FXのやり方始め方

フィボナッチリトレースメントの精度

フィボナッチリトレースメントの精度
「はじめての自動AIツール」ダウンロード

フィボナッチ価格リトレースメント計算機ドローイングオブジェクト

フィボナッチ価格リトレースメントカリキュレーター(パーセントリトレースメント)とは、トレンドマーケットの値動き調査に使用する分析的ドローイングツールです。リトレースメントでは、証券価格は大きなトレンドが継続する前に何度も上昇および下降することを前提としています。これらの価格変動を調整といいます。これらの価格調整は特定のパーセント分、それ以前のトレンドをリトレースします。このパーセントのリトレースをパーセントリトレースメントといいます。多くのアナリストは、価格リトレースメント計算は売り/買いのタイミングを識別し、マーケットのサポートレベルを提供する上で役立つと考えています。パーセントリトレースメントを計算するには、チャート上の 3 つの異なる価格ポイントを選択する必要があります。

  • 価格 1 は開始ポイント、任意の高値または安値です。
  • 価格 2 はメインポイント、価格 1 の反対の高値または安値ポイントです。
  • 価格 3 はリトレースメントポイント、つまり、パーセントリトレースメントを計算する中間の高値または安値です。

フィボナッチ価格リトレースメントカリキュレーターは、価格 1 と価格 2 の間の価格値幅は 100% と見なされます。価格 2 と価格 3 の差が計算され、その値が以下の数式を使用して価格 2 と価格 1 の差で除算されます。

パーセントリトリ-トメント = [(価格 2 - 価格 3) / (価格 2 - 価格 1)]

フィボナッチ価格リトリートメントカリキュレーターオブジェクトのドローイング

チャート上の 3 つの異なる価格ポイントを 3 回クリックして、フィボナッチ価格リトレースメントカリキュレーターのドローイングオブジェクトをチャートに適用します。3 つのポイントを指定すると、チャート作成アプリケーションでパーセントリトレースメント計算が表示されます。最初のポイントはかなりの高値または安値にする必要があります。2 番目のポイントは最初のポイントの反対の高値または安値にします。3 番目のポイントはリトレースメントポイントで、パーセントリトレースメントを計算する中間の高値または安値にします。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方と手法

テクニカル分析

フィボナッチ・リトレースメントの引き方と手法

FXでテクニカル分析に用いられる指標の一つに フィボナッチ・リトレースメント と呼ばれるものがあります。

フィボナッチ・リトレースメントとは?

フィボナッチリトレースメントとは?

そして、このフィボナッチ・リトレースメントで特に注目される数字は 「38.2%」「50%」「61.フィボナッチリトレースメントの精度 8%」 の3つです(MT4では23.8%も使われています)

その際に どの程度下がるのかという一つの目安となる数値 となります。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方

フィボナッチリトレースメントの引き方

赤の水平線は 上から0%、23.8%、38.2%。50%、61.8%、100% です。

チャートで検証

チャートで検証(5分足チャート左)

チャートで検証(5分足チャート右)

フィボナッチ・リトレースメントを利用した手法!

フィボナッチ・リトレースメントの手法解説画像1

フィボナッチ・リトレースメントの手法解説画像2

デイトレード~スイングトレードの場合

デイトレード~スイングトレードの場合は、 長期足の動きに合わせた方が良い と思われます。

例えばドル円の場合、チャート上で円安方向へトレンドが出ているのであれば、先ほど引いたフィボナッチ・リトレースメントのライン付近に価格がきた場合に 「買い」を検討するのが良い かと思います。

その逆で長期足が円高方向へトレンドが出ているのであれば、フィボナッチ・リトレースメントライン付近まで価格が来た時に 「売り」場面を探すほうが良い と思います。

実際のエントリー方法としては、ラインに近付いたから「買い」「売り」をしてしまうのではなく、 一度押し目、戻り目を待ってのエントリーが良い と思います。

スキャルピングの場合

フィボナッチ・リトレースメントの手法解説画像3

スキャルピングの場合は超短期決戦なためライン付近で 「買い」「売り」両方の戦略が可能 となることが多いと思います。

具体的には下から価格が上がっていきラインに当たりそうな辺りで、 反転を予想しての逆張り、ラインを超えた場合は一度押し目を待ち「買い」など フィボナッチリトレースメントの精度 です。

ある程度の負けを許容し、 トータルでプラスの利益を出せれば良い と思います。

よって フィボナッチリトレースメントの精度 他のインジケーターや根拠も含めて相場を検証するようにしましょう。 そして ダメだった時は塩漬けをせずきちんと損切り をするようにしましょう。

【FX】フィボナッチを利用して勝率を上げる!使い方や注意点を解説

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「フィボナッチを使えば、FXで勝ちやすくなる。」

「そもそも、フィボナッチって何なの?」、「フィボナッチの使い方がわからない」

・フィボナッチとは何なのか?
・フィボナッチの使い方
・勝率が上がる活用事例
・注意点

FXで使うフィボナッチとは?

0,1,2,3,5,8,13,21,34,

フィボナッチ

チャート分析における黄金比とは?黄金比は、古代から続く美しさのルール

チャートは、「力エネルギーによって変動することがある」と言われることがあります。 この記事では、力エネルギーについては割愛しますが、力エネルギーのもとになる古代から続く「美しさ」のルールについて解説します。 フィボナッチリトレースメントの精度 黄金比ってデザインの基礎じゃないの? 黄金比、黄金比率という言葉を聞いた.

フィボナッチリトレースメントがおすすめ!

・リトレースメント
・エクステンション
・チャネル
・ファン
・サークル
・アーク
・ウェッジ

フィボナッチの使い方3選

1.押し目の判定で使う
2.利益確定の目安として使う
3.トレンド転換を見極める

押し目の判定で使う

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメント2

利益確定で使う

利益確定に使う

利益確定に使う2

トレンド転換点を見極める

「そろそろ上昇から下落へ転換しそうだな」

トレンド転換

フィボナッチを使うさいの注意点

1.ゾーンで見る
2.大きな時間足を重視する
3.他のツールも組み合わせる
4.調整が深いほどトレンドが大きくなる

ゾーンで見る

フィボナッチの数値は、ピンポイントで反発すると思わずにざっくりとゾーンで見ましょう。

大きな時間足を重視する

フィボナッチは大きな時間足で使用した方が、より機能します。 一般的に、大きな時間足の方がテクニカルの精度が高いと言われています。フィボナッチも同様です。

他のツールも組み合わせる

「フィボナッチを覚えたから、FXで勝てるんじゃないか!?」

何か新しいことを学ぶたびにワクワクすることは重要です。しかし、絶対に勝てる「聖杯」のようなものは存在しません。 フィボナッチもあくまで1つの道具です。

調整が深いほどトレンドが大きくなる

フィボナッチとチャートの規則性として、戻しが深いほど、その後のトレンドも大きくなると覚えておきましょう。

まとめ:フィボナッチを使って勝率を上げる

・フィボナッチは黄金比率
・最もおすすめなのはフィボナッチリトレースメント
・押し目の判定でフィボナッチを使う
・利益確定で使う
・トレンド転換点として使う

TradingView(トレーディングビュー) フィボナッチ・リトレースメントの表示方法、活用方法

TradingView(トレーディングビュー) フィボナッチ・リトレースメントの表示方法、活用方法

3つの法則
・数列から数字を1つ取って、1つ後の数字で割ると、 0.618 となる。
(例 55÷89=0.61797…、89÷144=0.18055…)
・数列から数字を1つ取って、2つ後の数字で割ると、 0.382 となる。
(フィボナッチリトレースメントの精度 例 13÷34=0.38235…、55÷144=0.38194…)
・数列から数字を1つ取って、3つ後の数字で割ると、 0.236 となる。
(例 13÷55=0.23636…、34÷144=0.23611…)

これより、 「61.8%」「38.2%」「23.6%」 がフィボナッチ比率と呼ばれています。

この比率はただの比率では無く、 人間が自然と美しいと感じる黄金比率 なんです。
歴史的建造物や芸術作品などにも、この比率が使われていることが多くあります。

FXには様々な種類のフィボナッチがある

・フィボナッチ・リトレースメント
・フィボナッチ・エクスパンション
・フィボナッチ・ファン
・フィボナッチ・タイムゾーン
・フィボナッチ・アーク
・フィボナッチ・サークル
・フィボナッチ・スパイラル

今回はこの中でも一番代表的な フィボナッチ・リトレースメント について紹介したいと思います。

相場におけるフィボナッチ・リトレースメントとは?

フィボナッチ・リトレースメントと相場の関係

チャート分析におけるフィボナッチには「61.8%」「38.2%」「23.6%」に加えて 「78.6%」「50%」 も指標として扱われます。
(78.6%はフィボナッチの黄金比の平方根、50%はフィボナッチ数列の2番目である「1」から3番目の「2」を割った比率。)

FXトレード研究会(FTK) | 実力派トレーダー集団が運営するFXブログ

FXトレード研究会(FTK)が運営するブログでは、FX初心者でも利益を出せる情報提供とともに日々のトレード検証結果、収支報告などを無料で公開します。 また情報商材業界で出回っているFX情報商材を検証および評価していきます。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

検証評価カテゴリー(商材別)

記事テーマ カテゴリー

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

最近の投稿

  • 『先読みRCI』RCI6入門【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION(エボリューション)【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION-エボリューション-/株式会社Logical Forex,工藤総一郎,金子哲也 【口コミ 掲示板】
  • 原ちゃん道場【会員サイトとマニュアル検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場【検証と管理人評価】

北田式・フィボナッチ・アカデミー【検証と管理人評価】

クロスリテイリング講師 北田夏己氏による高額オファーが登場

約2週間ほど前から、北田夏己氏による新作の フィボナッチリトレースメントの精度
ローンチオファーがスタートしています。

ローンチタイトルは「FX魔法学校」というもので
神すらあざむく究極の錬金術という、
今回も派手なマーケティングが実施されていましたが、
つい先日、フロントオファーの全貌が明らかになりました。

正式な商材名は、北田式・フィボナッチ・アカデミー

1日わずか、2、3分のスキマ時間で237連勝(勝率100%)という記録を
叩き出しているということで、現時点で多くの方が注目しているようです。

当ブログには、ローンチの段階で
「今回の手法には期待できそうですか?」といった
お問い合わせがいくつか届いています。

ちなみに、北田夏己氏といえば
過去にグローバル・ドリームFXというFX商材を手掛けています。

グローバル・ドリームFXは、ローソク足の形状(パターン)だけで
トレンドを判断するプライスアクションロジックで、
こちらの手法は、357戦 352勝(勝率98.5%)を記録すると
謳われていたことから大ヒットしたFX商材です。

しかし、実際にこの手法で結果を出せた方は多くないようで
ネット上の口コミなどでは、どちらかと言えば
否定的な意見の方が大多数を占めています。

まぁ、357戦 352勝(勝率98.5%)という数字を信じて購入したのに、
全く結果が伴わなければクレームが殺到するのも無理はありませんよね…

前作のFX商材で、あまり高評価を得られなかった北田夏己氏ですが、
今回の北田式・フィボナッチ・アカデミーで
汚名挽回することができるのでしょうか?

フィボナッチリトレースメントを利用したトレンドフォローロジック

北田式・フィボナッチ・アカデミーで公開する手法は、
フィボナッチリトレースメントを使用したトレンドフォローです。

また、肝心のフィボナッチに関しても、オリジナルのツールにより
ライン自動描写されるとのこと。

ローンチ動画や、北田式・フィボナッチ・アカデミーの
ランディングページでも、ラインを引く作業、エントリー判断の作業などが
“ほぼ自動化”できることについてだけピックアップされており、
人によっては『超簡単に稼げる手法』に映るかもしれません。

しかし、本当にツールに従うだけで良いのであれば、EA十分なハズ。

北田夏己氏曰く、EAにしないことで、相場変化に合わせられる
とおっしゃっていますが、EAにしてしまったら相場の変化へ
全く合わせられなくなるというわけではないのでちょっと極端だな…と思いますね。

サイン通りのトレードで237連勝(勝率100%)を記録しているのであれば
サインツールにする意味はむしろなく、 フィボナッチリトレースメントの精度
基本的にEAで稼働させ、実践者の判断でサインツールに切り替える
というシステム構築のほうが理に適っているのではないでしょうか?

逆に、サイン判断や、自動描写されたフィボナッチ優位性の判断を
実践者に委ねる、つまり裁量にすることのほうが
勝てる人、勝てない人のが大きく出てくるように思います。

ちなみに、今回の手法は、
ダウ理論「高値切り上げ、安値の切り下げ」トレンド判定を行い
フィボナッチリトレースメントで
エントリーポイント探っていくのではないかと思わえれます。

現在のトレンドが上昇なのか、下降なのかを見極め
その上で、直前までの動きが一旦止まり(調整局面に入った時)、
その調整局面がどこまでいくのかを探っていくということです。

また、フィボナッチリトレースメントは
サポレジラインとしても機能しやすいため、
各ラインの挙動をみながら反転(調整)を確認した上で
エントリーすることで、より高い精度でフィボナッチを活用することができます。

北田式・フィボナッチ・アカデミーのトレード場面を見ると
「高値切り上げ、安値の切り下げ」によるトレンド判断から
エントリーしていることがわかりますね。

北田式・フィボナッチ・アカデミーは価格に見合ったオファーなのか?

現時点での販売価格は、298,000円(税抜)

しかし、このオファーが高額なのは、北田夏己氏による「リアルセミナー」
「オンラインセミナー」といった直接指導コンテンツが含まれているためです。

単純にマニュアルやツールを提供するだけではなく、
講師本人が基礎的なノウハウから、実践的なアドバイスまで
リアル、オンラインを通して直接指導してくれるのは嬉しいポイントです。

北田式・フィボナッチ・アカデミーの手法は
一見、サインに従うだけで勝てるように見えますが、実際は「裁量」は必須。

ですから、それを補填する意味で、北田夏己氏のセミナー
実践的なトレード技術を身につけ、トータルで手法をマスターしていく
“トレードスクール”のようなオファーに仕上がっているわけです。

ちなみに、北田夏己氏が今回の手法で237連勝(勝率100%)を
達成したという証拠が公開されています。

もしも、リアルトレードの成績であれば、相当凄いです。

また、237連勝(勝率100%)ということですが、
“ぶっ通し”でトレードして達成した成果でないのも微妙です。

これでは、本当の意味で“連勝”ということはできません。

つまり、「勝ったトレードだけ」
ピックアップしている可能性がゼロではないということです。

勝った場面だけを並べれば、まるで連勝していかのように魅せるのは
難しいことではありませんし、特に経験の浅い初心者の方なら
疑問に感じることなく、真に受けてしまう人も多いでしょう。

もちろん、北田夏己氏が実績をねつ造しているというわけではないですが フィボナッチリトレースメントの精度
このムラのあるトレード実績が、どうしても不自然に感じてしまいます。

現時点で掲載されているデーターだけでは、
本当の意味で「連勝している」というにはちょっと無理があるでしょう。

そう考えると、今回のオファーに約30万円も支払うことの意味
あまり見いだせなくなってきますね。

もちろん、そういった諸々を抜きにして
『北田夏己氏のセミナーでどうしても手法を学びたい!』
という方であれば、参加してみてもいいかもしれません。

ただ、個人的には、あまり大きな期待禁物かなと思いますね。

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる