仮想通貨で儲ける方法は

オシレーター系

オシレーター系
バイナリースクール

使い方が簡単でおすすめのオシレーター系インジケーター5選【初心者でも使いやすい】

バイナリースクール

オシレーターって?

オシレーターとは、「売られすぎ・買われすぎ」を判断するときに参考にするインジケーターのことです。

バイナリースクール

オシレーターのメリット・デメリット

オシレーターのメリット・デメリット

オシレーターを使うメリット

バイナリースクール

オシレーターを使うデメリット

バイナリースクール

おすすめのオシレーター系インジケーター5選

おすすめのオシレーター系インジケーター5選

バイナリースクール

RSI

RSIは、一定期間の上げ幅と下げ幅をもとに計算して相場が「買われすぎなのか売られすぎ」なのかを数値で判断するオシレーター系のインジケーターのことを言います。

  • RSI値が100%:期間中の価格が毎日連続で上昇している
  • RSI値が0%:期間中の価格が毎日連続で下落している
  • RSI値が50%:期間中の前日比の上昇値幅と下落値幅の合計が同じ

そして、RSIの特徴として「逆方向へトレンドの転換」が起こる可能性が高いと言われており、それを狙って逆張りするというのがセオリーとされています。

バイナリースクール

【FXのテクニカル分析】エルダー博士が独自に考案したダマシが少ないオシレーター系インジケーター『Force Index』について徹底解説してみた

FX Force Index

FXのテクニカル分析

Force Indexとは

FX Force Index テクニカル分析

Force Index エルダー博士

Force Indexは『勢力指数』の指標になります。

具体的には『相場トレンド・価格の変化の幅・出来高』

Force Indexの計算式

Force Indexの計算式は2つあり『MT4標準』『エルダー式の計算式』があります。

MT4標準の計算式

エルダー式の計算式

中長期的なトレードの場合は『FI(13)、FI(50)』だったり、

『FI(13)、FI(100)』の組み合わせが使用されます。

標準は『Force Index』でエルダー式を『FI』としています。

Force Indexの特徴

ダマシが少ない

シンプルで初心者にもわかりやすい

シグナル発生が非常に早い

Force Indexのトレード方法

Force Indexの期間

Force Indexの期間はデフォルトで『13』になります。

Force Indexの買いサイン

FX Force Index テクニカル分析

Force Indexの買いサインは『0ラインより上抜けした時』になります。

Force Indexの売りサイン

FX Force Index テクニカル分析

Force Indexの売りサインは『0ラインより下抜けした時』になります。

Force Indexと組み合わせると良いオススメのインジケーター

移動平均線(MA)

FX Force Index テクニカル分析

移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせたテクニカル指標です。 移動平均線はFX初心者からFX上級者までテクニカル分析で活用されています。 今回は、移動平均線の種類・期間・組み合わせについてわかりやすく解説してみました。

MFI(Money Flow Index)

FX Force Index MFI(Money Flow Index)

Force Indexと良く組み合わせて使用されるインジケーターは『MFI(オシレーター系 Money Flow Index)』です。

FXトレード研究会(FTK) | 実力派トレーダー集団が運営するFXブログ

FXトレード研究会(FTK)が運営するブログでは、FX初心者でも利益を出せる情報提供とともに日々のトレード検証結果、収支報告などを無料で公開します。 また情報商材業界で出回っているFX情報商材を検証および評価していきます。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

検証評価カテゴリー(商材別)

記事テーマ カテゴリー

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

最近の投稿

  • 原ちゃん道場【会員サイトとマニュアル検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場【検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場/合同会社Canopus,原ちゃん 【口コミ 掲示板】
  • 爆人(bakuto)【検証と管理人評価】
  • Captain(キャプテン)の三天法【情報配信レビュー(3月度配信)】

オシレーター系逆張り指標の代表格RSIの使い方と、順張り指標としての応用法を紹介

著名アナリストが考案したRSI(Relative Strength index)

RSIは、米国のアナリストJohn Welles Wilder.Jr(J.W.オシレーター系 ワイルダー)氏が考案した、
オシレーター系のテクニカル指標です。

J.W.ワイルダー氏と言えば、他にもADXやパラボリックなど考案した著名アナリストです。

表題にもありますが、RSIは、Relative Strength indexの略で、
日本語では「相対力指数」と呼ばれます。

一定期間の相場における「値上がり幅」「値下がり幅」を基に、
現在の相場の相対的な強弱を表す指標です。

サブチャートに表示されているラインがRSIで、
このラインが相場に対して上下振り子のように動きます。

RSIの数値は100分割(%)となっており、その範囲内に収まります。

RSIの計算式

RS =(N期間の終値の上昇幅の平均)÷(N期間の終値の下落幅の平均)
RSI = 100 – (100 ÷ (RS+1))

Nは設定可能なパラメーターになり、初期設定は一般的には14となっています。

14となっている理由は、考案者のJ.W.ワイルダー氏本人が推奨していることからです。

この計算式はJ.W.ワイルダーオリジナルのもので、
このRSIをベースにしたカトラー氏考案のRSI計算式も存在します。

その計算式では、平均の部分が合計となり、
本質的には同じような動きとなります。

RSIを活用した一般的な逆張り手法

RSIは、一定期間の価格変動に対する相対的な上昇値動きの割合を算出してもので、
その値から「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」と捉え、
逆張りトレードを仕掛ける方法になります。

一般的にRSIは、このような逆張り手法として広く認知されています。

何故なら、このような逆張り手法は、レンジ相場ではある程度有効なのですが
トレンドが発生すると、指標は上下に張り付いたり、
連続して一方行に傾いてしまうという動き方が多く見られます。

これは、オシレータ系指標全般的に言えることで、
「逆張り指標」として使用する上では十分注意が必要です。

相場の勢いで判断するトレンドフォローへの応用法

前述したように、RSIは一定期間の価格変動に対する相対的な上昇値の割合から、
「買われ過ぎ」「売られる過ぎ」と捉える逆張り手法が一般的ですが、
それとは逆の捉え方をした場合、

RSIは文字通り、相場の勢いを捉えるテクニカル指標です。

ということは、50%以上であれば上昇傾向、
50%以下であれば下落傾向
ということになります。

どちらが正しいといったものではありませんが、 オシレーター系
RSIでは相反する捉え方をすることができるわけですね。

考案者お墨付き!RSIのダイバージェンスは転換の強力なサイン

オシレータ系指標の活用法として、代表的なものはダイバージェンスになります。

ダイバージェンスはレートとテクニカルの逆行現象のことで、
それは、「トレンド終焉、転換」を示唆するものとして捉えられます。

チャートの高値が切り上げているのに対し、
同期間のRSIは高値を切り下げています。

そしてその後、相場は転換していることが確認できます。
※安値の際は、この逆の状態になります。

一般的に、オシレーター系指標は全般的に、
ダイバージェンス指標としても応用されているわけですが、
多くの場合、そういった使い方を提唱している考案者はほぼいません。

しかし、RSIに関しては例外です。

RSI考案者であるJ.オシレーター系 W.ワイルダー氏本人が、
「相場転換を示す非常に強力なサインである」と断言しています。

RSIを活用する場合には、
このダイバージェンスの出現を注意深く観察していくとよいでしょう。

RSIはチャート全体を見る上での1つの指標、観点に過ぎない

トレードへの応用方法は様々ですが、勘違いしてはいけないのが、
RSIは、チャート全体を見る上での1つの指標、観点にしか
過ぎないということ。

様々な要素を確認する必要があるのです。

このように相場も車の運転と同じで、
RSIだけを見ていればいいというわけではありません。

車を前進させる際に前方に意識が偏り、
バックの際は再度ミラーやバックミラーに意識を偏らせるように、
トレンド相場、レンジ相場、それぞれの状況に合わせ、
RSIも上手く活用していく必要があるというわけですね。

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

FX用語「オシレーター系」を初心者にわかりやすく解説

オシレーター系

FX を始めるとテクニカル分析、ファンダメンタル分析とさまざまな相場を分析するための用語を耳にすると思います。テクニカル分析とファンダメンタル分析を簡単に説明すると、テクニカル分析はチャートを見ながら売買をする手法で、ファンダメンタル分析とは、経済情報などを基準にして売買をする手法です。
今回はテクニカル分析の 1 つオシレーター系について説明します。この分析手法の意味を知っていると知らないとでは売買損益にも影響があらわれます。特に FX で勝てないと思っている人は分析方法を学ぶことで改善するかもしれません。

テクニカル分析のオシレーター系

テクニカル分析とは、チャートを見ながら売買ポイントを探すことです。このテクニカル分析にも「オシレーター系」と「トレンド系」の 2 種類があり、 2 つを上手く組み合わせてトレードを行っていきます。今回はオシレーター系について説明しますが、トレンド系も簡単に説明をすると、相場全体の方向性を示す分析手法です。
オシレーターとは振り子を意味します。オシレーター系の指標は、その通貨が買われすぎているのか、売られすぎているのかを判断するために使われる指標です。短期売買を行うトレーダーが一般的には利用しており、他の分析手法と組み合わせて補佐的な使い方をします。
【トレンド系についてはこちら】
FX用語「トレンド系」を初心者にわかりやすく解説

人気のあるオシレーター系の指標3つ

売買シグナルが分かりやすいと人気のオシレーター系の指標が RSI です。分かりやすいからこそ FX 初心者に好まれやすい傾向があります。
RSI =値上がり幅÷ ( 値上がり幅の合計+値下がり幅の合計 ) × 100
上記の数式でパーセンテージを求めることができ、一定期間 (14 日を基準とする場合が多い ) の中で、値上がりや値下がりの傾向がどれくらい強かったかを曲線にして示した指標です。曲線が 70 %より高いと買われすぎ、 30 パーセントより低いと売られすぎと判断される傾向があります。

ストキャスティクス

RSI のように買われすぎ、売られすぎを「% K 」、「% D 」、「% SD 」を用いて示される曲線です。「% K 」は現在値を示し、「% D 」は「% K 」の平均線で、「% SD 」は「% D 」の平均を示します。記号と英字が並んでいますが「% D 」の曲線が 70 %以上で買われすぎ、 30 %以下で売られすぎと判断します。

MACD( マックディー )

短期の移動平均線 (12EMA) と中長期の移動平均線 (26EMA) の 2 つを利用して売買の判断をする指標です。カッコ内の数値は一般的に設定されている数値です。自由に変更することも可能ですが、最初のトレードの内は設定のまま使用することをおすすめします。
指標のゼロを中心に MACD が上に表示されている時を上昇相場と判断し、 MACD が下に表示されている時は下降相場と判断します。 MACD はオシレーター系とトレンド系の 2 つの側面を持っており活用するトレーダーも多くいます。
この他にもオシレーター系の指標はいくつもあります。まずは 1 つを使ってみて、合わないようであれば次の指標を探し自分に合うものを見つけてください。また、オシレーター系だけでトレードするのではなく、トレンド系と組み合わせてオリジナルの売買手法を見つけてください。
【この記事を読んだ人におすすめの記事】
FX用語「トレンド系」を初心者にわかりやすく解説
根拠ある銘柄選びで受講生の7割以上がプラスの運用実績

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)の使い方解説!

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)の使い方解説!


(黄色いラインがSMA5、赤いラインがSMA34です。)

そうです。 Awesome Oscillatorは、SMA5とSMA34の「差分」を表示しているのです。

つまり、Awesome Oscillatorは2本の移動平均線の距離関係を示すインジケーターです。
Awesome Oscillatorのロジックが分かれば、必然的に使い方も見えてきますね。

Awesome Oscillatorの使い方

  • トレンドの始まりと終わり
  • トレンドの勢いや強弱
  • トレンドが転換するポイント

トレンドの始まりと終わり

そのゼロラインは、SMA5とSMA34のクロスしたポイントですから、「ゼロラインよりも上⇒上昇トレンド、ゼロラインより下⇒下降トレンド」と判断することが出来るのです。

トレンドの勢いや強弱

上のチャートの中盤以降のように、緑色のバーから赤色に変わった際には、 「 勢いが落ちてきている 」 ことも視覚的に簡単に判断できるんですね。

トレンドが転換するポイント(ダイバージェンス)

価格自体は高値を切り上げているのに、Awesome Oscillatorは高値を切り下げています。
そして、ダイバージェンス発生後は下落に向かっています。

価格は安値を切り下げているのに、Awesome Oscillatorは安値を切り上げています。
ダイバージェンス発生後はトレンド転換して上昇しました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる