日本語で徹底解説

FXのスリッページとは

FXのスリッページとは
※トレードレポートの発行条件は月間約定数30回以上となっています。

【本日の見通し】米景況感の弱さが意識される展開

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

-7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは-
本日のイベントは、日東京消費者物価指数/第2四半期日銀短観、中財新製造業PMI、欧消費者物価指数、米ISM製造業景況指数が予定されるほか、カナダ・香港が祝日休場、月初・四半期初めとなります。
足元では米国の景気後退を示唆する指標結果が増えている、との指摘も聞かれる中、米長期金利は6月FOMC前の10日以来ぶりに心理的節目の3%を一時割り込むなど、市場におけるリセッション懸念の高まりが見受けられます。ただ、昨日の米PCEデフレーターは事前予想を下回る結果ながら、市場は7月FOMCでの0.75%利上げを大方織り込んでいる状況であるほか、パウエル議長は「景気を減速させるリスクはあるが、物価の安定を回復できないことの方がより大きな過ち」と直近発言するなど、積極的な引き締めスタンスを強調しています。そのため、一先ず7月FOMCまでは日米金利差拡大を意識した動きが引き続きドル円の上昇を支えるとみており、本日発表の米ISM製造業景況指数も大きく予想を下振れなければ下値は限定的といえそうです。一方で、リスクセンチメントの変化から円売りの巻き戻し局面となれば、スピード感をもって比較的大きく変動する可能性は考慮したく、株式や債券相場の動向を含めマーケット全体を注視していきたいです。

米雇用統計ウィーク

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

FOMC 注目集まる利上げ幅の行方

FOMC利上げ予想・激変中

米インフレピークアウトならず、さらなる円安進行か

米消費者物価指数(CPI)、ドル円の見通し

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

【注意喚起】米国独立記念日におけるスプレッド広告適用除外について

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

マネーパートナーズの評判|超少額取引と高い約定率が魅力

マネーパートナーズはオールマイティー・アクティブ型

トレードレポートによる傾向

※トレードレポートの発行条件は月間約定数30回以上となっています。

「かんたんトレナビ」でチャート予想

このサービスは 今が買い時か売り時かを総合判断し教えてくれる、売買シグナル予想サービス です。また新たに予測分析機能も追加され、専門知識がない初心者でも簡単に利用できます。

②スワップポイントがやや少ない

買い 売り
米ドル/円 1円 -143円
ポンド/円 3円 -143円
豪ドル/円 0円 -148円
NZドル/円 2円 -95円
トルコリラ/円 5円 -145円
南アフリカランド/円 2円 -27円
メキシコペソ/円 1円 -24円
*2022年1月18日に発生したマネーパートナーズのスワップ実績(パートナーズFX 1万通貨、1日あたり)

③サポートが24時間体制ではない

現在マネーパートナーズの電話、チャットによる問い合わせ対応は 月曜~金曜の9:00~17:00 となっています。

マネーパートナーズのメイン取引ツールを詳解

表を見て分かる通り コースによって利用できるツールが異なる ため、どの取引ツールを使いたいのか調べてからコース選択することも重要です。以下ではそれぞれの取引ツールの特徴について紹介します。

パートナーズFX パートナーズFX nano
PC取引ツール クイック発注ボード
HyperSpeed NEXT
クイック発注ボード
スマートフォン
取引ツール
クイック発注ボード
HyperSpeed Touch
クイック発注ボード
HyperSpeed Touch nano

クイック発注ボード

こちらのツールは パートナーズFX、パートナーズFX nanoどちらでも使うことができ 、さらにPC・スマートフォンの両方に対応しています。

クイック発注ボード

新規・決済注文が1クリックでできる

他サイト閲覧中も他の発注ボードの表示が可能

発注エリア画面のみ表示することができ、他のサイトを閲覧中でも 常に画面横に表示することができる のでリアルタイムでレートを確認することができます。

HyperSpeed Touch

続いて、利用者の多いiPhoneに対応した パートナーズFX用 のスマホアプリの特徴も見ていきましょう。最小限のアクションで取引に必要な操作をまかなえるデザインで、 PC版ツールに引けを取らない分析・取引機能 を有しています。

パートナーズFX専用アプリHyperSpeed Touch

スマホでも連続予約注文を入れられる

ニュースや経済指標を即座に確認できる

HyperSpeed Touchのホーム画面

高性能PC版ツール HyperSpeed NEXT

高性能PC版ツール HyperSpeed NEXT

スピードに磨きをかけたパートナーズFX用のPCトレードツール。取引スタイルに合わせた細かいカスタマイズに加え、売買ルールの作成やストラテジー構築も可能で、上級者も納得の仕上がりに。

多彩で利便性に優れる発注機能

HyperSpeed NEXT発注機能

ストリーミング注文とトレール注文を同時に発注

HyperSpeed NEXT ストリーミング注文とトレール注文

お得なキャンペーン情報

スプレッド縮小キャンペーンを多数実施!

マネーパートナーズでは多くのスプレッド縮小キャンペーンを実施しています。 パートナーズFXとパートナーズFX nanoでキャンペーン情報も異なる ので、どちらのコースで取引しようか迷っている人必見です。

FX収支報告(2022/06/01~2022/06/30)

収支報告

トレード履歴

FXのスリッページとは
エントリー日取引種別ロット数通貨ペア成立レート決済日決済レートPips
2022.05.31 05:18:36buy2米ドル/円128.0982022.06.02 12:33:26129.718162
2022.06.02 18:45:01buy2.25米ドル/円129.8512022.06.02 19:30:00129.733-11.8
2022.06.FXのスリッページとは 03 04:30:03sell2.23米ドル/円129.7622022.06.03 08:15:00129.864-10.FXのスリッページとは 2
2022.06.03 09:30:01buy2.2米ドル/円129.8922022.06.06 16:00:FXのスリッページとは FXのスリッページとは 00130.79290
2022.06.09 06:49:28buy2米ドル/円133.9472022.06.09 08:FXのスリッページとは 34:54133.837-11
2022.06.09 09:07:22buy2米ドル/円133.8492022.06.09 13:08:34133.304-54.5
2022.06.09 13:26:22buy2米ドル/円133.3522022.06.09 16:15:26133.87252
2022.FXのスリッページとは 06.09 16:15:00buy1.76米ドル/円133.8752022.06.10 03:58:46133.97910.4
2022.06.10 04:30:01buy1.85米ドル/円134.142022.06.10 05:26:33133.984-15.6
2022.06.10 06:15:00sell1.83米ドル/円134.042022.06.10 15:30:06134.304-26.4
2022.06.10 16:00:00buy1.79米ドル/円133.9632022.06.13 11:20:15134.4245.7
2022.06.13 FXのスリッページとは 12:00:00sell1.85米ドル/円134.3382022.06.14 07:00:03134.574-23.6
2022.06.14 11:45:01sell1.FXのスリッページとは 82米ドル/円134.0632022.06.14 14:19:48134.539-47.6
2022.06.14 15:00:00buy1.75米ドル/円134.522022.06.14 15:30:11134.411-10.9
2022.06.14 17:15:00buy1.74米ドル/円134.5392022.06.15 08:13:09134.79926
2022.06.15 08:29:52buy2米ドル/円134.9312022.06.16 11:09:31134.143-78.8
2022.06.15 16:15:00buy1.77米ドル/円134.6832022.06.15 17:45:02134.567-11.6
2022.06.16 03:15:00sell1.76米ドル/円134.0082022.06.17 03:32:31132.875113.3
2022.06.17 03:56:36sell1.8米ドル/円133.1852022.06.17 04:39:08133.376-19.1
2022.06.17 07:00:06buy1.76米ドル/円134.2462022.06.20 10:16:04134.61837.FXのスリッページとは 2
2022.06.21 10:15:00buy1.8米ドル/円135.1452022.06.22 12:44:14136.02588
2022.06.22 20:45:02buy1.9米ドル/円136.1282022.06.23 00:19:46136.02-10.8
2022.06.23 02:15:01sell1.89米ドル/円136.0562022.06.23 16:51:06134.5155.FXのスリッページとは 6
2022.06.23 19:30:00sell2.12米ドル/円134.7932022.06.23 23:19:53134.991-19.8
2022.06.24 13:30:01buy2.09米ドル/円135.0482022.06.28 04:00:01135.4439.2
2022.06.28 06:00:00sell2.15米ドル/円135.2512022.06.28 09:41:33135.592-34.1
2022.06.28 FXのスリッページとは 09:45:01buy2.09米ドル/円135.6182022.06.29 09:07:38135.84722.9

全期間の成績

先月のまとめ

※2022/06/01~2022/06/30の米ドル/円の4Hチャート

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる