テクニカル分析

仮想通貨で儲ける方法は

仮想通貨で儲ける方法は

ETH Token Tradingは、世にも珍しいイーサリアム建てでFXができる商品で、「ETHに詳しい人」「ちょっと変わり種を狙ってみたい人」にオススメです♪
”仮想通貨”対”ETH”のレートなのでより値動きが多様になり、通貨ごとの値動きの特徴的がもっとも顕著に出る商品です!!٩( ‘ω’ )و

完全ノーリスク。ネットサーフィンで仮想通貨(ビットコイン)を稼ぐadBTC!

adbtcのサムネイル

〜運営メンバーの自己紹介〜

カテゴリー

アーカイブ

New article

Popular articles

Category

© 2022 クリブロ All 仮想通貨で儲ける方法は rights reserved.

【wisebitcoin商品ガイド】CryptoCurrency7dの早見表


Crypto 仮想通貨で儲ける方法は Currnecy7dは、BTC/JPY(USD)、ETH/JPY(USD)に限りレバレッジ上限が20倍になっているので「そこそこFXに慣れている人」には特にオススメの商品です^^

また、「仮想通貨」と「法定通貨(JPY、USD)」のペアが13種類あり、全商品の中でも1番多いため「いろんな通貨ペアで取引したい人」にとってもかなりオススメできます♪

取引可能時間は「365日」可能で、BTC、ETH意外のレバレッジ上限は全通貨共通で「最大5倍」に設定されています。

【WiseBitcoin】BTCTokenTradingの早見表


BTC Token Tradingは、「特定の通貨に詳しい人(推しコインがある人)」「BTC連動型の相場に飽きた人」にオススメです♪

というのも、ビットコイン建てのFXは従来の法定通貨建てとは違い”仮想通貨”対”仮想通貨”のレートなので、その通貨特有の値動きをしていることが多いからです( ‘ω’ )
全部で12種類ありますが、まさに多種多様な値動きをしています♪

なかでも特にオススメなのが「BCH/BTC」「ETH/BTC」「ETC/BTC」の3つです!
この2つは初期費用が抑えられる上に1度に保有できるロットも多いので、かなりコスパが良い通貨ペアなのです^^

取引は「365日」可能で、レバレッジ上限は通貨別に「3〜5倍」に設定されています。

【wisebitcoin商品ガイド】ETHTokenTradingの早見表


ETH Token Tradingは、世にも珍しいイーサリアム建てでFXができる商品で、「ETHに詳しい人」「ちょっと変わり種を狙ってみたい人」にオススメです♪
”仮想通貨”仮想通貨で儲ける方法は 対”ETH”のレートなのでより値動きが多様になり、通貨ごとの値動きの特徴的がもっとも顕著に出る商品です!!٩( ‘ω’ )و

通貨ペアは「仮想通貨」と「ETH」のペアが4種類あります。
取引可能時間は「365日」可能で、レバレッジ上限は通貨別に「3〜5倍」に設定されています。

この中でも1番オススメの通貨ペアが「ETC/ETH」で、この通貨ペアは全商品の中で最も初期費用が安いです^^
なので、始めて仮想通貨建てのFXをやるという人には1番オススメですね♪

wisebitcoinの商品ガイド「cryptocurrency5d」

Crypto Currnecy5dは、WiseBitcoinの基本商品なので、「始めてWiseBitcoinを使う人」もしくは「BTCFXにあまり慣れていない人」にオススメです^^

取引手数料が1番安い ので初期費用を抑えやすいですし、1度に持てるロットの最大数も全商品の中で1番多いため大きく仕掛けることもできます(*°∪°)

ですので、まずはトータルで初期費用が低い「ETH/JPY_5d」「XRP/JPY_5d」「LTC/JPY_5d」辺りで様子を見ながら、徐々にロット数を上げていくのが順当な取引といえますね^^

取引可能時間は「月曜の朝〜土曜の朝」までの5日間で、レバレッジは全通貨共通で「最大5倍」に設定されています。

仮想通貨は副業?会社にバレる?問題点やおすすめ理由について解説

pu- / PIXTA

暗号資産(仮想通貨)取引により、確定申告が必要なケースもあります。ここまでご紹介した方法によって暗号資産(仮想通貨)取引を行い、利益が出た場合、その金額によって確定申告が必要になります。上述の通り、取引の結果年間20万円以上の所得を得た場合には確定申告をしなければなりません。 所得を計算するのは1月1日から12月31日までの期間で、翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行います。細かな取引をしている場合は自分で税金の計算をするのが難しいため、税理士などプロに計算を依頼するケースも多くみられます。 なお、暗号資産(仮想通貨)取引で得た所得が20万円以下であっても、医療費控除などの所得控除を受ける人は確定申告をしなければなりません。

暗号資産(仮想通貨)取引での所得は雑所得に区分

暗号資産(仮想通貨)取引で得た所得は「雑所得」に区分されます。所得の区分とは、会社勤めの人の所得である「給与所得」、株主配当金の所得である「配当所得」、自営業の所得である「事業所得」などの所得に分けられることを指します。 暗号資産(仮想通貨)の利益は給与所得や配当所得などではなく、このうちのどれにも属さない「雑所得」に区分されます。暗号資産(仮想通貨)取引の利益によって生計を立てていることがわかる場合は「事業所得」とみなされることもありますが、副業の場合は「雑所得」になると覚えておきましょう。その他にも雑所得に区分される所得がある場合には、そちらとあわせて計算します。

確定申告しなかった場合のペナルティ

暗号資産(仮想通貨)取引の結果、確定申告が必要となる額の利益が発生したにもかかわらず、確定申告をしなかった際には、さまざまなペナルティが課せられます。確定申告期限を過ぎた後に確定申告をすると「無申告加算税」が科せられるほか、本来の納税期日を過ぎてから税金を納めるため、延滞税もプラスされます。 また、支払う税金を少なくするために取引内容を隠蔽するなど、悪質な内容だと判断された場合には、最も重いペナルティとなる「重加算税」が科せられるケースもあるため、注意しなければなりません。 ちなみに、確定申告をしても内容が間違っていた場合にもペナルティが課せられます。間違いに気づいた時点でできるだけ早く「修正申告」をすれば良いのですが、金額を少なく申請していた場合には「過少申告加算税」や「延滞税」が科されます。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所の比較

暗号資産(仮想通貨)取引初心者の人でも、安心して利用できる暗号資産(仮想通貨)取引所を5社、比較してみましょう。ポイントは、取引にかかる手数料の有無、ビットコインをはじめその他の銘柄、いわゆる「アルトコイン」と呼ばれる銘柄を多く取り扱っているかどうか、そして最低取引金額の3点です。

取引手数料は、販売所と取引所と呼ばれる2つの取引形態によって異なります。 ◆販売所とは?
暗号資産(仮想通貨)取引所と、ユーザーが売買をする形態です。希望の数量の売買がすぐに成立するのが特徴です。 ◆取引所とは?
暗号資産(仮想通貨)を保有しているユーザー同士で売買をする形態です。自分の売買したい金額や数量を指定し、その注文がマッチングすると取引が成立します。 ビットコイン以外の銘柄「アルトコイン」の取扱数も各社が大きく違っており、イーサリアムやリップルなどの銘柄を手に入れてみたいという人は、より多くの取扱いをしている取引所がおすすめです。

手数料の安い取引所ランキング

第1位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

メリット ・各種手数料が無料
・取引コストが安い
・取扱通貨数が豊富
・アプリが使いやすい
・レバレッジ取引が可能
・独自の「BitMatch注文」を導入
デメリット ・現物取引のペアが少ない
・スプレッドが大きい
・メンテナンス回数が多い

DMM Bitcoinは、動画配信などを行うDMMグループの暗号資産(仮想通貨)取引所です。各種手数料が無料で、取引コストが安い取引所として知られています。

メリットにあるレバレッジ取引とは、自分が持っている資金よりも、大きな資金を動かして取引できる方法のことです。レバレッジ2倍の場合、自分が持つ資金の2倍までを動かして取引ができます。ハイリスク・ハイリターンの方法です。その他のメリットとして、DMM Bitcoinはスマホアプリが使いやすく、ブラウザ版もあわせて直感的に操作できると評判です。

デメリットとして、スプレッドが大きいという声もあります。スプレッドとは、売値と買値の差額のことです。暗号資産(仮想通貨)を売却して利益を出したい場合、買ったときの価格より売値が高くなっていないと利益が出ません。スプレッド(差額)が大きければ大きいほど、利益が出しにくくなります。差が縮まっているタイミングを見計らって売買すると良いでしょう。

第2位 Coincheck

Coincheck

メリット ・取扱通貨数が最多
・アプリ、ウェブサイトが見やすく使いやすい 仮想通貨で儲ける方法は
・多くの銘柄を直感的に購入できるため初心者向け
・500円相当額から取引できる
・取引手数料が無料
デメリット ・入出金など各種手数料がかかる
・レバレッジ取引ができない
・スプレッドが大きい

Coincheckは国内大手取引所として知られています。2018年にはハッキング被害に遭ったものの、体制を立て直し新たなスタートを切りました。アプリダウンロード数が最も多い取引所とされ、さらに使いやすさが増しています。

Coincheckは入金方法によって手数料が最大1,018円、出金手数料は407円かかります。ウォレットアプリや他の取引所での暗号資産(仮想通貨)送金にも、例えばビットコインの場合で0.0005BTCが必要になるため、取引以外では手数料が必要です。

第3位 仮想通貨で儲ける方法は bitFlyer

bitFlyer

メリット ・販売所、取引所の両方がある
・取引以外のサービスが豊富
・取扱通貨数が豊富
・最低取引金額が小さい
・レバレッジ取引が可能
デメリット ・問い合わせの対応が遅い
・入出金など各種手数料がかかる

bitFlyerは、販売所と取引所の両方を備えた暗号資産(仮想通貨)取引所です。暗号資産(仮想通貨)の売買はもちろんですが、取引以外で活用できるサービスが多く、bitFlyerを経由してネットショッピングをすると、購入額に応じたビットコインがキャッシュバックされる「ビットコインをもらう」などがあります。

国内だけでなくヨーロッパやアメリカにも進出しており、どの地域でも厳しい認可を受けた取引所として知られています。

取引コストはかかりにくいものの、入出金などの各種手数料が必要です。外部への暗号資産(仮想通貨)送金のほか、特に出金手数料は最大770円かかります。

第4位 GMOコイン

GMOコイン

仮想通貨で儲ける方法は
メリット ・取扱通貨数が豊富
・マイナス手数料の導入
・各種手数料が無料
・レバレッジ取引が可能
・積立投資が可能
デメリット ・スプレッドが大きい
・最低出金額が1万円~

GMOコインは、大手GMOグループによる暗号資産(仮想通貨)取引所です。入出金にかかる各種手数料が無料であったり、取引所でのマイナス手数料が導入されていたりするなど、取引コストもかかりづらい取引所として知られています。

GMOコインには販売所と取引所の両方が備わっていますが、販売所のスプレッドが大きいのがデメリットです。ただし、取引所はメイカー手数料がマイナスのため、取引手数料を受け取ることができます。また、最大出金額は1万円からとされていますが、口座にある金額を全額出金する場合は制限がありません。

第5位 SBI VC Trade

SBI VC Trade

メリット ・取引手数料が無料
・入金や送金手数料が無料
・セキュリティが高い
・最低取引金額が少ない
・注文方法がわかりやすい
デメリット ・取扱通貨数が少ない
・レバレッジ取引ができない
・利用できる銀行が限定されている
・取引できない時間帯がある

SBI VC Tradeは、国内大手金融グループのSBIによる暗号資産(仮想通貨)取引所です。現物の取扱通貨数が限られていたものの、TaoTaoとの合併によりサービスが拡充されており、通貨数の追加や取引所サービスのリリースも予定されています。

SBI 仮想通貨で儲ける方法は VC Tradeは他の取引所と違い、24時間いつでも暗号資産(仮想通貨)取引ができるわけではなく、売買注文受付は午前7時から翌午前6時の23時間となっています。また、日本円の入金は住信SBIネット銀行のみとなっています。

暗号資産(仮想通貨)投資を始める手順

仮想通貨投資

暗号資産投資を始める手順

  1. 本人確認書類など必要な書類を用意する
  2. 取引所サイトで口座を開設する
  3. 開設した口座に入金する
  4. 購入場所を選んで暗号資産(仮想通貨)を購入する

ここからは、暗号資産(仮想通貨)投資を実際にスタートしたい人に向けて、投資の始め方について順を追ってご紹介します。暗号資産(仮想通貨)投資は、株取引で証券会社を利用するように、暗号資産(仮想通貨)を扱う専用の取引所を使います。暗号資産取引所の口座を開設していない人は、まず口座開設から始めましょう。

①本人確認書類など必要な書類を用意する

まずは、口座開設に必要な書類をあらかじめ用意しておきましょう。 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設は、銀行の口座開設と同じように本人確認書類が必要です。

口座開設に必要な本人確認書類

取引所によって異なるため事前にチェックしておきましょう。場合によっては書類が2点必要なこともあります。口座開設は基本的にオンラインで行うため、本人確認書類はコピーして郵送するのではなく、スマートフォンで撮影してから送信する形です。そのため、従来の本人確認や口座開設にかかるスピードが大幅に短縮され、申込みから数時間で取引開始できる取引所もあります。

②取引所サイトで口座を開設する

口座開設の手続きの手順

  • 取引所サイトから「口座開設」を選択
  • メールアドレスを入力し、送られてきたリンクから必要事項を入力
  • 本人確認書類の登録
  • SMS認証やAIによる本人判定を行う
  • 審査
  • 仮想通貨で儲ける方法は
  • 口座開設完了

各取引所の公式サイトにアクセスし、口座開設の手続きを始めます。メールアドレスを入力して、送られてきたメールに記載されたリンクから以下のような必要事項を入力しましょう。

口座開設の必要事項

取引所によっては口座開設をする理由を尋ねられる場合もありますが、正直に答えましょう。

他にも、ログインに用いるパスワードを設定します。必要事項を入力したら、本人確認書類の登録を行います。指示にしたがって書類の表裏を撮影してアップロードしましょう。取引所によっては、本人確認書類を持った自分を写すように指示されることもあります。

画像提出後に審査が行われ、問題なければそのまま口座開設手続きは完了です。完了すると、SMS(登録した電話番号)やメールアドレス宛にその旨連絡が届きます。

③開設した口座に入金する

仮想通貨投資

口座開設ができたら、暗号資産(仮想通貨)取引のために口座へ入金してみましょう。取引所によって入金方法は異なりますが、さまざまな方法が用意されているので自分に合った方法で入金しましょう。

口座への入金方法

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(ペイジー)

銀行振込(ネットバンキング)での入金は手数料無料になっていることが多く、口座への反映もスムーズなのが特徴です。ただし、手数料無料の銀行が指定されているところもあるため、実際に入金する前に確認しておくのがおすすめです。コンビニ入金は、コンビニの収納代行サービスを利用するものです。すべてのコンビニが対象ではないためこちらも注意してください。

入金額は、余剰資金など無理のない金額にしましょう。

④購入場所を選んで暗号資産(仮想通貨)を購入する

暗号資産(仮想通貨)の購入方法

これまで暗号資産(仮想通貨)を購入したことがないという初心者の人は、「販売所での購入」がおすすめです。取引所での購入は、他のユーザーが出している注文を見ながら、自分の欲しい数量・金額を指定するなどハードルが高くなります。しかし、販売所での購入であれば、自分の欲しい銘柄と数量のみを選んですぐに購入できます。

販売所なら暗号資産(仮想通貨)初心者でも扱いやすく、直感的に購入できるでしょう。暗号資産(仮想通貨)は、取引所のメンテナンス時間帯を除く24時間365日いつでも購入できるのが特徴です。

暗号資産(仮想通貨)を始める場合の注意点

仮想通貨投資

暗号資産投資の注意点

  • 値動きが激しいので大きな損失が出るリスクがある
  • ハッキングの対象になることも
  • 法定通貨のような補償制度がない

暗号資産(仮想通貨)取引を始める際に注意しておきたい点を3つご紹介します。暗号資産(仮想通貨)は、ビットコインの値上がりなどで「稼げる」というイメージがある一方で、セキュリティに気を配る必要があるなど、注意点も多くあります。

値動きが激しいので大きな損失が出るリスクも

暗号資産(仮想通貨)は、ビットコインをはじめ主要な銘柄であれば、大きな値上がりが世界的に注目されています。株やその他の金融商品にはない値動きのため、ハイリターンを望める投資としても知られています。

ただし、値動きが激しいということは、それだけ下落しやすく大きな損失が出るリスクもあるということです。暗号資産(仮想通貨)を買うタイミング、売るタイミングを見極めるとともに、細かく利益確定させておくことが大切です。

つまり、暗号資産(仮想通貨)初心者にとっては、最初から大きな金額を投じるのは大きなリスクになり得ます。知識がないまま売買を繰り返し、下落のタイミングに巻き込まれて損失を出してしまうよりも、決まった金額をコツコツ購入できる積立投資をしたり、手数料の少ない取引所でより安く購入する練習をしたりしましょう。

ハッキングの被害に遭う恐れも

暗号資産(仮想通貨)はインターネット上に存在する電子通貨のため、ハッキングされるおそれがあります。実際に、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所でも大きなハッキングが起こりました。2018年1月には、大手取引所のCoincheck(コインチェック)で約580億円分の暗号資産(仮想通貨)流出が起こり、2021年8月にもLiquid(リキッド)で不正アクセスにより、約110億円分のハッキングが発覚しています。

ハッキングは、暗号資産(仮想通貨)を預けている取引所から起こるもののため、取引所を利用するユーザー自身は対策が難しいのが現状です。対策としては、1ヵ所の取引所に多くの暗号資産(仮想通貨)を預けないこと、できるだけ分散させること、セキュリティの高いウォレットアプリに暗号資産(仮想通貨)を預けておくことなどが挙げられます。

また、アカウントの乗っ取りを防ぐためにも、セキュリティが高まる「二段階認証」を必ず設定しておきましょう。

法定通貨のような補償制度がない

暗号資産(仮想通貨)は、普段人々が利用している紙幣や硬貨などの日本円(法定通貨)とは違い、ハッキングなどのトラブルが起こっても必ずしも補償されるわけではありません。これまで起こった国内取引所のハッキングでは、すべて補償が行われていますが、海外の取引所では十分な補償が行われなかったケースもみられます。

また、銀行預金と違い、万が一利用していた取引所が閉鎖してしまった場合に、預けていた資金が100%返還されるかどうかの保証もありません。他にも、取引所からウォレットアプリへの送金時にミスをしてしまい、資産を失ってしまったというケースでも、暗号資産(仮想通貨)は法定通貨のような補償制度がないため、「自己責任」として資産が返ってこないこともあるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)投資は副業禁止の人にもおすすめ!

暗号資産(仮想通貨)取引は、副業が禁止されている会社や公務員の人でもチャレンジできる「資産運用」や「投資」にあたります。ただし、どうしても会社に投資していることを知られたくない場合は、住民税の納付方法を変更するなど気をつけるべき点もあります。

また、暗号資産(仮想通貨)取引はハイリターンを望める投資方法である一方、下落時のリスクもあるため注意しましょう。リスクをきちんと理解し、少額投資や積立投資からスタートするなど、無理のない範囲で始めるのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)についてよくある質問

暗号資産(仮想通貨)の取引をした場合には確定申告が必要ですか? 本業の収入がある会社員の人で、暗号資産(仮想通貨)を取引して利益が出た場合、その所得が年間20万円以上だった場合は確定申告が必要です。自営業やフリーランスの人の場合は、これまで確定申告をしていた内容に、暗号資産(仮想通貨)取引で得た収入をプラスして申告しましょう。 他にも、住宅ローン控除や医療費控除などの所得控除を受ける予定の人は、暗号資産(仮想通貨)取引での所得が年間20万円以下の場合でも、確定申告をしなければなりません。

マイニングは課税対象になりますか? マイニングで得た暗号資産(仮想通貨)は所得税の課税対象になります。マイニングとは、新たな暗号資産(仮想通貨)を生み出すための方法のことです。 すべての暗号資産(仮想通貨)でマイニングが行われるわけではなく、ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)などの銘柄で行われています。取引が不正なく行われているかどうかを、世界中のコンピューターで確認し、一番にそのチェックを終えた人に対して報酬の暗号資産(仮想通貨)が送られます。 他にも、特定の銘柄の保有量に合わせて利息がもらえる「ステーキング」や、保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出して利息を得る「レンディング」も、課税対象になります。

暗号資産(仮想通貨)の取引で生じた損失は翌年に繰り越しできますか? 暗号資産(仮想通貨)取引をすると、必ずしも利益が生まれるわけではなく、損失が生じることもあります。その際、翌年以降に発生した利益と相殺して確定申告ができるかどうかですが、暗号資産(仮想通貨)取引の場合はできません。株取引や投資信託の場合、発生した損失を3年にわたって繰り越して確定申告ができます。 暗号資産(仮想通貨)はこうした損失繰越ができず、損失が発生した際はその年だけ計算(相殺)ができるため注意しましょう。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資はどのようなものですか? 暗号資産(仮想通貨)は、売買を繰り返して利益を得られるだけでなく、決まった金額を一定のペースで購入して積み立てていく「積立投資」が可能です。 暗号資産(仮想通貨)の購入タイミング、売却タイミングを計るのが難しい人や、売買の知識がない人にもおすすめの投資方法で、多くの暗号資産取引所で少額からスタートできます。 毎日、または毎月決まった日に、指定した金額分の暗号資産(仮想通貨)を自動的に購入する仕組みです。1回の購入で多くの暗号資産(仮想通貨)をまとめて買うよりも、複数回に分けて少しずつ購入するほうが価格上昇・下落時のリスクを抑えやすいのがメリットです。

なぜ仮想通貨ではなく暗号資産と呼ばれるようになったのですか? 仮想通貨はもともと「暗号通貨」などと呼ばれていましたが、2017年4月に施行された改正資金決済法の中で「仮想通貨」と呼ばれるようになり、2019年3月の法改正により正式に「暗号資産」と呼ばれるようになりました。 海外ではすでに暗号資産(クリプト・アセット)と呼ばれていましたが、日本は仮想通貨という名前が定着していました。しかし、仮想通貨という名称が与えるイメージは、ビットコインが生まれた本来の目的である「通貨」とは遠いものです。 法改正によって仮想通貨から「暗号資産」と呼ばれるようになったことで、交換業者の呼び方も「暗号資産交換業者」となったほか、暗号資産関連の団体名にも影響が少なからず及びました。

ビットコインの少額投資は儲からないという勘違い【少額で儲けるコツ】

「ビットコインを買うのに販売所と取引所があるみたいだけど何が違うの?どっちで買ったらいいの?初心者でも分かるように教えて欲しい。」 そんな疑問にお答えします。 この記事を読むことで、 仮想通貨の取引所 .

とはいえ、 初心者の場合はどのタイミングで買えばいいか分からないですよね .

そんな時は次の方法がおすすめです。

② 一定のタイミングで自動で買い付けする

例えば、コインチェックの積立投資サービスなら、毎月1万円〜積立投資が可能です。

またコインチェックなら、積立投資を銀行引き落としでやってくれるので、日本円の振込手数料がかからないからです。

ただ一点、 デメリットもあります

と思うかもなので、コインチェックの「販売所」と「取引所」を比べてみました。

販売所で買うとなると、 15万円も高い価格 になっています。

一方で、「取引所」で買う場合はどうでしょう。

取引所で買う場合の差額、約750円です。(コインチェックの場合は手数料0円)

価格が暴落した時 →「もっと下がるんじゃないか!? 今買ったらもったいないかも. 」

価格が落ち着いてる時 →「これから下がるんじゃないか. もうちょっと待ってみよう. 」

ビットコインは今後も値上がりが期待できるので、 高い時に買うリスクを減らしながら買い付けしてくれる積立投資は最強 だと考えます。

【ビットコイン積立】 コインチェックとビットフライヤーおすすめはどっち?【徹底比較】

ビットコインの積立投資を始めたいんだけど、コインチェックとビットフライヤーならどっちがおすすめですか?月1万円くらいずつ積立しようと思ってます。 今回はそんなお悩みにお答えします。 仮想通貨で儲ける方法は 初めてのビットコイ .

ビットコインの少額投資シミュレーション 〜もしも2021年に始めていたら〜

仮想通貨で儲ける方法は
日付 BTC/JPY (1ビットコインの価格)
2021年1月1日 3,021,750
2021年2月1日 3,451,102
2021年3月1日 5,140,000
2021年4月1日 6,526,500
2021年5月1日 6,295,000
2021年6月1日 4,011,331
2021年7月1日 4,058,591
2021年8月1日 4,792,339
2021年9月1日 5,仮想通貨で儲ける方法は 549,882
2021年10月1日 4,822,084
2021年11月1日 7,142,732
2021年12月1日 6,775,仮想通貨で儲ける方法は 201

ビットコインを毎月1000円分買っていた場合

  • 元本(投資額):12,000円
  • 評価額:11,003円
  • 積立数量:0.0024BTC

ですが、これが 仮想通貨で儲ける方法は 3年間積立 をしていたらどうなっていたのか?も見てみてください。

  • 元本(投資額):36,000円
  • 評価額:108,607円
  • 積立数量:0.0242BTC

最高値は、投資から2年半後の2021年の9月、元本30,000円に対して、評価額160,000円と、 130,000円上回ってプラス になっています。

  • 元本(投資額):360,000円
  • 評価額:1086,070円

といったように、 70万円もプラスになっていたということです

2024年までに1BTC=1000万円以上、2030年までに1BTC=1億円になると言われている予測も、夢物語なんかではなく現実味の高い話と言える のです。

失敗しないビットコインの運用方法

レンディング 」というサービスです。

預けておけばほったらかしで利子がついて増えて戻ってくるので、 コツコツ積立投資で儲けたいなら最強の運用方法 です。

初心者が失敗するビットコイン投資のやり方

ですが、 仮想通貨で儲ける方法は 初心者にはおすすめできない高リスクで難易度も高い投資の方法 です。

レバレッジ (FX)取引

また、レバレッジ取引では、売りから入って、あとで買い戻すという「空売り」という方法もできます。

空売りとは、下落相場の時に利益を出せる可能性が高く、先に売っておいてあとで買い戻すことを指します。※今すぐ覚えなくてもいい方法なので頭の中に入れておくだけでOKです。

ですが、自己資金以上の取引になるので、儲ける額も増やせる一方で、 損失リスクもかなり高くなります。

扱える金額が2倍になれば、 損失額の増加スピードも2倍になる ということで、一度失敗すると膨れ上がりやすいです。

DeFiとは?仮想通貨での稼ぎ方|メリット・デメリットを解説!

DeFiとは?仮想通貨での稼ぎ方|メリット・デメリットを解説!

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK) 仮想通貨で儲ける方法は
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

bitFlyer

bitFlyer公式

  • 国内最大級の仮想通貨取引所
  • 最短即日で取引を始められる
  • スマホアプリがシンプルで取引しやすい

実際に ビットコイン取引6年連続No.1 ※ を獲得しており、流動性が高く取引したいタイミングで瞬時に取引できます。

bitFlyerの基本情報

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

  • レバレッジ取引の取扱い銘柄数No.1 ※
  • 各種取引手数料が全て無料!
  • DMMグループの安心・安全なセキュリティ
    ※公式サイトより

大手DMMグループが運営する DMM Bitcoin は レバレッジ取引が可能な仮想通貨の銘柄数No.1 ※ と、レバレッジ取引したい方におすすめの取引所です。 ※公式サイトより

DMM Bitcoinの基本情報

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM) 仮想通貨で儲ける方法は
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・エンジンコイン(ENJ)

よくある質問

DeFiはこれから伸び代のある分野です。 DeFiのムーブメントに乗り遅れないように、ブロックチェーン・暗号資産業界を常にチェック しましょう。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

仮想通貨(ビットコイン)の少額投資は儲からない?少しの資金で資産を増やす3つのやり方!

仮想通貨ブログの始め方

この記事ではこんな悩みが解決されます!

・ 仮想通貨投資を少額で始めるメリット、デメリット
少額投資に向いている人、向いてない人
・ 仮想通貨投資を少額でも始めるやり方
・ 手っ取り早く資産を増やす方法(リスク高)
・ 500円から始められる取引所紹介

仮想通貨投資を少額で始めるメリット、デメリット

少額投資なら 大きな資金を持っていなくて もすぐに取り組めて リスクもなさそう に思えますが、少額投資にも メリット 、 デメリット は存在します。

少額投資を始める前にメリット、デメリット知ることで取り組み方も変わってくるのでここはしっかりと抑えておきましょう!

投資をしていく上、一番大切な事、” リスクを最小限にする ”

これは、初心者、上級者関係ありません

特に初心者のうちは利益を出す前に損をしてしまうと投資自体、嫌になってしまう可能性があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる