FXってなに

株式 チャートの基礎の基礎

株式 チャートの基礎の基礎
株価チャート

Chapter 1 チャート読解の基礎知識

下図は日足のローソク足チャートです。その日、売ろうか買おうかを判断する時には、一般的に日足を使うとわかりやすいといわれています。
ローソク足の形は、一定期間の「始値(はじめね)」、「高値(たかね)」、「安値(やすね)」、「終値(おわりね)」の4つの値段をもとにつくられます。
始値より終値が高く終わった時は「白抜き」で描き、始値より終値が安く終わった時は「黒塗り」で描きます。そこに「ヒゲ」と呼ばれる、その期間(日、週、月など)の高値と安値の線を引いて、ローソク足の完成です。

ローソク足チャート イメージ

陽線 陰線 イメージ

移動平均線

移動平均線 イメージ

株価の 上昇基調、下落基調 を読み取る

ゴールデンクロス・デッドクロス

株価の基調を読み取るために、多くの投資家が参考にするのが、ゴールデンクロスとデッドクロスです。
ゴールデンクロスとは、13週移動平均線が26週移動平均線を下から上に突き抜けた時の交差を表し、一般的に株価が上昇基調に入ったシグナルといわれています。
反対に、デッドクロスとは、13週移動平均線が26週移動平均線を上から下に突き抜けた時の交差を表し、一般的に株価が下落基調に入ったシグナルといわれています。

ゴールデンクロス デッドクロス イメージ

例えば 下図 右図 では、赤と青の移動平均線をそれぞれ、13週移動平均線と26週移動平均線と見立てて見てみましょう。すると、Aのポイントで、一般的に株価は上昇基調に入ったと考えることができます。逆に、Bのポイントでは、一般的に株価は下落基調に入ったと考えることができます。
なお、13週や26週移動平均線よりも短い期間の移動平均線で起こるゴールデンクロスとデッドクロスをそれぞれミニゴールデンクロス、ミニデッドクロスといいます。

ゴールデンクロス デッドクロス表 イメージ

上記の例の2つのポイントをよく見てください。実はゴールデンクロスは、最も安くなっている時ではなく、その後、少し上がってから現れています。同じようにデッドクロスも、少し下がってから現れています。
これは、移動平均線は過去のデータの平均であるため、実際の株価の動きよりも遅れて動きが現れるからです。
また、移動平均線は1日の終値で計算しますので、クロスした翌営業日以降でないと売買の注文を出すことができません。ここでも、投資家は少し出遅れてしまうことになります。

Point 株式 チャートの基礎の基礎 株式 チャートの基礎の基礎 安い時に買いたい、高い時に売りたいというのが投資家の心理。
そんな時に役立てたいチャートが、次でご紹介するMACDです。

より新しい トレンドを読み取る

MACDとは移動平均・収束・拡散手法(Moving Average Convergence Divergence)の略称で、マックディーと読みます。
売られすぎ・買われすぎのタイミングを判断するための指標で、一般的に、相場の転換点を知るのに有用な手法とされます。株価の動きが横ばいや、短期間に乱高下する場合、MACDではトレンドを把握できない弱点があります。

テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法

RSIとは「Relative Strength Index」の頭文字を取った言葉で、相対力指標とも呼ばれています。RSIは、一本のラインで表されており、RSIを見ることで客観的に株価を捉えられ、どこまでが買われすぎまたはどこまでが売れすぎかを判断しやすくなります。1978年にJ.ウェルズワイルダー Jrが発表した指標のため比較的古い指標で、発表直後から現在まで長期間にわたって利用され続けています。

なお、RSIと混同されがちなオシレーター指標(※)としてRCIがあります。RCIとは、「Rank Correlation Index」の略称で、順位相関指数とも呼ばれています。端的に説明すると、RCIは、ある期間内の株価の終値に上昇順位をつけて相関関係を指数化することで、上がり始めまたは下がり始めの時期とタイミングを予測するための指標です。

RSIの計算式

RSIの特徴

  • ボックスの逆張りに強い
  • 視覚的に使える
  • トレンド中は機能しにくい
  • 通貨や時期によって癖がある

RSIの見方・使い方

売買シグナル

トレンド判断

RSIの注意点

  • ダマシの可能性がある
  • 他の指標と合わせて利用しなければならない

ダマシの可能性がある

他の指標と合わせて利用する

まず、MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略称で、移動平均収束拡散手法と呼ばれています。MACDは、テクニカル分析の一つで、移動平均線を応用して相場を分析します。

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

something

株式を学ぶ (基礎編)

something

something

「複利は人類最大の発明である」20世紀最高の物理学者アインシュタインが言いました。 「複利」という言葉をどこかで聞いたことあるが、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか? この記事では、複利と単利の違い、複利の効果がよく分かるシミュレーションなどを紹介します。これから資産運用をしようか考えている方は必見です。

something

ドルコスト平均法とは、期間と購入額をあらかじめ決めておくことで、投資初心者でも少額から資産形成がしやすくなる運用方法です。ドルコスト平均法は時間を長く見積もることで、購入する株の価格変動リスクを抑えられるのが特徴です。 また、ドルコスト平均法はすぐに効果が発揮されるわけではありませんが、長期間続けていくことで有用な方法になります。始める方はまず期間と毎月(または毎週)の購入額を家計と相談しながら決めましょう。時間がない人は「投資信託」も選択肢に入れましょう。 ただし、どんな金融商品だとしてもドルコスト平均法の「定期的・一定額購入」という原則は変わりません。このルールにできる限り従わないと、何年経っても上手く資産形成できないため、注意しましょう。

株初心者向け株価チャートのカンタンな見方・読み方

チャートの見方のメイン画像

株価チャート

  • 株価チャートの見方ってどうすれば良いの?
  • 株の取引に興味があるけどチャートの読み方がよく分からない…。

そもそも株価チャートとは「株式市場の動向をグラフにしたもの」で、かたい表現に思えますが、要は「視覚的に市場の値動きを見られるもの」です。

このページでは、株式投資を行うに際し知っておきたい株価チャートの見方について「チャートの根幹となるローソク足」、「売買量を知ることのできる出来高」、「値動きの傾向のわかる代表的なテクニカル分析」を用いて、ご紹介していきます。

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

株価チャートとは?株初心者が抑えておくべき株価チャートの基本的な見方・読み方

株価チャートの見方を覚えることは、 運任せではなく、根拠のあるデータ分析に基づいた取引を行う手助けになり、 根拠を持った取引は株式投資を行うにあたって非常に重要なことになります。

先ほど冒頭で、株価チャートとは「視覚的に市場の値動きを見られるもの」と述べました。

株価チャートの仕組みはこうなっている!

株価チャートの仕組み(ローソク足 出来高 テクニカル分析指標)の画像

テクニカル分析とは?

このページでは、「ローソク足」や「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」や「一目均衡表」など、代表的なテクニカル分析の指標をご紹介しているので、是非そちらも参考にしてみて下さい。

株価チャートを読めるようになるメリット

株価チャートを読めるようになるメリットは 「売買のタイミング」、「値動きの予想」、「トレンドの把握」ができるようになること です。

株価チャートの根幹であるローソク足の見方・読み方

ローソク足の見方のメイン画像

株価チャートの根幹であるローソク足は4本値で構成されている

ローソク足の構成の画像(高値、始値、終値、安値)

ローソク足は始値、高値、安値、終値の4本値から構成されていて、 終値が始値より上昇したら陽線、下落したら陰線 になります。

株式 チャートの基礎の基礎 株式 チャートの基礎の基礎
始値(はじめね) その日の取引で最初に成立した値段(株価)のこと
高値(たかね) 一定期間の中で一番高い値段(株価)のこと
安値(やすね)一定期間の中で一番安い値段(株価)株式 チャートの基礎の基礎 のこと
終値(おわりね) その日の取引で最後に成立した値段(株価)のこと

株価チャートの根幹であるローソク足が読めるとトレンドが見える

ローソク足から読み取れるトレンドの画像(上昇トレンド、下落トレンド、もち合いトレンド)

A.アップトレンド(上昇トレンド) 上昇している相場のこと
B.ダウントレンド(下落トレンド) 下落している相場のこと
C.もち合いトレンド どちらに行こうか迷っている相場のこと

株価チャートの下にある出来高の見方・読み方は?銘柄の注目後が分かる

出来高の増減のメイン画像

株取引を始めると株価チャートの下に「出来高」が表示されているのを目にしたりするかと思いますが、出来高とは「株の売買が成立した株数」のことを言います。

【米国株式】ウォール街プロトレーダーに学ぶ株式トレードのチャートの基礎を解説!

下の図は、相場の環境パターンを簡易化して、相場環境を左からステージ1~ステージ4とし、移行点を左から順にAからDとしたものです。この名称は今後も出てくるので、ここで覚えてくださいね。

こんな感じで、相場は常にレンジ、上昇、レンジ、下落、を繰り返していると考えます。

サミさんが言うには、このパターンはどの取引銘柄にも当てはめられるが、その中でも特に ステージや移行点が分かりやすい銘柄を選定して取引することが大事 、と仰っています。

実際の相場と移行点

では、実際のチャートで見みましょう。

これは任天堂の過去チャート日足なのですが、レンジ部は四角で囲っているのと、丸の部分が移行点です。

説明していくと、まず ステージ1 は上昇に転換する前の、嵐の前の静けさレンジ (英語圏ではcalm before the storm periodなんて言ってます)ですね。

ここの時点でトレーダーは移行点Aを探さなければなりません。 移行点A とは、だらだらと上げ出す分かりにくい場合もあれば、明確な予兆を作って窓を開けてブレイクアウトしていく場合もあります。この写真もブレイクアウトタイプですね。

その後は上昇トレンド( ステージ2 )に入りしばらく上げていますが、ある地点から、押し目なのか、上昇の失速し転換するのか、を疑うポイントがありますね。

この時点でトレーダーは警戒します。そしてすぐまた上昇したと思ったら、同じ値幅を打ち消す下落が入り、ここでトレーダーは上昇トレンドの終結を考え始めるので、ここが 移行点B になります。

そして乱高下レンジ( ステージ3 )になったと思いきや、一回目の窓開け下落で、下落転換を視野に入れます。

そして2度目の下落にはほとんどのトレーダーが下落トレンド移行(ここが 移行点C )株式 チャートの基礎の基礎 を考えます。

そして下落していき(この下落トレンドを ステージ4 )200SMAに到達した段階で、下落圧力を失速( 移行点D )。二点底つけてWを描き(再びステージ1)そして上昇、といった感じです。

少しはイメージが湧きましたか?相場はそれぞれ違いますし、必ずしも全ての場合に全ステージと明確な移行点があるわけではありません。ここで大切なのは、 取引の前に今どの地点にいるのかを把握しましょう 、ということです。

リスクのある相場とそうでない相場


では、各ステージと移行点をもう少し深ぼって見ていこうと思います。

取引しやすい相場を選べばリスクも減らせる

その理由は、この先の値動きの予兆が出やすかったり、規則性があったり、そして比較的難易度が低いこと、が挙げられます。

そして移行点BとDは、場合によっては効率の良い取引ができるのですが、条件が決まっているのと、 かなり難易度が高い です。

高橋ダンさんの取引とサミさんの違い

ちょっとここで余談を挟みますが、投資やトレードといえば、元ウォール街トレーダーで現在投資家、Youtuberの高橋ダンさんが有名ですね。

ダンさんの取引は、様々なインディケーターや証券会社のツール、政治的なファンダメンタルを全て加味しながら、 数日間〜数ヶ月間のスイングトレードがメイン かな、と思います。

一方、ここで説明するサミさんのトレードは、インディケーターはシンプルに 移動平均線とボリュームのみ 。あとはチャートパターン、ロウソク足分析でデイトレ、短期スイングトレードをメインに取引しているトレーダーです。

どちらかというと、 リテールトレーダーに多い取引 をされています。そういった意味で、全くの初心者の方が株式トレードを行うなら、サミさんの方法は検証は必須ですが、覚えることが少ないので入りやすい、ということはあるかもしれません。

知っておきたい基礎知識!チャートの見方【1】

知っておきたい基礎知識!チャートの見方【1】

(図1)

(図1)

(図2)

(図2)

ローソク足の基本情報を確認

(図3)

(図3)

ローソク足から相場を予想できる!?

今週の相場展望は?

今週の相場展望は?

日本の金利は転換点?日銀発表を受け必要な投資行動とは?

選挙はチャンス?選挙関連銘柄

インターネットは次のステージへ!「Web3.0」銘柄

注目テーマは年始にチェックしておきたい!今年の相場展望

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。 株式 チャートの基礎の基礎
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる