FX デモ取引

RSIを算出する方法

RSIを算出する方法
引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • RSIを算出する方法
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • RSIを算出する方法
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合 RSIを算出する方法

算定基礎届の記入例

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

プロフィットファクターの理想的な平均値とは

プロフィットファクターの理想値(平均)

W2C-Angely_Strategy_Tester_2005-2020

W2C-Angelyのバックテスト結果

フォワードテスト

widget

順張りEAの理想値は「1.28」です(日足)。

1.07 × 1.2 = 1.28

(例)「W2C-Tiger」の場合

W2C-Tiger_Strategy_Tester_2005-2020

W2C-Tigerのバックテスト結果

フォワードテスト

widget

(例)「W2C-WhiteTiger」の場合

W2C-WhiteTiger_Strategy_Tester_2005-2020

フォワードテスト

widget

高勝率EAの理想値は算出できません。

しかし、それでは、EA評価のニーズを満たすことができません。そのような理由から、「Adjusted Profit Factor」という概念が利用されています。「Adjusted Profit Factor」とは、勝ちトレード数や負けトレード数が少ない場合でも相応の計算式を用いることにより、EA評価の統計学的頑健性を高めようと考案されています。

「EAスコア」は、Adjusted Profit Factorの概念を応用したEA評価ツールです。是非、様々なEAの評価にご利用いただけますと幸いです。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 RSIを算出する方法 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame RSIを算出する方法 :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

株初心者でも売買タイミングが視覚的にわかるチャート『MACD』

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな RSIを算出する方法 く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 RSIを算出する方法 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合

算定基礎届の記入例

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる