タダで投資

疑わしい箇所を調査した結果

疑わしい箇所を調査した結果
コロナ禍

変更箇所の調査

header

しかしながらHLRCは7.15.0で非推奨になり、新たなJava API Clientがリリースされました。そのため今回のバージョンアップ作業として、新Java API Clientに移行するかを移行ドキュメントと検索クエリのドキュメントで確認し検討しました。ドキュメントから実装方法が大きく異なっていることを確認したため、改修にはある程度の期間が必要であると想定出来ました。そのためEOLの迫っている現状での対応は見送ることとしました。新Java API 疑わしい箇所を調査した結果 Clientを利用することで得られる恩恵は少なからずあると思うので早めの移行したいと思います。

LTRプラグインのバージョンアップにともなうJavaのバージョンアップ

特徴量キャッシュの機能がマージされた

対象 バージョン
LTRプラグイン v1.5.8-es7.16.3

LTRプラグインを利用しているAPI(Spring Boot)は、Java 11で開発していました。 そのためSpring BootのPOM.xmlに依存関係を追加します。

このエラーの内容は、LTRプラグインはJava 14(クラス・ファイルのバージョン58.0)でコンパイルされ、開発環境で利用しているJava 11(クラス・ファイルのバージョン55.0)ではLTRプラグインを利用できないことを意味します。

Javaクラスファイルのバージョン確認方法

この例では major version: 55 のため、Java 11をターゲットにコンパイルされたクラスファイルであることが分かります。クラスファイルのバージョンを確認する必要がある場合は、javapコマンドを利用して確認してみてください。

Elasticsearchクラスタのコード管理化

  • Webコンソールからの操作でクラスタを作成しており、再作成時に必要な初期設定などの再現性が低い
  • ノード拡張はecctl(疑わしい箇所を調査した結果 Elastic Cloud Control)をラップしたスクリプトで操作し、プラグイン設定はWebコンソールから操作する、といった半手動運用によりオペレーションミスが混入し易い
  • 手動運用が入りIaC化出来ていない箇所があるため、インフラ構成変更のレビューコストが高い
  • ecctlをラップしたスクリプトのメンテナンスコストが高い

IaC方法の選択

  • ecctlを利用する
  • Elasticsearch Service APIを利用する
  • Elastic社より提供されるTerraform providerを利用する

前述の通り既に一部運用にecctlを利用していますが、ノード拡張といった特定の操作を簡略化するためにecctlをラップしたスクリプトを作り込んでいる状況があります。Elasticsearch Service APIを利用した場合も同様にラップしたスクリプトを作り込む必要が想定されました。またスクリプトを作り込んでいった結果、Terraformで提供されている機能を再現してしまった、という車輪の再発明に至る可能性もあります。

TerraformによるIaC化

  • 本番環境クラスタは専用のマスタノードを構成する、など環境毎にクラスタ構成の差異が存在します。こういった差異は環境変数では吸収できないため共通化ファイルとはせず、各環境で定義する方式としています。
  • Elastic Cloud上でのプラグインはクラスタ単位ではなくアカウント単位での管理となります。 全環境で共通に使用されているプラグインを更新すると全環境へ同時に反映されてしまいます。これを防ぐためプラグイン定義を環境毎に分離しました。

検証環境での負荷試験

バージョンアップ前のクラスタはインスタンスタイプにm5d(general purpose)疑わしい箇所を調査した結果 インスタンスを選択していました。その後、日々運用していく中でパフォーマンス改善に期待できるc6gd(CPU optimized)インスタンスが提供されました。SREチーム内でも検証したいインスタンスタイプではありましたが、一度作成したクラスタのインスタンスタイプは変更できないこともあり低い優先度となっていました。今回クラスタを作り直す機会に合わせて、m5dインスタンスからc6gdインスタンスへの変更を検討するため負荷試験を実施しました。

負荷試験の実施方法

image1

gatlingの実行には分散負荷試験ツールGatling 疑わしい箇所を調査した結果 Operatorを用いました。Gatling Operatorは分散負荷試験のライフサイクルを自動化するKubernetes Operatorです。先日SRE部より紹介しておりますので詳細はこちらをご覧ください。

インスタンスタイプ検証結果

インスタンスタイプ CPU使用率 99パーセンタイルレイテンシ
m5d 同等 同等
c6gd 改善 悪化

最大負荷時におけるバージョンアップ前後の比較結果

CPU使用率 99パーセンタイルレイテンシ
同等 同等

別クラスタに新しいバージョンのElasticsearchを構築

これはElastic Cloudサポートへ確認したところバージョン7.17.0m5dインスタンスクラスタの対応が終了していたことが原因でした。そのため、Elastic Cloudサポートより一時的にクラスタ作成の制限を解除する対応をとっていただきました。

疑わしい箇所を調査した結果

「コロナ禍による仕事探しの変化」実態調査
ー『エン派遣』ユーザーアンケートー 7割が「コロナ禍前後で仕事の探し方に変化があった」と回答。
具体的な変化トップ3は、「在宅でできる仕事を探す」「自宅周辺の勤務地に絞る」「人との接触が少ない職種を選ぶ」。

調査結果 概要

7割が「コロナ禍前後で仕事の探し方に変化があった」と回答。

具体的な変化トップ3は、「在宅でできる仕事を探す」「自宅周辺の勤務地に絞る」「人との接触が少ない職種を選ぶ」。

調査結果 詳細

1:7割が「コロナ禍前後で仕事の探し方に変化があった」と回答。(図1)

【図1】新型コロナウイルスが流行する前と後とで、ご自身の仕事の探し方に変化はありますか?

2具体的な変化トップ3は、「在宅でできる仕事を探す」「自宅周辺の勤務地に絞る」「人との接触が少ない職種を選ぶ」。(図2

2】「新型コロナウイルスが流行する前と後とで、仕事の探し方に変化がある」と回答した方に伺います。どのような変化がありましたか?(複数選択可)

■在宅でできる仕事を探すようになった

■希望勤務地を自宅周辺に絞った

■人との接触が少ない職種を選ぶようになった

■コロナ禍以降の仕事探しで工夫したこと/新たに始めたこと

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エン派遣(http://haken.en-japan.com/)』を利用しているユーザー
■有効回答数:4,449名
■調査期間:2021年9月1日~2021年10月31日

日本最大級。派遣の仕事に特化した求人情報サイトエン派遣https://haken.en-japan.com/

派遣で仕事を探す求職者と全国の人材派遣会社を結ぶ、日本最大級の派遣情報集合サイト。派遣で働きたい人のさまざまなニーズと、派遣会社の持つ仕事情報のマッチングを重視したサイト設計が特長です。どんな仕事情報も埋もれさせることなく、それを希望する派遣ユーザーにお届けします。

変更箇所の調査

header

しかしながらHLRCは7.15.0で非推奨になり、新たなJava API Clientがリリースされました。そのため今回のバージョンアップ作業として、新Java API Clientに移行するかを移行ドキュメントと検索クエリのドキュメントで確認し検討しました。ドキュメントから実装方法が大きく異なっていることを確認したため、改修にはある程度の期間が必要であると想定出来ました。そのためEOLの迫っている現状での対応は見送ることとしました。新Java API Clientを利用することで得られる恩恵は少なからずあると思うので早めの移行したいと思います。

LTRプラグインのバージョンアップにともなうJavaのバージョンアップ

特徴量キャッシュの機能がマージされた

対象 バージョン
LTRプラグイン v1.5.8-es7.16.3

LTRプラグインを利用しているAPI(Spring Boot)は、Java 11で開発していました。 そのためSpring BootのPOM.xmlに依存関係を追加します。

このエラーの内容は、LTRプラグインはJava 14(クラス・ファイルのバージョン58.0)でコンパイルされ、開発環境で利用しているJava 11(クラス・ファイルのバージョン55.0)ではLTRプラグインを利用できないことを意味します。

Javaクラスファイルのバージョン確認方法

この例では major version: 55 のため、Java 11をターゲットにコンパイルされたクラスファイルであることが分かります。クラスファイルのバージョンを確認する必要がある場合は、javapコマンドを利用して確認してみてください。

Elasticsearchクラスタのコード管理化

  • Webコンソールからの操作でクラスタを作成しており、再作成時に必要な初期設定などの再現性が低い
  • ノード拡張はecctl(Elastic Cloud Control)をラップしたスクリプトで操作し、プラグイン設定はWebコンソールから操作する、といった半手動運用によりオペレーションミスが混入し易い
  • 手動運用が入りIaC化出来ていない箇所があるため、インフラ構成変更のレビューコストが高い
  • ecctlをラップしたスクリプトのメンテナンスコストが高い

IaC方法の選択

  • ecctlを利用する
  • Elasticsearch Service APIを利用する
  • Elastic社より提供されるTerraform providerを利用する

前述の通り既に一部運用にecctlを利用していますが、ノード拡張といった特定の操作を簡略化するためにecctlをラップしたスクリプトを作り込んでいる状況があります。Elasticsearch Service APIを利用した場合も同様にラップしたスクリプトを作り込む必要が想定されました。またスクリプトを作り込んでいった結果、Terraformで提供されている機能を再現してしまった、という車輪の再発明に至る可能性もあります。

TerraformによるIaC化

  • 本番環境クラスタは専用のマスタノードを構成する、など環境毎にクラスタ構成の差異が存在します。こういった差異は環境変数では吸収できないため共通化ファイルとはせず、各環境で定義する方式としています。
  • Elastic Cloud上でのプラグインはクラスタ単位ではなくアカウント単位での管理となります。 全環境で共通に使用されているプラグインを更新すると全環境へ同時に反映されてしまいます。これを防ぐためプラグイン定義を環境毎に分離しました。

検証環境での負荷試験

バージョンアップ前のクラスタはインスタンスタイプにm5d(general purpose)インスタンスを選択していました。その後、日々運用していく中でパフォーマンス改善に期待できるc6gd(CPU optimized)インスタンスが提供されました。SREチーム内でも検証したいインスタンスタイプではありましたが、一度作成したクラスタのインスタンスタイプは変更できないこともあり低い優先度となっていました。今回クラスタを作り直す機会に合わせて、m5dインスタンスからc6gdインスタンスへの変更を検討するため負荷試験を実施しました。

負荷試験の実施方法

image1

gatlingの実行には分散負荷試験ツールGatling Operatorを用いました。Gatling Operatorは分散負荷試験のライフサイクルを自動化するKubernetes Operatorです。先日SRE部より紹介しておりますので詳細はこちらをご覧ください。

インスタンスタイプ検証結果

疑わしい箇所を調査した結果
インスタンスタイプ CPU使用率 99パーセンタイルレイテンシ
m5d 同等 同等
c6gd 改善悪化

最大負荷時におけるバージョンアップ前後の比較結果

CPU使用率 99パーセンタイルレイテンシ
同等 同等

別クラスタに新しいバージョンのElasticsearchを構築

これはElastic 疑わしい箇所を調査した結果 Cloudサポートへ確認したところバージョン7.17.0m5dインスタンスクラスタの対応が終了していたことが原因でした。そのため、Elastic Cloudサポートより一時的にクラスタ作成の制限を解除する対応をとっていただきました。

疑わしい箇所を調査した結果


■(1)今回の事例____________
「鉄骨造床、溶接金網のジョイント」
___________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-溶接金網


また、未だに多い反論が
・確認申請が通っている。
・中間、完了検査に合格している。

確認申請を行なっている行政、民間の検査機関は
「検査ではない。図面や監理がきちんとしている前提の上、
確認をしているだけ」と表明している。

建築の基準が新しくなっても、税制改正のように
TVや新聞では取り上げてくれない。
そのため、自ら勉強しない者の知識は、時代遅れになる。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.12.16 06:17

事例434『不同沈下の影響』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、健康診断の精密検査で、CT(コンピュータ断層撮影)
を撮りました。

CTのような高性能機械がコンパクト化し、
住宅現場で撮影可能になれば、
欠陥の発覚が、何十倍も増えるでしょう。

■(1)今回の事例___________
「不同沈下の影響」 疑わしい箇所を調査した結果
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-地盤沈下

大きく不同沈下している家。
最大沈下箇所から一番遠い玄関の柱が、
沈下側へ引っ張られ、基礎から離れてしまった。

家の最大沈下は約10CM。
基礎との接合部が、沈下による躯体本体の引っ張り力に
負けてしまい、このようになった。


危険性を無視し、売る時だけバレなければいい。
利己的で、詐欺まがいのことをやっているから、
仕事が減り、業者は倒産したのかも知れません。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.12.13 21:43

事例433『防水テープの不備』


■(1)今回の事例___________
「防水テープの不備」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防水テープ

詐欺の手口は、最初お値打ちに見せかけ、契約させる。
契約後に、これは見積に入ってなかったとか、
いろいろ理由をつけて、追加料金をぼったくる。


現在関わっている事件。
依頼者は、大きな変更などしていないのに
何百万円も請求されています。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.12.09 15:10

事例432『筋かい金物未固定』

■(1)今回の事例___________
「筋かい金物未固定」
__________________

欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋かい金物

この部分の施工の手順として
1、柱と金物をビスで固定。
2、筋交いを設置。
3、筋交いと金物をビスで固定。


年間、新規に150名ほどのお客さんを受け持ち、
今までの累計は1400名を超えています。
さらに、業者の担当者も入れると情報の数は膨大です。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.12.06 21:40

事例431『金物の位置が違う』


■(1)今回の事例___________
「金物の位置が違う」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-構造金物

柱頭と梁が、離れないように固定する金物の
位置が間違っている。梁同士を固定している。
(矢印位置に付くのが正解)

柱をしっかり止めてないと、
地震など大きな水平力が加わった場合、
土台や梁から引き抜けてします。

現場は一様でないため、
流れ作業的に大工さんが付けてしまうと
間違うこともあるでしょう。


稀に欠陥住宅を建ててしまう地元工務店B社。
・非は絶対に認めない。
・すぐに裁判の話をちらつかせる。
・当社ような会社の介入を拒否する。

弱者を助ける姿が、そこにはあるのに
本業でトラブルになったお客に対し
やっていることは、チンピラと変わらない。


住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai 疑わしい箇所を調査した結果 |最終更新日: 2011.12.02 09:11

事例430『梁の未固定』

ゴキブリや巨大な蜘蛛はよく見るため
何とも思いませんが、大きな蛇は嫌ですね。
もし、床下で蛇に遭遇しても、
狭いので身動きが思うように取れません。


■(1)今回の事例___________
「梁の未固定」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-梁が未固定

役所や保険の検査では、ボルト類まで細かくは見ない。
そのため、ナットが無くても、緩んでいても
そのまま完成することが大半です。

幹線道路でもなく、駐禁でない道路ですが、
一時的でも路上駐車の迷惑を考え、
交通整理をさせているそうです。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.疑わしい箇所を調査した結果 11.29 20:58

事例429『アンカーボルトが出すぎている』


■(1)今回の事例___________
「アンカーボルトが出すぎている」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-アンカーボルトの出

ねじ山の部分が限られるので、これではナットが締まらない。
10CMも上に上がると、埋込み深さが足らず、
引き抜き力低下につながる。

何でも無料が良いのか?
もちろん金銭的には、当たり前です。
しかし、その裏側をきちんと理解して利用しないといけない。

「業者 VS 施主」の争いなのに
「悪いのは性能評価機関だ」となりそうな時、

事実、相談を受けた例では、 疑わしい箇所を調査した結果
担当した建築士の態度が途中で変わり
基準的に黒のものを、白だと言っていたそうです。
(現在はネットで調べると、素人でも分かるものがある)


第三者といっても、ボランティアでない限り
報酬を得る目的でそこへ来ているわけで、
お金を払う側は、その弱みの部分を十分承知している。


住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai 疑わしい箇所を調疑わしい箇所を調査した結果 査した結果 |最終更新日: 2011.11.25 13:18

事例428『玄関の気密』

■(1)今回の事例___________
「玄関の気密」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-玄関気密


住宅金融支援機構によると、
「告示の改正では、画一的な規制基準が基準の簡素化・合理化により
なくなったと理解すべきで、竣工後の的確な省エネ性能の実現・
内部結露の防止・計画換気の実現のためには、従来どおり気密性の
確保のための的確かつ丁寧な施工を行うことが望まれる」とあります。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.11.22 20:14

事例427『梁貫通』


手描きの地図が、わかりすいこともあるけど、
グーグルなどの地図のコピーを頂くのが、
一番確実で、ありがたいです。

■(1)今回の事例___________
「梁貫通」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-梁貫通


壁内を通すと、どうしても梁が邪魔になる。
集中して配管を通せば、大きな穴があくため
耐力低下は確実。

専門知識を有する人しかできない仕事。
製造メーカーや電力会社の社員、関係省庁の役人で
大半を構成せざるを得ない。


また、ある住宅瑕疵保証検査会社は、
真面目に検査すると指摘が出るから
あえて、検査しない姿勢を貫いています。


法律や基準には、明快に線引きできないものが多い。
検査員や組織が、勝手に甘い判断をし、
問題にしないことが多いと思います。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.11.18 16:20

事例426『勾配天井 断熱材の隙間』


■(1)今回の事例___________
「勾配天井 断熱材の隙間」
__________________


欠陥住宅を調査する建築士のブログ-勾配天井

中には、この家は、昔の家とそう変わらないだろうと
いう家もあります。
有名メーカーでは、S社など。


「省エネルギー対策等級」の基準は、言葉では
厳しい事が書かれていますが、
緩和措置のような抜け道がたくさんあり、
何とでもなるのが現状です。

住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

By. nagai |最終更新日: 2011.11.15 10:44

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 疑わしい箇所を調査した結果 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

Contents

著書のご案内

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

〒463-0048 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303
TEL 052-739-5471 FAX 052-739-5472

抗原検査キット薬局で販売開始!市販との違いは?価格・購入方法を知って正しい知識で備えよう!

抗原検査キット薬局用と市販の違いとは?

コロナ禍

少し体調が崩れただけでもコロナ前は気にならなかったのに、今では「 コロナ かな?」と不安になる事ありますよね。

今回は、薬局でも販売が可能になった 抗原検査キット についてお伝えします。

あむさい

コロナウイルス抗原検査とは

疑わしい箇所を調査した結果
PCR検査抗原検査(定性検査)抗体検査
目的 現在 のウイルス感染を調べる 現在 のウイルス感染を調べる 過去 のウイルス感染を調べる
検査場所 検査施設 その場で可能検査施設
時間数時間~1日15分~30分15分~1時間
制度 抗原検査よりは高い PCR検査より劣る(偽陰性が出やすい) 精度は定まっていない
コロナウイルスの検査の種類

※抗原検査の定性検査とは、検査キットなどでその場で検査する方法。抗原定量検査もあり、こちらは検査場にて検査する方法です。こちらの方が精度は高いですがPCRよりは劣ります※

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる