FXの基礎知識

リスク管理

リスク管理
The University of Washington’s Computational Finance and Risk Management MS degree achieved 15th place in QuantNet’s 2022 rankings of financial engineering MS programs.

NIST Risk Management Framework RMF

CSRC Logo

The Risk Management Framework provides a process リスク管理 that integrates security, privacy, and cyber supply chain risk management activities into the system リスク管理 development life cycle. The risk-based approach to control selection and specification considers effectiveness, efficiency, and constraints due to applicable laws, directives, Executive Orders, policies, standards, or regulations. Managing リスク管理 organizational risk is paramount to effective information security and privacy programs; the RMF approach リスク管理 can be applied to new and legacy リスク管理 systems, any type of system or technology (e.g., IoT, control systems), and within any type of organization regardless of size or sector.

For more information on each RMF Step, including Resources for Implementers and Supporting NIST Publications, select the Step below.

Prepare Essential activities to prepare the organization to manage security and privacy risks
Categorize Categorize the system and information processed, stored, and transmitted based on an impact analysis
Select Select リスク管理 the set of NIST SP 800-53 controls to protect the system based on risk assessment(s)
Implement Implement the controls and document how controls are deployed
Assess Assess to determine if the リスク管理 controls are in place, operating as intended, リスク管理 and producing the desired results
Authorize Senior official makes a risk-based decision to authorize the system (to operate)
Monitor Continuously monitor control implementation and risks to the system

These resources may be used by governmental and nongovernmental organizations, and is not subject to リスク管理 リスク管理 リスク管理 copyright in the United States. Attribution would, however, be appreciated by NIST.

NTT東日本、リスク管理会社「NTT Risk Manager」を設立、東京海上日動とトレンドマイクロが共同出資

NTT東日本は2022年6月15日、新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区)を同年7月1日に設立すると発表した。ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する会社であり、当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ。コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。資本金は2億5000万円で、出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。

NTT東日本は、ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区、図1)を2022年7月1日に設立する。当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ(図2)。

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。新会社の概要は記事末の表1の通り。資本金は2億5000万円で、3社による出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。

販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。会社の規模は、初年度10人弱、5年後に30人強を予定する。新会社の代表取締役社長には、一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 リスク管理 室長)が就任する予定(写真1)。

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

NTT東日本、リスク管理会社「NTT Risk Manager」を設立、東京海上日動とトレンドマイクロが共同出資

NTT東日本は2022年6月15日、新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区)を同年7月1日に設立すると発表した。ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する会社であり、当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ。コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。資本金は2億5000万円で、出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。

NTT東日本は、ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区、図1)を2022年7月1日に設立する。当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ(図2)。

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。新会社の概要は記事末の表1の通り。資本金は2億5000万円で、3社による出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。

販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。会社の規模は、初年度10人弱、5年後に30人強を予定する。新会社の代表取締役社長には、一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)が就任する予定(写真1)。

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

UW Computational Finance & Risk Management

The Computational Finance and Risk Management (CFRM) program addresses the demand in the financial services industry for advanced quantitative computational finance competencies and next-generation risk management skills. CFRM provides students with a rigorous mathematical and statistical foundation as well as extensive instruction in the use of open source R-programming. The program courses are taught by an interdisciplinary team of professors with backgrounds in Applied Mathematics, Economics, and Statistics as well as a diversified set of financial industry professionals who serve as adjunct リスク管理 リスク管理 instructors. Established by the Department of Applied Mathematics at the University of Washington, the CFRM program offers rigorous and relevant instruction grounded in both theory and practice. Recognizing the rapidly changing landscape in finance, CFRM adapts to equip students with skills and リスク管理 knowledge that will enable them for future success.


Celebrating 10 years of the Computational Finance and Risk Management graduate programs. Thank you to students, staff and faculty リスク管理 for being a part of CFRM over the last decade!

The University of Washington’s Computational Finance and Risk Management MS degree achieved 15th place in QuantNet’s 2022 rankings リスク管理 of financial engineering MS programs.

UW Computational Finance & Risk Management

The Computational Finance and Risk Management (CFRM) program addresses the demand in the financial services industry リスク管理 for advanced quantitative computational finance competencies and リスク管理 next-generation risk management skills. CFRM provides students with a rigorous mathematical and statistical foundation as well as extensive instruction in the use of open source R-programming. The program courses are taught by an interdisciplinary team of professors with backgrounds in Applied Mathematics, Economics, and Statistics as well as a diversified set of financial industry professionals who serve as adjunct instructors. Established by the Department of Applied Mathematics at the University of Washington, the CFRM program offers rigorous and relevant instruction grounded in both theory and practice. Recognizing the rapidly changing landscape リスク管理 in finance, CFRM adapts to equip students with skills and knowledge that will enable them for future success.


Celebrating 10 years of the Computational Finance and Risk Management graduate programs. Thank you to students, staff and faculty for being a part リスク管理 of CFRM over the last decade!

The University of Washington’s Computational Finance and Risk Management MS degree achieved 15th place in QuantNet’s 2022 rankings of financial engineering MS programs.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる