オプション取引の基本

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

弱いトレンドを認識するためのオシレーター
プロおに

無料のFXチャートおすすめ7選!初心者向けに見方からテクニカル分析のやり方まで解説

無料のFXチャートおすすめ7選!初心者向けに見方からテクニカル分析のやり方まで解説

FX

「FXチャートを確認するならこれ!っていうサイト(もしくはアプリ)を教えてほしい」

FX取引ではチャートを使ったテクニカル分析が必須ですが、無料で使いやすいチャートサイト(アプリ)があれば知りたいですよね。

そこで本記事では、 無料のおすすめFXチャートをスマホ版、PC版に分けてそれぞれ紹介していきます。

FXチャートサイトを選ぶときのポイント3つ

テクニカル分析をする上で、FXチャートは重要な存在です。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター

1.画面は見やすいか

FXのチャート選びにおいて、 チャート画面が見やすいかは非常に大切です。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター

各チャートによって、デザインや注文画面の表示が異なります。

画面の見やすさを重視するならPCがおすすめです。

2.機能が充実しているか

テクニカル指標の種類や描画ツールなどが豊富なチャートがおすすめです。

機能性が充実しているのはPCチャートです。

いつでもどこでも気軽にFX取引をするなら、スマホのチャートがおすすめです。

3.無料で使えるか

中には有料のFXチャートサイトもありますが、 コストを抑えるためにも無料のチャートがおすすめです。

有料チャートは、利用できるテクニカル指標や描画ツールなどが多いなど、機能性が無料のチャートよりも充実しています。

ただ、FX初心者のうちは使いこなすのが難しいので、無料チャートで十分でしょう。

【スマホ版】FXチャートおすすめアプリ4選

スマホなら場所を問わずに、隙間時間などを利用して取引することができます。

  • DMM FX:シンプルなチャートで分析しやすい!
  • GMOクリック証券:高度なテクニカル分析ができる!
  • MATSUI FX:1通貨から取引できる!
  • 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • SBI FXトレード:ワンクリックで注文から決済まで完結できる!

DMM FX:シンプルなチャートで分析しやすい!

スマホアプリ DMM FXの特徴

  • シンプルな取引画面で快適な取引が可能
  • 11種類のテクニカル指標が使える
  • 取引に必要な操作がスマホで完結
  • 注文方法が豊富

チャート分析から入出金・取引・マーケット情報の確認まで、取引に必要な操作がスマホで完結します。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター

シンプルな取引画面になっているので、FX初心者でも快適な取引が可能です。

スマホ版のチャートで11種類のテクニカル指標が使えることも魅力的です。

チャート分析からワンタッチで発注もできる ので、取引チャンスを逃すこともありません。

スマホアプリ DMMFXを利用するためにも、まずはDMM FXの口座開設をしましょう。

GMOクリック証券:高度なテクニカル分析ができる!

GMOクリック証券の特徴

  • 12種類のテクニカル指標が使える
  • ライン描画ツールが12種類搭載
  • 画面を4分割、最大16チャートを同時に分析できる
  • 「スピード注文チャート」で分析しながらワンクリックで注文できる

最大の特徴は、チャート画面の見やすさ・使いやすさです。

チャートを横画面にすると画面を4分割、最大16チャートを同時に表示可能 です。

ここぞ!というタイミングを逃したくない人は、ぜひ使ってみることをおすすめします。

GMOクリック証券 FXneoを利用するためにも、まずはGMOクリック証券の口座開設をしましょう。

MATSUI FX:1通貨から取引できる!

MATSUI FX アプリの特徴

  • 1通貨から取引できる
  • パソコン並みの豊富なテクニカル指標
  • 気配をタップするだけで即発注できる
  • 複数の為替レートを一度にチェックできる

MATSUI FX アプリは、松井証券が運営するアプリ版無料チャートです。

MATSUI FXの魅力はなんと言っても1通貨から取引できることです。

スマホ版FXチャートもシンプルなデザインで、パソコン並みのテクニカル分析ができるので、初心者向け と言えます。

また、 「スピード注文」「チャートスピード注文」は、最短0秒で更新される為替レートを見ながらワンクリックで発注可能です。

MATSUI FX アプリを利用するためにも、まずはMATSUI FXの口座開設をしましょう。

SBI FXトレード:ワンクリックで注文から決済まで完結できる!

SBI FXトレードの特徴

    弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • ワンクリックで注文から決済まで完結できる
  • シンプルで見やすいチャート
  • 横画面で最大4画面まで分割できる
  • チャート読み上げ機能を搭載

チャートはシンプルで見やすく、FX初心者でも直感的に操作できることが魅力です。

また、ワンクリックで新規注文から決済注文まで完結するのも魅力的です。

SBI FXトレードアプリを利用するためにも、SBI FXトレードの口座開設をしましょう。

【PC版】FXチャートおすすめサイト3選

PCはスマホに比べて画面が大きいので、チャート分析がしやすいです。

また、スマホにはない機能がPC版のみに搭載されている場合もあるので、 しっかりチャート分析したい人は、PC版のチャートを使うのがおすすめです。

  • GMOクリック証券:初心者でも扱いやすいチャート!
  • DMM FX:29種類のテクニカル指標が使える高機能チャート!
  • LIGHT FX:高機能分析ツール「Trading View」が利用できる!

GMOクリック証券:初心者でも扱いやすいチャート!

GMOクリック証券(プレミアチャート)の特徴

  • チャートを見ながら素早く発注する「スピード注文」機能が搭載
  • 38種類のテクニカル指標が使える
  • 25種類の多彩な描画オブジェクトに対応
  • 最大16分割のチャート表示が可能

GMOクリック証券のプレミアチャートは、初心者でも扱いやすいと評判のチャートです。

スピード注文機能を使うことで、新規注文から決済注文までをワンクリックで操作することができます。

利用できるテクニカル指標は38種類と豊富で、多彩な分析手法にも対応可能です。

また、トレンドラインや水平ラインなど、多彩な描画オブジェクトも用意されているので、チャート分析の機能面で困ることはないでしょう。

複数のチャートを一覧で表示しながら、相場のトレンドを分析するのに最適です。

GMOクリック証券のプレミアチャートが気になる方は、まずGMOクリック証券の口座開設をしましょう。

DMM FX:29種類のテクニカル指標が使える高機能チャート!

DMM FX(プレミアチャート)の特徴

  • 29種類のテクニカル指標が使える
  • 経済指標情報をスクロール表示
  • アラート機能が充実している
  • チャートのカスタマイズ性に優れている

次にご紹介するのは、 DMM FXが提供するPC版無料チャート「プレミアチャート」です。

トレンド系15種類、オシレーター系14種類、計29種類のテクニカル指標が使える高機能チャートが特徴です。

アラート機能も充実しており、あらかじめ設定しておいたレートに到達するとポップアップと音声で知らせてくれます。

取引のタイミングを逃す心配もありません。

高精度なチャート分析にも向いているので、 FX初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめのチャートです。

プレミアチャートが気になる方は、まずはDMM FXの口座開設をしましょう。

LIGHT FX:高機能分析ツール「Trading View」が利用できる!

LIGHT FX(アドバンスドトレーダー)の特徴

  • 分析ツール「Trading View」が利用できる
  • 自分にチャート画面をカスタマイズできる
  • 20種類のテクニカル指標が利用できる
  • 一目で損益状況がわかる

アドバンスドトレーダーは、LIGHT FXが提供するPC版無料チャートです。

アドバンスドトレーダーというチャート以外に、全世界1,500万人以上が利用する分析ツール「Trading 弱いトレンドを認識するためのオシレーター View」が利用できます。

Trading Viewを使えば、アドバンスドトレーダーよりも、高度な分析が可能です。

アドバンスドトレーダー Trading View
テクニカル指標 20種類 87種類
描画オブジェクト 15種類 81種類

テクニカル指標や描画オブジェクトの種類が大きく異なるので、 高度な分析をしたい人はTrading Viewを利用することをおすすめします。

アドバンスドトレーダーまたはTrading Viewを利用するためにも、まずはLIGHT FXの口座開設をしましょう。

FXチャートの見方を覚えよう

使用するFXチャートが決まったら、さっそくFXチャートの見方を覚えましょう。

FXチャートの見方を覚えて実践してみましょう。

  • 通貨ペアと時間軸の設定
  • ローソク足の見方
  • 移動平均線の見方
  • トレンドラインの見方

通貨ペアと時間軸の設定

まずは、通貨ペアと時間軸の設定です。

FXは2つの通貨の組み合わせを通貨ペアと言います。 米ドルと日本円なら「米ドル/円」、ユーロと米ドルなら「ユーロ/米ドル」のように表します。

FX初心者は、値動きが安定している米ドル円(USD/JPY)やユーロ円(EUR/JPY)がおすすめです。

FX初心者には、1時間足や4時間足がおすすめです。

1分足や5分足は値動きが早くて、落ち着いて分析することができません。

ローソク足の見方

ローソク足とは為替相場の値動きを示す指標で、チャート分析の基礎です。

現在は世界中で使われており、 チャート分析にローソク足は欠かせない指標の1つです。

  • 始値:期間開始時の価格
  • 終値:期間終了時の価格
  • 高値:期間中で最も高い価格
  • 安値:期間中で最も安い価格

始値よりも終値が高いローソク足を「陽線」、始値よりも終値が低いローソク足を「陰線」と言います。

また、 ローソク足から上下に飛び出した線は「ひげ」と呼ばれ、期間中の高値と安値を示します。

移動平均線の見方

移動平均線は一定期間の価格から平均値を算出して、それを折れ線グラフにしたものです。

最も有名なインジケーター であり、FX初心者から上級者まで幅広いトレーダーに人気があります。

移動平均線は線の向きや傾きでトレンドの方向性や強さを分析します。

  • 移動平均線が上向き:相場が上昇傾向
  • 移動平均線が下向き:相場が下降傾向
  • 移動平均線の傾きが大きい:強いトレンド
  • 移動平均線の傾きが小さい:弱いトレンド・レンジ相場

複数の移動平均線を組み合わせることで、トレンド発生のタイミングを察知することも可能です。

トレンドラインの見方

トレンドラインとはトレンドに従って斜めに引くラインです。

名前の通り、 トレンド相場で用いられる指標で、トレンドの方向性や強さを把握することができます。

チャートが上昇トレンドを形成している場合は安値同士を結び、チャートが下降トレンドを形成している場合は、高値同士を結びます。

トレンドラインを引くことで、現在の相場状況を簡単に把握することができます。

FXチャートでテクニカル分析をしてみよう

FXで利益を出していくにはテクニカル分析が欠かせません。

テクニカル指標には、大きくトレンド系とオシレーター系の2つがあります。

トレンド系指標

トレンド系とは、トレンドの方向性や強さを分析する指標です。

移動平均線

移動平均線は一定期間の価格から平均値を算出して、それを折れ線グラフにしたものです。

1本の移動平均線だけでも分析は可能ですが、一般的には複数の移動平均線を組み合わせて使用します。

最も有名な使い方は、 2本の移動平均線を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

  • ゴールデンクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける
  • デッドクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜ける

基本的に ゴールデンクロスは上昇トレンドの兆し、デッドクロスは下降トレンドの兆しと判断します。

一目均衡表

一目均衡表は5つの線から構成されているトレンド系指標です。

指標がたくさんあり複雑に思われがちですが、使い方はシンプルなのでFX初心者でも使いこなしやすいです。

ローソク足が雲の上に抜けると上昇トレンド、下に抜けると下降トレンドと判断します。

一目均衡表を構成する5つの線全てを見なくても、雲とローソク足だけを見れば簡単にチャート分析ができます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは上下バンドの向きや幅から相場を分析するトレンド系指標です。

バンドの幅が狭いところから広がったときがトレンドが発生したと判断します。

オシレーター系指標

オシレーター系とは、相場の買われすぎ・売られすぎを分析する指標です。

弱いトレンドを認識するためのオシレーター MACDとは、2つの移動平均線を使用して買われすぎ・売られすぎを判断する指標です。

基準となる「MACD(緑)」が「シグナル(オレンジ)」を上から下に抜けたときはデッドクロス発生で、買われすぎ水準にあることを示しています。

逆に、基準となる「MACD(緑)」が「シグナル(オレンジ)」を下から上に抜けたときはゴールデンクロス発生で、売られすぎ水準にあると判断するのです。

RSIとは、相場の買われすぎ・売られすぎを判断するための指標です。

RSIが70%以上で買われすぎ・30%以下で売られすぎ と判断するのが一般的です。

買われすぎ水準では「売り注文」、売られすぎ水準では「買い注文」という逆張りで使用することが多いです。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは一定期間の高値と安値を活用して、現状が買われすぎなのか・売られすぎなのかを判断するテクニカル指標です。

ストキャスティクスが80%以上で買われすぎ・20%以下で売られすぎと判断するのが一般的です。

RSIと同様、買われすぎ水準では「売り注文」、売られすぎ水準では「買い注文」という逆張りで使用することが多いです。

FXチャートに関するよくあるQ&A

  • 専門用語はどこで勉強すれば良いですか?
  • 本気でFXをやるなら有料チャートの方が良いですか?

専門用語はどこで勉強すれば良いですか?

専門用語は、それぞれのアプリ・公式サイトの用語解説ページにて勉強できます。

さらに深く勉強したい場合は、FXに関する本で勉強するのもおすすめです。

本気でFXをやるなら有料チャートの方が良いですか?

本気でFXをやる方でも 初心者の内は無料チャートで十分でしょう。

無料チャートと有料チャートの基本的な違いは、利用できるテクニカル指標や描画ツールの種類です。

どうしても有料チャートの機能を使いたい人以外は、無料チャートで十分です。

無料のFXチャートおすすめ7選 まとめ

中には有料のチャートもありますが、無料のチャートでも高精度な分析ができます。

FX業者によってチャートの見やすさや使いやすさ、機能の充実度が異なるので、口座開設前にしっかり確認しておく必要があります。

MACDとは?基本的な売買サインの見方やMT4での設定方法を解説

MT4・TradingviewでMACDを設定する方法を見る

MACDは価格の値動きに対して素早く反応する特徴があり、トレンド相場においては売買サインが機能しやすいインジケーターです。
一方、 弱いトレンドを認識するためのオシレーター レンジ相場(価格がある一定の幅で上下する相場)では売買サインが機能しない ことが多々あります。
レンジ相場は、価格が一定の値幅を上下するため、ゴールデンクロスが出た直後にデッドクロスが出たり、また直後にゴールデンクロスが出たりと、売買サインが頻繁に出てしまいます。
そのため、MACDの売買サインの信用性が落ちるのです。
よって、基本的にレンジ相場ではMACDを使って売買を判断しない方がよいでしょう。

レンジ相場ではMACDを使わない

【注意点2】
長期のトレンドを把握する

MACDはトレンドを見極めやすいインジケーターですが、 短期のトレンドのみを把握してトレードすると、予想とは違う値動きをして損失が発生する ことがあります。
価格は長期のトレンドに沿って推移する傾向があります。
そのため、5分足や15分足といった短期のトレンドだけではなく、日足や週足、月足といった長期足でのトレンドも把握しながら売買を判断しましょう。

4.MACDの各種ツールの設定方法

TradingView(トレーディングビュー)でMACDを表示する方法

【手順1】「インジケーター」を選択する

【手順1】「インジケーター」を選択する

【手順2】検索窓に「MACD」と入力し、「Moving Average Convergence Divergence」を選択する

表示されたポップアップの検索窓に「MACD」と入力し、「Moving Average Convergence Divergence」を選択します。

【手順2】検索窓に「MACD」と入力し、「Moving Average Convergence Divergence」を選択する

MACDが表示

MT4(MetaTrader 4)でMACDを表示する方法

【手順1】ツールバーで「MACD」を選択する

【手順1】ツールバーで「MACD」を選択する

【手順2】:パラメーター設定のポップアップ画面で「OK」を選択する

【手順2】:パラメーター設定のポップアップ画面で「OK」を選択する

MACDが表示されれば、設定は完了

MT5(MetaTrader 5)でMACDを表示する方法

【手順1】ツールバーで「MACD」を選択する

【手順1】ツールバーで「MACD」を選択する

【手順2】:パラメーター設定のポップアップ画面で「OK」を選択する

【手順2】:パラメーター設定のポップアップ画面で「OK」を選択する

MACDが表示されれば、設定は完了

OANDAでは、MT4、MT5でも使いやすいオリジナルのインジケーター「OANDA MACD」を無料で提供しています。

5.MT4、MT5で使いやすいOANDA MACDの特長

「OANDA MACD」は、MT4とMT5で使える、OANDA証券オリジナルのインジケーターです。
MT4にデフォルトで表示されるMACDよりも使いやすいと定評があります。

「シグナル」が線で表示

これに対して、「OANDA MACD」は通常のMACDと同様に、MT4、MT5上でも2本の線と棒グラフ(ヒストグラム)が表示されます。
そのため、線の交差ポイントがわかりやすく、トレンドの転換点も容易に把握できます。

MT4、MT5上でも2本の線と棒グラフ(ヒストグラム)が表示

また、ヒストグラムの色の変化でもトレンドの転換点を把握できます。

  • ▼ゼロラインよりも上(MACD線がシグナル線の上を通っている)
    数値が上がる:濃い緑色
    数値が下がる:薄い緑色
  • ▼ゼロラインよりも下(MACD線がシグナル線の下を通っている)
    数値が上がる:ピンク色
    数値が下がる:赤色

トレンドの転換を予測できる

OANDA証券の口座開設

また、MT4、MT5で「OANDA MACD」を表示する手順については、以下の記事の「OANDA MACDの設定方法」の項目で詳しく解説しています。

【勝率80%以上のFX講座】テクニカル分析を学ぼう(3) FX中級者向け

非常に強い上昇トレンドが合ったとします。チャートはぐんぐんと上昇を描き、あるところで止まって値下がりに転じます。こんなとき、いったいどこまで値下がりをするのか知りたいと思うことでしょう。そのようなときに目安となるのがフィボナッチリトレースメントなのです。 フィボナッチ数列は高校の数学Bの数列の単元でも学びますが、黄金比を導き出す事のできる数列として知られます。自然の中で私達が美しいと感じる形、例えばパルテノン神殿やピラミッド、ノートや名刺、果ては美しいと感じる女性の顔まで、すべて黄金比に当てはまっているのです。ちなみに、フィボナッチとはレオナルド・フィボナッチという、13世紀のイタリアの数学者のことです。 フィボナッチリトレースメントを使う手順を説明します。

移動平均線

・移動平均線とは

3、 移動平均線がとこ倍になっており、ローソク足チャートも移動平均線の上下を行き来している場合→ボックス相場 また、各トレンドにおいて、移動平均線は支持線や抵抗線になりえるということも覚えておきましょう。

次におすすめの記事はこちら↓
弱いトレンドを認識するためのオシレーター ■テクニカル分析を学ぼう(4)(要約) = 移動平均線を用いたテクニカル分析には様々なものがありますが、ゴールデンクロスとデッドクロスは有名です。株式投資でもおなじみのテクニカル分析であり、トレンド転換を判定するために用いられます。ゴールデンクロスは買いのサインであり、デッドクロスは売りのサインです。短期の移動平均線と中期の移動平均線が、どのように交わっていくかによって、トレンドの転換を発見する事ができます。 グランビルの法則は、移動平均線の傾きとレートの位置関係に着目した分析方法であり、会のタイミングと売りのタイミングを知る為に役に立つ方法です。本来は株式投資のチャート分析おける王道的な理論ですが、これを為替にも応用する事ができるのです。売買のポイントをしっかりと覚えて使いこなしていきましょう。

ランキング1位 マネーパートナーズ

ランキング2位 DMM.FX

ランキング3位 OANDA Japan

コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。

ボリンジャーバンドの縮小と拡大のタイミングでアラートが鳴るインジケーター(計6ヵ所でアラートが鳴ります)

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足

Daily :日足

Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円15分足に1時間足のMTFを入れたチャート

チャートの解説

サブチャートの真ん中付近に表示されているドットはボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションを表しています。

BB Squeeze Momentum Divergencesのアラートが鳴るタイミング

①week buy :弱い買い

②strong buy:強い買い

③week sell :弱い売り

④strong sell:強い売り

⑤Squeeze:ボリバンの縮小

⑥expansion:ボリバンの拡大

⑥番のexpansion(ボリバンの拡大)のときのポップアップがexpansionではなく「breaking out」と表示されるのでちょっと注意してください。

ダイバージェンスをチャートに表示したい場合は「Divergence visible?」という項目をtrueにしてください。下の画像の一番の上のところです。

【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法

【現役トレーダー解説】仮想通貨で移動平均線を使ってチャートを予測する方法

初心者A

初心者B

(利用者多数) 移動平均線を用いると仮想通貨の何が分析できる?

・SMA(単純移動平均線)
・EMA(指数移動平滑平均線)
・WMA(加重移動平均線)

プロおに

見方はシンプル!移動平均線から相場の方向性とエントリーチャンスを見つける方法

  • 各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する
  • 移動平均線の角度から環境認識を深める
  • 移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

各期間ごとにおけるトレンドの強弱を把握する

移動平均線の角度から環境認識を深める

チャート画像に表示されている 「移動平均線の角度」から環境認識(相場状況の把握)を深めることも大切。
形成されている移動平均線の角度によって、相場の強弱について大方の目安を付けられます。

移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスを見つける

(組み合わせ最強)移動平均線とプラスアルファで併用したい分析手法

  • ローソク足の形・位置の確認による環境認識
  • 水平線・トレンドラインの併用による分析精度の向上
  • 自分の得意な分析手法を組み合わせること

ローソク足の形・位置を確認して環境認識を行う

どの分析手法も歴史があり、 体系化されているローソク足の相場分析方法であるため、信頼性は高い です。

NAO

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる