バイナリーオプション教材

これからはじめるシステムトレード

これからはじめるシステムトレード
【CMEのBTC現金決済先物が絶好調】
まだ始まって一週間くらいなんですが機関投資家がこのオプション取引(有効期限前に所定価格で売買できる権利)に殺到しているみたいです。 「1万7000件(8万5000BTCに相当)を超える契約が1月8日に取引された」https://t.co/xE9hHAfkDD — ツインズナオキ (@twins_naoki) January 22, 2020

これからはじめるシステムトレード

臨時営業時間:7月18日(月・祝)13:00~17:00
TEL:0120-146-890
携帯からは 03-6386-4473
Email:[email protected]

受付時間 月~金 8:00~17:00 ※年末年始および祝日を除く
※売買等に関するご質問、商品の勧誘等は行っておりません。

COPYRIGHT © これからはじめるシステムトレード OKASAN SECURITIES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

岡三証券コーポレートサイトへ移動します

これより先は、岡三証券コーポレートサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します

これより先は、株式会社 岡三証券グループのサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

株塾のサイトへ移動します

これより先は、株塾のサイトへ移動します。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

Peatixのサイトへ移動します

これより先は、Peatix Japan株式会社のサイトへ移動します。
Peatixは、イベント・セミナーなど集客に強いグループ・イベント管理サービスです。
移動する場合は「移動する」ボタンをクリックしてください。
また、移動をご希望されない場合は、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

仮想通貨を今からはじめるのは遅い ビットコインのこれからと現状2020

仮想通貨を今からはじめるのは遅い サムネイル

草猫店長

積立投資の画像

自動売買の画像

長期保有の画像

2017年と比較 仮想通貨を今からはじめるのは遅い

2017年と比較 仮想通貨を今からはじめるのは遅い

今からはじめるのはもう遅いの?

に関してズバリお答えすると、今からはじめるのは ” 遅い “ です。

理由として、残念ですが これからはじめるシステムトレード 2017年度 と同じ熱狂はもうこないと思うからです。

実際にできることを見誤っていた実態が伴わない熱狂が 2017年 でした。

ですので、2017年 と同じ熱狂を待っている人はもう参入するには遅いということですね。

2018年からは実際の価値が問われるになった

2018年からは実際の価値が問われるになった

では 2018年度 はどうなるのでしょうか。

ブロックチェーンさえ導入すれば一気に自立分散的に管理人が不在のシステムに置き換わって、個人対個人で純粋なやりとりができる世界が訪れるんだ!

結局、ブロックチェーンも人が関わる以上は政治的な問題が出てくるし、安全と言われながらも間接的にハッキングが起こってるよね。

確かに便利だけど過信しすぎることはできないよね。

実際に役立つことはなんだろう。

これからは「普及」が鍵になる

これからは「普及」が鍵になる

ですが、逆にいえば、 本当に役に立つ場面で利用される仮想通貨の価値は高まっていくと言えます。

実はリスクが低かった 2019年

実はリスクが低い 2019年

いろいろな消滅シナリオのあった 2017年度 に比べると 2018年度 は世界に普及した上でリスクが視える状況になりました。

なので 2017年度 に爆発的な利益を得られた人は「1か0」のリスクをたまたま回避できて億り人になれたという見方もできます。

一方で 2018年度 は「価値の見直し」の年になりました。

そして2019年も、「本当に価値のある仮想通貨はどれなのか」が引き続き問われています。

2017年度の投機と比較するとリスクは2019年度の方が低いし、相対的に堅実的な相場になってきています。

でもビットコインは微妙な立ち位置

でもビットコインは微妙な立ち位置

筆者としては、思想は最終的なゴールでいいと思うので ” 今よりも生活をマシにする ” 仮想通貨であればどれが普及しても良いかと思います。

伸びるべき通貨はさらに伸びる

伸びるべき通貨はさらに伸びる

2017年度 の時点で 1000種類 以上の仮想通貨が登場していましたし、スペックだけでみれば似たり寄ったりでした。

2020年1月 追記

【NEWS🇺🇸】
ビットワイズの「ビットコインETF」が再検討か|SECが拒否判断を再考へ https://t.co/cjBltXd3NR

米証券取引員会(SEC)が、先月非承認として報告された、ビットワイズのビットコインの上場投資信託(ETF)の拒否判断を再検討することが判明した。

[email protected]仮想通貨・ブロックチェーンメディア (@nextmoneyCrypto) November 19, これからはじめるシステムトレード これからはじめるシステムトレード 2019

IoT技術を導入している企業の75%はすでにブロックチェーンを導入、もしくは2020年末までの導入を計画しているようですねhttps://t.co/7HomofpcEd

— 仮想通貨@岩本 学 (@hikari1985) December 15, 2019

2020年は国が本格参入する年

今まで慎重派を貫いてきた日銀に新たな動きが。
これは2020年がデジタル通貨の本格的な幕開けになっていきそうな予感。
ブロックチェーンの本丸である金融のイノベーションにもアンテナ張っていきます💪

日欧中銀など、デジタル通貨発行へ共同研究: 日本経済新聞 https://t.co/iK3a9ekoWn

— ぷくろー🦉@副業×資産運用でFIREへ (@pukuro7) January 22, 2020

結局、どのくらい儲かる?

結局、どのくらい儲かる?

そうした意味で、 仮想通貨を今からはじめるのはやめよう。 とはじめないことをオススメしています。

ハイリターンを狙う投資法

ハイリターンを狙う投資法

IEOへの投資

とあるリサーチャーによるとIEOの前身であるICOの勝率は 4% です。

うまくいけばリターン 100倍 なども十分にあり得ます。

マイナー仮想通貨の投資

マイナー仮想通貨とは人によって定義が違いますが、だいたい時価総額が 100位以下 の仮想通貨をイメージしています。

気長に待つ投資法

数年後に2倍、3倍になっていたらいいなあ位に余裕の心を持てる人にオススメです。

いくらからだったら始められるのか

いくらからだったら始められるのか

1BTC あたり 100万円 を超えたりして買うのには高すぎる。って思う方も中にはいるかと思います。

始めるのであれば早い方がいい。ただしリスクはほどほどに

始めるのであれば早い方がいい。ただしリスクはほどほどに

2017年度末 ですら市場は 70兆円 程度しかありませんでした。

金の市場でも 700兆円 ほどはあるそうです。

少なくとも2017年度末に比べて 10倍 以上の市場になると思います。

仮想通貨の価値の高まる要素

一つ目は 取引が盛んになって需要が高まる パターン。

二つ目は 取引する人や取引されるモノ自体が増えていく パターン。

一つ目は 仮想通貨の動向をいろいろと調べて予測するので難しい です。

二つ目は プレーヤーが増えていくと分かっていれば良いので予測しやすい です。

全財産をかけるのはやめよう

そのため、最近は投資機関も参加しはじめていて、資本力でもって ” だまし ” 相場が形成されるようになりました。

押し目に全財産を預けて ” だまし ” にあってしまうと狼狽して身ぐるみ剥がされてしまうこともあり得ます。

みんなの声

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破へ=矢野経済研究所調査レポート

矢野経済研究所は国内FinTech市場に関する調査レポートを発表し、2022年までに市場が1兆円を突破するとの予測を示した。また、注目トピックとしてブロックチェーンが取り上げられた。#ビットコイン

— 仮想通貨女子@自由人MARINA (@pirutha56789hse) January 22, 2020

【CMEのBTC現金決済先物が絶好調】
まだ始まって一週間くらいなんですが機関投資家がこのオプション取引(有効期限前に所定価格で売買できる権利)に殺到しているみたいです。

「1万7000件(8万5000BTCに相当)を超える契約が1月8日に取引された」https://t.co/xE9hHAfkDD

— ツインズナオキ (@twins_naoki) January 22, 2020

ビットコインについて予測。ブロックチェーンの外で2者間の取引を完結する「ライトニングネットワーク」と取引所を介さずに他の仮想通貨と交換する「アトミックスワップ」のアップデートを控えており、その実装等でビットコインシリーズ自体は2022年頃まで長期では上昇トレンドと予測しています

— ほなみ☆暗号通貨BTCFX&リップルガチホ彡 (@honamickdb) January 20, 2020

よくある疑問

よくある疑問

Q仮想通貨って電子マネーと何が違うの?

A電子マネーは会社や組織が完全にコントロールしているお金です。

仮想通貨はアルゴリズムで勝手に動いています。

Q仮想通貨は所詮はおもちゃのお金じゃないの

Aお金とは皆んなが ” お金 ” と認識すればお金になります。

たとえ貝殻や石ころであったとしてもです。

逆に和同開珎の時代は貨幣が増えすぎて ” お米 ” がお金とみなされていました。

Q借金するのが怖い

A仮想通貨は現物取引ができます。

現物ですのでビットコインが0円になっても投資額が0円になるだけなので借金することはありません。

借金したテレビの人は信用取引やクレジットカードで借金をつくっています。

Q周りの人に怪しいから辞めた方がいいと言われます。

Aビットコインは誰にも縛られないで自分でやりたいことを自分で決められる世界を作ろうという想いで作られました。

仮想通貨を今からはじめるのは遅い ビットコインのこれからと現状2020

仮想通貨を今からはじめるのは遅い サムネイル

草猫店長

積立投資の画像

自動売買の画像

長期保有の画像

2017年と比較 仮想通貨を今からはじめるのは遅い

2017年と比較 仮想通貨を今からはじめるのは遅い

今からはじめるのはもう遅いの?

に関してズバリお答えすると、今からはじめるのは ” 遅い “ です。

理由として、残念ですが 2017年度 と同じ熱狂はもうこないと思うからです。

実際にできることを見誤っていた実態が伴わない熱狂が 2017年 でした。

ですので、2017年 と同じ熱狂を待っている人はもう参入するには遅いということですね。

2018年からは実際の価値が問われるになった

2018年からは実際の価値が問われるになった

では 2018年度 はどうなるのでしょうか。

ブロックチェーンさえ導入すれば一気に自立分散的に管理人が不在のシステムに置き換わって、個人対個人で純粋なやりとりができる世界が訪れるんだ!

結局、ブロックチェーンも人が関わる以上は政治的な問題が出てくるし、安全と言われながらも間接的にハッキングが起こってるよね。

確かに便利だけど過信しすぎることはできないよね。

実際に役立つことはなんだろう。

これからは「普及」が鍵になる

これからは「普及」が鍵になる

ですが、逆にいえば、 本当に役に立つ場面で利用される仮想通貨の価値は高まっていくと言えます。

実はリスクが低かった 2019年

実はリスクが低い 2019年

いろいろな消滅シナリオのあった 2017年度 に比べると 2018年度 は世界に普及した上でリスクが視える状況になりました。

なので 2017年度 これからはじめるシステムトレード に爆発的な利益を得られた人は「1か0」のリスクをたまたま回避できて億り人になれたという見方もできます。

一方で 2018年度 は「価値の見直し」の年になりました。

そして2019年も、「本当に価値のある仮想通貨はどれなのか」が引き続き問われています。

2017年度の投機と比較するとリスクは2019年度の方が低いし、相対的に堅実的な相場になってきています。

でもビットコインは微妙な立ち位置

でもビットコインは微妙な立ち位置

筆者としては、思想は最終的なゴールでいいと思うので ” 今よりも生活をマシにする ” 仮想通貨であればどれが普及しても良いかと思います。

伸びるべき通貨はさらに伸びる

伸びるべき通貨はさらに伸びる

2017年度 の時点で 1000種類 以上の仮想通貨が登場していましたし、スペックだけでみれば似たり寄ったりでした。

2020年1月 追記

【NEWS🇺🇸】
ビットワイズの「ビットコインETF」が再検討か|SECが拒否判断を再考へ https://t.co/cjBltXd3NR

米証券取引員会(SEC)が、先月非承認として報告された、ビットワイズのビットコインの上場投資信託(ETF)の拒否判断を再検討することが判明した。

[email protected]仮想通貨・ブロックチェーンメディア (@nextmoneyCrypto) November 19, 2019

IoT技術を導入している企業の75%はすでにブロックチェーンを導入、もしくは2020年末までの導入を計画しているようですねhttps://t.co/7HomofpcEd

— 仮想通貨@岩本 学 (@hikari1985) December 15, 2019

2020年は国が本格参入する年

今まで慎重派を貫いてきた日銀に新たな動きが。
これは2020年がデジタル通貨の本格的な幕開けになっていきそうな予感。
ブロックチェーンの本丸である金融のイノベーションにもアンテナ張っていきます💪

日欧中銀など、デジタル通貨発行へ共同研究: 日本経済新聞 https://t.co/iK3a9ekoWn

— ぷくろー🦉@副業×資産運用でFIREへ (@pukuro7) January 22, 2020

結局、どのくらい儲かる?

結局、どのくらい儲かる?

そうした意味で、 仮想通貨を今からはじめるのはやめよう。 とはじめないことをオススメしています。

ハイリターンを狙う投資法

ハイリターンを狙う投資法

IEOへの投資

とあるリサーチャーによるとIEOの前身であるICOの勝率は 4% です。

うまくいけばリターン 100倍 なども十分にあり得ます。

マイナー仮想通貨の投資

マイナー仮想通貨とは人によって定義が違いますが、だいたい時価総額が 100位以下 の仮想通貨をイメージしています。

気長に待つ投資法

数年後に2倍、3倍になっていたらいいなあ位に余裕の心を持てる人にオススメです。

いくらからだったら始められるのか

いくらからだったら始められるのか

1BTC あたり 100万円 を超えたりして買うのには高すぎる。って思う方も中にはいるかと思います。

始めるのであれば早い方がいい。ただしリスクはほどほどに

始めるのであれば早い方がいい。ただしリスクはほどほどに

2017年度末 ですら市場は 70兆円 程度しかありませんでした。

金の市場でも 700兆円 ほどはあるそうです。

少なくとも2017年度末に比べて 10倍 以上の市場になると思います。

仮想通貨の価値の高まる要素

一つ目は 取引が盛んになって需要が高まる パターン。

二つ目は 取引する人や取引されるモノ自体が増えていく パターン。

一つ目は 仮想通貨の動向をいろいろと調べて予測するので難しい です。

二つ目は プレーヤーが増えていくと分かっていれば良いので予測しやすい です。

全財産をかけるのはやめよう

そのため、最近は投資機関も参加しはじめていて、資本力でもって ” だまし ” 相場が形成されるようになりました。

押し目に全財産を預けて ” だまし ” にあってしまうと狼狽して身ぐるみ剥がされてしまうこともあり得ます。

みんなの声

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破へ=矢野経済研究所調査レポート

矢野経済研究所は国内FinTech市場に関する調査レポートを発表し、2022年までに市場が1兆円を突破するとの予測を示した。また、注目トピックとしてブロックチェーンが取り上げられた。#ビットコイン

— 仮想通貨女子@自由人MARINA (@pirutha56789hse) January 22, 2020

【CMEのBTC現金決済先物が絶好調】
まだ始まって一週間くらいなんですが機関投資家がこのオプション取引(有効期限前に所定価格で売買できる権利)に殺到しているみたいです。

「1万7000件(8万5000BTCに相当)を超える契約が1月8日に取引された」https://t.co/xE9hHAfkDD

— ツインズナオキ (@twins_naoki) January 22, 2020

ビットコインについて予測。ブロックチェーンの外で2者間の取引を完結する「ライトニングネットワーク」と取引所を介さずに他の仮想通貨と交換する「アトミックスワップ」のアップデートを控えており、その実装等でビットコインシリーズ自体は2022年頃まで長期では上昇トレンドと予測しています

— ほなみ☆暗号通貨BTCFX&リップルガチホ彡 (@honamickdb) January 20, 2020

よくある疑問

よくある疑問

Q仮想通貨って電子マネーと何が違うの?

A電子マネーは会社や組織が完全にコントロールしているお金です。

仮想通貨はアルゴリズムで勝手に動いています。

Q仮想通貨は所詮はおもちゃのお金じゃないの

Aお金とは皆んなが ” お金 ” と認識すればお金になります。

たとえ貝殻や石ころであったとしてもです。

逆に和同開珎の時代は貨幣が増えすぎて ” お米 ” がお金とみなされていました。

Q借金するのが怖い

A仮想通貨は現物取引ができます。

現物ですのでビットコインが0円になっても投資額が0円になるだけなので借金することはありません。

借金したテレビの人は信用取引やクレジットカードで借金をつくっています。

Q周りの人に怪しいから辞めた方がいいと言われます。

Aビットコインは誰にも縛られないで自分でやりたいことを自分で決められる世界を作ろうという想いで作られました。

annaoffice's blog

ビジネスをする上で第一目的は、「お金を稼ぐ」ことで生活もラクになることと思いますが、世の中のビジネス情報商材は、溢れるほど出回っています。悪徳商法に合わないためのお金を稼ぐには、行動と正しい知識やノウハウを知る必要があります。 そんな、「お金を稼ぎ出せる情報」をこのブログから配信します! あなたと一緒に稼ぐビジネスをしましょう♪

小資金から「億」の不労所得を目指すトレードシステムとは?

f:id:annaoffice:20211020034823j:plain

【全自動10億円キラーシステム】

【全自動10億円キラーシステム】
⇒https://natural-nine.info/lp/47630/1025374

【全自動10億円キラーシステム】


これからはじめるシステムトレード 【全自動10億円キラーシステム】
⇒https://natural-nine.info/lp/47630/1025374

#FX #FXトレード #自動売買ツール #FXトレードシステム #不労所得 #投資 #資産形成 #億万長者 これからはじめるシステムトレード #FXシステムトレード #在宅副業 #副業 #ビジネス #ネットビジネス


※『無料』だから登録だけでも損は無いビジネス情報です!
【期間限定公開中】最新ビジネス情報 ☆.*. .*.
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
【 公開期間 10/28 23:59迄 <無料>】
※≪健康医学 教養講座≫
日本人の真の健康のための最新医学の
真実と正しい知識のオンライン講座
【日本人だけが知らない 最新医学の真実】
⇒https://icckame.com/ad/18053/967067

#健康 #医学 #教養講座 #無料視聴
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
【 公開期間 10/31 23:59迄 これからはじめるシステムトレード <無料>】
※≪FX トレード自動売買ツール≫
1日たった3分の指一本で「毎日5万円」が
手に入る資産形成型アプリ!
【MOVEMENT(これからはじめるシステムトレード ムーブメント)】
⇒https://tk-drive-info.com/ad/16957/943223

#投資ツール #EAツール #FX #FX自動売買ツール
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
【 公開期間 11/15 23:59迄 <無料>】
※≪暗号資産トレード手法≫
知識,経験,スキル不要で作業はメール確認だけ!
毎日利益を積み上げて月収80万円を目指します!
【マネーリッチ】
⇒https://bitmake-asp.com/rp/2c4/40mk

#暗号資産 #投資 #配当収入 #副業
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

笹原シュン☆これ今、旬!!

日本で、世界で、今まさに旬のトピックスをお届けします。政治、経済、文化、世界情勢など、噛み砕いてわかりやすく解説していければと考えています。同時に、日本の在り方、進むべき道についても、示していければと思っております。

NESARA/GESARA

NESARA/GESARA 14 ディープステートが独占していた科学技術を順次公開!? これからはじめるシステムトレード 生活スタイル一変、一気に未来社会に突入か?

ディープステートによる技術の独占 ディープステートたちは、世界中の富を独占していましたが、同時に、数々の先進技術をも独占し、文明の進歩を遅らせて、自分たちだけで先進技術の恩恵を享受していました。 技術独占の主な理由は、それらを公開することに…

NESARA/GESARA 13 東京地下要塞ついに陥落。ディープステート殲滅作戦終了か!? NESARA の今後の展開は?

東京地下要塞攻略作戦ついに終了 世界中で同時に行われた、ディープステート殲滅作戦ですが、最後まで難航したのは、わが国日本でした。 東京の地下には、地下6階にわたる大要塞があり、それが関東全域の地下と接続していました。 この地下要塞の攻略作戦は…

NESARA/GESARA 12 トランプ大統領のディープステート殲滅作戦。NESARA 発動3度目の正直!?

大量逮捕のタイミング さて、ディープステートからの攻撃を華麗にかわし、じっと機会をうかがっていたトランプ大統領ですが、ついに待望のチャンスがやってきました。 それが、2019年8月に発覚した、エプスタイン事件です。事件の詳細については、当ブログ …

NESARA/GESARA 11 ドナルド・トランプ&JFK ジュニアの戦い。2016年、トランプついに大統領に。

2016年大統領選挙 2016年11月、アメリカ大統領選挙が行われました。民主党はヒラリー・クリントン、共和党はドナルド・トランプが候補者となり、激しい選挙戦が行われました。 この選挙に勝利し、大統領となったのは、ドナルド・トランプです。 ヒラリーは、最…

NESARA/GESARA 10 ドナルド・トランプ&JFK ジュニアの戦い。情報を制する者が世界を制す!?

敗因の分析 すでに述べたように、NESARA の発動によって、富をディープステートの手から取り戻し、国民に分配する試みは、2度の失敗を喫してしまいました。 ホワイトハットたちは、3度目の正直に向けて、敗因の分析を行いました。 結論としては、まず第一に…

NESARA/GESARA 9 ルッキンググラスが見た未来。ディープステート滅亡は2012年の時点で確定していた!?

未来を透視する装置 アメリカは2次大戦直後から、地球外生命体と交流し、様々な宇宙人と条約を結んでいたようです。 アメリカはどんな機密情報でも50年たつとすべて公開するという慣習があるため、当時の文書が次々と公開されているのです。 端的に言うと、…

NESARA/GESARA 8 第2回NESARA 導入の試みは、ワールドトレードセンタービル&国防総省の破壊によって阻止された!?911同時多発テロ事件の真相。

911の概要 皆さんは911同時多発テロ事件を覚えていますか? まだ生まれてなかったという方もおられるでしょうか。 911同時多発テロ事件 ウィキペディアの記事は以下のようになっています。 アメリカ同時多発テロ事件は、2001年9月11日(火)の朝、イス…

NESARA/GESARA 7 ロナルド・レーガン大統領の雄大な戦略。第2回NESARA 導入の試みは軍と裁判所を用いて行われた!?

レーガン大統領が気づいた真実 ケネディ大統領暗殺後、しばらくディープステートもしくはその傀儡の大統領が続き、ディープステートたちは着実にその勢力を伸ばしていきます。 ケネディ以後、初めてディープステートの企てに異議を唱えたのは、第40代大統…

NESARA/GESARA 6 J・F・ケネディ大統領暗殺によって第1回 NESARA 導入の試みは阻止された!? ケネディの遺志は次世代へとつながる。

J・F・ケネディの戦い FRB 創設後、ディープステートたちは堂々とアメリカの通貨発行益を懐に入れ、どんどん勢力を伸ばしていきました。 その後、彼らに対して最初に異議を唱え、通貨発行益を取り戻そうとした人物は、第35代アメリカ合衆国大統領、JFK こと…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる