よくあるご質問

株式投資初心者でもわかりやすい

株式投資初心者でもわかりやすい
上昇トレンドや下降トレンドのサインが出ているか、出来高はどうかも見ておきましょう。

これを見ると、日本郵船は10,000円近辺で押し戻されており、しばらくは相場が大きく変わらない限り10,000円を高値として推移しそうだな、と予想が立てられます。

「投資初心者だが、個別株を買ってみたい」…よくある銘柄選定の失敗例と、その対策

筆者は、投資初心者には銘柄分散と時間分散が容易な投信の積立投資を勧めていますが、初心者でも個別株に投資したい人はいるでしょうし、投資に慣れてきたので個別株に進出したいという人もいるでしょう。 筆者自身も個別株に投資しているので、本稿でも個別株への投資に否定的なことを記すつもりはありませんが、留意すべきことは記しておきたいですね。 まずは「なんのために個別株に投資するのか」ということです。最も重要なのは、大儲けを狙うのか、悲惨な老後を避けるために堅実な投資を心がけるのか、ということです。 大儲けを狙うのであれば、大きく値上がりしそうな成長株から少数を選び、集中的に投資するべきでしょうが、くれぐれも老後資金を注ぎ込むのではなく、小遣いの範囲で楽しみましょう。カジノで賭けるときのようなワクワクを感じたい、という場合も同様ですね。 悲惨な老後を避けるということなら、投資目的のひとつは「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い資産である株をもつ」ことであり、株式投資への姿勢も「できるだけ大損する可能性が少ないように心がける」というものになるでしょう。これについては後述します。

様子がわかるだけに投資しやすい「自社株」だが…

さて、自社株ですが、「自社株を購入して勤務先に忠誠心を見せたい!」というのであれば、それは立派な心がけですが、しかしながら本稿は、そうした方々は読者対象外と考えています。 また、忠誠心とは無関係に「金儲けのために自社株を買う」というのであれば、筆者はお勧めしていません。従業員持株会があって、よほど多額の補助金でも出ているなら別ですが。 よく知っている先であり、親しみの気持ちもあることから、自社株に投資したくなるのはわかりますが、下手をするとインサイダーとなってしまうリスクもありますし、そうでなくても勤務先が傾いたときの影響が大きすぎます。 もし勤務先が経営不振に陥ったら、給料やボーナスがカットされるだけでなく、持ち株も値下がりすることで、ダブルパンチとなってしまいます。万が一にも勤務先が倒産した場合には、仕事も失い退職金も出ず、持ち株は紙屑になってしまうわけです。それではあまりに悲惨でしょう。

「投資初心者だが、個別株を買ってみたい」…よくある銘柄選定の失敗例と、その対策

筆者は、投資初心者には銘柄分散と時間分散が容易な投信の積立投資を勧めていますが、初心者でも個別株に投資したい人はいるでしょうし、投資に慣れてきたので個別株に進出したいという人もいるでしょう。 筆者自身も個別株に投資しているので、本稿でも個別株への投資に否定的なことを記すつもりはありませんが、留意すべきことは記しておきたいですね。 株式投資初心者でもわかりやすい まずは「なんのために個別株に投資するのか」ということです。最も重要なのは、大儲けを狙うのか、悲惨な老後を避けるために堅実な投資を心がけるのか、ということです。 大儲けを狙うのであれば、大きく値上がりしそうな成長株から少数を選び、集中的に投資するべきでしょうが、くれぐれも老後資金を注ぎ込むのではなく、小遣いの範囲で楽しみましょう。カジノで賭けるときのようなワクワクを感じたい、という場合も同様ですね。 悲惨な老後を避けるということなら、投資目的のひとつは「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い資産である株をもつ」ことであり、株式投資への姿勢も「できるだけ大損する可能性が少ないように心がける」というものになるでしょう。これについては後述します。

様子がわかるだけに投資しやすい「自社株」だが…

さて、自社株ですが、「自社株を購入して勤務先に忠誠心を見せたい!」というのであれば、それは立派な心がけですが、しかしながら本稿は、そうした方々は読者対象外と考えています。 また、忠誠心とは無関係に「金儲けのために自社株を買う」というのであれば、筆者はお勧めしていません。従業員持株会があって、よほど多額の補助金でも出ているなら別ですが。 よく知っている先であり、親しみの気持ちもあることから、自社株に投資したくなるのはわかりますが、下手をするとインサイダーとなってしまうリスクもありますし、そうでなくても勤務先が傾いたときの影響が大きすぎます。 もし勤務先が経営不振に陥ったら、給料やボーナスがカットされるだけでなく、持ち株も値下がりすることで、ダブルパンチとなってしまいます。万が一にも勤務先が倒産した場合には、仕事も失い退職金も出ず、持ち株は紙屑になってしまうわけです。それではあまりに悲惨でしょう。

「投資初心者だが、個別株を買ってみたい」…よくある銘柄選定の失敗例と、その対策

筆者は、投資初心者には銘柄分散と時間分散が容易な投信の積立投資を勧めていますが、初心者でも個別株に投資したい人はいるでしょうし、投資に慣れてきたので個別株に進出したいという人もいるでしょう。 筆者自身も個別株に投資しているので、本稿でも個別株への投資に否定的なことを記すつもりはありませんが、留意すべきことは記しておきたいですね。 まずは「なんのために個別株に投資するのか」ということです。最も重要なのは、大儲けを狙うのか、悲惨な老後を避けるために堅実な投資を心がけるのか、ということです。 大儲けを狙うのであれば、大きく値上がりしそうな成長株から少数を選び、集中的に投資するべきでしょうが、くれぐれも老後資金を注ぎ込むのではなく、小遣いの範囲で楽しみましょう。カジノで賭けるときのようなワクワクを感じたい、という場合も同様ですね。 悲惨な老後を避けるということなら、投資目的のひとつは「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い資産である株をもつ」ことであり、株式投資への姿勢も「できるだけ大損する可能性が少ないように心がける」というものになるでしょう。これについては後述します。

様子がわかるだけに投資しやすい「自社株」だが…

さて、自社株ですが、「自社株を購入して勤務先に忠誠心を見せたい!」というのであれば、それは立派な心がけですが、しかしながら本稿は、そうした方々は読者対象外と考えています。 また、忠誠心とは無関係に「金儲けのために自社株を買う」というのであれば、筆者はお勧めしていません。従業員持株会があって、よほど多額の補助金でも出ているなら別ですが。 よく知っている先であり、親しみの気持ちもあることから、自社株に投資したくなるのはわかりますが、下手をするとインサイダーとなってしまうリスクもありますし、そうでなくても勤務先が傾いたときの影響が大きすぎます。 もし勤務先が経営不振に陥ったら、給料やボーナスがカットされるだけでなく、持ち株も値下がりすることで、ダブルパンチとなってしまいます。万が一にも勤務先が倒産した場合には、仕事も失い退職金も出ず、持ち株は紙屑になってしまうわけです。それではあまりに悲惨でしょう。

【超投資初心者向け】株式投資の始め方と株の選び方

マネックス証券は著名なアナリストを多く抱えるネット証券会社の大手です。
特に米国株式の情報はネット証券会社の中でもトップクラスと言えるため、米国株式に興味がある方におすすめです。
また、マネックス証券ではマネックスカードで投資信託を積み立てるとマネックスポイントが付与されます。ポイントの付与率は約定代金の1.1%に相当するため、高還元となっています。
マネックスポイントは、Amazonのギフト券やTポイントへの交換、国内株式の売買手数料への充当が可能なので、ポイ活をしている方には嬉しい特徴と言えるでしょう。
マネックス証券は各種ツールが高機能であり、テクニカル分析やコラムなどの投資情報も充実しています。

手数料(超割コース) (~5万円)55円
(~10万円)99円
(~20万円)115円
特徴 ・米国株やIPOなど投資先が豊富
・銘柄診断以外にも資産運用や投資力などを測れるツールが豊富
・著名なアナリストが多数在籍しており投資情報が充実
・マネックスカードで投信積立することでポイ活も
注意点 ・マネックスポイントが利用できるのは国内株式の売買手数料のみ
こんな人におすすめ ・投資情報は専門家が執筆した内容の濃いものを読みたい
・米国株に興味がある
・投資手法や保有資産を診断するツールに興味がある

auカブコム証券

手数料(超割コース) (~5万円)55円
(~10万円)99円
(~20万円)115円
特徴 ・auじぶん銀行やauPayカードでの優遇措置有
・1日定額手数料なら100万円以下まで手数料無料
・マーケット情報以外の金融関連記事が充実
注意点 ・米国株は取扱いがない
こんな人におすすめ ・大手企業が運営している証券会社に口座を開設したい
・auユーザー、auじぶん銀行を利用している
・投資以外の金融情報が知りたい

証券会社選びに失敗しないたった1つのルール

「結局どの証券会社を選べばいいの?」
「どこも似たり寄ったりで選べない!」
ここまで読んだ方の中には、こんな感想を持った方も多いのではないでしょうか。
手数料や銘柄数、IPOと言われても、最初のうちはピンと来ないものです。
こんな時は、実際の証券会社のサイトを訪れて、取引画面を見てみてください。
トップページに株式、債券、米国株など投資先が多く並んでいるもの。株式投資に特化していて、スッキリとしたデザインのもの。
各証券会社で工夫がこらされており、一番特徴が出るのが取引画面のトップページです。
「見やすそう」「使いやすそう」と感じた証券会社を選んでください。
最初の取引画面が見えにくく、使いにくい証券会社では、口座を開設した後で取引が億劫になってしまう可能性があるので慎重に。

また証券会社の口座はいくつ開設しても問題ありません。
自分で気に入った取引画面の証券会社をメイン口座として開設し、その後「米国株を始めたい」「IPOに応募したい」という気持ちが出てきたら、状況に合わせてサブの証券会社を開設しても良いでしょう。
例えばメインの証券会社は楽天証券だけれど、つみたてNISAは野村証券で、米国株はマネックス証券で取引するということも可能です。

4・株はどうやって儲かるの?

2・株主優待について

3・配当について

5・株を始めるには最低いくら必要なの?

6・株は何歳からはじめられるの?

1・中学生・高校生が株をはじめるにはどうすればいいのか?

18歳未満の方が証券会社に口座を開設するには、親権者の同意が必要です。
証券会社によって異なりますが、通常は親権者がその証券会社に口座を開設していることを条件としている証券会社が多くなっています。
親権者が口座開設書を記載し、滞りなく口座開設できたら未成年者が口座を開設する、という流れになります。

2・大学生が株をはじめるにはどうすればいいのか?

7・株を始める為に必要な知識は?

1・株価の見方

これだけでも「市場が開いてから、今の時間まで株価は下がったのか、上がったのか」がわかります。
下がっているなら株を売っている人が多い、上がっているならその株を買っている人が多いということになります。
続いて、企業の業績をチェックするための用語を解説します。

・PER :株価が割安か割高かを判断する指標です。会社の過去のPERと比較する、同業他社のPERと比較するなどして割安か割高かを判断します。
・PBR :株価の1株あたりの純資産を示す指標です。単純に考えると低い数値であるほど割安と言えますが、PBRが低い状態が続くというのは投資家間ではその状態が企業本来の価値であるとみなされているとも捉えられます。 株式投資初心者でもわかりやすい
・ROE :自己資本比率をはかる指標です。ROEの数値が高いほど経営効率が良いと考えらえます。
・EPS :企業が1株当たりどのくらいの利益を生み出しているかをはかる指標です。

2・これからあがる簡単なチャートの見方

上がるチャート「逆三尊」

逆ヘッドアンドショルダー

真ん中が一番深くなった3つの谷を形成するチャートです。
底を打って、上昇トレンドへ転換するサインになります。

図のように、直近の高値付近で戻されていた株価が、上へ抜けて上昇トレンドへ転換します。
「底値を付けた後、直近の高値を更新したということは、これから上がるのでは?」と考える投資家が多くなり、株価も上がるとイメージすると解りやすいかと思います。

上がるチャート「ダブル・ボトム」

ダブルボトム

上のサインと異なり、今度は底値が2つのものです。2つの谷はほぼ同じ株価であることがポイントです。
2度底値を付けた後、少し上昇することで投資家が「これ以上下がることはなさそうだ」と考えるため、買い注文が入りやすくなるため上昇トレンドへ転換する時のサインであると考えられています。

3・これから下がる簡単なチャートの見方

下がるチャート「三尊天井」

ヘッドアンドショルダー


3回の高値を付けて、3回とも売りで押し戻されているイメージです。真ん中の高値が一番高く、後は売りが多いので高値が更新できないチャートで、中長期的な下降トレンドに入ると見られます。
「前回の高値を超えられなかったということは、今後は上がらなそうだな」と考える投資家心理によってこうしたチャートになる、とイメージするといいかもしれません。
下降トレンドに入る時は、出来高も合わせて少なくなることが多いので出来高もきちんと見るようにしてください。

ダブル・トップ

ダブルトップ


株価が2回高値を付けた後で株価が下落するチャートです。
高値を付けた銘柄が下がってきて「押し目買いだ」と買った投資家が、「これ以上は上がらないかな」と考え、続いての高値近辺で売ってしまうため、このような形になります。
山の上(=高値)がだんだんと下へ下がっているチャートには注意しましょう。

8・今後あがる銘柄の予想の仕方

株式投資の世界に「絶対に今後上がる銘柄」というものは存在しません。
ただし「業績が上がるのではないか」「将来的に株価が上がるのではないか」と予想される銘柄を選ぶ事は可能です。
ここからは銘柄の選び方を解説しますが、そうした銘柄の選び方を解説する前に、投資初心者の方が銘柄選びで絶対にやってはいけないことがあるので解説します。

銘柄選びで絶対にやってはいけないこと

自分で銘柄を選ぶなら

野村証券の画面

ここでは参考までに、筆者が利用している野村証券の画面で説明します。
通常の証券会社であれば、銘柄を調べると「ニュース」「決算」「四季報」「業績」「株主優待」がすぐにわかるようになっています。

画像は日本郵船の業績です。
「売上高」「営業利益」「経常利益」「EPS」この項目が上昇している企業であれば、今後株価が上がることが期待されます。
日本郵船の業績を見ると、数字が上がっていることがわかるはずです。

日本郵船の業績

もちろん、こうした項目に加えて「PBR」「PER」「ROE」といった指標のチェックもお忘れなく。割高になっていないか、同業他社と比べてどのような水準なのかを見ておきましょう。

最後にチャートを確認します。

チャート

上昇トレンドや下降トレンドのサインが出ているか、出来高はどうかも見ておきましょう。

これを見ると、日本郵船は10,000円近辺で押し戻されており、しばらくは相場が大きく変わらない限り10,000円を高値として推移しそうだな、と予想が立てられます。

株の投資方法に絶対はなく、人によって得意なスタイルがあります。
上昇トレンドに乗って売買する方が得意な方もいれば、下降トレンドに入ってから底値で買って戻ったら売る手法が得意な方もいます。
自分がどのようなタイプなのかは、実際に取引をしてみないとわかりません。
ぜひ株式投資を始めて、楽しく株を学んでください。

株式とは?初心者向けに仕組みを教科書のようにわかりやすく解説!

株式とは?初心者向けに仕組みを教科書のようにわかりやすく解説!

Hpp

???

  • 株式ってなに?
  • 様々な利益が得られるって聞いたんだけど…
  • いくらあれば株式を購入できる?

実は、 株式は銀行に預金を預けておくよりも効率的にお金を生み出すことができます。

なぜならば、株式は保有していることで 3つのメリットを得ることができるから です。

そこで、当記事の前半では『 そもそも株式とは何か 』『 株主が受け取れる3つの利益 』について解説しつつ、記事の後半では『 いくらから株式を購入できるのか 』『 株の値段が値上がりする理由 』について初心者向けに具体的に解説します!

当記事を読み終えると、『株式の概要』について理解できるだけなく、 株式を保有することで得られる利益について正確に理解できるでしょう。 株式投資初心者でもわかりやすい

そもそも、株式とは?

そもそも、株式とは?

株式とは、 企業が投資家から集めた資金と引き換えに発行する証書のこと を指します。

その投資家に渡す証明書こそ、株式 なのです!

くまねこ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる