インサイダー取引

プットオプションの買い戦略

プットオプションの買い戦略
そこで精度を高める、ちょっとした「コツやテクニック」を一つ。 それは「日経平均先物が新安値を更新しそう、もしくは更新していく局面にもかかわらず」、という条件を付加して「プットが盛りのピークを付け剥げ始めたとき」を観察するというものだ。 ようするに「先物とプットIVの逆行」だ。先物が新安値を付けるか付けないかというときに、盛ってきたプットが剥げ始めるという逆行が見られたとき、既に「セリングクライマックス」は終わった可能性がある。

「日経225オプション」7月限プット手口情報(17日夜間)

◯2万5000円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 922( 922) 416( 416) -506
SBI証券 275( 145) 268( 138) -7
BNPパリバ証券 44( 44) 238( 238) +194
楽天証券 104( 104) 117( 117) +13
JPモルガン証券 0( 0) 200( 200) +200
クレディスイス証券 42( 42) 10( 10) -32
松井証券 38( 38) 38( 38) 0
インタラクティブ証券 10( 10) 104( 104) +94
auカブコム証券 30( 30) 55( 55) +25
SBIネオトレード 24( 24) 26( 26) +2
山和証券 24( 24) 0( 0) -24
モルガンMUFG証券 20( 20) 37( 37) +17
マネックス証券 19( 19) 11( 11) -8
バークレイズ証券 7( 7) 14( 14) +7
ゴールドマン証券 10( 10) 0( 0) -10
日産証券 1( 1) 12( 12) +11
岡三証券 9( 9) 6( 6) -3
みずほ証券 0( 0) 10( 10) +10
GMOクリック証券 5( 5) 8( 8) +3
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 10( 10) +10
安藤証券 1( 1) 4( 4) +3
岩井コスモ証券 1( 1) 2( 2) +1

◯2万5125円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 60( 60) 62( 62) +2
クレディスイス証券 5( 5) 0( 0) -5
楽天証券 5( 5) 11( 11) +6
SBI証券 6( 1) 6( 1) プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 0
auカブコム証券 3( 3) 0( 0) -3
松井証券 1( 1) 1( 1) 0

◯2万5250円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 プットオプションの買い戦略 216( 216) 192( 192) -24
SMBC日興証券 40( 40) 0( 0) -40
SBI証券 90( 34) 116( 60) +26
auカブコム証券 15( プットオプションの買い戦略 15) 25( 25) +10
松井証券 33( 33) 21( 21) -12
楽天証券 11( 11) 24( 24) +13
山和証券 0( 0) 14( 14) +14
クレディスイス証券 9( 9) 5( 5) -4
ドイツ証券 0( 0) 10( 10) +10
バークレイズ証券 6( 6) 6( 6) 0
BNPパリバ証券 6( 6) 2( 2) -4
岩井コスモ証券 2( 2) 0( 0) -2
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 5( 5) プットオプションの買い戦略 +5
SBIネオトレード 1( 1) 2( 2) +1
岡三証券 0( 0) 3( 3) +3
インタラクティブ証券 0( 0) 3( 3) +3
GMOクリック証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5375円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 130( 130) 129( 129) -1
auカブコム証券 6( 6) 2( 2) -4
楽天証券 1( 1) 7( 7) +6
松井証券 6( 6) 5( 5) -1
GMOクリック証券 0( 0) 5( 5) +5
BNPパリバ証券 5( 5) 2( 2) -3
クレディスイス証券 2( 2) 0( 0) -2
SBI証券 16( 1) 16( 1) 0
JPモルガン証券 1( 1) 0( 0) -1
SBIネオトレード 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5500円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 930( 830) 473( 323) -457
SBI証券 189( 78) 245( 134) +56
ゴールドマン証券 0( 0) 300( 300) +300
BNPパリバ証券 56( 56) 22( 22) -34
バークレイズ証券 35( 35) 28( 28) -7
JPモルガン証券 0( 0) 100( 100) +100
松井証券 35( 35) 36( 36) +1
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 53( 53) +53
みずほ証券 20( 20) 0( 0) -20
SBIネオトレード 16( 16) 27( 27) +11
auカブコム証券 10( 10) 32( 32) +22
楽天証券 13( 13) 26( 26) +13
クレディスイス証券 8( 8) 1( プットオプションの買い戦略 1) -7
GMOクリック証券 4( 4) 3( 3) -1
マネックス証券 2( 2) 2( 2) 0
山和証券 1( 1) 16( 16) プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 +15
日産証券 1( 1) 0( 0) -1
岡三証券 0( 0) 4( 4) +4
安藤証券 0( 0) 2( 2) +2
大和証券 150( 0) 0( 0) -150
東海東京証券 0( 0) 100( 0) +100

◯2万5625円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 83( 83) 18( 18) -65
SBI証券 0( 0) 29( 29) +29
クレディスイス証券 5( 5) 25( 25) +20
auカブコム証券 2( 2) 3( 3) +1
楽天証券 2( 2) 2( 2) 0
バークレイズ証券 0( 0) 10( 10) +10
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
松井証券 1( 1) 3( 3) +2
BNPパリバ証券 0( 0) 2( 2) +2
マネックス証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5750円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 68( 68) 72( 72) +4
楽天証券 29( 29) 23( 23) -6
BNPパリバ証券 13( 13) 8( 8) -5
SBI証券 19( 10) 22( 13) +3
松井証券 11( 11) 7( 7) -4
auカブコム証券 1( 1) 8( 8) +7
ビーオブエー証券 5( 5) 0( 0) -5
SBIネオトレード 3( 3) 3( 3) 0
バークレイズ証券 0( 0) プットオプションの買い戦略 5( 5) +5
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
JPモルガン証券 1( 1) 0( 0) -1
岩井コスモ証券 0( 0) 1( 1) +1
マネックス証券 1( 1) 0( 0) -1
クレディスイス証券 0( 0) 1( 1) +1
シティグループ証券 0( 0) 1( 1) プットオプションの買い戦略 +1

◯2万5875円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 18( 18) 2( 2) -16
SBI証券 3( 1) 9( 7) +6
クレディスイス証券 プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 0( 0) 5( 5) +5
BNPパリバ証券 1( 1) 0( 0) -1
楽天証券 0( 0) 3( 3) +3
auカブコム証券 0( 0) 2( 2) +2
松井証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万6000円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 244( 144) プットオプションの買い戦略 244( 244) 0
BNPパリバ証券 120( 120) 22( 22) -98
SBI証券 86( 40) 105( 59) +19
ソシエテジェネラル証券 50( 50) 3( 3) -47
松井証券 27( 27) 57( 57) +30
楽天証券 28( 28) 48( 48) +20
バークレイズ証券 15( 15) 12( 12) -3
auカブコム証券 12( 12) 9( 9) -3
SBIネオトレード 2( 2) 9( 9) +7
クレディスイス証券 10( 10) 6( 6) -4
山和証券 プットオプションの買い戦略 8( 8) 0( 0) -8
GMOクリック証券 6( 6) 0( 0) -6
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
マネックス証券 6( 6) 0( 0) -6
日産証券 1( 1) 0( 0) -1
みずほ証券 0( 0) 100( 0) +100

◯2万6125円プット
売り(立会内) プットオプションの買い戦略 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 9( 9) 2( 2) -7
SBI証券 1( 1) 6( 6) +5
松井証券 2( 2) 0( プットオプションの買い戦略 0) -2
JPモルガン証券 0( 0) 3( 3) +3
楽天証券 1( 1) 1( 1) 0
BNPパリバ証券 0( 0) 1( 1) プットオプションの買い戦略 +1

◯2万6250円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 31( 31) 22( 22) -9
auカブコム証券 4( 4) 7( 7) +3
SBI証券 プットオプションの買い戦略 5( 1) 14( 10) +9
SBIネオトレード 3( 3) 3( 3) 0
クレディスイス証券 2( 2) 0( 0) -2
マネックス証券 0( 0) 1( 1) +1
ソシエテジェネラル証券 1( 1) 0( 0) -1
松井証券 0( 0) 1( 1) +1
楽天証券 1( 1) 0( 0) -1
山和証券 1( 1) 1( 1) 0
BNPパリバ証券 1( 1) 0( 0) -1

Lv0075【プット・バック・スプレッドとミニ売り、オプション戦略を駆使して下落相場を凌ぐ】+305,000円

■L75-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

プット・バック・スプレッド

2019.05.28(火)23:35 プロテクティブ・コール NYタイム午前

■L75-h01-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h01-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

2019.05.29(水)09:25 プット・バック・スプレッド 東京市場オープン

■L75-h02-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h02-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

「プロテクティブ・コール」 + 「プット・バック・スプレッド」の合成スプレッドを再分解すると、FOTMの「ロング・ストラングル」 + NTM(プットオプションの買い戦略 ニア・ザ・マネー)の「カバード・プット」とも言える。

2019.05.29(水)23:25 NYタイム午前

■L75-h03-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h03-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

2019.05.29(水)23:45 ミニ売り NYタイム午前

■L75-h04-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h04-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

1906P20500 @-1qty 150.00 JPY -> close 160.00 JPY (-10,000 JPY)

1906P22000 @+5qty 28.00 JPY -> close 13.00 JPY (-75,000 JPY)

1906P19000 @+8qty 15.00 JPY -> close プットオプションの買い戦略 15.00 JPY (+0 JPY)

This profit and loss -85,000 JPY

Total profit and loss -85,000 JPY

2019.05.30(木)01:00 カバード・プット NYランチタイム

■L75-h06-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h06-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

・「セリングクライマックス」を検知

そこで精度を高める、ちょっとした「コツやテクニック」を一つ。

それは「日経平均先物が新安値を更新しそう、もしくは更新していく局面にもかかわらず」、という条件を付加して「プットが盛りのピークを付け剥げ始めたとき」を観察するというものだ。

ようするに「先物とプットIVの逆行」だ。先物が新安値を付けるか付けないかというときに、盛ってきたプットが剥げ始めるという逆行が見られたとき、既に「セリングクライマックス」は終わった可能性がある。

2019.05.30(木)15:00 東京市場クローズ

■L75-h07-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h07-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

2019.05.31(金)14:20 東京市場午後

■L75-h08-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h08-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

2019.05.31(金)14:20 プット売返済

■L75-h09-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h09-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

1906P20000 @-3qty 105.00 JPY -> close 115.00 JPY (-30,000 JPY)

This profit and loss -30,000 JPY

Total プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 profit and loss -115,000 JPY

2019.05.31(金)14:55 プット裸買い 東京市場クローズ

■L75-h010-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h010-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

「プット・バック・スプレッド」を入れるのがこの場合の正しい対応だと思うが、売玉はあえて入れずにFOTMプット買いのみ建玉。軽く勝負ポジションっぽくなってしまった。

2019.05.31(金)プットオプションの買い戦略 21:35 欧州市場午後

■L75-h011-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h011-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

・プット・バック・スプレッド成功の形

■L75-h011-03プット・バック・スプレッド」大勝利の形

2019.06.01(土)01:50 NY市場ランチタイム

■L75-h12-01日経225先物チャート/先物オプションポジション残高

■L75-h12-02日経225オプションIVスマイルカーブ/損益図ペイオフダイアグラム

2019.06.01(土)03:10 全返済

1906M @-5qty プットオプションの買い戦略 21160.00 -> close 20440.00 (+360,000 JPY)

1906P18500 @+20qty 11.00 JPY -> close 14.00 JPY (+60,000 JPY)

This profit and loss +420,000 JPY

Total profit and loss プットオプションの買い戦略 +305,000 JPY

最後まで読んでいただきありがとうございました。以下の「関連レポート」も合わせてよろしくお願いいたします。ゑもんレポート内の「お探しもの」「4つのシリーズ」別の新着記事はサイトマップをご覧ください。ご意見・ご質問などはギルド集会所からお気軽にどうぞ。

関連レポートもいかがですか?

Lv0079【暴落で爆益?クズOP職人に学ぶプット・バック・スプレッドの真価】+75,000 JPY

Lv0061【安全神話崩壊「コール・レシオ・スプレッドは安全」は大ウソ!】+55,000 JPY

Lv0039【コール・バック・スプレッド/二番底を狙う】+92,000円

Lv0110【新型コロナ肺炎ウイルスが中国武漢で発生|カバード・プット】+89,000円(1/4)

Lv0147【プロP→ベアシン→プロP|(コロナショックDay17-18)】+99,000円

Lv0060【プット・バック・スプレッドで米国三連休前のプット盛りを狙うも盛らず】+30,000 JPY

Lv0071【徹底解説!カバード・プットで不本意ながらセータを漫然と抜く】+165,000 JPY

Lv0020【上げの全盛りプロテクティブ・プット】+5,000円

ゑもん。

【上野原土下座ゑもん】日経225先物オプション専業トレーダー。Extremistan の僻地辺境、山岳地帯にひっそりと生息する Chronolynx(クロノリンクス) というユキヒョウに似たネコ科のサブスピーシーズ。好物はクズOP。

[Emon Report Monthly profit and loss]

2021.10 + 53,000 JPY
2021.09 + 339,000 JPY
2021.08 + 000,000 JPY
2021.07 + 121,000 JPY
2021.06 + 000,000 JPY
2021.05 + 000,000 JPY
2021.04 + 000,000 JPY
2021.03 + 000,000 JPY
2021.02 + 244,000 JPY
2021.01 + 133,000 JPY
2020.12 + 32,000 JPY
2020.11 + プットオプションの買い戦略 000,000 JPY
2020.10 + 000,000 JPY
2020.09 + 000,000 JPY
2020.08 + 316,000 JPY
2020.07 + 118,000 JPY
2020.06 + 717,000 JPY
2020.05 + 341,000 JPY
2020.04 + 810,000 JPY
2020.03 +2,プットオプションの買い戦略 702,000 JPY
2020.02 +2,585,000 JPY
2020.01 + 399,000 JPY
2019.プットオプションの買い戦略 12 + 558,000 JPY
2019.11 + 210,000 JPY
2019.10 + 272,000 JPY
2019.09 + 233,000 JPY
2019.08 + 486,000 JPY
2019.07 + プットオプションの買い戦略 402,000 JPY
2019.06 + 477,000 JPY
2019.05 + 378,000 JPY
2019.プットオプションの買い戦略 04 + 346,000 JPY
2019.03 + 625,000 JPY
2019.02 + 385,000 プットオプションの買い戦略 JPY
2019.01 + 474,000 JPY
2018.12 +1,735,000 JPY
2018.11 + プットオプションの買い戦略 371,000 JPY
2018.10 +1,947,000 JPY
2018.09 + 201,000 JPY
2018.08 + 556,500 JPY

日経225オプション8月限(18日夜間) 1万9000円プットが出来高最多370枚


コール プット
出来高 前日比 価格 行使価格 価格 前日比 出来高
3 1 35000
1 0 1 34000
6 -2 3 32500
3 +1 4 32250
6 0 4 32000
1 0 6 31500
2 0 7 31250
14 -2 8 31000
6 -2 プットオプションの買い戦略 10 30750
6 -3 12 30500
27 -4 15 30250
3 +1 20 30125
42 -2 19 30000
2 -4 30 29750
2 -8 29 29625
8 -10 34 29500
1 -7 プットオプションの買い戦略 41 29375
5 -1 51 29250
3 -12 52 29125
26 -16 59 29000
8 64 28875
6 -20 76 28750
12 -12 84 28625
17 +5 110 28500
5 +5 130 プットオプションの買い戦略 28375
5 -30 130 28250
11 -10 170 28000 2180 1
3 +15 210 27875
6 プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 +10 235 27750
1 -5 290 27625
31 -25 305 27500
2 +10 365 27375
3 プットオプションの買い戦略 +55 415 27250
33 -60 435 27000 1465 -85 2
1 +5 610 26750
2 -45 プットオプションの買い戦略 605 26625
2 -20 920 26000 935 -30 1
25625 820 -180 4
25500 745 -125 プットオプションの買い戦略 1
25250 745 14
25125 655 1
25000 640 -50 28
24875 640 1
24750 530 プットオプションの買い戦略 -205 16
24625 520 55
24500 490 -10 5
24125 455 1
24000 375 -15 5
23875 395 +20 44
23750 340 -75 3
23500 320 +5 3
23250 265 -70 12 プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略
23000 260 -25 16
22750 190 -30 19
22500 205 -20 8
22250 160 -35 1
22000 145 -35 26
21750 145 -5 3
21500 115 -25 11
21250 100 -5 3 プットオプションの買い戦略
21000 91 -24 10
20750 87 -8 10
20000 59 -10 38
19000 34 -10 370 プットオプションの買い戦略
18000 21 -7 50
17000 14 -4 18
16000 10 0 39
15000 8 0 22
14000 5 -1 6
13000 1 -3 90
10000 1 -1 32

通貨オプション リスクリバーサル

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

お客様とのふれあいを大切にする証券会社

1. プレミアムを買う
プレミアム(オプション料)を買う場合、必要な資金はプレミアムの価格を1,000倍した金額となります。
プレミアム=100円×1枚×1,000倍=100,000円
2. 予想通りSQ値が損益分岐点より安く(例 13,500円)なった場合
損益=(14,000円-13,500円)×1枚×1,000倍-プレミアム
=500,000円-100,000円=400,000円
→400,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。
14,プットオプションの買い戦略 000円で売る権利を行使することで、日経平均株価をSQ値13,500円で買って14,000円で売ることができます。
損益分岐点
損益分岐点=権利行使価格-支払プレミアムとなります。
上記取引例では、
損益分岐点=14,000円-100円=13,900円
→SQ値が13,900円を下回っていれば利益 、13,900円を上回っていれば損失となります(手数料は考慮しておりません)。

プレミアムを売買する

相場の状況に応じてプレミアム(オプション料)自身も変動します。
プレミアムが上昇した場合は、権利を行使せず満期(SQ)前にプレミアムを売ることによって利益を得ることも出来ます。
例)権利行使価格14,000円のプット・オプションが110円に上昇した時点で売却した場合
損益=(110円-100円)×1枚×1,000倍=10,000円
→10,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。

損益分岐点=権利行使価格-支払プレミアムとなります。
上記取引例では、
損益分岐点=14,000円-100円=13,900円
→SQ値が13,900円を下回っていれば利益 、13,900円を上回っていれば損失となります(手数料は考慮しておりません)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる