テクニカル分析の基礎

デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は

デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は
先ほど説明した通り、SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの特徴は、S&P500に採用されている銘柄のうち約80の高配当銘柄に一気に投資できることです。

米国株(アメリカ株)初心者におすすめ!ETF投資のメリットを解説

米国株 ETF

米国株への投資の中でも、ETF(上場投資信託)は少額から投資ができると初心者に人気があります。「ETFは投資信託で比較的安全な投資らしいが、リスクはないのだろうか」と、疑問に思う方もいるでしょう。ETFは投資であるため、まったくのノーリスクとはなりません。しかし、ETFには様々な魅力があります。 今回は米国株投資初心者にEFTが向いている理由や、セクターごとのETFを紹介します。この記事を読めば米国株投資でETFがなぜ人気なのか、理由もわかるでしょう。

米国株のメリットとは

米国株のメリットといえば、少額からの取引が可能な点です。1株からでも買えるため、少額投資をしたい方にはうってつけでしょう。日本株の場合は100株や1000株単位で取引されるので、購入資金も多く必要ですが米国株にはその心配はありません。安い株であれば、数万円から投資をはじめられるのは大きなメリットでしょう。

米国株投資におすすめの証券会社ランキング

米国株取引の代表3社

とくにマネックス証券の米国株をみると銘柄数は4297(2021年9月13日時点)もあります。投資をはじめたいと思うなら、上記の3社が有力な選択肢になるでしょう。

マネックス証券ロゴ

SBI証券ロゴ

楽天証券ロゴ

DMM株ロゴ

PayPay証券ロゴ

米国株のETFとは

米国株は世界中で取引が開始されていますが、取引額も最も多いといわれています。そのなかでもETF(上場投資信託)は人気があります。 ETFは株を売買するのと同じ手法で取り扱われますが、内容は投資信託なので間違えないようにしてください。米国のETFではNYダウ、S&P500などの株式指数と連動しており、ベンチマークにのっとる形でプロが資産運用をしています。

米国ETFが初心者におすすめの理由

米国株の銘柄数は現時点でも6000株を超えているため、初心者には選ぶときのハードルも高めです。個別に購入して分散投資することも可能ですが、一つひとつの銘柄を調べるのは手間がかかりますし、購入数がどうしても多くなってしまいます。 その点ETFであれば、テーマ選定のみで投資が可能なので、あまり銘柄に詳しくなくても心配ありません。1株からでも始められることも、十分な資金力のない初心者には魅力でしょう。

米国のETFは日本円で購入できる?取引時間は?

アメリカのETFはドルに変換する手間がいらず、日本円でも購入が可能です。口座を開設した証券会社を仲介するので、取引時間内であればいつでも売買が可能な点も魅力のひとつでしょう。しかしすべてが円で買えるわけではありません。日本円で買えるETFは、銘柄に対して種類や数が決まっている点には注意しましょう。

米国ETFは円とドルのどちらで購入すべきか

ETFをどちらの通貨で買うか迷ったときには、ドルで買ってみましょう。円とドルで資産を分ければ、リスクを分散することが可能です。また日本円で買うときのように、為替手数料も気にする必要はありません。 さらにETFの中には円では買えない銘柄も存在しますので、混乱しないためにも初心者はまずはドルで購入すべきといえるでしょう。

米国ETF投資におすすめの証券会社

楽天証券の米国ETF投資

楽天証券:海外ETFのメリット

楽天証券のETFでは、銘柄数の多さや買付手数料の低さが人気です。とくに銘柄数は国内でも最多の344(2021年10月2日現在)本を取り扱っています。買付手数料自体が無料になるETF銘柄もあり、選択肢の幅が広いのもメリットのひとつです。 また楽天証券ではNISAの口座に限り、買い付け手数料がバックする仕組みもあります。手数料を0円にしたいなら、楽天証券はぜひ候補に入れておきましょう。

スマートフォンアプリ「iSPEED」とPC用ツール「マーケットスピード」には、株価チャートの表示やニュースの閲覧、様々な注文機能をご利用いただけます。
対象商品:米国株式

引用元:楽天証券 公式サイト

マネックス証券のETF投資

マネックス証券の米国株

マネックス証券の人気の秘密は、豊富なサービスメニューにあります。たとえば時間外でも取引が可能、逆指値・トレール注文などの注文方法がある、銘柄の分析ができる、米国株の専用アプリがある、などです。 また楽天証券には及ばないものの、手数料の安さも選ばれる秘密でしょう。注文方法が多彩で相場を見続ける必要もなく、リスクが分散できるため初心者のユーザーも多くいます。 マネックス証券の口座開設はこちら

SBI証券の米国ETF投資

SBI証券 米国株取引

SBI証券もまた手数料の安さが魅力の証券会社です。最低手数数が0円に設定されており、上限は22ドルと初心者でも利用しやすいでしょう。ETFの買付手数料も、一部限定(VT・VTI・VOO・SPYなど)で無料です。 またSBI証券では、住信SBIネット銀行経由で購入した場合、手数料0円でSBI証券へ入金可能です。米国株専用のアプリも用意されているので、初心者でも投資が始めやすいのはメリットでしょう。

米国ETF(アメリカETF)における3つの特徴

米国ETFにおける3つの特徴

  • リアルタイムで取引できる
  • リスクを分散できる
  • 低コストで運用できる

リアルタイムで取引できる

通常の投資信託では、夜になってから基準価額が適用されます。そのため注文をしたタイミングでは、約定代金がはっきりしないという欠点があります。しかしETFであれば、株式の取引と同じようにリアルタイムで利用できるのはメリットです。約定価格をその場で知ることができるため、こちらも初心者向けといわれる理由でしょう。

リスクを分散できる

投資信託では、多くの銘柄にポートフォリオが組み込まれています。金融商品が組み合わさることで銘柄1つに限定して購入するよりも、リスクの分散がしやすいのも特徴です。通常の米国株なら選ぶのも大変 でしょう。しかしETFなら1本で分散投資をしているので、通常の米国株と比べてもリスクの分散がしやすいといえるでしょう。

低コストで運用できる

ETFはインデックス指標を対象としており、信託報酬=経費率も安く設定されています。通常の投資信託と比べてみても安くなっています。信託報酬はETFを保有している間常に発生するため、それが安いことは長期保有を考える人には特ににメリットとなるでしょう。低コストで投資をはじめたい方にも、ETFはおすすめです。

ETF市場が成長する背景

米国ETFは品揃えが豊富

日本でもETFの取り扱いはありますが、アメリカほどではありません。日本では200本ほどしかないETFでも、アメリカではその10倍ほどの取り扱いがあるからです。アジアやヨーロッパ諸国でも、株価指数と値動きが連動するETF、ITに特化した株価指数に連動するETFなどが登場しています。 またバイオ関連・水関連など、特定の商品に連動するETFも多くなっており、自分のイメージにぴったりのETFが見つかるでしょう。

米国株のETFを選ぶ3ポイントとは

米国株のETFを選ぶ3ポイント

  • 経費率は安いか
  • 流通量は多いか
  • ポートフォリオが投資スタイルに近いか

経費率は安いか

ETFを選ぶ際に一番気になるのが経費率です。経費率を簡単に説明すると、ETFなどの投資信託の純資産総額に対する割合を指します。アメリカのETFは投資信託と比べてみても、経費率は低くなりやすいといえるでしょう。なぜなら販売会社への手数料が発生せず、インデックスに投資するため、銘柄の選定なども必要ないからです。 もしはじめてETFを利用するなら、経費率ができるだけ安い銘柄を選びましょう。しかしドルで買う場合、為替手数料が発生することは覚えておきましょう。

流通量は多いか

ETFは株式と同じように、リアルタイムで取引を完了できます。しかし恩恵を受けるためには、毎日の出来高がなるべく高い銘柄を選ぶ必要があります。そのため流通量の多さはETFで外せない要素です。出来高が少ない銘柄を選んでしまえば、取引のベストなタイミングも逃してしまうでしょう。

ポートフォリオが投資スタイルに近いか

高配当利回り銘柄でおすすめのETF3選

配当利回りは聞き慣れないかもしれませんが、購入した株価に対しての配当(一年間)の高さを指します。高配当利回りの銘柄であれば、配当金も比例して高くなるため選ぶ基準となるでしょう。以下に高配当利回りの銘柄の選び方を解説します。

NISAを利用するなら米国株投資がおすすめな理由

NISAを利用するなら米国株投資についての説明

1.アップル
2.デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は マイクロソフト
3.アマゾン・ドット・コム
4.テスラ
5.アルファベットC(GOOG)
6.アルファベットA(GOOGL)
7.メタ・プラットフォームズ
8.デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング
9.エヌビディア
10.ユナイテッドヘルス・グループ
11.ジョンソン&ジョンソン
12.JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
13.バークシャー・ハサウェイ
14.プロクター・アンド・ギャンブル
15.ウォルマート・ストアズ
16.バンク・オブ・アメリカ
17.ホーム・デポ
18.マスターカード
19.ビザ
20.アリババ・グループ・ホールディング
21.エクソン・モービル
22.ファイザー
23.ASMLホールディング
24.バークシャー・ハサウェイ
25.トヨタ自動車(株)
26.コカ・コーラ
27.ロイヤル・ダッチ・シェル

アップルやマイクロソフトといったハイテク企業が上位を独占しています。クレジットカードなどで有名なビザ、ウォルト・ディズニーやコカ・コーラといった日本でも有名な企業がランクインしているのが特徴です。

一般NISAはいつまで?2024年にどう見直される?

一般NISAはいつまで?2024年にどう見直される?

2024年スタートの新NISAとは何かの説明

現在、利用できる一般NISAは2014年1月から非課税期間最大5年間、投資期間として最長10年間の制度となっています。したがって、2023年の12月まで現行の一般NISAが利用されることになります。

2024年1月以降は新たな制度として新NISAが設定されており、一般NISAとは異なる制度が適用されることになります。新NISAは投資期間・非課税期間ともに5年間と定められており、1階が積立投資のための20万円の非課税枠、2階が一般NISA同様の枠として102万円の非課税枠が設定されています。

新NISAは2028年までの利用が可能で、1階の20万円の非課税枠ではつみたてNISA同様、金融庁の基準を満たした投資信託しか購入できません。2階の102万円の非課税枠では一般NISA同様、個別株やETFといったさまざまな金融商品を購入することができます。

①非課税期間内に売却する
②特定口座などに移管する
③一般NISAから新NISAにロールオーバーする(2019年分については2024年の新NISAにロールオーバーすることが可能)

NISA口座でおすすめの証券会社ランキング

NISA口座でおすすめの証券会社ランキング

NISA口座を利用するなら、以下の証券会社がおすすめです。特にネット証券であれば、NISA口座だけでなく、特定口座での取引手数料も低コストで済み、ポイント投資などができるといった総合証券にはないメリットがあります。

SBI証券

SBI証券を口コミから分析

  • 米国個別株・米国ETFの取り扱いが多い
  • 初心者にとって操作しづらい
  • 日本株式の取引ができるアプリとは別

SBI証券のメリット

SBI証券のメリットは、マネックス証券に次いで米国個別株・米国ETFの取り扱いが多い点です。米国個別株は4554銘柄、米国ETFは342銘柄と豊富に取り揃えています。さらに米国に限らず、ネット証券の中でも9カ国ともっとも複数の国や地域に投資ができる点でも魅力的です。

SBI証券のデメリット

ネット証券の中では、外国株式の取り扱いも多いSBI証券ですが、その分情報量が多く初心者にとって操作しづらいといった声があります。

また、米国株式の取引ができる専用アプリがありますが、日本株式の取引ができるアプリとは別となっています。スマホだけでトレードする場合、日米で別々のアプリを起動させなければならず面倒なのが大きなデメリットといえます。

SBI証券「米国株アプリ」の良い評判・口コミ

出典:Google Play プレビュー

SBI証券「米国株アプリ」の悪い評判・口コミ

細かい点は沢山あるが、最大の問題点は通知機能がないこと。 もともとSBIの外国株取引はメール通知もないが、アプリが出来た以上、アプリからの通知はあると思ったのに、無いんですね。 株価がリアルタイムではないので、他のサイトで株価を確認してから指値しているが、若干タイムラグが生じてしまうこともあり、約定通知が来ないといちいち注文照会画面を見に行かなくてはならず非常に面倒。

出典:Google Play プレビュー

SBI証券「米国株アプリ」の悪い評判・口コミ

細かい点は沢山あるが、最大の問題点は通知機能がないこと。 もともとSBIの外国株取引はメール通知もないが、アプリが出来た以上、アプリからの通知はあると思ったのに、無いんですね。 株価がリアルタイムではないので、他のサイトで株価を確認してから指値しているが、若干タイムラグが生じてしまうこともあり、約定通知が来ないといちいち注文照会画面を見に行かなくてはならず非常に面倒。

出典:Google Play プレビュー

マネックス証券

マネックス証券

米国投資のパイオニア的なネット証券です。ネット証券の中では、米国個別株や米国ETFの取扱数が国内No.1の会社でもあります。

  • 低コストで米国株投資を始められる
  • 米国株に関する情報が充実
  • 外国株式は米国株・中国株のみ
  • 他社より手数料が高い

マネックス証券のメリット

通常の取引手数料も低コストに抑えられていますが、マネックス証券であればNISA口座で米国株を購入するときにかかる手数料がキャッシュバックされるため、より低コストに米国株投資を始めることができます。米国株に関する情報も充実しているため、初心者にとっても安心して投資ができる環境が整っています。

マネックス証券のデメリット

マネックス証券は米国個別株・ETFともに選択肢が多いのですが、外国株式は米国株・中国株の2ヵ国しか取り扱いがありません。中国株のほとんどは香港株という偏りがあります。

また、米国株以外の国内株式の取引を一緒に行いたい場合、1回ごとに手数料がかかるプランを選択していると、例えば50万円超~100万円以下の国内株式の購入時、手数料が成行なら1,100円(税込)、指値なら1,650円(税込)かかります。他証券よりも手数料が高くつくデメリットがあります。

楽天証券

米国個別株の銘柄数は上位2社に劣りますが、米国ETFだけの本数をみれば国内No.1なのが楽天証券です。楽天ポイントを使って投資信託や国内個別株などを購入できるといった他の証券会社にはないサービスを行っています。

  • 手数料キャッシュバック
  • 直感的な操作が可能
  • 楽天ポイントを使って投資ができる
  • 個別株の銘柄数が少ない

楽天証券のメリット

マネックス証券同様、NISA口座で米国株を購入するときにかかる手数料がキャッシュバックされるため、実質無料で買付を行うことができます。インターフェースが見やすく、直感的に操作できるため、株式の売買に慣れていない初心者でも利用しやすいメリットがあります。また、楽天ポイントを投資に充てることができます。以下の動画では、楽天ポイントを使って米国株を購入する方法について説明しているので参考にしてみてください。

楽天証券のデメリット

楽天証券では米国ETFの本数は多いのですが、個別株の銘柄数が少ないのがデメリットです。また、外国株式自体も米国・中国・アセアン地域(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の6ヵ国対応となっており、SBI証券の取り扱い数よりも少ないです。米国を含め、幅広い地域に投資をしたい人には不向きといえます。

初心者こそNISA口座で米国株を購入するのがおすすめ

初心者こそNISA口座で米国株を購入するのがおすすめ

米国は、経済成長を続ける国のひとつで、世界的にも大きく注目されている企業が多い国です。日本にいると米国は遠い存在に感じるかもしれませんが、今や日常で必要不可欠となっているサービスの多くは米国企業のもの、というのも珍しくありません。

今はネット証券などが普及し、初心者でも手軽に米国株を購入することができるようになりました。今後も経済成長および株価上昇が期待できる点からいっても、初心者こそNISA口座といった非課税口座を活用し、米国株を保有するのが良いといえるでしょう。

NISAや米国株投資についてよくある質問

NISAや米国株投資についてよくある質問

家族で各自NISA口座を保有できますか? 可能です。NISA口座を開設できるのは、NISA口座を開設される年の1月1日時点で満20歳以上かつ日本国内に居住している人のため、条件を満たしていれば1人1口座誰でも口座を保有することができます。 また、未成年の場合は2023年までジュニアNISAを開設することが可能となっています。

代表的な指数①NYダウ
ダウ・ジョーンズ工業株価平均と呼ばれるもので、米国を代表する30社で構成される指数です。後で紹介するS&P500を母集団とし、その中からさらに厳選された企業で構成されています。

株価加重方式で指数が算出されており、業種数は9業種に及んでいます。上位10銘柄が構成比率の50%を超えているため、上位銘柄の株価に大きく左右される特徴を有しています。

代表的な指数②S&P500
S&PとはStandard&Poor’sの略です。アメリカの主要な企業500社で構成される指数です。ニューヨーク証券取引所・NASDAQ市場から構成銘柄が算出されており、時価総額加重方式で指数化されています。

時価総額だけでなく、流動性や業績など一定の条件を満たした企業の中から選定されており、11業種にわたる広い業種から500社が選ばれています。500社すべてで米国市場の時価総額の80%以上を占めているのもS&P500の特徴です。

またGAFAM(グーグル[アルファベット])、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)などを含む大型ハイテク株が、上位10銘柄を構成しています。上位10銘柄の構成比率が50%以上のため、上位銘柄が指数に及ぼす影響も多くなっています。

代表的な指数③NASDAQ100
新興企業中心のNASDAQ市場の中で、時価総額上位100銘柄で構成されている指数です。NYダウやS&P500との比較で用いられることが多い指数でもあります。

時価総額加重方式で算出されており、全7業種から選定されています。上位10銘柄のうちにGAFAMが入っている点ではS&P500と似ていますが、毎年12月に定期的に銘柄の入れ替えが行われています。

現行のNISA制度にはいくつかの変更点があります。すでに述べた通り、一般NISAは2023年をもって終了し、2024年からは新NISAが開始されます。ジュニアNISAも2023年をもって終了し、その後に続く未成年口座は現状作られる予定はありません。

また、つみたてNISAも非課税期間が20年となっていますが、5年延長して25年間積立投資ができるようになりました。

いずれのNISA口座であっても投資枠を使いきれなかった場合、翌年以降に繰り越すことはできません

株式を売却し、NISA口座の上限となっている120万円の枠内で空き枠が生じた場合は新たな非課税枠が生じます。例えば、120万円の非課税枠に対し、保有している株式等が100万円であれば、20万円分は非課税枠として使用可能です。

つみたて(積立)NISAはやめたほうがいいって本当?暴落しても後悔しない?デメリットや注意点を解説

つみたてNISAやめとけ(アイキャッチ)

引用:https://myindex.jp/study/data/crisis.html

そのため、つみたてNISAの期間である20年という 長期積立投資であれば暴落を経験する でしょう。

また、仮に非課税期間の20年後に暴落がきても、そのまま運用は続けられます

5,000円の積み立ては意味ないですか?

ただ、つみたてNISAを利用して毎月ほぼ強制的につみたてを行うことで、 自然とお金を貯めることができます

また、相場の変動にも慣れていくので、将来大きな金額が入ったときも動揺せずに運用できるでしょう。

\つみたてNISAをするなら/

つみたてNISAはデメリットしかないって本当ですか?

  • 投資できる商品が投資信託のみ
  • 元本割れのリスクがある
  • 年間の非課税投資枠が少ない

とはいえ、 20年間積立投資ができ、運用益が非課税になる などメリットは大きいです。

【まとめ】つみたて(積立)NISAはやめたほうがいい?メリットの方が大きい!

【まとめ】積立(つみたて)NISAやめたほうがいい?メリットの方が大きい!

  • まずはつみたてNISAのデメリットや注意点を丁寧に理解しよう
  • デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は
  • つみたてNISAは最長20年間、年間40万円の投資に対する利益が非課税になる
  • つみたてNISAは長期目線での運用が必要で、投資初心者にこそおすすめ

\つみたてNISAをするなら/

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

あわせて読みたい

マンション投資

マンション投資のリスクやメリット・デメリットとは?失敗しないための必須知識も分かりやすく解説! New!!

VDC アイキャッチ

【セクターETF】VDCとは?株価や配当利回り、構成銘柄などを分かりやすく解説! New!!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

マイネオアイキャッチ

NFTゲームおすすめランキング

Podcast更新情報

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

LAND FXと合わせて運用するならS&P500と米株ETFがおすすめ!

LAND FXと合わせて運用するならS&P500と米株ETFがおすすめ!

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

LAND FXと合わせて運用するならS&P500と米株ETFがおすすめ!

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

S&P500のデメリットは?

S&P500には様々なメリットがありますが、デメリットもあります。それは短期で考えると大きく損失してしまう可能性があるからです。

長期的に見ればその後S&P500は大きく上昇しましたが、一時的に急落していることがわかります。

長期保有向き?短期保有向き?

S&P500は短期でも上昇しますが、急落することもあるので基本的には長期投資が良いでしょう。5年程度保有すれば過去のチャートを見ても大きく負けることはないはずです。

S&P500に投資ができる主な商品とは?

S&P500は、アメリカの主要500社に投資している代表的な株価指数です。 日本人にも非常に人気が高く、この記事を読んでいる方の中にもS&P500に投資をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、S&P500に投資をしたいと思っていてもどのように投資をすれば良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。 そこでこの章では、S&P500に投資ができる主な商品について具体的に説明をします。 わかりやすく説明をしますのでぜひ参考にしてください。

S&P500に投資できる商品は主に投資信託とETF!

S&P500に投資できる金融商品は様々ですが、個人の方が利用しやすいのは投資信託とETFでしょう。

投資信託

投資信託は、多くの投資家からお金を集め、投資のプロであるファンドマネージャーが運用する商品です。

S&P500も投資信託で運用ができます。S&P500のような株価指数に連動しているファンドのことをインデックスファンドと呼び、多くの方が利用している投資信託です。

また、ネット証券を中心にS&P500のインデックスファンドは、購入時手数料と解約時の手数料もかからないものが圧倒的に多いです。

ETF

ETFとは、上場投資信託のことです。ETFの特徴は、コストが安いことと、リアルタイムの価格で取引できることになります。ETFには、様々な種類がありますが、S&P500のETFは定番中の定番です。

ただし、ETFは、証券会社でしか取り扱いがないため、銀行で購入することができません。銀行の金融商品の手数料は高いので、あまり大きなデメリットにはならないかもしれませんが、普段よく銀行で資産運用をする方にとってはデメリットになるかもしれません。

S&P500の先物指数に連動しているので日本時間でもリアルタイムでの売買が可能です。ETFは、コストが低くリアルタイムでの売買が可能ですので非常におすすめの商品になります。

おすすめの米株ETF5選

投資の醍醐味は、キャピタルゲイン(値上がり益)だと思っている方は、多いでしょう。もちろん、キャピタルゲインは投資の最大の醍醐味です。 しかし、キャピタルゲインを継続的に取ることは非常に難しく、時には大きな損失を負ってしまうこともあります。

一方、インカムゲイン(配当収益)は一回あたりに受け取ることができる金額は少ないですが、安定的に受け取ることが可能です。

  • SPYD(SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF)
  • HDVi(シェアーズコア・米国高配当ETF)
  • VYM(バンガード・米国高配当ETF)
  • BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)
  • VIG(バンガード・米国増配当株式ETF)

SPYDは、純資産総額が約5,050億円ある規模の大きいETFになります。配当利回りの直近値は4,04%と非常に高く、ランニングコストである経費率は0.07%と非常に低いです。

HDVは、純資産総額が約7,700億円もあります。配当利回りの直近値は3,36%と非常に高く、ランニングコストである経費率は0.08%と格安です。

VYMは、純資産総額が約4兆1300億円と非常に規模の大きいETFで、配当利回りの直近値は2,87%と高く、ランニングコストである経費率は0.06%と格安です。 日本では1兆円を越すファンドやETFはほとんどないのでいかに規模が大きいかわかるでしょう。

VIGは、純資産総額が約6兆6700億円とこちらも非常に規模の大きいETFです。 配当利回りの直近値は1,71%と少し低いですが、今後、利回りが高くなる可能性が十分にあるETFになります。ランニングコストである経費率は0.04%と格安です。

BNDは、純資産総額が約8兆8000億円とこちらも非常に規模の大きいETFです。 配当利回りの直近値は1,83%と上記4つのETFに比べると低いですが、それでも2%近くの配当を誇ります。経費率は0.04%と格安です。

SPYDとは

SPYD SPDRは、S&P500高配当指数のトータルリターンに概ね連動する投資成果を上げることを目指します。 「S&P500高配当指数」は、配当利回りが高い80銘柄から構成されている株価指数 です。

" style="width: 407.5px;">名称 " style="width: 401.5px;">割合
" style="width: 407.5px;">VLO:US デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は
バレロ・エナジー
" style="width: 401.5px;">1.79
" style="width: 407.5px;">BMY:US
ブリストル マイヤーズ デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は スクイブ
" style="width: 401.5px;">1.6
" style="width: 407.5px;">XOM:US
エクソンモービル
" style="width: 401.5px;">1.56
" style="width: 407.5px;">MPC:US
マラソン・ペトロリアム
" style="width: 401.5px;">1.56
" style="width: 407.5px;">ED:US
コンソリデーテッド・エジソン
" style="width: 401.5px;">1.54
" style="width: 407.5px;">MRK:US
メルク
" style="width: 401.5px;">1.53
" style="width: 407.デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は 5px;">SRE:US
センプラ・エナジー
" style="width: 401.5px;">1.52
" style="width: 407.5px;">ABBV:US
アッヴィ
" style="width: 401.5px;">1.51
" style="width: 407.5px;">CVX:US
シェブロン
" style="width: 401.5px;">1.5
" style="width: 407.5px;">OGN:US
オルガノン
" style="width: 401.5px;">1.46

では、SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの運用実績について見ていきましょう。

SPYDの運用実績

先ほど説明した通り、SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの特徴は、S&P500に採用されている銘柄のうち約80の高配当銘柄に一気に投資できることです。

投資比率が最も高いバレロ・エナジーでも1.79%と低く、かなり分散が効いているETFといえます。 では、SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの過去5年のチャートを見ていきましょう。

2020年3月のコロナショックの時に、大きく下落していますが、その後、急反発しています。配当を出しつつ、順調な価格推移をしていることがわかります。

SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの配当利回りについ

SPYD SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの2022年7月2日時点の配当利回りは、4,0.%です。ここ5年の配当利回りについてまとめました。ここ5年は安定して約4%配当を維持しています。

" style="width: 227.45px;">年度 " style="width: 264.55px;">配当利回り
" style="width: 227.45px;">2021年 " style="デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は width: 264.55px;">4.70%
" style="width: 227.45px;">2020年 " style="width: 264.55px;">4.16%
" style="width: 227.45px;">2019年 " style="width: 264.55px;">5.13%
" style="width: 227.45px;">2018年 " style="width: 264.55px;">4.32%
" style="width: 227.45px;"デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は >2017年 " style="width: 264.55px;">4.08%

かなり高い利回りを維持しているのはすごいですね。

【キャピタルゲイン狙いなら】SOXLとは

SOXLは、「Direxion デイリー 半導体株 ブル3倍 ETF (Direxion Daily SemiconductorsBull 3x Shares)」 のことで、1997年に設立されたETFです。

つみたて(積立)NISAはやめたほうがいいって本当?暴落しても後悔しない?デメリットや注意点を解説

つみたてNISAやめとけ(アイキャッチ)

引用:https://myindex.jp/study/data/crisis.html

そのため、つみたてNISAの期間である20年という 長期積立投資であれば暴落を経験する でしょう。

また、仮に非課税期間の20年後に暴落がきても、そのまま運用は続けられます

5,000円の積み立ては意味ないですか?

ただ、つみたてNISAを利用して毎月ほぼ強制的につみたてを行うことで、 自然とお金を貯めることができます

また、相場の変動にも慣れていくので、将来大きな金額が入ったときも動揺せずに運用できるでしょう。

\つみたてNISAをするなら/

つみたてNISAはデメリットしかないって本当ですか?

  • 投資できる商品が投資信託のみ
  • 元本割れのリスクがある
  • 年間の非課税投資枠が少ない

とはいえ、 20年間積立投資ができ、運用益が非課税になる などメリットは大きいです。

【まとめ】つみたて(積立)NISAはやめたほうがいい?メリットの方が大きい!

【まとめ】積立(つみたて)NISAやめたほうがいい?メリットの方が大きい!

  • まずはつみたてNISAのデメリットや注意点を丁寧に理解しよう
  • つみたてNISAは最長20年間、年間40万円の投資に対する利益が非課税になる
  • つみたてNISAは長期目線での運用が必要で、投資初心者にこそおすすめ

\つみたてNISAをするなら/

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

あわせて読みたい

マンション投資

マンション投資のリスクやメリット・デメリットとは?失敗しないための必須知識も分かりやすく解説! New!!

VDC アイキャッチ

【セクターETF】VDCとは?株価や配当利回り、構成銘柄などを分かりやすく解説! デメリット、 ETFの投資がおすすめの人は New!!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

マイネオアイキャッチ

NFTゲームおすすめランキング

Podcast更新情報

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる