは。
引けます!そちらも正解です!
細かく見ていくとあちこちに別な正解も出てくるので
それはそれで結果OKですね!
参考例としてもっと分かりやすいチャートがあったら
変更しようと思いつつそのままでしたがまた良いチャート探してみます。
ありがとうございました。

ボックス・レクタングル・フラッグ【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

ボックス・レクタングル・フラッグについて

ボックスの概要

レンジ相場 とは、 高値を結んだライン(レジスタンスライン・抵抗線)と安値を結んだライン(サポートライン・支持線)との間の中でチャートが動いている相場 のことをいい、チャートの7割がレンジ相場であるといわれています。このレンジを上抜けると上昇トレンド、このレンジを下抜けると下降トレンドに移行します。

そして、それらラインが平行でないものを 三角保ち合い (シンメトリカルトライアングル(ペナント)、アセトラ、ディセトラ、ウェッジなど)といい、ラインが平行なものを ボックス (四角形)といいます。

ボックスは、さらに、それらラインがともに水平なものを レクタングル 、水平でないものを フラッグ と分けることができます。ここではそれらボックスについて見ていきます。

ボックスの戦略

ボックス相場ではレジスタンスライン(抵抗線)で跳ね返されて、サポートライン(支持線)で反発するのですから、「 抵抗線で売って、支持線で買う 」「 支持線で買って、抵抗線で売る 」のであればその抵抗線と支持線の利幅を得ることができます。これはこのボックスが継続することを前提としてます。

この戦略においては、これらラインを割るとこのボックスが終了したことを意味するわけですから、この手法の前提・根拠が失われます。よって、損切りラインは売ったり買ったりしたラインとは異なる 他方のラインを割ったところ となります。

ボックス相場もいつかは終わりを迎え、どちらかのラインを割ります。ラインを割ったということは上昇あるいは下降トレンドに入ったということですので、ラインを割った地点でその同じ方向に買いや売りを入れます。つまり、「 抵抗線を越えた直後に買う。あるいは支持線を割った直後に売る。 」ということになります。先ほどの手法とは真逆です。これは先ほどと逆でこのボックスが終焉を迎え新たな局面に入ったことを前提としています。

この戦略においては、そのラインを割ってその方向にトレンドが動いたことを前提としていますから、その方向にトレンドが進まなかったらこの手法の前提・根拠が失われます。よって、損切りラインは そのブレイクしたラインに戻ったところ となります。

レクタングル(長方形)

レクタングルの概要

レクタングル とは、 高値を結んだライン(レジスタンスライン・抵抗線)と安値を結んだライン(サポートライン・支持線)との間の中でチャートが動いており、かつ、それらのラインが平行であるチャート のことをいいます。

このレクタングルは、直前まで上昇トレンド(下降トレンド)が続いていたが、売り(買い)圧力が強くて高値(安値)を更新するには至らず調整局面に入っている(レンジ相場に入っている)という状態でよく現れるチャート形状です。「売り」と「買い」が拮抗していますが、基本的には上昇トレンド(下降トレンド)が終了していなければ、トレンドは継続しているわけですので、 直前のトレンドと同じ方向に抜ける ことが多いといえます。

逆に市場参加者がここら辺が天井(底値)だと考える人が多くなると逆方向に抜けます。その場合は トレンドが転換した ということになります。

レクタングルの戦略

逆張り手法としては、「 抵抗線で売って、支持線で買う 」「 支持線で買って、抵抗線で売る 」というのが基本となります。

順張り手法としては、上昇トレンドであれば、上図のように 抵抗線を抜けたのを確認して「買い」をいれる というのが基本となります。

しかし、既に前回お話ししたとおり、抵抗線を抜けたとしてもそれが「だまし」の場合があり、すぐに抵抗線の下まで戻される可能性もあります。その「だまし」に引っかからないように念のため、 一回様子を見て、そのチャートが下がって再び抵抗線で反発した(抵抗線が支持線に変わった)のを確認してから「買い」をいれる(押し目買い) ということも考えられます。また、 ブレイクした瞬間に買い逃した人 もこの二度目で「買い」をいれることになります。
※もちろん、ブレイクした後一度も下がらずそのまま上昇することもよくあります
※なお、下降ラインの場合はこの逆となります

また、リスクはありますが、 抵抗線をブレイクすることを確信している場合は、この支持線に触れたタイミングで何回かに分けて「買う」 ことも考えられます。この場合は成功したときの利益も大きいですが、失敗したときのリスクも大きいことになります。分けて買うのは、その時点ではまだブリッシュ・フラッグかどうか分からず下降するリスクがあること、また、急激に上に抜ける可能性があるからです。

レクタングルの目標利益幅は、 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 レクタングルの幅と同じだけ上方向にあるところ が一応の目安となります。その理由は、これは分かりやすいので市場参加者の多くがここら辺で天井だろう(従って、ここから下がっていくだろう)と考えるので、この目安付近で利益を確定させ、チャートが下がっていくからです。

ブリッシュ・フラッグ(Bullish flag、強気フラッグ、上昇フラッグ)

ブリッシュ・フラッグの概要

相場において、 ブル (Bull、牡牛(オスのウシ)) とは、強気の上昇トレンドのことをいいます。ブルといえばスペインの闘牛が有名ですね。ブルは下から上に角を突き上げるようにして攻撃することから、それをイメージしてこう呼ばれるようになったといわれています。

ブリッシュ・フラッグ(ブルフラッグ) ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 とは、 高値を結んだライン(レジスタンスライン・抵抗線)と安値を結んだライン(サポートライン・支持線)との間の中でチャートが動いており、かつ、それらのラインが下降しているチャートのこと をいいます。

このブリッシュ・フラッグは、直前まで上昇トレンドが続いていたが、売り圧力が強くて高値を更新するには至らず調整局面に入っている(レンジ相場に入っている)という状態でよく現れるチャート形状です。「売り」と「買い」が拮抗していますが、基本的には上昇トレンドが終了していなければ、トレンドは継続しているわけですので、 直前のトレンドと同じ方向に抜けることが多い といえます。その場合は、上昇トレンドの単なる「調整」であり、「押し目」ということになります。

なお、気をつけるべきは、それがダブルトップではないかということです。ダブルトップの場合は逆向きに抜けますので、念のためラインに跳ね返された2回目の動向には気をつける必要があります。

ブリッシュ・フラッグの戦略

順張り手法としては、上昇トレンドであれば、上図のように 抵抗線を抜けたのを確認して「買い」をいれる というのが基本となります。

しかし、既に前回お話ししたとおり、抵抗線を抜けたとしてもそれが「だまし」の場合があり、すぐに抵抗線の下まで戻される可能性もあります。その「だまし」に引っかからないように念のため、 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 一回様子を見て、そのチャートが下がって再び抵抗線で反発した(抵抗線が支持線に変わった)のを確認してから「買い」をいれる(押し目買い) ということも考えられます。また、 ブレイクした瞬間に買い逃した人 もこの二度目で「買い」をいれることになります。
※もちろん、ブレイクした後一度も下がらずそのまま上昇することもよくあります

また、リスクはありますが、 抵抗線をブレイクすることを確信している場合は、この支持線に触れたタイミングで何回かに分けて「買う」 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 ダブルボトムのエントリーとターゲット解説 ことも考えられます。この場合は成功したときの利益も大きいですが、失敗したときのリスクも大きいことになります。分けて買うのは、その時点ではまだブリッシュ・フラッグかどうか分からず下降するリスクがあること、また、急激に上に抜ける可能性があるからです。

ベアリッシュ・フラッグ(Bearish flag、弱気フラッグ、下降フラッグ)

ベアリッシュ・フラッグの概要

相場において、 ベア(Bear、熊) とは、弱気の下降トレンドのことをいいます。熊は立ち上がって両手の爪を上から下へと振り落とすように攻撃することから、それをイメージしてこう呼ばれるようになったといわれています。

ベアリッシュ・フラッグ(ベアフラッグ) とは、 高値を結んだライン(レジスタンスライン・抵抗線)と安値を結んだライン(サポートライン・支持線)との間の中でチャートが動いており、かつ、それらのラインが上昇しているチャートのこと をいいます。

このベアリッシュ・フラッグは、直前まで下降トレンドが続いていたが、買い圧力が強くて安値を更新するには至らず調整局面に入っている(レンジ相場に入っている)という状態でよく現れるチャート形状です。「売り」と「買い」が拮抗していますが、基本的には下降トレンドが終了していなければ、トレンドは継続しているわけですので、 直前のトレンドと同じ方向に抜けることが多い といえます。その場合は、下降トレンドの単なる「調整」であり、「売り目」ということになります。

なお、気をつけるべきは、それがダブルボトムではないかということです。ダブルボトムの場合は逆向きに抜けますので、念のためラインに跳ね返された2回目の動向には気をつける必要があります。

ベアリッシュ・フラッグの戦略

順張り手法としては、下降トレンドであれば、上図のように 支持線を抜けたのを確認して「売り」をいれる というのが基本となります。

しかし、既に前回お話ししたとおり、支持線を抜けたとしてもそれが「だまし」の場合があり、すぐに支持線の上まで戻される可能性もあります。その「だまし」に引っかからないように念のため、 一回様子を見て、そのチャートが上がって再び支持線で反発した(支持線が抵抗線に変わった)のを確認してから「売り」をいれる(売り目売り) ということも考えられます。また、 ブレイクした瞬間に売り逃した人 もこの二度目で「売り」をいれることになります。
※もちろん、ブレイクした後一度も上がらずそのまま下降することもよくあります

また、リスクはありますが、 支持線をブレイクすることを確信している場合は、この抵抗線に触れたタイミングで何回かに分けて「売る」 ことも考えられます。この場合は成功したときの利益も大きいですが、失敗したときのリスクも大きいことになります。分けて売るのは、その時点ではまだベアリッシュ・フラッグかどうか分からず上昇するリスクがあること、また、急激に下に抜ける可能性があるからです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる