初心者向けおすすめFX動画

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
詳しくみる

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方

「ストキャスティクスってなに?」

「ストキャスティクスの設定はどうしたらいい?」

「ストキャスティクスをつかった取引手法は?」

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクス.jpg

ストキャスティクスは オシレーター系 のテクニカル分析手法の一つです。

%K(Fast)」と「%D(Slow)」の2本のラインが、売りゾーンまたは買いゾーンに入っているかで「買われすぎ」「売られすぎ」を判断します。

2本のラインのクロスポイントを売買シグナルとするため、視覚的にも判断しやすい指標ですよ!

ファストストキャスティクス:%Kと%Dの2本で構成

スローストキャスティクス:%DとSlow%Dの2本で構成

ストキャスティクスの見方と設定

%Kを算出する際の期間は、 9日間 に設定するのが一般的です。

5日間と14日間もよく使われますよ。

売買シグナル

ストキャスティクス売買シグナル

買いシグナル:%Kが%Dを下から上へ抜いた

売りシグナル:%Kが%Dを上から下へ抜いた

ダイバージェンス

相場は高値(安値)を更新しているのに、ストキャスティクスが逆の動きを示すことがあります。

これをストキャスティクスの ダイバージェンス と言い、トレンド転換を示唆するサインです。

ストキャスティクスはレンジ相場で使おう

ストキャスティクスは レンジ相場 で使うのが有効ですよ。

なぜなら、レンジ相場に有効な逆張り手法と相性がいいからです。

売られすぎ買われ過ぎが判断できれば、「売られすぎなら買い」「買われすぎなら売る」と逆張りでのエントリーが出来ますよね。

RSIとの違いは?

ただしストキャスティクスはRSIと違っては、 ラインの交差での売買シグナル判断ができる ことです。

ストキャスティクスが使えるおすすめFX口座

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

ストキャスティクスと移動平均線を使った取引手法

今回の手法は、移動平均線を同時に使用する順張りのトレンドフォローです。

ストキャスティクスは %Kと%Dを使用 、買われすぎ売られすぎゾーンは90%と10%をラインとします。

ストキャスティクス手法.jpg

まず、移動平均線で大まかなトレンド方向を確認しましょう。

上昇トレンドの場合、ストキャスが10%を一度下回ったあとゴールドクロスが出たら次の足で買エントリー、%Kと%D両線ともが75%を超えたら利確決済です。

下降トレンドの場合、ストキャスが90%を一度上回ったあとデッドクロスがでたら次の足で売エントリー、%Kと%D両線ともが25%を下回ったら利確決済です。

ストキャスティクスは「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標
ダイバージェンスでトレンド転換を察知できる
トレンド相場よりもレンジ相場に向いている
移動平均線と組み合わせると効果的

ストキャスティクスRSI

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方

MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均・収束拡散トレード法」となります。

MACD

通常の日足分析においては、短期EMA期間は9、長期EMA期間は26とするのが一般的です
また、MACDの移動平均であるシグナルとともに2本の線で分析することが多く、シグナルの平均期間は9が一般的です。
MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたものがヒストグラムと呼ばれ以下の計算式で算出されます。

MACD

MACDの利用方法

1.MACDとシグナルの交差

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方 1.MACDとシグナルの交差

2.MACD,シグナルとゼロラインの交差

MACD,シグナルとゼロラインの交差

3.ダイバージェンス

ダイバージェンスとはもともと「相違がみられること」という意味で、テクニカル分析では、相場のトレンドとテクニカル指標のトレンドが逆行することを言います。
MACDでのダイバージェンスとは、相場が上昇トレンドにあるときに、MACDのトレンドラインが下降トレンドを示しているような場合をいいます。
ダイバージェンスは相場の転換を暗示するものとされており、MACDのダイバージェンスも相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです。

MACD利用の注意点

MACDは移動平均線を加工したものであるため、基本的にはトレンド系に分類されるテクニカル指標です。 そのため、ボックス相場(トレンドレス)には弱い傾向があり、だましが多く発生するリスクがあります。
また、トレンド転換し次のトレンドが発生する前のトレンド終盤にはトレンドレスになることが多いことから、 MACDは新規売買には有効でも手仕舞いのサインが遅くなる傾向もあることには注意が必要なところでしょう。

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方

「ストキャスティクスってなに?」

「ストキャスティクスの設定はどうしたらいい?」

「ストキャスティクスをつかった取引手法は?」

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクス.jpg

ストキャスティクスは オシレーター系 のテクニカル分析手法の一つです。

%K(Fast)」と「%D(Slow)」の2本のラインが、売りゾーンまたは買いゾーンに入っているかで「買われすぎ」「売られすぎ」を判断します。

2本のラインのクロスポイントを売買シグナルとするため、視覚的にも判断しやすい指標ですよ!

ファストストキャスティクス:%Kと%Dの2本で構成

スローストキャスティクス:%DとSlow%Dの2本で構成

ストキャスティクスの見方と設定

%Kを算出する際の期間は、 9日間 に設定するのが一般的です。

5日間と14日間もよく使われますよ。

売買シグナル

ストキャスティクス売買シグナル

買いシグナル:%Kが%Dを下から上へ抜いた

売りシグナル:%Kが%Dを上から下へ抜いた

ダイバージェンス

相場は高値(安値)を更新しているのに、ストキャスティクスが逆の動きを示すことがあります。

これをストキャスティクスの ダイバージェンス と言い、トレンド転換を示唆するサインです。

ストキャスティクスはレンジ相場で使おう

ストキャスティクスは レンジ相場 で使うのが有効ですよ。

なぜなら、レンジ相場に有効な逆張り手法と相性がいいからです。

売られすぎ買われ過ぎが判断できれば、「売られすぎなら買い」「買われすぎなら売る」と逆張りでのエントリーが出来ますよね。

RSIとの違いは?

ただしストキャスティクスはRSIと違っては、 ラインの交差での売買シグナル判断ができる ことです。

ストキャスティクスが使えるおすすめFX口座

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
スプレッド
(ドル/円)
テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

ストキャスティクスと移動平均線を使った取引手法

今回の手法は、移動平均線を同時に使用する順張りのトレンドフォローです。

ストキャスティクスは %Kと%Dを使用 、買われすぎ売られすぎゾーンは90%と10%をラインとします。

ストキャスティクス手法.jpg

まず、移動平均線で大まかなトレンド方向を確認しましょう。

上昇トレンドの場合、ストキャスが10%を一度下回ったあとゴールドクロスが出たら次の足で買エントリー、%Kと%D両線ともが75%を超えたら利確決済です。

下降トレンドの場合、ストキャスが90%を一度上回ったあとデッドクロスがでたら次の足で売エントリー、%Kと%D両線ともが25%を下回ったら利確決済です。

ストキャスティクスは「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標
ダイバージェンスでトレンド転換を察知できる
トレンド相場よりもレンジ相場に向いている
移動平均線と組み合わせると効果的

FXオシレーター指標であるMACD・RSIの売買シグナル分析方法

FX投資で押さえておきたいオシレーター系指標

FX投資で押さえておきたいオシレーター系指標

FX(外国為替証拠金取引)で未来の為替レートを予測する分析手法としては、経済ニュース・経済指標を参考にする「ファンダメンタルズ分析」とチャートの値動きを各種指標で予測する「テクニカル分析」があります。FXにおいて「中期の為替レート」を予測したり、決定的な情報リソースからの短期の値動きを予測したりする場合には、「米国の要人発言・雇用統計・FRBの金融政策(FF金利の利上げ)」を中心としたファンダメンタルズ分析が有効になります。FXトレーダーの多くが、米国・日本・EUの主要な経済ニュースに注目しているわけですが、特に4月の現時点で「ドル円・ユーロ円」の為替レート(ドル安傾向)に大きな影響を与えているのは、「トランプ大統領の発言・FRBの利上げペース・米国の貿易戦争関連のニュース・ユーロ圏のテーパリング(金融引き締めのペース)・EU主要国の財政状況とGDP成長率」です。

テクニカル分析における「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」の違いとは何か?

押さえておくべきオシレーター系指標「MACD」の売買シグナルの読み取り方

オシレーター系指標でもっとも簡単に使いやすい指標の一つが「MACD(Moving Average Convergence Divergence)」です。MACDは日本語では「移動平均収束拡散手法」という難しい名前になりますが、MACDの売買シグナルの読み取り自体は、「MACD・シグナル線」を見るだけで簡単にできます。MACDはトレンド系指標の指数移動平均線(EMA)から算出されるものなので、時にトレンド系指標に分類されることもありますが、基本的には売買の強弱を教えてくれるオシレーター系指標です。

EMA(Exponential Moving Average)は、SMA(単純移動平均線:Simple Moving Average)よりも直近の価格を重視して重みづけした移動平均線で、直近の価格変動に敏感に反応する特長があります。MACDは「短期EMA(12日EMA)から中期EMA(26日EMA)を引いた値」を線にしたもので、シグナルの線と一緒に表示され、MACDとシグナルの乖離幅が「MACDヒストグラム」という棒グラフになっているのです。MACDを利用したFXのトレード戦略は、シグナル線だけを利用するのであれば「MACDの0ライン」をシグナル線が下から上に抜けた時に「買い」、上から下に抜けた時に「売り」を入れるというのが基本になります。

押さえておくべきオシレーター系指標「RSI」の売買シグナルの読み取り方

MACD・RSIの売買シグナルの分析方法

RSI(Relative Strength Index:相対力指数)は「買われ過ぎ・売られ過ぎ」をグラフ形式で一目で分かるようにしてくれるとても便利なオシレーター系指標で、短期~中期(14日~30・42日程度)の投資の売買タイミングの大まかな見極めに使えます。RSIを求める数式は「RSI(%)=(値上がり幅の合計)÷(値上がり幅の合計+値下がり幅の合計)×100」となります。一定期間の為替相場における「値上がり幅(仮に14日間で40)」と「値下がり幅(仮に10)」を合計して、全体の値動き(40+10=50)に対する値上がり幅(40)が占める割合を計算したものが「RSI」になります。この場合であれば、「RSI=40÷(40+10)=0.8(80%)」がこの期間のRSIになり、上昇トレンドで買われ過ぎだと判断されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる